当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

大津駐屯地 創立53周年創立記念行事

本日は滋賀県大津市際川に所在する「陸上自衛隊 大津駐屯地」の創立53周年創立記念行事に行って来ました。
平成24年 対機甲警戒(大津駐屯地)87式 対戦車誘導弾
▲87式対戦車誘導弾

【陸上自衛隊 大津駐屯地】公式サイト






大津駐屯地の創立記念行事は毎年、雨や用事で見送っていましたが、今回ようやく念願叶い始めて行くことができました。

朝7:00に起床し、7:30に最寄りの駅から電車で出発します。
1時間ほどでシャトルバスが出るJR大津駅に到着しました。
が・・・バスの乗車場が分かりません。

大津駐屯地の公式サイトを見ても創立記念行事の事は掲載されておらず、電話で問い合わせをしたのですがバスの乗車場まで聞きませんでした。
今津のように案内の方が立っていると思ったのですが、全くそれらしい気配が無く同じ目的と思われる方が集結している場所に並んでいました。
8:50くらいになりシャトルバスが来ましたが、その前を素通りして行きました。
バス乗り場は逆の道に設定されていたようです。
整理もされずグダグダとバスに乗車し、駐屯地に到着します。

大津駐屯地は大東亜戰争停戦まで大津水上機基地があり、大津海軍航空隊が所在していました。
現在は中部方面混成団本部が所在し、陸士・陸曹の教育隊である第109教育大隊、第4陸曹教育隊が駐屯、将来の我が国の防衛を担って下さる若者達を教育しています。

大津駐屯地の観覧席配置は観閲台の両側に客席が有り、上段に招待者席、下段にパイプイスの一般客席、さらにその両側に地べた席があります。

駐屯地に着くと既に一般席の前列は埋まっています。
今日は簡易イスを持って来たので地べた席を確保し、軍跡探索に行きます。

駐屯地内には海軍時代の遺構として格納庫1棟、滑走台が残されています。

格納庫はかなり改築され外壁や基礎は補強されていますが、内部のトラス構造の鉄骨組や扉などに面影が見られます。
そのまま外周(琵琶湖側)に沿って歩くと、当時の桟橋がありますが、その手前の湖岸に爆風避けの衝立の付いた格納壕が2基ありました。
乗員の退避用でしょうか?

滑走台は残念ながら装備品展示・ボート体験試乗会場になっており、記念行事前は立入禁止でした。

そうこうしているうちに参列部隊が入場してきたので席に戻りましたが、今日は寒い・・・
長袖シャツに上着を1枚着てきましたが、風が強く小雨も降ってきました(゜Д゜;)
平成24年 参列部隊(大津駐屯地)
▲参列部隊

10:00、参列部隊指揮官の第47普通科連隊長・有浦隆1等陸佐が入場、次いで観閲官の中部方面混成団長兼ねて大津駐屯地司令・哲郎1等陸佐が臨場、国旗が入場・登壇し国旗に対して敬礼が行われます。
式典は功労のあった表彰者の方々の紹介があり、観閲官による部隊巡閲、観閲官式辞、来賓祝辞、祝電の紹介、部隊が退場します。
平成24年 国旗登壇(大津駐屯地)
▲国旗登壇

平成24年 部隊巡閲(大津駐屯地)
▲観閲官・中部方面混成団長兼ねて大津駐屯地司令・哲郎1等陸佐による部隊巡閲

実は10時から「渡河ボートの体験試乗券の配布」があるため、観閲官の式辞が終了次第、券をもらいに行きました(^_^;)

続いて「観閲行進」が行われ、新人隊員、陸曹候補生、特技過程の学生、対戦車誘導弾、迫撃砲が行進していきます。


さらに車両の行進が行われます。


大津駐屯地は部隊柄、非常に徒歩部隊が多いです。

ここで残念なお知らせが・・・
本日のあいにくの雲量、風速により空挺降下が中止になりました(゜Д゜;)

訓練展示の準備の時間で近畿ではお馴染みの第3音楽隊による音楽演奏、第3特科隊で編成された白鷺太鼓が演奏、大津名物の自衛隊体操が実演されます。
平成24年 自衛隊体操(大津駐屯地)
▲自衛隊体操

新兵達が雄叫びを上げながら展開、体操、再び雄叫びを上げながら撤収する様子はなかなか迫力があります(^o^)

続いて第47普通科連隊による「模擬戦闘訓練展示」に入ります。
状況は敵部隊が陣地を構築

OH-6による航空偵察

バイクによる偵察
平成24年 バイクによる偵察(大津駐屯地)

軽装甲機動車によるバイク援護
平成24年 軽装甲機動車によるバイク援護(大津駐屯地)

対機甲警戒
平成24年 対機甲警戒(大津駐屯地)87式 対戦車誘導弾
▲87式対戦車誘導弾

重迫撃砲展開
平成24年 重迫撃砲展開 (2)(大津駐屯地)
▲81mm迫撃砲 L16

平成24年 重迫撃砲展開(大津駐屯地)
▲120mm迫撃砲 RT

重迫撃砲による制圧射撃
平成24年 重迫撃砲による制圧射撃(大津駐屯地)
▲FH-70榴弾砲

戦車を展開し制圧射撃
平成24年 戦車を展開し制圧射撃(大津駐屯地)
▲74式戦車

地上部隊投入
平成24年 地上部隊投入 (2)(大津駐屯地)

平成24年 地上部隊投入(大津駐屯地)

午後からは渡河ボートの体験試乗でしばし琵琶湖の遊覧を楽しみ、資料館を見学します。
平成24年 渡河ボート体験試乗(大津駐屯地)
▲渡河ボート体験試乗

平成24年 湖上から見た駐屯地(大津駐屯地)
▲湖上から見た駐屯地

資料館は「大津海軍航空隊」、「滋賀海軍航空隊」、「歩兵第九聯隊」などの貴重な資料がありますが、全て撮影禁止(殉職自衛官の顕彰室があるため?)でした。
せっっかく明るい単焦点レンズと反射を防ぐPLレンズを持っていったのですが・・・OTL

その後は駐屯地内を探索し、木造の大型建物3棟を発見しましたが、これらが海軍時代の物か、米軍接収時代の物か不明です。
後者の可能性が高いですが・・・

今日は初めての大津駐屯地記念行事でしたが、将来の我が国の国防を担う若者達を陰ながら応援することができました。
国防という国家にとって最も重要かつ過酷な任務ですが、ぜひ頑張ってもらいたいと思う一方、彼らが心置きなく任務に邁進できる環境を我々国民が一刻も早く改善していかなくてはならないと思いました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

大津駐屯地…ナ…ナツカシー!
小生は[新隊員前期教育課程]で3ヶ月ほど、この駐屯地におりました。
30年ホド前のハナシですが…

この駐屯地が昔、海軍の施設だったとは初めて知りました。
駐屯地の歴史も、きちんと教育のカリキュラムに組み込むべきでしょう。

返信不要
武運長久ヲ祈ル

取材お疲れさまでした(^O^) 大津駐屯地は昔々二回ほどおじゃました記憶が…国体支援で宿泊しました が 途中で風疹になり俺だけ帰隊しましたが 海軍の施設だったとはしりませんでしたわ(*_*) 家事おやじ様は大津駐屯地出だったのですね時期的に私と同じくらいな入隊かも?(私は大阪の某駐屯地ですが…)私のほうが年寄りかもですが

こんばんは

>家事オヤジさん、こんばんは。

おぉ~大津駐屯地にいらしたのですか!
> 30年ホド前のハナシですが…
であれば、海軍時代の建物も数棟残っていたのではないでしょうか。

> 駐屯地の歴史も、きちんと教育のカリキュラムに組み込むべきでしょう。
私もそう思います。
広報の方が若干ご存知なくらいで、一般の方は殆ど知らないと思います。
(たまに驚くくらい詳しい広報の方がいらっしゃいますが!)
資料館の展示に海軍時代、米軍接収時代、駐屯地の歴史がまとめられていますが、全員が見学して理解しているとは残念ながら思えません。

こんばんは

>ひろしさん、こんばんは。

ひろしさんにとっては大津駐屯地は余り良い思い出ではないようですね(^_^;)
ネットでも余りヒットしませんし、大津駐屯地が大津海軍航空隊の跡地と言うことは余り知られていないようですね。
大津にはもう一つ、予科練の「滋賀海軍航空隊」、さらに陸軍の「大津少年飛行兵學校」もあり陸鷲・海鷲錬成の地、現在は陸上自衛隊の若者錬成の地であり、「若き軍人養成の地」としての歴史が香る街ですね。

ひろしさんこんばんは!

♪我ら~109♪教育大隊伝統の健児となる~は♪ほ~まれ~な~り~♪

ひろしさん、はじめまして。

昔の隊歌も覚えています。
覚えていると言えば。
認識番号も、未だに覚えています。
家内の誕生日は忘れても。
認識番号は、死ぬまで覚えているでしょう。
結婚記念日は、既に忘れていますが(笑)

大津の後は、豊川への配属であります。

入隊時はまだ【美少年】の面影の残る小生でしたが…(笑)
齡48…今やしがない
家事オヤジであります。

歳は取りたく無いものです。

それではまた…

返信不要
武運長久ヲ祈ル

以上であります。

No Title

観閲部隊指揮官は連隊長で無く副混成団長が担当のはずですよ。
理由を申しますと、通常団長等は観閲官となり本行事を執行・観閲しますが、隷下部隊である連隊長は自分の連隊を指揮し観閲部隊は執行者たる団長の次級者たる副団長が務めるのが慣例のはずですので

Re: No Title

通りすがり様、こんにちは。

ご指摘ありがとうございます。
参列部隊指揮官の件ですが去年までは副団長が務めていた様ですが、今年は47普連連隊長が務めていました。

ご指摘の様に私も「言われてみれば確かに・・・間違えて書いたかな?」と思い観閲行進の動画を見直し、部隊整列時の音声は無かったので直接駐屯地に問い合わせてみたところ「参列部隊指揮官は今年は47普連連隊長が務めました」との回答を得ました。

自衛隊に関する知識が乏しく浅学ですので、よく間違った記述をしています(^_^;)
これからもお気づきの点があればどしどしご指導ご鞭撻宜しくお願いします。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる