当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

カメラ  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

今年初め探索に行った地下壕で、先代の一眼レフデジカメD5000(ニコン)が水没しました。






カメラ本体、レンズ(シグマ)をすぐに修理にもって行き(レンズは郵送)ました。
レンズは完全に水没したので「無理やろなぁ」と思っていたのですが、予想通り「修理不可」となり白木の箱で帰還しました。

一方のカメラは水没したのか?していないのか?非常に微妙な感じでした。
底部にある電池カバーを開けると水滴が出てきたので、一応修理に出しました。
その結果、部品交換(11,000円)が必要との案内です・・・
修理代は調整代15,000円と合わせ26,000円になります。
これだけ高額になるのでは、修理するより新品が欲しくなります。
このD5000ですが、昨年秋に後継機のD5100(最安49,000円)が発売されました。
性能が大きく変わらないのであれば修理で良いのですが、これがかなり大きく進歩しています。

さらに上位機種のD7000(最安89,000円)も欲しかったのですが、モニターがバリアングルでは無い(可動しない)、動画が弱いと性能に不満があります。

友人、カメラに詳しい知人などに相談した結果、D5100を購入することにしました。

またレンズも前回購入時と同じく純正ニコンの18-200(80,000)、水没品と同じシグマの18-250(47,000)、タムロンの18-270(68,000)で悩みましたが、結局信頼性を買ってシグマのレンズを購入しました。

カメラ、レンズとも結果的に買い換える事になり、締めて96,000円の出費となりました。
特に趣味ではないカメラにこれだけの出費は痛いです。

地下壕は本当に気を付けなくてはなりません・・・(;ω;)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる