当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

大阪陸軍造兵廠 播磨製造所

アナゴの豊漁場で知られる兵庫県高砂市に大阪陸軍造兵廠 播磨製造所がありました。
大阪陸軍造兵廠 播磨製造所 A・B・C 北西から(兵庫高砂)
▲㈱神戸製鋼所 高砂製作所に遺る播磨製造所の建屋

【探索日時】
平成25年3月5日、平成28年11月23日





第8回 戦史検定

拙ブログの読者(PC版)の方であればお気づきかも知れませんが、ブログ左上に8年前から「戦史検定」のリンクバナーを張ってあります。
長年、東京のみで開催されていた同検定ですが、8回目にして漸く大阪で開催される事となりました。
という事で30年この趣味をやっていて自分にどの程度の実力があるのか試すべく、無勉強で受験してきました。





高射第三師團 花山高射砲陣地

京都府京都市の東山連峰に属する花山(かざん、かさん)に花山高射砲陣地(正式名称は不明)がありました。
花山高射砲陣地 A 南西から (京都花山)
▲山中に遺る高射砲座と思しき円形窪地

【探索日時】
平成25年3月17日





『銀幕裏の声』(産経新聞)について

産経新聞(関西版)に大東亜戦争に参戦した方の体験記が『銀幕裏の声』として不定期に連載されています。
今までに紫電二一型(紫電改)搭乗員、神雷櫻花特別攻撃隊隊員、鳳翔乗組員だった方の話等が掲載されており、興味深く拝読しています。

今週からは重巡「最上」に乗り組み、捷一号作戦から生還され水偵搭乗員の方の話が掲載されています。





2018年 陸海軍航空機 カレンダー

先日、産経新聞に掲載されていた「2018年 陸海軍航空機 カレンダー」の広告を何気に見ていたのですが・・・。





川西航空機㈱ 姫路製作所 鶉野工場 格納庫 【移設】

兵庫県姫路市西中島に加西市に所在した姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊)に隣接して建設された、川西航空機㈱ 姫路製作所 鶉野工場格納庫が移設されています。
姫路海軍航空基地 川西航空機㈱ 姫路製作所 鶉野工場 格納庫(移設) 南西から(姫路加西)
▲運送会社の倉庫として使用されている格納庫

【探索日時】
平成25年3月5日





『蒜山原陸軍演習場 八束陸軍演習廠舎』の記事を改訂しました

平成28年5月5日に記載した『蒜山原陸軍演習場 八束陸軍演習廠舎』の記事を遺構を追加し、改訂しました。

蒜山原陸軍演習場 八束陸軍演習廠舎
カ 貯水槽 北東から(岡山)

ア 正門西側(岡山)

キ 廠舎建設記念碑 (2)(岡山)





姫路海軍航空基地 飯盛山戦闘司令部

兵庫県加西市に所在した姫路海軍航空基地の北3kmの飯盛山に地下戦闘司令部がありました。
姫路海軍航空基地 戦闘司令部 ケ 西側壕口(兵庫加西)
▲フラワーセンター内に遺る戦闘司令部入口

【探索日時】
平成25年2月15日





戦艦「扶桑」、「山城」など海底調査

先日、ソロモン海での「比叡」探索の件を記載しましたが、まとめブログを見ていたところ、今度は「扶桑」、「山城」などの海底調査の記事を発見しました。
扶桑・山城(昭和13年)
▲山城、扶桑、金剛型(手前から)





戦艦「比叡」探索

今朝の産経新聞に『戦艦「比叡」探索』の記事が掲載されていました。
比叡
▲昭和17(1942)年7月11日、ミッドウェー海戦後、横須賀に帰投する比叡





姫路海軍航空基地 稲荷山配水池

兵庫県加西市に所在した姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊)から南西に1.5kmの若森稲荷神社裏山に稲荷山配水池がありました。
姫路海軍航空基地 稲荷山配水池 ま 配水池 南東から (3)(兵庫加西)
▲稲荷山山上に遺る配水池

【探索日時】
平成25年2月14日





姫路海軍航空基地 防空砲台

兵庫県加西市に所在した姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊)周辺に防空砲台が設営されていました。
姫路海軍航空基地 防空砲台 き 機銃座 北西から(兵庫加西)
▲畑に遺る機銃座

【探索日時】
平成25年2月14・15日、3月5・12日





石碑

この趣味をやっていると少なからず資料館で展示品を見学したり、石碑の碑文を読んだりします。
その際、稀にですが「ん?」と思うことがあります。





姫路海軍航空隊

兵庫県加西市に所在した姫路海軍航空基地姫路海軍航空隊がありましたが、居住区のあった神戸大学内は現在、非公開になっています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) b 暗号室 南東から(兵庫加西)
▲神戸大学内に遺る耐弾暗号室





姫路海軍航空基地

戦国武将・後藤基次の出身地と言われる兵庫県加西市に、姫路海軍航空基地があり姫路海軍航空隊が所在しました。
“姫路”を冠していますが、所在地は姫路市から北東に20km離れた加西市です。

当記事は「姫路海軍航空基地」としていますが、姫路海軍航空隊の遺構も一部含みます。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) あ 戦闘指揮所 南東から(兵庫加西)
▲一般公開されている戦闘指揮所

【探索日時】
平成25年2月14・15日、3月5日





第三十一突撃隊 矢岳特攻基地

佐世保市小佐々(こさざ)町矢岳に所属する、北九十九島の一つ前島に第三十一突撃隊本部が置かれた矢岳特攻基地がありました。
 矢岳特攻基地(三十一突)⑨魚雷調整室 ツ 壕口(長崎川棚)
▲海岸に遺る蛟龍の魚雷調整室

【探索日時】
平成28年1月26日





第三特攻戰隊司令部 ・ 川棚突撃隊本部 (旧臨時魚雷艇訓練所)

美しい自然を活かした観光開発で知られる長崎県川棚町白石郷に第三特攻戰隊司令部、及び川棚突撃隊本部がありました。

当地は先に臨時魚雷艇訓練所が開設され、次いで川棚海軍警備隊が併設、後に第三特攻戰隊司令部、川棚突撃隊本部に改編されます。
第三特攻戰隊・川棚突撃隊 イ 烹炊所壕 壕口(長崎川棚)
▲畑に遺る横穴式格納壕

【探索日時】
平成28年1月28日





川棚海軍工廠 石木工場 (本部・總務部指揮所、戦時治療所)

長崎県東彼杵郡川棚町に所在した川棚海軍工廠(百津工場)より北2kmの石木郷に川棚海軍工廠 石木工場がありました。

石木工場は石木川に沿って広範囲に設営され、八幡山南麓には本部・總務部指揮所、戦時治療所、刷版工場、電気係作業場、會計部格納庫、油庫、薬品庫が配置されました。
川棚海軍工廠 石木工場 N k電話交換所 西から(長崎川棚)
▲民家裏に遺る本部・総務部指揮所壕の電話交換所

【探索日時】
平成24年11月28日、平成28年1月27・28日





川棚海軍工廠 石木工場 (第二水雷部 機械工場、電気倉庫)

長崎県東彼杵郡川棚町に所在した川棚海軍工廠(百津工場)より北2kmの石木郷に川棚海軍工廠 石木工場がありました。

石木工場は石木川に沿って広範囲に設営され、川原(こうばる)地区、岩屋地区には第二水雷部が配置されました。
川棚海軍工廠 石木工場 L 内部(長崎川棚)
▲畑地に遺る電気倉庫

【探索日時】
平成24年11月28日、平成28年1月27・28日





川棚海軍工廠 石木工場 (仕上組立治具工具・第二機械・第一・第二・第三組立工場・発電所)

長崎県東彼杵郡川棚町に所在した川棚海軍工廠(百津工場)より北2kmの石木郷に川棚海軍工廠 石木工場がありました。

石木工場は石木川に沿って広範囲に設営され、風南山東麓には仕上・組立・治具・工具工場、第二機械工場、第一組立工場、第二組立工場、第三組立工場、発電所が配置されました。
川棚海軍工廠 石木工場 ① 南西から(長崎川棚)
▲民家に遺る第二機械工場の半地下工場防弾壁

【探索日時】
平成24年11月28日、平成28年1月27・28日





戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる