FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

イージス艦「ちょうかい」一般公開

友人と和歌山港で行われた「2009年イージス艦体験航海・一般公開」に行ってきました

以前書いたように、体験航海にハズレたので遠いこともあり行くかどうか迷ったのですが、例のインフル騒ぎで近畿における春の駐屯地祭のほとんどが中止になってしまったため、せっかくなので行くことにしました

イージス艦は初めてなので楽しみです





和歌山陸軍墓地

和歌山県和歌山市には和歌山陸軍墓地があります。
和歌山陸軍墓地 全景(和歌山)
▲和歌山陸軍墓地 全景

【探索日時】
平成21年5月31日、平成24年2月10日

【更新情報】
平成24年11月15日:大幅改訂(地図訂正、写真追加、記事分離、書式変更)





和歌山陸軍練兵場/和歌山陸軍射撃場/和歌山憲兵分隊

和歌山県和歌山市に和歌山陸軍練兵場和歌山陸軍射撃場和歌山憲兵分隊がありました。

和歌山陸軍 キ 陸軍 (2)(和歌山)
▲和歌山射撃場の境界石標

【探索日時】
平成24年2月10日





和歌山聯隊區司令部

和歌山県和歌山市に和歌山聯隊區司令部がありました。

司令部では昭和20(1945)年3月24日、決號作戰(本土決戦)に向け和歌山地區司令部が編成されます。
和歌山聯隊區司令部 オ 陸軍用地(和歌山)
▲「陸軍用地」境界石標

【探索日時】
平成24年2月10日





歩兵第六十一聯隊

和歌山県和歌山市に歩兵第六十一聯隊の兵営がありました。

兵営では後に歩兵第百六十一聯隊歩兵第二百十八聯隊歩兵第九十四聯隊歩兵第四百十五聯隊歩兵第四百十六聯隊が編成されます。

また、隣接して歩兵第三十二旅團司令部和歌山陸軍病院がありました。
歩兵第六十一聯隊 ア 営門門柱(和歌山)
▲近畿財務局和歌山財務部跡地に遺る営門門柱

【探索日時】
平成21年5月31日、平成24年1月31日、平成24年2月10日

【更新情報】
平成24年11月15日:大幅改訂(地図訂正、写真追加、記事分離、書式変更)





和歌山縣護國神社

和歌山城内の南側丘陵地に和歌山縣護國神社が鎮座しています。
和歌山縣護國神社 拝殿(和歌山)
▲和歌山縣護國神社 拝殿

【参拝日】
平成21年5月31日





はがき

今月の30,31日と和歌山港で行われます「イージス艦ちょうかい体験航海・一般公開」の体験航海の公募に申し込んだハガキが帰って来ました





佐野陸軍飛行場(明野陸軍飛行學校 佐野分教所)

大阪府泉佐野市の北西部に佐野陸軍飛行場 (明野陸軍飛行學校 佐野分教所) がありました。
ア 門柱 東から(佐野陸軍飛行場)
▲民家に遺るコンクリート製の門柱

【探索日時】
平成21(2009)年5月10日

【更新情報】
平成24(2012)年11月6日:大幅改訂(書式変更、探索記分離)





和泉憲兵分隊

大阪府和泉市伯太(はかた)町にあった和泉憲兵分隊ですが、場所が間違っていました。

正しくは記事にて紹介した民家の西隣の伯太宮前公園が憲兵分遣隊の跡地です。


大きな地図で見る

また、名称も調べたところ分隊に昇格するのは昭和20年、中部憲兵司令部隷下になった際で、大正9年の発足時は大阪憲兵隊大阪憲兵分隊信太山憲兵分遣所、のちに伯太憲兵分遣所、伯太憲兵分遣隊、和泉憲兵分遣隊と改称、直属上級部隊も大阪憲兵分隊、築港憲兵分隊、難波憲兵分隊、堺憲兵分隊と変遷します。

※浜崎様、ご指摘ありがとうございました。





信太山陸軍墓地

大阪府和泉市黒鳥町の黒鳥山公園(陸上自衛隊・信太山駐屯地の南東側)には信太山陸軍墓地がありました。
信太山陸軍墓地    忠霊塔(信太山)
▲信太山陸軍墓地の忠霊塔

【探索日時】
平成22年4月29日





カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
47位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住の探索者。

明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達の足跡に触れ感じるため各地(西日本が多いです)を探索しています。
軍跡(軍事関連遺構)は当時を知る生きた教科書です。

精強帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、及び祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介しています。

戦後極端に盛られ歪められた歴史を公平に記述し、英霊の名誉回復、真の姿を知る一助になる事を目指し記述しています。


探索、記載内容など拙ブログを参照した際は参照明記のうえリンクを張って頂けたら幸甚です。
--------------
※掲載写真・資料・文章の
無断転載は禁止します。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる