当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

中部方面隊創隊52周年・伊丹駐屯地創立61周年記念行事

本日は陸上自衛隊・伊丹駐屯地で開催された、「中部方面隊創隊52周年・伊丹駐屯地創立61周年記念行事」に行ってきました。
戦車護衛のもと装輪装甲車搭乗の普通科部隊が敵陣に突入 (4)(伊丹駐屯地)
▲戦車護衛のもと装輪装甲車により敵陣に突入する普通科部隊






陸上自衛隊中部方面隊は、第3師団、第10師団、第13旅団、第14旅団を隷下とし近畿、中部、中国、四国2府19県の防衛を担当し、日夜我が国の平和を護ってくださるとともに、災害に際しても大活躍の僕を始め大阪府民の誇りであり非常に頼れる存在です。

朝、7:50に出発、8:20に前職のホームセンターの駐車場に駐車します。
平日は9:30開店ですが、休日は9:00開店となるため、この時間なら駐車場は開いています。
ちなみに伊丹駐屯地は狭隘で一般用の駐車場は無いので、車で来場の際は近隣の駐車場を借りるしかありません。

ホームセンターから歩いて10分、いつもの正門に到着します。
熱心なファンが既に100名程列を造っているので、最後尾に並んで待っていると定刻より10分早く8:50頃に開門しました。
荷物検査を終え、模擬店の様子を確認しながら式典会場に到着します。
伊丹駐屯地は一般席がかなり多く用意されており、席もひな壇状にせり上がっているためゆっくり歩いても正規の開門時間に入れば充分に席は確保できます。

今までは観覧席最前列、南側の地べたに席を取っていましたが、今年は観覧席最上段を取ってみました。
撮影に「観客の頭が入る」と危惧していましたが、最後列のため立ち上がるのが可能であり、しかも会場全体が見渡せる絶好の場所でした!
どうりで今までこの場所から埋まると思ってた・・・

席を確保して戦車試乗の整理券を貰いに行き、空いているうちに装備品を見学し席に戻ります。
FH-70と74式戦車(伊丹駐屯地)
▲FH-70榴弾砲と74式戦車

もみじ湯(伊丹駐屯地)
▲今年は海田市駐屯地(第13後方支援隊補給中隊)から「もみじの湯」

除染装置(伊丹駐屯地)
▲除染室
 下に転がる白い筒状の物体は排水用の吸い込み口です。

野外手術セット(伊丹駐屯地)
▲今年は開腹された人体模型がお目見えです(^_^;)

10:20になり観閲部隊が入場してきます。
伊丹駐屯地は敷地が狭く、しかも方面隊の記念行事なので人数も約900名と多く隊員の方々の動きが間近で見ることができ何時もながら迫力があります。
観閲部隊入場 パノラマ写真(伊丹駐屯地)

続いて観閲部隊指揮官・第3師団副師団長兼ねて千僧駐屯地司令・山本敦督(あつまさ)陸将補が入場、最後に観閲官・中部方面総監・河村仁陸将が前後に警務隊、方面総監旗を従え自動車で入場し登壇し栄誉礼を受け、国旗が入場・登壇し国旗に対して敬礼が行われます。
観閲部隊指揮官・第3師団副師団長兼ねて千僧駐屯地司令・山本敦督(あつまさ)陸将補入場 (2)(伊丹駐屯地)
▲観閲部隊指揮官に敬礼

観閲官に栄誉礼(伊丹駐屯地)
▲観閲官に栄誉礼

式典は部隊巡閲、観閲官式辞、来賓祝辞・来賓紹介の順に進みます。
部隊巡閲(伊丹駐屯地)
▲部隊巡閲

今年の来賓の祝辞は兵庫県の井戸敏三知事、大阪防衛協会会長代理の代読のみでした。
大阪防衛協会井上会長の祝辞「我々国民一人一人が自分の国は自分の力で護ると言う気持ちを育てなければならない。」と言う件は毎年織り込まれていますが本当にその通りだと思います。

続いて「観閲行進」が行われます。
まずは第3音楽隊・中部方面音楽隊の混成音楽隊が入場、「かけがえの無い大地」に合わせ中部方面隊の管轄する中部、近畿、中国、四国地方の2府19県の県旗を掲揚した車両行進が行われます。
観閲行進(伊丹駐屯地)
▲音楽隊入場

続いて曲が「分裂行進曲」に代わり観閲部隊指揮官・山本敦督陸将補及び幕僚が乗車の装輪装甲車を先頭に第3師団第7普通科連隊(福知山)を先頭に徒歩行進が行われます。
観閲行進2(伊丹駐屯地)
▲第7普通科連隊(福知山)

さらに第14旅団第50普通科連隊(高知)が続き、第3師団第3偵察隊(伊丹)のバイク・偵察警戒車を先頭に車両行進が行われ、第10師団第14通科連隊(金沢)の軽装甲機動車、第13旅団第46普通科連隊(広島)の高機動車、第14旅団第14特科連隊(松山)の155mm榴弾砲、第8高射特科群(小野・姫路)の近SAM・短SAM・03式中距離地対空誘導弾、中部方面情報隊(伊丹、高島)の各種レーダー、中部方面通信群(伊丹)の通信車、中部方面後方支援隊(京都)、中部方面衛生隊(伊丹)の野外手術システム、中部方面会計隊(伊丹)のトラック、第4施設団第4施設群(大久保)、第3師団第3戦車大隊(今津)の74式戦車と続き、最後に中部方面航空隊(八尾)のヘリ9機上空を通過がしました。
観閲行進3(伊丹駐屯地)
▲第3戦車大隊(今津)の74式戦車

中部方面航空隊 観閲飛行 (2)(伊丹駐屯地)
▲中部方面航空隊(八尾)

いつもですが140両の車両による観閲行進は壮観で迫力があります!


続いて「訓練展示」の開始です。
参加部隊は第36普通科連隊(伊丹)、第3戦車大隊(今津)、第3偵察隊(千僧)、第3高射特科大隊(姫路)、第14特科隊(日本原)、第4施設団第4施設群(大久保)、第3後方支援連隊(今津)です。

状況は
敵部隊が地雷原を築き陣地を構築
敵部隊が地雷原を築き陣地を構築(伊丹駐屯地)

OH-1、バイクによる偵察
バイク偵察(伊丹駐屯地)

偵察警戒車による威力偵察
偵察警戒車による威力偵察(伊丹駐屯地)

敵陣地後方にレンジャー部隊が降下潜入
敵陣地後方にレンジャー部隊が降下潜入 (3)(伊丹駐屯地)
▲4階建ての建物屋上からの降下!

攻撃下達

93式近距離地対空誘導弾により味方の展開を阻む敵機を撃墜
93式近距離地対空誘導弾により敵機を撃墜(伊丹駐屯地)

ギリースーツ着用の狙撃手により敵装甲車射手を狙撃
ギリースーツ着用の狙撃手により敵装甲車射手を狙撃(伊丹駐屯地)

FH-70榴弾砲、120㎜迫撃砲により敵勢力を暫減
FH-70榴弾砲、120㎜迫撃砲により敵勢力を暫減 (2)(伊丹駐屯地)

06式小銃敵弾発射し敵装甲車を撃破
06式小銃敵弾発射し敵装甲車を撃破 (3)(伊丹駐屯地)

AH-1Sにより敵装甲車撃破

92式地雷原処理車により地雷原処理
92式地雷原処理車(伊丹駐屯地)

援護のもと75式ドーザーにより地雷原啓開
警戒部隊展開 (2)(伊丹駐屯地)
▲警戒援護

ドーザーにより地雷原啓開(伊丹駐屯地)
▲75式ドーザーにより地雷原啓開

突撃下達

戦車により敵陣地一帯を制圧射撃
戦車により敵陣地一帯を制圧射撃 (2)(伊丹駐屯地)

砲迫射撃により敵陣地炎上 (2)(伊丹駐屯地)
▲炎上する敵陣地

戦車護衛のもと装輪装甲車搭乗の普通科部隊が敵陣に突入
戦車護衛のもと装輪装甲車搭乗の普通科部隊が敵陣に突入 (4)(伊丹駐屯地)

普通科部隊展開・突撃
普通科部隊展開・突撃 (4)(伊丹駐屯地)

敵陣攻略

去年は展開した榴弾砲が実際に空砲射撃をしましたが今年は展開場所が観覧席に近かったため、運動場北側の小山の後ろに展開した別の榴弾砲が発砲していました。
仕方無いとは言え、発砲炎を見たかったです。
とは言え空地一帯となり地上部隊全力での敵陣地奪取は迫力がありました。
運動場が狭いお陰で展開部隊が凝縮しており、見学しやすいです。

式典・訓練展示終了後は装備品展示の続きを見て、音楽演奏・太鼓演奏を鑑賞し、戦車を試乗して、資料館を見学して開放時間ギリギリまで過ごし駐屯地を後にしました。
今年は1時間前から場所を取って音楽演奏を聞いたのですが、肝心のカメラの充電池が切れてしまい録画できませんでした(;ω;)
やはり記念行事は予備充電池も持ってこなくてはなりません・・・ぬかった。

大阪府下に暮らす僕にとって今年もまた自衛隊に対する信頼、感謝の気持ちがさらに深まった一日となりました。
自衛隊のみなさん今日も一日ありがとうございました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

写真だけでも陸自は迫力が違いますね!
空自は航空祭ならまだしも、航空団ではない基地の開庁記念行事になると物足りなさを感じてしまいます。
古いですが、74式戦車いいですね。
陸上の装備はらしくて格好いいです。
軽装甲機動車(LAB)が好きで、トミカのLABを職場のデスクに置いてます。
他のミニカーと違って前後サスがしっかり利いててよく出来ています。さすがは「監修:陸上自衛隊」と謳っているだけはあるかな?と思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

甲斐菊陽さん、こんにちは。

伊丹駐屯地は方面隊の記念行事なので規模も大いのですが会場が狭いので、余計に凝縮していて迫力があります。
3年程前から訓練展示が行われる様になったので、毎年楽しみです!

関西の空自は分屯地と幹候学校しか無いうえ、自宅から遠いので物足りなさもありたまにしか行けていません(^_^;)
74式戦車はいかにも戦車らしい外観が何とも言えませんよね。
そのうち今津にも90式や10式が配備されると思いますが、配備途中の新旧戦車の共演が見られるかもしれず、また楽しみです。
陸自は駐屯地も多く身近に感じられ、いかにも「軍」という感じが頼もしくて良いです!

LABのトミカがあるとは知りませんでした。
私も欲しくなってきました(笑)

Re: タイトルなし

花鳥風月様、こんにちは。

自衛隊駐屯地・基地の周辺の土地が外国資本による購入されている問題は対馬や北海道で顕在化していますが、小牧もですか!

有事になれば非常に危ういと感じるのは私も同感です。

マスコミは全く報道しませんが、沖縄の反米軍基地や反オスプレイ運動をやっている連中や主張を見ると、明らかに中共の関係者と思われる服装や五星紅旗のTシャツ、団扇等を持った輩が多く見受けられ、中共政府による動員は明らかです。
こういった工作員が有事になれば国防動員法に則り瞬時に人民軍の尖兵になる訳ですが、我が国政府は外国人への土地売却を規制する対応をしているとは聞きません。

それどころか、数年前から支那人による水資源購入に危機を感じた野党の自民党を中心とした領土議連が『外国人土地法』を根拠に当時の鳩山、続く菅に質問しましたが、両者とも「活用する考えは無い=外国人に土地を売り続ける」と回答しています。
確か菅はその後、法務省に検討するように指示したと思いますが、現在まで有効な手段を講じたとは寡聞にして聞聞きません。

そもそもこの『外国人土地法』自体が終戦後すぐに造られた法案であり、それしか根拠がないというのも問題です。
いかに我が国が国土に関して無関心だったかの証左であり、自民党には民主党崩壊後は是非とも手遅れになりつつある国土の切り売りを止める強力な法案を造って欲しいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

花鳥風月様、こんばんは。

その様な事が頻発しているとは全く知りませんでした。
周辺の工作員が絡んでいるのでしょうか・・・

スパイ防止法の必要性を痛切に感じます。

おはようございます
ミスにしてはあまりにも多すぎますね。

こんばんは
今日は今まで無かった事ですが、航空自衛隊の戦闘機が三機.編隊と言うか 風防が見えるぐらいの高さでデモンストレーションのような飛び方で粗品のライターの大きさぐらいに飛んでいたのには感動しました。 三機は同機種でなく三種類でした。
とにかく爆音が凄いこと (笑)
まっ、パイロットが遊び半分で飛んだのかな と思いましたよ。

Re: タイトルなし

花鳥風月様、こんばんは。

良いですね!戦闘機が間近に見れる環境で!
岐阜に言った時にも戦闘機が飛び交っていて羨ましく思いました。
我が近畿地方では奈良基地(幹部候補生学校)の開庁祭でしか見れないので羨ましい限りです。
しかもその観閲飛行も狂産党が毎回文句を言っているので、アフターバーナーはしません・・・

この時期は駐屯地記念行事が連日行われるので、その観閲飛行の予行演習では無いでしょうか?

年甲斐にもなく 感動しました。 ニュースによると小牧基地で催事があったようで 行けば良かったと残念でした。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる