当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

第六師團関連の練兵場、射撃場、演習場

熊本県内各地には第六師團関連の練兵場、射撃場、演習場がありました。
それらをまとめて紹介します。

時間の関係で全て踏査できなかったので、「紹介」程度になることをご了承下さい。
御親閲之所(帯山陸軍練兵場) (2)(熊本陸軍遺構)
▲帯山陸軍練兵場跡の民家に残る「御親閲之所」碑






第六師團(のち熊本師團・西部軍管區)管轄・熊本県内の施設
-練兵場-
・渡鹿(とろく)陸軍練兵場
・帯山(おびやま)陸軍練兵場

-射撃場-
・小峯原(おみねばる)陸軍射撃場(小銃:のち廃止)
・春日 〃 (小銃:のち廃止)
・花園 〃 (小銃)
・黒石陸 〃 (火砲:のち廃止)

-演習場-
・廣安陸軍演習場
・浅薮(あさのやぶ)  〃  (大矢野原西陸軍演習場)
・大矢野原 〃  (大矢野原東陸軍演習場)
・八代   〃  ・・・熊本県八代市(工兵架橋演習場:のち廃止)
・人吉   〃  ・・・熊本県人吉市(工兵架橋演習場)
・黒石原(くろいしばる)〃 


熊本市内の施設※青字は地図にリンクしています
昭和6年頃の地図★拡大(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國測量部)
▲昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國陸地測量部)

帯山陸軍練兵場(熊本陸軍遺構)
▲現在の地図に上掲図の施設を移した物(薄紫に枠は三菱重工熊本航空機製作所:後日紹介します)


⑥ 帯山(おびやま)陸軍練兵場
大江町の⑤渡鹿(とろく)陸軍練兵場の東側にありました。
現在は全域が住宅地化しています。

昭和6(1931)年11月12~14日、第六師團は昭和天皇御統監のもと菊池平野・託麻原一帯で行われた陸軍特別大演習(第六師團が南軍、第十二師團(久留米)・臨時編成の第二十一師團が北軍)に参加します。
翌、15日、帯山陸軍練兵場で天覧観兵式が挙行され、師團の勇姿を見ようと10万人もの観衆が詰めかけました。
特別大演習 昭和6年11月)映像(北熊本駐屯地)(熊本陸軍遺構)
▲昭和6(1931)年11月12~14日の陸軍特別大演習の様子
 陸上自衛隊・北熊本駐屯地「防衛館」(資料館)所蔵のビデオ

特別大演習 昭和6年11月)映像(北熊本駐屯地) (2)(熊本陸軍遺構)
▲同上

特別大演習 昭和6年11月)(熊本陸軍遺構)
▲帯山陸軍練兵場で観兵される昭和天皇


フ 「御観閲之所」碑
御親閲之所(帯山陸軍練兵場)(熊本陸軍遺構)
昭和6(1931)年11月15日、帯山陸軍練兵場で挙行された天覧観兵式を記念し、熊本・長崎・福岡・大分・佐賀・宮崎・沖縄・山口の8県の学生、生徒、男女青年団員、在郷軍人により建立されました。

経緯は不明ですが石碑は上掲写真のように、民家の壁の一部になっています。

近隣の再春館製薬所旧本社(熊本東バイパス沿い)に昭和50(1975)年に建立された「御観閲之處」碑があるようですが、近くに車を停めたにも拘わらず見に行くのをすっかり忘れていました・・・(;ω;)
御親閲之處(熊本陸軍遺構)
▲「御親閲之處」碑
 陸上自衛隊・北熊本駐屯地「防衛館」(資料館)の展示より


⑦ 小峯原(おみねばる)陸軍射撃場
⑧ 廣安陸軍演習場・・・対象:熊本諸団体
小峯原陸軍射撃場は小峯原陸軍演習場とともに明治9(1876)年8月、内務省により用地が買収され陸軍省に移管、設置されます。
設置当初の射撃場は廣安陸軍演習場内の一部として射線が北西から南東に向け設置されていました(明治34年実測図)が、のちに射撃場は上掲地図の様に東西方向に改められ、演習場内にあるのも危険なため分離独立した様です。

時間の関係で未踏査です。


⑨ 熊本陸軍病院健軍臨時分院
現在、跡地は住宅地になっており、遺構は何も残されていません

昭和13(1938)年9月、支那事変による戦傷病者を収容するため、熊本城内にあった熊本陸軍病院の臨時分院として開院(36,000坪)します。
昭和20(1945)年5月13日、東隣の三菱重工熊本航空機製作所を狙った空襲により一部損壊、7月1日、熊本大空襲により大半の建物が焼失したため入院患者は藤崎台分院に移送され、8月16日、停戦を迎えます。
停戦後、跡地は戦災復興住宅になり現在に至ります。
ヘ 「熊本陸軍病院健軍臨時分院跡」碑
旧熊本陸軍病院健軍臨時分院跡 碑(熊本陸軍遺構)
▲平成3年11月、戦友会有志の方により建立されました。
健軍臨時分院のあった京塚本町の京塚公民館横にあります。

※健軍臨時分院の位置・説明が間違っていましたが、まめ八様からのご指摘より訂正いたしました。


◯ 春日陸軍射撃場
JR熊本駅の南西、独鈷山に向かってありました。
春日陸軍射撃場(熊本陸軍遺構)
▲現在の地図

小銃・火薬の改良により小峯原陸軍射撃場が狭隘になったため、明治33(1900)年頃、設置されました。
昭和10(1935)年5月23日、移転が決定、昭和12(1937)年5月、花園陸軍射撃場が完成した事により廃止されました。

時間の関係で未踏査です。


◯ 花園射撃場
現在は柿原公園、職業訓練センター、老人ホームになっています。
花園陸軍射撃場(熊本陸軍遺構)
▲現在の「花園陸軍射撃場」周辺図

遺構としては、周囲に築かれていた跳弾避けの土堤が一部(東西北側)残されています。
花園陸軍射撃場 北側の土堤(熊本陸軍遺構)
▲北側の土堤

花園陸軍射撃場 南東から(熊本陸軍遺構)
▲南東側の土堤

昭和12(1937)年5月、春日陸軍射撃場に替わる射撃場として新設されます。
射線2条を備え九州一と言われる射撃場で、陸軍の他、中学校(旧制)生徒の軍事教練にも使用されました。
停戦後は占領軍が使用しました。


熊本市外の施設
◯ 黒石陸軍射撃場
◯ 黒石原(くろいしばる)陸軍演習場
・・・対象:熊本諸団体
現在は陸上自衛隊黒石原演習場、同北熊本自動車教習所、農地、住宅地等になっています。
黒石陸軍射撃場(熊本陸軍遺構)
▲昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國陸地測量部)

黒石陸軍射撃場(現在)(熊本陸軍遺構)
▲現在の地図

明治4(1871)年8月20日、鎭西(のち熊本)鎭臺が熊本に設置された際、大砲射的場として開設されます。
その後、火砲・火薬の発達により野砲兵の射撃演習はより広大な大矢野原陸軍演習場で行われる様になり、黒石陸軍射撃場は南側の隣接する敷地が拡張され「黒石原陸軍演習場」となります。
大正5(1916)年5月22日の『陸軍演習場規則改正』には既に「黒石原陸軍演習場」と見えるので、それまでには演習場に用途変更されていたようです。

黒石陸軍射撃場・黒石原陸軍演習場(22.4.11)(熊本陸軍遺構)
▲昭和22(1947)年4月11日の国土地理院地図
 赤部分:黒石陸軍射撃場跡
 青部分:哨舎
 黄部分:大刀洗陸軍飛行學校黒石原教育隊
 赤部分の南側に広がる白っぽい部分が黒石原陸軍演習場(境界不明)

昭和12(1937)年、北側の隣接地に逓信省が九州循環線の寄航地として熊本飛行場(のち黒石原飛行場)の設置を決定、昭和16(1941)年4月、「逓信省熊本地方航空機乗員養成所」が開所、昭和19(1944)年4月、大刀洗陸軍飛行學校黒石原教育隊が併設、8月、地方航空機乗員養成所は閉鎖され、飛行場は西側に拡張されます。
大刀洗陸軍飛行學校黒石原教育隊の遺構としては居住区に奉安殿や建物基礎が残っているようです。

時間の関係で未踏査です。


◯ 浅薮(あさのやぶ)陸軍演習場
◯ 大矢野原陸軍演習場・・・対象:熊本・佐世保諸団体、久留米戦車隊、野砲兵隊
熊本県東部一帯に位置する上益城郡北部には浅薮陸軍演習場(大矢野原西陸軍演習場)・大矢野原陸軍演習場(大矢野原東陸軍演習場)の2ヶ所の演習場がありました。
大矢野原・浅薮陸軍演習場(熊本陸軍遺構)
▲昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國陸地測量部)
 ※紫部分:哨舎地区

大矢野原・浅薮陸軍演習場(現在)(熊本陸軍遺構)
▲現在の大矢野原・浅薮陸軍演習場(灰色部分:陸自大矢野原演習場)

浅薮陸軍演習場は現在、県に払い下げられ公共牧場に、大矢野原陸軍演習場は若干縮小されていますが、現在も自衛隊の演習場として国土防衛に寄与しています。

大矢野原一帯は江戸時代は肥後藩細川家の軍馬調教・狩猟場として利用されていました。
明治6(1873)年7月28日、『地租改正法』が施行され、明治11年頃までに官有地になります。
明治16(1883)年、献納及び買収した周辺民有地を含め大矢野原陸軍演習場が開設、池窪に哨舎(後の第二區哨舎)が設置されます。
明治40(1907)年、古閑原、狐平(後の第一區哨舎)が設置されます。
昭和2(1927)年、荒加志野、放原、下相月原が演習場に編入、昭和12(1937)年、農林省所管国有林が編入(場所不明)され、昭和20(1945)年8月16日、停戦を迎えます。
10月5日、米軍に接収され米軍が使用、昭和31(1956)年10月、接収解除され、大矢野原陸軍演習場は自衛隊の演習場として移管され、浅薮演習場は県に払い下げられ現在に至ります。


遺構としては大矢野原陸軍演習場の古閑原陸軍哨舎の入口付近(県道221号沿い、その名も「凱旋門停留所」!付近【ストリートビュー】)に「凱旋門」(明治39(1906)年1月10日建立)、大矢野原・浅薮陸軍演習場周囲に「陸軍省所轄地」の境界石標が点在しているようです。

時間の関係で未踏査です。

参考文献
『熊本の戦争遺跡』(平成22年12月 創想舎)

『陸軍演習場規則改正』(アジ歴)

陸上自衛隊 北熊本駐屯地 防衛館展示資料

国土地理院 空中写真

Yahoo!地図
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【帯山練兵場/小峯原射撃場・廣安演習場/熊本陸軍病院健軍臨時分院/春日射撃場/花園射撃場/黒石射撃場/大矢野原・浅薮演習場】

熊本県内には第六師團関連の練兵場、射撃場、演習場がありました。それらをまとめて紹介します。時間の関係で全て踏査できなかったので、「紹介」程度になることをご了承下さい。▲帯山練兵場跡の民家に残る「御親閲之所」碑

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

大変興味深く拝見いたしました。
個人的に自分が住んでいる街の歴史を調べている中でコチラに辿り着きました。
大変なご苦労の末まとめられた詳細な調査に感服している次第です。
大変参考になりました。
有難うございます。

ただ、一点だけ指摘をさせて頂くと「熊本陸軍病院健軍臨時分院」は現在の熊本工業高校の場所ではなく、京塚本町にありました。熊本工業高校は昭和18年に熊本市大江から上京塚の現在地に移転しておりますので時代的に重複することになってしまいます。
私が近所の古老に聞いたところでは、現在の京塚バス停の南側一体にあったという事なので、記事中にある「熊本陸軍病院健軍臨時分院跡」碑のお写真もあながち間違った場所に建てられているわけでは無いようです。
熊本陸軍病院健軍臨時分院跡地には、戦後に被災者住宅が建てられ現在に至りますが、コレは地図の地割をご覧になってもお分かりになると思います。

はじめまして

まめ八様、こんばんは。

説ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
旅行で訪ねて、限られた時間しか取ることが出来ず中途半端な探索になってしまったのが心残りです。

「熊本陸軍病院健軍臨時分院」のご指摘、ありがとうございました。
臨時に造られた分院なうえ、空襲で消失した事から資料が皆無でしたが、戦後の経緯も理解でき大変助かりました。
早速、記事を訂正させて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる