当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

和歌山陸軍練兵場/和歌山陸軍射撃場/和歌山憲兵分隊

和歌山県和歌山市に和歌山陸軍練兵場和歌山陸軍射撃場和歌山憲兵分隊がありました。

和歌山陸軍 キ 陸軍 (2)(和歌山)
▲和歌山射撃場の境界石標

【探索日時】
平成24年2月10日





歩兵第六十一聯隊兵営周辺の陸軍施設配置
歩兵第六十一聯隊 和歌山~歩六十一(和歌山市街圖 昭和14)(和歌山)
▲昭和14年頃の地図(和歌山市街圖)
 ※地図は施設に色付け加工しています。

歩兵第六十一聯隊 国土地理院 歩61(NI-53-15-15 22922)(和歌山)
▲昭和22(1947)年9月22日の砂山周辺の空撮(国土地理院 NI-53-15-15
 ※空撮は加工しています。

歩兵第六十一聯隊 歩61(現在)(和歌山)
▲現在の地図に施設を転写

※緑文字が当記事の紹介施設
①歩兵第六十一聯隊
②旧歩兵第三十二旅團司令部
③和歌山陸軍病院
④和歌山聯隊區司令部
⑤和歌山陸軍練兵場
⑥和歌山陸軍射撃場
⑦和歌山憲兵分隊

⑧和歌山陸軍墓地
名称については一般的な昭和17(1942)年頃のものです。


遺構について※青字は地図にリンクしています
(カタカナは遺構など、上掲地図参照)
⑤ 和歌山陸軍練兵場
明治40(1907)年10月、和歌山県海草郡雑賀村(現、和歌山市今福)の民有地を買収、和歌山陸軍練兵場が設置されます。
昭和20(1945)年8月16日、停戦に伴い、9月25日、米第6軍第1軍団が和歌山市二里ヶ浜に上陸し練兵場は米軍の揚陸物資集積所に転用、用途廃止後は大蔵省に移管され、その後の経緯は不明ですが現在は学校、病院、住宅地になっています。

名称については「今福練兵場」とする資料もありますが、内務省・陸軍省の用地買収関連の一次史料を見ると「和歌山陸軍練兵場」となっています。

サ 陸軍用地
練兵場区画から少し離れた場所に境界石標が建っています。
※こちらの石標はいつもお世話になっている『kanレポート』管理人の神崎様にご教示頂きました。
近所の方の話によると移設された物ではないか?との事です。
歩兵第六十一聯隊 サ「陸軍用地」 (2)(和歌山)


シ 陸
兵営から練兵場に続く道路沿いに境界石標があります。
塀に半分埋まっています。
歩兵第六十一聯隊 シ「陸」(和歌山)


⑥ 和歌山陸軍射撃場
明治40(1907)年10月、和歌山県海草郡雑賀村(現、和歌山市関戸)の民有地を買収、和歌山陸軍射撃場が設置されます。
昭和20(1945)年8月28日、大東亜戦争停戦に伴い『戰争終結ニ伴フ國有財産處理ニ關スル件』の閣議決定(大正11年1月28日、勅令第十五號『國有財産法施行令』)により内務省を通じ大蔵省に移管、その後の経緯は不明ですが現在は公園、住宅地になっており区画が遺ります。

カ 陸軍(用地)
星林高校との境に南西(境界と平行方向)を向いた境界石標が遺されています。
下半分は埋まっており「陸軍」しか見えませんが、残りは「用地」と思われます。
和歌山陸軍 カ 陸軍(和歌山)
▲だいぶ摩滅していますが辛うじて「陸軍」の刻字が見えます。

キ 陸(軍用地)
民家との境に南東(外側)を向いた境界石標が遺されています。
下半分は埋まっており「陸」しか見えませんが、残りは「軍用地」と思われます。
和歌山陸軍 キ 陸軍(和歌山)
▲射撃場側から見た境界石標

和歌山陸軍 キ 陸軍 (2)(和歌山)
▲敷地外から見た境界石標
 撮影に苦労しました・・・

和歌山陸軍 射撃場東側(和歌山)
▲射撃場跡
 道路を含む左側が射撃場跡

和歌山陸軍 的場付近(和歌山)
▲的場付近の崖


⑦ 和歌山憲兵分隊
明治29(1896)年3月、第四憲兵隊(大阪)和歌山憲兵分隊が開設、明治40(1907)年10月、大阪憲兵隊和歌山憲兵分隊と改称、昭和20(1945)年3月30日、中部憲兵隊司令部和歌山地區憲兵隊(尾崎勝中佐)に改称し、御坊憲兵分隊・串本憲兵分隊を管下に置きました。

停戦後の経緯は不明ですが、現在は駐車場になっており、42号線の拡幅により東側の区画が失われています。

B 塀
敷地南側の塀が10m程遺されています。
質感からして当時の物と思われます。
和歌山陸軍 B 南側の柵(和歌山)
▲南側の塀しか遺っていません。


主要参考文献
『太平洋戦争と和歌山県』(平成3年11月 川合功一 MBC21)

国土地理院 昭和22(1947)年9月22日 空撮(NI-53-15-15)

Yahoo!地図
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!!

はじめまして
練兵場跡地を探して貴サイトに辿り着きました。
こんなに分かり易く、明確な位置情報は初めて拝見し、感動しました。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます!!

とり様、はじめましてこんばんは。

拙ブログにお越し頂きまして、ありがとうございます。
「軍跡を分かりやすく」が拙ブログの主題の一つですので、こう言って頂くと嬉しく思います!
今後とも宜しくお願い致します。

No Title

盡忠報國様
おはようございます。
>「軍跡を分かりやすく」
やはりそうでしたか。
実は現在戦前の学生滑空訓練所の所在地を調べております。練兵場を利用しているケースが多々ありまして、練兵場の名称だけ挙げたものは多くヒットするのですが、具体的な場所情報は極めて少ないです。その中で、こんなに分かり易く情報提供して下さっている貴サイトは異色中の異色です。
丹念な現地調査、分かり易く工夫された情報提供の姿勢、本当に頭が下がります。
今後も不明な点がありましたら貴サイトにお邪魔させて頂きますので、こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

Re: No Title

とり様、こんにちは。

どこかで見かけたハンドルネーム、>>学生滑空訓練所の所在地
で・・・・!!!!
もしや飛行場のバイブル的ブログ『空港探索』の管理人様ですか!?
著名なブロガーさんのご訪問、嬉しく思います!

全国津々浦々の新旧有名・無名飛行場を精力的に回られているのを拝見、圧倒的な情報量もさることながら、その調査力と行動力に感服しています。
記事も簡潔かつ非常に分かりやすく何度も拝見、参考にさせて頂きお世話になっています。

今後も貴サイトを参考にさせて頂きますので、こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

No Title

拙ブログをご存知とは光栄です。
オイラはとにかく広く浅くなので、現地では数分で撮るものだけ撮ったらそそくさと次に向かうこともしばしばなんですよ。
盡忠報國様のような綿密な現地調査はお世辞抜きで尊敬します。
奈良県の歩兵第五十三聯隊、京都府の歩兵第二十聯隊、早速場所特定に拝見、活用させて頂きました。
感謝です。

Re: No Title

やはりそうでしたか!

私も軍飛行場が好きなので、探索の際は参考にさせて頂いていますm(__)m
飛行場の位置、形状、現在の様子、歴史などが紹介されているので、非常に参考になります。
何より短期間で広域の移動をこなされる行動力に感服です!

今後とも宜しくお願いします。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる