当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

福知山陸軍墓地

京都府福知山市にあった歩兵第二十聯隊兵営の東側、福知山陸軍練兵場の南に福知山陸軍墓地があります。
福知山陸軍墓地 将校 西側(5段目)(福知山)
▲将校墓標

【探索日時】
平成23年12月5日





歩兵第二十聯隊兵営周辺の陸軍施設配置
福知山(大正9)(福知山)
▲大正9年頃の地図(大正9年測量 大日本帝國陸地測量部)
 ※赤塗部分が陸軍施設

福知山(22.11.3)(福知山)
▲昭和22(1947)年11月3日の福知山市周辺の空撮(NI-53-14-13)

福知山現在の地図(福知山)
▲現在の地図に施設を転写したもの

※緑文字が当記事の紹介施設
①歩兵第二十聯隊
②旧歩兵第二十旅團司令部
③福知山陸軍病院
④福知山聯隊區司令部(西側)・福知山憲兵分隊(東側)
⑤福知山陸軍練兵場
⑥第四師團演習廠舎(旧工兵第十大隊)
福知山陸軍墓地

名称については一般的な昭和16(1941)年頃のものです。


遺構について※青字は地図にリンクしています
福知山陸軍墓地
現在は「平和墓地」と改称され、周辺一帯は「平和公園」となっています。

明治31(1898)年2月22日、歩兵第二十聯隊の福知山移駐に伴い、歩兵営南西の福知山町大字天田(現、福知山市字天田東岡町)に設置された室(むろ)陸軍射的場(射撃場)の東側に福知山陸軍埋葬地(1,244坪)として設置されます。
しかし、市街地から遠く郷土の英霊を参詣するのに交通が不便なうえ、新たに柳条湖事件(滿洲事變)戦病没者の合同墓碑を建設するに当たり狭隘なため苦慮していたところ、福知山町長より町有地2,727坪の寄進申し出があり、昭和11(1936)年5月20日、福知山陸軍練兵場の南側に移転が決定します。

移転経費の一部、移転作業は歩兵第二十聯隊将兵及び在郷軍人が奉仕しますが、埋葬地移転を聞いた官民諸学校・団体の奉仕も加わり、6月下旬、埋葬地の移転・整備が完了、最上段に「満州事変戦歿者合同墓碑」が建立されます。

昭和13(1938)年5月5日、陸軍省令第十六號『陸軍墓地規則』が制定され福知山陸軍埋葬地は福知山陸軍墓地に改称します。

昭和20(1945)年8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』の渙発を受け、16日、停戦を迎えました。

停戦に伴い、墓地は進駐軍により破壊・撤去(墓地全体?合同墓碑のみ?)されたため遺族は木塔にて代用しますが次第に荒廃してしまいます。

昭和27(1952)年4月28日、サンフランシスコ講和条約締結による我が国の主権回復を契機に、昭和32(1957)年4月、赤井一作・世木澤兵夫・荒木源之助の三氏により墓地再建が発議され、6月12日、管内の賛同を得て実行委員会が結成され京都府他関係市町村の協賛・後援を得、11月11日、起工式が挙行され墓地の整地と拡張を開始します。
12月20日、敷地が完成、灯籠・手水舎・玉垣の修理を行い、基壇のみ遺されていた合同墓碑を現在地に移設し北木石により「忠霊塔」として塔石を復興、福知山陸軍墓地を「平和墓地」と改称し、昭和33(1958)年3月31日、忠霊塔に管内出身の英霊18,558柱を合祀し芳名簿を収め慰霊祭・竣工式を挙行します。

墓地は中央の階段を中心に6段の雛壇状に造成され、それぞれの段に一列ずつ墓標が並んでいます。
福知山陸軍墓地 参道から(福知山)
▲福知山陸軍墓地 入口
 階段の頂部に忠霊塔が見えます。

福知山陸軍墓地 玉垣 東側(福知山)
▲正面玉垣
 帝國在郷軍人會、福知山聯隊區管内軍人會により寄進されました。

1段目
軍用動物之墓
福知山陸軍墓地 軍用動物之墓(福知山)
▲動物の墓標は我が國軍だけに見られる物です。

陸軍歩兵曹長 土佐多計蔵墓
福知山陸軍墓地 陸軍歩兵曹長 土佐多計蔵墓(福知山)
▲土佐曹長は福知山聯隊區司令部書記でしたが、明治29(1896)年8月31日、由良川の氾濫により住居が流され妻子とともに溺死してしまいました。

鎮魂
福知山陸軍墓地 鎮魂碑(戦後)(福知山)
▲昭和55(1980)年4月、比島派遣第二十聯隊有志会により建立されました。

建設之由来
福知山陸軍墓地 「建設之由来」陸軍墓地移転・滿洲事變合葬碑建立の由来碑(福知山)
▲滿洲事變合葬碑の建立、陸軍墓地移転の由来が刻字されています。

2段目
兵卒の墓標が並びます。
福知山陸軍墓地 兵卒 西側(2段目)(福知山)

ロシア人俘虜の墓標
福知山陸軍墓地 露国俘虜の墓(福知山)
▲2段目の東側奥にはロシア人俘虜の墓標が2基あります。
 墓碑銘はカタカナで刻字されています。

福知山陸軍墓地 露国俘虜の墓 (2)(福知山)
▲こちらはロシア語で刻字されています。

3段目
兵卒の墓標が並びます。
福知山陸軍墓地 兵卒 東側(3段目)(福知山)
▲墓標の前(写真右側)にあるのは水鉢・花立・香炉です。

福知山陸軍墓地 水鉢・花立・香炉 東側(2段目)(福知山)
▲星章の輝く水鉢・花立・香炉

4段目
下士官の墓標が並びます。
福知山陸軍墓地 下士官 東側(4段目)(福知山)

5段目
将校の墓標が並びます。
福知山陸軍墓地 将校 西側(5段目)(福知山)

6段目
忠霊塔
福知山陸軍墓地 忠霊塔(戦後)(6段目)(福知山)
▲昭和33(1958)年3月31日、福知山聯隊區管内出身戦没者を合祀するため、赤井一作・世木澤兵夫・荒木源之助各氏、合同墓地再建委員會により建立されました。
揮毫は福知山市出身の第47代内閣総理大臣・芦田均によります。

元々は昭和11(1936)年6月に建立された「満州事変戦歿者合同墓碑」でしたが、大東亜戰争停戦後に進駐軍により破壊・撤去されてしまいました。
昭和33(1958)年、遺された台座を移設し、破壊された塔石を「忠霊塔」として復興します。

福知山陸軍墓地、満州事変戦歿者合同墓碑については、『まちかどの西洋館別館・古写真・古絵葉書展示室』様に写真が掲載されています。
こちらのブログの写真を見ると合同墓碑の両側に基壇が築かれており、別の合同墓碑(支那事變関連など)があったのかも知れません。

平和墓地
福知山陸軍墓地 陸軍墓地・平和墓地由来(福知山)
▲陸軍墓地・平和墓地の略歴が刻字されています。

墓地の6段目からは聯隊将兵が練武に励んだ練兵場が見渡せます。
福知山陸軍墓地 陸軍墓地から見た練兵場(福知山)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

とても綺麗に管理されているようですね。
私も、本家の墓をよく管理したいです。盆に帰った時は蜂の巣ができていて近寄れない状態でした。すぐ駆除しましたが。帰省しなければそれも無理です。その分、神社や墓所の清掃で奉仕活動したいと思います。

すみません、一方通行でいいのでリンクに加えさせていただいてもよろしいでしょうか。
佐世保での反自衛隊行動をみて頭にきました。貴ブログのような記事が書けたらと思います。誤った発言が目立つかもしれませんが、頑張ってみたいと思います。

Re: No Title

甲斐菊陽さん、こんにちは。

各地の陸軍墓地は時期にもよりますが、概ね綺麗に管理されているようです。
ただ、殆どの場合は地元の有志や自衛隊が維持(主に清掃)されているようですが、崇敬者の高齢化など限界を感じます。
やはり各自治体が責任をもって墓碑の修理を含む、維持管理をするのが最も良いと思います。

我が国を築いてくれた先人、そこから連なる我々の先祖、国を鎮護下さる神しずまる神社への崇敬は大切だと思います。
常に感謝の気持を忘れないようにしたいですね。

リンクの件、拙ブログで宜しかったら喜んで相互リンクさせていただきます。
こちらこそ宜しくお願いしますm(_ _)m

佐世保は反自衛隊のプロ市民どもが割拠しているので有名ですね。
私も一度取り上げた事がありますが、元はといえば海軍が来たお陰で発展した街であり、後から来た人間が反軍を唱えるなど本末転倒です。
嫌なら出て行けば良いと思います。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる