fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

財團法人海仁會 呉集會所 (呉下士官兵集會所)

広島県呉市に所在する入船山(呉鎭守府司令長官官舎のある丘)西側に「東洋一の水兵の家」と称された(財)海仁會 呉集會所がありました。
ただ、名称は前身の呉下士官兵集會所の方が有名です。

また道路を挟んだ対面に呉海友社がありました。
海仁会 呉集会所(下士官兵) 28 本館 北から(広島呉)
▲(財)海仁會 呉集會所 全景

【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日





呉水交社

広島県呉市に所在する入船山(呉鎭守府司令長官官舎のある丘)北側に呉水交社がありました。
呉水交社 45 水交社軍装品部 (2)(広島呉)
▲呉YWCAとして利用されている呉水交社の軍装品部


【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日、
平成30(2018)年11月10日

【改訂情報】
平成30年11月17日・・・写真、遺構追加





呉鎭守府司令長官 官舎

広島県呉市幸町に所在する入船山記念館呉鎭守府司令長官 官舎でした。

この呉鎭守府司令長官 官舎こそ自分が軍跡探索を始める切っ掛けとなった記念すべき第一号の遺構です。
呉鎭守府司令長官官舎 24 長官官舎 南東から(広島呉)
▲呉鎭守府司令長官 官舎 正面

【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日、
平成30(2018)年11月10日

【改訂情報】
令和元(2019)年8月4日・・・遺構(止水栓蓋)追加





呉海軍病院

広島県呉市に所在する国立病院機構 呉医療センターは呉海軍病院の後身になります。
呉海軍病院 ヌ 正面階段 北から(広島呉)
▲呉医療センターに遺る呉海軍病院の石段

【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日、
平成30(2018)年11月10日ほか

【更新情報】
平成30(2018)年11月17日・・・遺構追加





呉防備隊 ・ 呉潜水艦基地隊 城山分隊

広島県呉市に所在する海上自衛隊 呉警備隊は呉防備隊の跡地にあります。

同地は先に呉水雷隊、次いで呉水雷團が所在、呉防備隊を経て呉潜水艦基地隊 城山分隊、再び呉防備隊が併置されます。
呉防備隊・呉潜水艦基地隊 20 爆雷格納庫 南西から (2)(広島呉)
▲海上自衛隊 呉警備隊に遺る呉防備隊の爆雷格納庫

【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日、7月29日ほか





呉海兵團 ・ 呉海軍警備隊

広島県呉市に所在する海上自衛隊 呉教育隊は呉海兵團の跡地にあります。
呉海兵團ではのちに呉海軍警備隊が編成されます。

呉海兵團は大叔父が入団した場所であり、呉海軍警備隊は停戦時、在籍した場所として感慨深いものがあります。
呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 西から (2)(広島呉)
▲海上自衛隊 呉教育隊に遺る呉海兵團 被服需品庫

【探索日時】
平成19(2007)年11月25日、平成29(2017)年4月4日、7月29日、ほか





親族の軍歴 その9 「大叔父の軍歴」

大東亜戦争を戦った親族のうち、唯一紹介が遅れた大叔父の軍歴を紹介します。
岡野のおっちゃん 二等兵曹-昭和弐拾年横砲校時代ノ小生久里浜ニテ(一門の軍歴)
▲二等兵曹時代の大叔父





カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる