当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

ツタンカーメン展

本日は友人と天保山特設ギャラリーで開催されているツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~に行って来ました。






つい先日、大好評につき延長が決定しましたが、前売り券を購入していたので当初の終了日である6月3日(日)まで(正確には平日限定券なので2日まで)に行かなくてはならず、友人と日程を調整し本日行って来ました。
11時に梅田で待ち合わせし、ホワイティー梅田でラーメンをすすり、地下鉄で大阪港駅に向かいます。

今日は会期が延長されて余裕があり、平日でもあり、小雨交じりの悪天候でもあり、開始当初はテレビでしきりに報道していましたが、最近は全く何も言わず「空いているだろう」と思っていたのですが駅に着くと・・・

係員が「入場まで80分待ち」の手札を持って立っています(゜Д゜;)
おいおい、そんな入場者がいてるんかい・・・

会場に向かう道も僕達と同じように会場に向かう人々がチラホラいてます。
そして会場に着くと、キャー(゜Д゜;)

あの手札通りめちゃくちゃ人が並んでいます!
平日にも関わらず凄い人出です。
取り敢えず小雨交じりの中、列に並び80分程待ち会場に入ります。

展示は「ツタンカーメンの世界(新大国時代とは)」29点、「古代エジプト人 スピルチュアル・ワールド」21点、「ツタンカーメンのミステリー」8点、「世紀の大発見ツタンカーメン王墓」19点、「ツタンカーメンの真実」20点、「黄金のファラオたち」7点で構成されていました。
テレビや本でしか見た事の無い、ツタンカーメンの王墓から発掘された出土品の数々を目にして感動と驚嘆を隠せません。
3000年以上前に高度な技術で造られた遺物の数々は非常に精細で緻密、古代エジプト人の優れた芸術的・美的感覚を垣間見るとともに、何より遺物が発する歴史の重みに時間を忘れて見入ってしまいました。

写真撮影はもちろん禁止なので、できるだけ記憶に焼き付けるため1つ1つの展示を可能な限り様々な角度から凝視してきました。

実に素晴らしい展示の数々でした。

さすがツタンカーメンだけあって、平日にも拘わらず凄い人出です。
平日であの人出であれば、土日はどうなっているのでしょう(゜Д゜;)

帰りにミュージアムショップでお土産のボールペン(ツタンカーメン、アメンホテプ2世)、エジプトキューピーを購入して会場を後にしました。

展示は非常に素晴らしかったのですが、不満に思った事があります。
それは「会場運営の悪さ」です。
自衛隊の基地祭でもたまに思いますが、自衛隊は国防が主任務であり記念行事の運営は「一般人が参加させて貰っている」ので特に問題とも不満にも思いません。
しかし、ツタンカーメン展は高額な入場料を徴収し、貴重な展示を円滑に見せるのが仕事です。
僕も前職が接客業だったの余計に気になったのかも知れませんが、度々会場運営の悪さが目につきました。
とにかく段取り・要領が悪く、配置するべき場所に係員がおらず、何しているのか疑問な人員配置が目立ちました。
思った事を書き上げてみると
入場口がどこにあるかの案内がいてないため、当日券販売所に間違えて入りそうになる。
入場待ちの列がどこにあるのか案内が居てないため、どこまで列が伸びて最後尾がどこにあるのか不明。
係員の指示も「展示を見終わったら先に進んで下さい」と、当たり前の事を言っている。
超混雑の人混みの中、複数の車椅子者がいるにも拘わらず、放置。
客動線が悪いので、異常に混雑している展示があると思えば、ガラガラの展示があり、係の誘導がないため円滑に回っていない。
などなど・・・

未だ始まって間も無いのであれば仕方ないのですが、始まって既に3ヶ月、しかも本来ならば終了間際です。
しかも連日あの人出であれば改善していくのが普通と思います。
それが出来ていないのは怠慢と言うより、もはや無能の域です。

その後、天保山マーケットプレイスに行ったのですが、ツタンカーメン展と連動して特設店が出ています。
そこで、ミュージアムショップと同じ様な土産、全く同じ土産も売っていました。
しかも500円の物が300円で売っています(;ω;)
何だかなぁ・・・

その後、友人とマーケットプレイスをウロウロしてツタンカーメン展の土産を買い足し、友人の買い物に付き合った後、梅田に戻りました。

梅田ではヨドバシカメラで友人の買い物に付き合い、新装なった8階の食堂街で食事を摂って解散となりました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる