当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

「全身全霊で精進」大関・日馬富士、横綱に昇進

大関・日馬富士が7月場所、9月場所と2場所連続で全勝優勝を収め文句なしで横綱に昇進しました。






横綱日馬富士が誕生 口上で「全身全霊で精進します」 9月26日(水)9時47分配信



 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)の番付編成会議と理事会を開き、秋場所で2場所連続全勝優勝を果たした大関日馬富士(28)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の第70代横綱昇進を満場一致で決めた。

 新横綱の誕生は平成19年夏場所後の白鵬以来、5年4カ月ぶり。外国出身力士では曙、武蔵丸、朝青龍、白鵬に続いて5人目で、モンゴル出身としては3代連続3人目。

 日馬富士は大関通過に22場所を要した。初土俵から所要70場所、28歳5カ月での昇進は外国出身横綱では最も遅い記録となった。

 理事会後、協会は東京都江東区の伊勢ヶ浜部屋に使者を派遣して横綱昇進を伝達した。

 日馬富士は昇進伝達式で「横綱の自覚を持って、全身全霊で相撲道に精進します」と口上を述べて決意表明した。28日に明治神宮で横綱推挙式と奉納土俵入りを行う。

 15場所続いた白鵬の一人横綱は解消し、九州場所は平成22年初場所以来、番付の東西にモンゴル出身の横綱が並ぶ。(産経新聞


朝青龍が暴行事件の責任を取って角界から引退して15場所、漸く2横綱が並び立つ事になり好角家としては来場所から楽しみが増えました。

日馬富士の取り口は「力で相手をねじ伏せる」と言った所謂「横綱相撲」ではありませんが幕内2番目の軽量ながら、よく「突き刺さる」と形容される鋭い立ち会いからの突き押し相撲は非常に魅力的です。
また、非常に勝気な性格で敵愾心が旺盛なのもまたその取り口に現れています。

日馬富士は常々「お客さんを喜ばせる相撲を取りたい」と述べていますので、是非来場所からもその真っ向勝負の相撲で我々を喜ばせて欲しいものです。

横綱両立は嬉しいことですが、これでまた日本人横綱の誕生が遠のいた(横綱昇進の条件の一つである2場所連続優勝かそれに準ずる成績)事も事実です。
最も横綱に近い稀勢の里、琴奨菊は今の地位に満足したり諦める事無く遮二無に上を目指して欲しい・・・いや目指すべきです。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる