FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所

大阪府枚方(ひらかた)市に東京第二陸軍造兵廠 香里製造所がありました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 A 第二工場 収函室 南西から (3)(大阪)
▲製造所跡に唯一遺る「第二工場 収函室」(現、病院)

【探索日時】
平成21(2009)年12月23日・27日、平成22(2010)年1月2日、
平成27(2015)年1月16日・20日、令和元(2019)年12月12日

【更新情報】
平成27年6月8日・・・大幅改訂
令和元年12月16日・・・遺構追加





枚方市周辺の軍事施設配置
大造枚方製造所 枚方・交野全図(大阪)
▲昭和20(1945)年頃の枚方市周辺
※緑文字が当記事の紹介施設
⑫以前は別記事にて解説

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所
⑭東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 官舎
⑮  〃  桑ヶ谷寮(工員寮)
⑯  〃  川越寮( 〃 )
⑰  〃  菅公寮( 〃 )
⑱  〃  喜山寮( 〃 )
⑲  〃  高田寮( 〃 )
軍用側線
㉑大阪陸軍造兵廠 第五製造所 地下疎開工場
㉒大阪市立興亞拓殖訓練道場


東京第二陸軍造兵廠 香里製造所の概要
各種火薬の乾燥、成形、砲爆弾への圧搾、填実、熔填作業を行っていました。

敷地面積:423,421坪(1,400,000㎡)※借上地170,000坪(56,000㎡)含む
建物面積:14,382坪(48,000㎡) 木造、鉄筋326棟
従業員(停戦時):3,052名

製造品目
黄色薬(ピクリン酸)・・・乾燥、圧搾・成形
 用途:伝火薬筒、砲弾、爆弾
硝宇薬(ヘキゾゲン)・・・熔填
 伝火薬筒、安瓦薬原料
茶褐薬(TNT)・・・乾燥
 淡黄薬・硝斗薬原料
平寧薬・・・乾燥
 淡黄薬原料
安瓦薬(混合火薬)・・・合成、填実
 砲弾、爆弾
淡黄薬(混合火薬)・・・熔填
 形爆薬、小爆弾
硝斗薬(混合火薬)・・・化成、填実?


遺構について※青字は地図にリンクしています。
① 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所
上記の様に往時は300余棟の建物がありましたが、昭和31(1956)年からの大規模団地建設、住宅地の造成により面影は殆ど遺されていません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 東京第二 香里製造所 現在(大阪)
▲遺構の配置

A 収函室
当時のまま遺る唯一の建物で、現在は「保坂小児クリニック・枚方病児保育室」になっています。
この一帯は「第二工場」と呼称されており、安瓦薬の生産工程が組まれていました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 A 第二工場 収函室 南西から(大阪)
▲正面側

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 A 第二工場 収函室 南西から (2)(大阪)
▲側面
 木製窓枠は当時の物かも知れません

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 A 第二工場 収函室 南から(大阪)
▲裏側
 正面と同じ形状です


B 仕上室
香里団地造成に伴い「こもれび生活館(公設市場)」として使用されていましたが、残念ながら平成24(2012)年8月に破壊されてしまいました。
元々は鉄筋平屋建でしたが、公設市場化に伴い東側に建物が増築されていました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 B 第二工場 仕上室西から(大阪)
▲正面側

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 B 第二工場 仕上室 南東から (2)(大阪)
▲側面
 外観はかなり改装されています

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 B 第二工場 仕上室 南東から(大阪)
▲2階建の増築部(緑色の建物)は戦後の物

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 B 第二工場 仕上室 北側建物(大阪)
▲半地下倉庫
 仕上室の北側斜面にあり、資料によると第二工場周辺には資材を格納した半地下倉庫が数棟あった様です


C 安瓦藥化成・混和填実室
香里団地造成に伴い公団営業所、派出所に転用、近年まで枚方市役所香里ヶ丘支所として使用されていましたが、残念ながら平成19(2007)年、破壊されてしまいました。
香里製造所唯一の鉄筋3階建でした。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 C 安瓦薬化成・混和填実室 南西から(平成19年破壊)(大阪)
▲南西から

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 安瓦薬化成・混和填実室(大阪)
▲陸軍時代の安瓦薬化成・混和填実室


D 第三汽罐場 煙突
枚方市水道局妙見山配水場内に遺されています。
宇治製造所から搬入された湿った黄色薬を乾燥させるための汽罐場の煙突で、高さ19.92m、直径2mあります。
昭和59(1984)年、保存が決定、平成22(2010)年、耐震工事、及び付属品(はしご、偽装用の金具)の交換が行われました。
毎年、4月初旬に見学会が開催され、間近で見る事ができます。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 D 第三汽缶場煙突(妙見山配水場)(大阪)
▲修復工事前の煙突
 周囲の棒は大木に偽装するために木の枝を取り付けるための支柱です
 はしごや擬装用の棒が所々外れています

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 D 第三汽缶場煙突 南から (2)(大阪)
▲修復工事後の煙突
 味がなくなったと言うか、綺麗すぎる様な・・・

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 D 第三汽缶場煙突 南から(大阪)
▲煙突頂部

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 D 第三汽缶場煙突 煙導口 南から(大阪)
▲煙道
 煙道口は鉄柵で塞がれていますが、配水場外周の道路から見えます

下記の遺構はa 香里ヶ丘南公園に遺ります。
公園一帯には診療所・医務室がありました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 a香里ケ丘南公園(大阪)
▲香里ヶ丘南公園の遺構配置

ア 診療所基礎
公園の広場に辛うじて基礎と雨樋の雨受けが遺されています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園 ア 南側基礎 北東から(大阪)
▲広場西側の基礎と雨受け

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園 ア 北側基礎 東から(大阪)
▲広場東側の四角いコンクリート基礎

イ 基礎
広場から奥の斜面を少し入った所の有ります。
守衛所基礎と言われていますが診療所の奥に守衛所があるはずも無く、倉庫か便所の基礎では無いでしょうか?
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園 イ 基礎 南西から(大阪)

ウ 貯水槽
広場の奥の斜面の頂上付近にあります。
破損していますが、幅5×奥行2.5mあります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園 ウ 貯水槽 南から(大阪)

エ 門柱
公園の奥の斜面にあります。
この辺りには⑭官舎地区から医務室(診療所の西側)の裏手に出る通路があり、その通路の通用門(片開き)と思われます。
香里製造所内に遺る唯一の門柱と思われます。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 エ 門柱東から(大阪)
▲製造所内から

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 エ 門柱 西から(大阪)
▲官舎側から

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 エ 門柱北側(大阪)
▲蝶番が遺りますが上の部分にしかありません

※こちらの門柱はA6M7-63様に御教示頂きました。

遺構は何も遺されていませんが、この香里ヶ丘南公園と香里小学校の間の道路上に香里製造所の正門がありました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園 正門付近から工廠内(大阪)
▲現在の正門跡付近


下記の遺構はg 観音山公園に遺ります。
※境界石標(40~49)は後述
当公園の境界石標は公園内の物はことごとく欠損、完存の物は全てフェンス外で民家の際にあります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 g 観音山公園(大阪)
▲観音山公園の遺構

エ 蒸気管
西側の階段脇にあります。
配置図にはこの場所に施設が無く、何の管か不明です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 d 観音山公園 エ 蒸気管 南西から(大阪)
▲材質はコンクリート製で金属の接続金具が遺ります

オ 蒸気管
広場に埋もれています。
エの蒸気管に続いていると思われますが、詳細は不明です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 d 観音山公園 オ 蒸気管 北東から(大阪)
▲土中に埋もれているため、上記エより状態が良いです


カ 愛宕社 参道
団地の斜面にコンクリート階段と排水溝が遺ります。
F’には構内神社である愛宕社が祭祀されていました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 カ 参道階段 南西から(大阪)
▲コンクリート階段と排水溝

F 愛宕社
火伏神としてカグツチノミコトを祭祀しています。
昭和17(1942)年3月1日、香里製造所独立に伴い、4月16日、香里製造所、及び枚方町幹部臨席のもと愛宕神社藤本社司により御分霊、17日、枚方町の氏神・春日神社へ一時奉安の後、香里製造所内へ遷座され御鎮座祭を斎行、18日、御分霊奉祝祭が斎行されます。

昭和21(1946)年、米軍から破壊命令が出ますが、茄子作地区の住民により夜中に密かに春日神社に遷座されたそうです。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 F  愛宕社 (5)(大阪)
▲全景

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 F  愛宕社 (3)(大阪)
▲本殿

※愛宕社関係の情報はブログ「香里ヶ丘歴史民族資料館」管理人・古川様より御教示頂きました。


E 建物
現在、枚方市立図書館茄子作分室として移築、使用されています。
元々の用途、詳細は不明ですが2棟の建物を移築に際し1棟に改造した様です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 E 建物(移設:図書館茄子作分室) 西から(大阪)
▲全景

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 E 建物(移設:図書館茄子作分室) 南から(大阪)
▲道路から


-境界石標-
建物関係の遺構は殆ど遺されていませんが、外周にかなりの境界石標が遺されています。
製造所の境界線は現在の香里ヶ丘地区の境界とほぼ合致していますが、住宅地の際どい場所にある物が多く探索には注意が必要です。
当地の石標は全て正面に「陸軍用地」、側面・裏面に漢数字の通し番号、頂部に方向表示が刻字されています。
資料によると「製造所の境界は防諜上、稜線の2m程下った場所に設置」とありますが、踏査するとそうでも無いようです。
※図中▲:境界石標の向き、緑点線:フェンス境界線、赤線:製造所境界線

b・d 北端
製造所北側外郭の住宅地に完存7、埋没5、抜け1本が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b・d(大阪)
▲境界石標の配置

b・d東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 82 一二三(大阪)
▲82

b・d東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
70・・・民家の擁壁に埋まっています。
71・・・団地外周のフェンス外にあり、殆ど埋まっています。
72・・・ 〃 住宅の段差に埋まっています。
73・・・民家と民家の際にあり、殆ど埋まっています。
74・・・民家の外周にあります。 一一〇の刻字があります。
75・・・ 〃 。 一一一 〃。
76・・・ 〃 。 ブロックに埋まり数字が見えません。
77・・・ 〃 。 三六一の刻字があります。
78・・・抜けています。 三六三 〃 。
79・・・斜面上にあります。 三六四 〃 。
80・・・民家の際にあります。 一一五 〃 。
81・・・民家の擁壁に埋まっています。
82・・・民家裏の斜面上にあります。 一二三 〃 。

通し番号が飛ぶ事から77~79までの部分は後から拡張した様です。


e 北端
寺の外周に完存4本が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 e(大阪)
▲境界石標の配置

e東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
90・・・寺の敷地内にあり、不在のため見れませんでした。一四〇と思われます。
91・・・寺の敷地際にあります。 一四一の刻字があります。
92・・・フェンス際にあります。 一四二の刻字があります。
93・・・斜面にあり方向表示が狂っている事から樹木の成長で向きが変わっている様です。


f 南端
住宅の境界として遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 f(大阪)
▲境界石標の配置

f東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
100・・・アパート外周に遺ります。 埋まっており頂部しか見えません。
101・・・民家の外周に遺ります。 材質、大きさから境界石標と思われますが、刻字が全て削られています。
102・・・ 〃 。
103・・・ 〃 。

101~103は戦後、住宅地の境界標に転用する際に刻字を全て削った様です。


g 観音山公園
製造所南側外郭の観音山公園に完存6、埋没1、欠損3本が遺ります。
当公園の境界石標は欠損した物以外は全てフェンス外の民家際にあります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 g 観音山公園(大阪)
▲境界石標の配置

g東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 47 陸軍用地 二五二(大阪)
▲47

g東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 (大阪)
40・・・公園の斜面にあり、欠損しており刻字は不明です。
41・・・ 〃 。
42・・・ 〃 。
43・・・公園外周フェンスの外側にあります。 二四八の刻字があります。
44・・・ 〃 。 フェンスの支柱が乗ります。 二四九 〃 。
45・・・ 〃 。 雑草に埋もれており、民家が接近し過ぎて確認できません。 周辺の番号から二四九と思われます。
46・・・ 〃 。 二五〇と思われます。
47・・・ 〃 。 二五二の刻字があります。
48・・・ 〃 。 二五三 〃 。
49・・・ 〃 。 公園外周フェンスの外側にあり殆ど埋没しており刻字は不明です。


h 香里ヶ丘東公園
製造所南側外郭の香里ヶ丘東公園に完存3、埋没2、欠損4本が遺されています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 h香里ケ丘東公園(大阪)
▲境界石標の配置

h東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
50・・・公園外周フェンスの際にあり、殆ど埋没しており刻字は不明です。
51・・・公園の南側斜面にあり、欠損しており刻字は不明です。
52・・・ 〃 。 二八三の刻字があります。
53・・・公園の南側斜面にあり、「用地」以上が欠損しており、その他の刻字は不明です。
54・・・公園の南側斜面にあり、欠損しており刻字は不明です。
55・・・公園外周フェンスの際にあり、「陸軍」以下が埋没しており、その他の刻字は不明です。
56・・・公園の斜面にあり、「陸軍」以下が埋没しています。 数字の刻字がありますが不明瞭です。
57・・・〃公園外周フェンスの際にあり、「陸軍」以下が埋没しており、その他の刻字は不明です。
58・・・〃公園外周フェンスの際にあり、「陸軍用」以下が埋没しており、その他の刻字は不明です。

55・56は石標配置図には無い様で頂部が削られている事から現境界として転用された物かも知れません。
また57・58も頂部の方向表示が改編されている事から戦後の転用の様です。


i 桜公園周辺
製造所北側外郭の桜公園の入口付近の駐車場に3、フェンス外側と民家の間の斜面に7、フェンス内側に2、国有住宅(現在売地)内に2、谷を挟んだ北側の稜線に6、さらに東側の駐車場北側に1本遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 i 桜公園周辺(大阪)
▲境界石標の配置

i東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
5・・・駐車場外側の斜面下、北側建物との境にあります。埋まっており頂部しか見えません。
20・・・公園北側の入口脇にあります。 二五の刻字があります。
21・・・公園と北側の駐車場との境にあります。 二六 〃 。
22・・・ 〃 。 二七 〃 。
23・・・公園から北側の斜面を下った民家との境にあります。 二八 〃 。
24・・・ 〃 。 三二 〃 。
25・・・公園から北側の斜面を下った竹ヤブとの境にあります。  三三 〃 。
26・・・公園から北側の斜面を3m程下った場所にあります。 三五 〃 。
27・・・ 〃 。 三六 〃 。
28・・・ 〃 。 三八 〃 。
29・・・ 〃 。正面の「陸軍用地」が内側を向いており、移設された様です。 三七 〃 。
30・・・道路脇にあります。 三九 〃 。
31・・・ 〃 。 四〇 〃 。
32・・・国有住宅の敷地内にあり、抜けています。 四一 〃 。
33・・・ 〃 、欠損しているため刻字は不明です。 四二と思われます。
34・・・民家と民家の間にある丘の稜線上にあります。 四四 〃 。
35・・・  〃  。 四五 〃 。
36・・・  〃  。 四六 〃 。
37・・・  〃  。 四七 〃 。
38・・・  〃  。 四八 〃 。
39・・・  〃  。 四九 〃 。


j  桑ケ谷公園
製造所北東側外郭の桑ケ谷公園に境界石標(完存10本)が遺されています。
他の境界石標は刻字されている番号が東から西に進みますが、当公園の境界石標は西から東に進みます。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 j 桑ヶ谷公園(大阪)
▲境界石標の配置

j東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 66 陸軍用地 四四七(大阪)
▲66

j東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
60・・・桑ケ谷公園外周のフェンス外にあります。 四四〇の刻字があります。
61・・・ 〃 。 四四一の刻字があります。
62・・・ 〃 。 四四二 〃 。
63・・・ 〃 。 四四三 〃 。
64・・・ 〃 。 四四五 〃 。
65・・・ 〃 。 数字の刻字がありません。
66・・・ 〃 。 四四七の刻字があります。
67・・・ 〃 。 四四八 〃 。
68・・・ 〃 。 四四九 〃 。
69・・・ 〃 。 四五〇 〃 。
70・・・ 〃 。 四五一 〃 。


k 製造所東端
桑ケ谷公園から続く民家外周に境界石標(完存7本)が遺されています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 k(大阪)
▲境界石標の配置

k東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 113 四七一(大阪)
▲113

k東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(大阪)
110・・・民家下の路地に遺ります。 四六五の刻字があります。
111・・・民家の際に遺ります。 四六七 〃 。
112・・・ 〃 。 四七〇 〃 。
113・・・ 〃 。 四七一 〃 。
114・・・ 〃 。 四七二 〃 。
115・・・ 〃 。 四七三 〃 。
116・・・ 〃 。 四七四 〃 。


l  製造所東端
1 陸軍用(地)
道路の脇に遺りますが、4文字目以降が埋まっています(おそらく「地」)。
この場所は本来の境界からかなり離れ、方向も本来外向きの石標が内側を向いている事から、移設された物かも知れません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 l(大阪)
▲境界石標の配置
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 1 陸軍用(地)二八六(大阪)


m 製造所東端
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 m(大阪)
▲境界石標の配置
2 境界石標?
欠損?しており本来土中にある部分しか遺っていません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 2(陸軍用地)?欠損(大阪)

※境界石標は過去3度探索し48本を見付けましたが、令和元(2019)年12月、こちらもブログ「香里ヶ丘歴史民族資料館」管理人・古川様より全境界石標の配置図の提供、及び探索結果を頂き再々々探索し31本を発見できました。


あ 第三借上地
昭和19(1944)年7月、米軍による本土空襲の本格化が予測されるなか製造所南側に隣接する丘陵と谷地約170,000坪を賃借し地下格納壕を掘削しました。
停戦後、借地は変換され現在は全域が住宅地になり、遺構は何も遺されていません。


い 分散倉庫借上地
第三借上地同様、空襲に備え物資、茄子作、村野、寝屋の農家倉庫などを間借りし、資材、火薬類の分散保管を実施しました。


⑳ 軍用側線
昭和14(1939)年7月15日の開設時、物資の輸送は主に自動貨車で行われていましたが、昭和16(1941)年9月21日、鐡道省線星田(ほしだ)駅から製造所の積卸場まで軍用側線が敷設され鉄道輸送が開始されます。
大東亜戦争停戦に伴い資材の搬出に使用された後、昭和23(1948)年10月頃、撤去、昭和45(1970)年頃まで路盤盛土、鉄橋などが遺されていた様ですが、現在は全て撤去され僅かに境界石標が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 星田駅北側 側線始点付近(大阪)
▲側線分岐部付近
 側線は省線(現、JR)星田駅北側付近で分岐

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 星田駅北東 側線跡(大阪)
▲側線跡の道路(中央)とJR片町線(右)
 現在は高架化されていますが、当時は地上を走っていました。
 側線は暫く省線と並走

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 側線最初の湾曲部(大阪)
▲250m程で北側に逸れて行きます。

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 側線荷受け場(マンション付近) 南西から(大阪)
▲逸れた地点から4km程で製造所に到着
 当時は正面のマンション付近に110mの積卸場がありました

側線は道路に転用、拡幅された際に境界石標も僅かな物を除き殆ど抜かれてしまいました。
10 陸軍用地 九
水田の畦道際に遺り、背面に「九」の刻字があります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 10 陸軍用地 九(大阪)

11 陸軍用地 一〇
植木畑の際に遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 11 陸軍用地 一〇(大阪)

12 陸軍用地 五六
用水路に遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 12 陸軍用地 五六(大阪)

13 陸軍用地 二二?
遊歩道の入口に遺りますが、若干埋まっており数字の最後が読めません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 13 陸軍(用地) 二二- 埋没(大阪)

14 陸軍用地 二二三
遊歩道の入口に遺り、上記13の背後にあります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 14 陸軍用地 二二三(大阪)

15 陸軍用地 七〇
道路工事の際に抜かれ、道端に転がっています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 15 陸軍用地 七〇(大阪)

この境界石標と道路(側線跡)を挟んだ北側の農機具小屋に境界石標の様な石材が立てかけられていますが、確認したところただの石材でした。

謎のコンクリート柱
13、14の境界石標のすぐ近くに立っています。
頂部にボルトが付いていますが、側線に関係ある物か不明です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 東香里新町10−2にある柱(大阪)


昭和20(1945)年7月9日1202、P-51戦闘機50機が豊中、吹田、枚方地区に来襲、飛行第五十六戰隊(伊丹)は全力17機(三式戰Ⅱ型)にて邀撃するも中村純一中尉機が撃墜され、側線付近に墜落します(中村中尉は落下傘にて脱出するも、米軍機は翼で落下傘の紐を切断、中尉は付近の田圃にて墜死してしまいます)。
平成17(2005)年3月16日、第二京阪道路建設中に中村機の残骸が出土します。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機 発見現場(大阪)
▲中村中尉機(三式戰Ⅱ型) 発見現場
 正面の高架道路が第二京阪道路
 下を走る道路が側線跡

現在、側線跡脇に中村中尉の慰霊碑、近隣のいきいきランド交野に中村機の残骸が展示されています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉 慰霊碑(大阪)
側線跡付近に建立されている中村中尉の慰霊・顕彰碑

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機(三式戰Ⅱ型) 二式二十粍固定機關砲(大阪)
▲いきいきランド交野に展示されている「二式二十粍固定機關砲」

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機(三式戰Ⅱ型) 一式十二・七粍固定機關砲(大阪)
▲同「一式十二・七粍固定機關砲」

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機(三式戰Ⅱ型) ハ四〇發動機(大阪)
▲同「ハ四〇發動機」

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機(三式戰Ⅱ型) プロペラ(大阪)
▲同「プロペラ」

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 中村純一中尉機(三式戰Ⅱ型) 部品(大阪)
▲同「各種部品」


東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 略歴
明治27(1894)年8月1日、明治二十七八年戰役(日清戦争)が勃発、火薬需要の急増に対し陸軍省は東京砲兵工廠板橋火藥製造所(東京)、同目黒火藥製造所(東京)、同岩鼻火藥製造所(群馬)に加え、京都府宇治郡宇治村五ヶ庄に火薬製造所の新設を決定し、11月1日、大阪砲兵工廠 宇治火藥「假」製造所を開設します。

明治28(1895)年4月17日、日清間に講和条約が締結され、明治二十七八年戰役(日清戦争)が終結します。
講和条約により我が国は清国より遼東半島の領有を認められますが、5月、ロシア、フランス、ドイツの干渉(三国干渉)により領有を放棄せざるを得ませんでした。
当時、ヨーロッパ列強諸国による植民地獲得競争は極東にも及び、我が国はこれらの外圧を排除し、自国の安全保障のため、明治29(1896)年3月、陸軍平時編制を制定し、第七から第十二師團の編成を決定します。
同時に各部隊に砲弾・弾薬を円滑に補給するため陸軍省は板橋、岩鼻、目黒火藥製造所を拡張・整備するとともに、宇治火藥製造所の建設・整備を進め、4月14日、正式に開設します。

昭和12(1937)年7月7日、支那事變が勃発します。
8月16日、宇治火藥製造所において黄色薬熔融作業中に爆発事故が発生、8名死亡、4名重傷、14名軽傷、家屋142戸全壊、139戸半壊、700戸小壊の被害が出てしまいます。

陸軍省は支那事変による火薬需要に対応し、宇治火藥製造所の爆発事故から、事故防止を計るべく火薬の化成、及び成形作業を分離すべく、宇治火藥製造所は拡張の余地が無く、設備も老朽化していた事から新たに分工場の設立準備を進め、昭和13(1938)年8月頃、飛行機による偵察で、緩やかな起伏が連なる丘に沿って谷が伸びる地形が天然の土塁として機能し、また周辺に住宅地が無く、且つ交通の便が良い枚方町南部に広がる香里丘陵を候補地に選定します。

昭和14(1939)年1月、陸軍省は香里丘陵に分工場建設を正式決定、川越尋常小學校(昭和34年、廃校)に地権者を招集、事情・用地買収の説明を実施の後、枚方町大字茄子作、山之上、村野、中振にまたがる工場用地を買収、西山夘三中尉(京都帝國大學大学院生)が基本設計を担当、西側から順次建設を開始します。

7月15日、陸軍火工廠宇治火藥製造所 香里工場(今力衞大尉)の開設式が挙行され、12月、黄色薬圧搾工場(第一工場)の操業を開始します。

昭和15(1940)年4月1日に、『陸軍兵器廠令』(勅令第二百九號)により陸軍造兵廠は陸軍兵器廠と統合され、陸軍火工廠管下の各火薬製造所は東京第二陸軍造兵廠の管下となり、東京第二陸軍造兵廠宇治製造所 香里工場に改称します。

昭和16(1941)年初旬、黄色薬熔填、茶褐薬乾燥作業を開始、9月、鐡道省線星田(ほしだ)駅から製造所まで軍用側線を敷設、鉄道輸送を開始します。

10月1日、宇治製造所から独立、香里製造所として開設予定でしたが、6月下旬から連日の大雨により各地で浸水被害が発災、独立は延期されます。

12月8日、大東亜戦争が勃発します。

昭和17(1942)年3月1日、宇治製造所から独立し、東京第二陸軍造兵廠 香里製造所(小野秀夫中佐)に昇格します。
同年、安瓦薬の合成、填実工場(第二工場)の操業を開始します。

香里製造所の組織は、事務所(庶務、工務、検査、會計、倉庫、醫務各掛)、各工場からなり、正門外側に軍人・軍属官舎、正門内側に女子寮、構内西端に工員寮の桑ヶ谷寮、川越(かわごし)寮、構外西側に菅公寮、喜山寮、少し離れた南側に官舎・工員寮の高田寮が開設されました。

4月18日、愛宕神社より、愛宕社(製造所内神社、現在は春日神社内に遷座)が分霊され、製造所の火伏神として遷座します。

昭和17(1942)年以降、火薬需要の増大、工員不足から『國民勤勞報國協力令』(昭和16年11月22日、勅令第九百九十五號)、『昭和十八年度國民動員實施計畫』(昭和18年5月3日、閣議決定)、『女子勤勞動員ノ.促進ニ關スル件』((昭和18年9月13日、次官会議)、『緊急學徒勤勞動員方策要項』(昭和19年1月8日、閣議決定)、『決戰非常措置要項ニ基ク學徒動員實施要項』(昭和19年3月7日、閣議決定)、『學徒勤勞令』(昭和19年8月23日、勅令第五百十八號)、『女子挺身勤勞令』(昭和19年8月23日、勅令第五百十九號)等に基づき、女子挺身隊、及び四條畷中學(現、大阪府立四條畷高校)、大阪市立中學(現、大阪市立高校)、泉尾高等女學校(現、大阪府立泉尾高校)、市岡高女(現、大阪府立港高校)、私立明浄高女(現、明浄学院高校)、交野國民學校(現、交野市立交野小)等の學校報國隊が生産に加わります。

昭和19(1944)年7月、我が国はマリアナ諸島を失陥、米軍による本土空襲の本格化が予測されるなか、留守第四師團経理部は香里製造所南側に隣接する丘陵と谷地約170,000坪を賃借し地下格納壕を掘削、 また茄子作、村野、寝屋の農家倉庫などを間借りし、資材、火薬類の分散保管を開始します。

7月19日、製造所長・津留田之敬中佐が着任します。

昭和20(1945)年8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

停戦に伴い香里製造所は操業を停止、報國隊・女子挺身隊・応徴士に賃金、退職金を支給し勤務解除、11月10日、『臨時陸軍殘務整理部令』(勅令第六百三十一號)により東京第二陸軍造兵廠は復帰、第一復員省東京第二陸軍造兵廠殘務整理部が新編され、香里製造所は同部香里出張所となり復員官70名が残務処理に当たります。

昭和20年8月28日、『戰争終結ニ伴フ國有財産處理ニ關スル件』の閣議決定(大正11年1月28日、勅令第十五號『國有財産法施行令』)により香里製造所の用地、建物、生産設備、資材等は内務省を通じ大蔵省に移管、大阪財務局の管理下に置かれます。

9月25日、米第6軍第1軍団が和歌山市二里ヶ浜に上陸、26日、大阪市内の住友銀行ビルに司令部を設置し近畿地方に進駐を開始、10月、香里製造所は米軍に接収され、半洞窟式火薬庫20数棟が爆破、爆弾・火薬の廃棄が行われます。

10月16日、枚方町は香里製造所用地、建物等の払い下げを申請します。

昭和21(1946)年1月20日、連合国軍最高司令官総司令部は『日本の航空機工場、工廠及び研究所の管理、統制、保守に関する覚書』(SCAPIN629)を発令、4月、香里製造所の製造機械類は賠償指定物件(全国の工廠、民間航空機工場389ヶ所が対象)に指定され、管理のため製造所内に大蔵省大阪財務局枚方出張所香里分室が設置、米軍監督下に可動状態にあった製造機械、資材は諸外国に搬出されます。

4月1日、本部事務所、診療所など6棟を転用し香里國民學校 (現、枚方市立香里小学校)が新設、工場跡は田辺鉄工所、丸福鉄工所、工員寮跡は戦災者住宅などに転用されましたが大部分は放置されていました。

昭和27(1952)年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効、賠償指定が解除され旧製造所は大蔵省に返還、朝鮮戦争(昭和25年6月25日、勃発)特需を受けた民間企業が払下げ申請を行いますが住民の反対で断念します。

昭和28(1953)年、枚方市は政府に対し、香里製造所跡地の大規模住宅地としての開発案を提示、昭和30(1955)年7月25日、日本住宅公団が設立され、昭和31(1956)年4月9日、建設省から『枚方都市計画香里土地区画整理事業』が告示されます。
10月、第一工区の造成が開始され、昭和42(1967)年にかけ段階的に造成、製造所跡地の全域に大規模な団地が建設され現在に至ります。


主要参考文献
『大阪文化財研究30 「香里団地以前」』 (平成18年11月 森井貞雄 大阪文化財センター)

『いま、よみがえる枚方の20世紀 発掘・復元・検証』 (平成23年1月 大阪府文化財センター)

『大阪春秋126号 旧東京第二陸軍造兵廠 香里製造所の建築』(平成19年 酒井一光 新風書房)

『枚方市史 4』(昭和55年 枚方市史編纂委員会)

『枚方市平和(戦争遺跡)ガイド』(平成27年3月 枚方市人権政策室)

国土地理院(USA-M27-2-66)

・Yahoo!の地図

Webサイト
枚方市役所 市長公室 人権政策室
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

Twitter @yuukyuunotaigi
リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる