当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

長崎旅行 2日目

11月27日・28日・29日・30日の4日間行って来た長崎旅行の2日目です。
片島工場 全景 北西から(長崎軍跡)
▲川棚海軍工廠 片島工場跡






2日目は昼まで友人とは別行動で、僕は5:00に起床、レンタカーで隣町の川棚町に探索に向かいます。

軍跡探索

※詳細は後日、ご紹介します。
川棚町には昭和17年から大東亜戰争停戦まで川棚海軍工廠がありました。
約40分で最も西側(佐世保寄り)にある片島工場跡に到着、未だ暗いのでしばらく車中で待機し、6:40の夜明けとともに探索を開始します。
川棚海軍工廠は百津工場(本廠)、片島工場(試験)、石木工場(疎開工場)、猪乗工場(疎開工場)で構成され、5時間半では完全踏査は不可能ですので、有名所を中心に回りました。

川棚海軍工廠は佐世保海軍施設部が作成した配置図が残されており、探索の際には大いに参考になりました。

片島工場は非常に有名で海上の試射場、その後方の調整場、山頂の観測所で構成されており、多くのブログでも紹介されています。
が、それ以外にも背後の山(片島)にも遺構が遺されており、探索しがいがあります。
片島工場 全景 北西から(長崎軍跡)
▲有名な魚雷試射場

百津工場は川棚海軍工廠の中心部で生産工場があり、米軍が酒造工場と誤認していたため空襲を逃れ、停戦時に建物が完存していました。
しかし、戦後、多くが破壊、転用後建て替えられ現在は殆ど遺されていません。
それでもコバレントマテリアル長崎内に1棟、設備会社内に1棟、民有地に2棟の建物、国有地の川沿いに防空監視哨やボラードなどの係船設備が遺されています。
コバレントマテリアル長崎は事前に連絡し見学が可能、他は敷地内に入ること無く道路から見学可能です。
川棚海軍工廠 百津工場 B 薬品庫 南東から(長崎軍跡)
▲川棚海軍工廠 百津工場 薬品庫

川棚海軍工廠 百津工場 F 高角砲座 西から(長崎軍跡)
▲川棚海軍工廠 百津工場 防空高角砲台

石木工場、猪乗工場の両疎開工場は建物こそ殆ど遺されていませんが、地下壕が遺されています。
特に石木は多くの地下壕が遺り、川棚町が保存展示しています。
ただ、殆どの地下壕は不法投棄防止のため金網で閉鎖、または不法投棄で進入できず、また前面に民家が建っており存在が不明の物もあります。
川棚海軍工廠 石木工場 A 第一機械工場 オ(長崎軍跡)
▲川棚海軍工廠 石木疎開工場 第一機械工場

僕の行った時はたまたま町委託の管理者の方が落ち葉の掃除をしておられ、事情を説明したところ快く鍵を開けて頂き内部を見学させてもらえました。

また、民家に近く閉鎖されている地下壕も不届き者が扉を破壊していたため隙間から入って探索できました。

地下壕装備(長靴、鎌)と時間があれば全てを踏査するのですが、飛行機で来たため懐中電灯持参が精一杯のため今回は完全踏査は断念しました。

猪乗工場は時間が無く、今回は断念しました。


友人との集合時間が来たため探索を止め、佐世保市内に戻りました。
昼ご飯はセイルタワー(海上自衛隊佐世保史料館)前にあるログキット本店で佐世保バーガーを食べました。
具材はハンバーグ、ベーコン、目玉焼き、レタス、トマトがどっさり、普通のハンバーガーの4倍はある巨大なバーガーにお腹いっぱいになりました。
佐世保バーガー ログキット(長崎旅行)
▲セイルタワー前にある佐世保バーガー店「ログキット」

佐世保バーガー(長崎旅行)
▲携帯と比べると大きさが分かると思います。

セイルタワー(海上自衛隊佐世保史料館) 【公式サイト】

9:30~17:00(入館は16:30まで、毎月第3木曜日・12月28日~1月4日休館)、入館無料、無料駐車場あり

こちらの資料館は佐世保水交社(陸軍の偕行社と同等施設)の建物を一部遺し、新館を増設し建てられ、帝國海軍・佐世保鎭守府開設から現在の海上自衛隊・佐世保地方総監部に至るまでの貴重な資料1,300点を中心として、映像、パネル等で佐世保の軍事史を学ぶことが出来ます。
水交社(現、セイルタワー) 南東から(長崎軍跡)
▲下段の石造りが佐世保水光社の遺構

まずは最上階の7階まで上がり映像による開国から海軍の設立・海上自衛隊への経緯、海上自衛隊の紹介を鑑賞、そこから順に降りていくと佐世保鎭守府、明治二十七八年戰役(日清戦争)から大東亜戰争までの海軍史料、艦艇等模型、海上自衛隊史料、佐世保の海軍・海自資料展示と現在に至る海上防衛の史資料が展示されています。

一般向けの広報資料のため玄人にはやや物足りなさを感じますが、有名提督の書や工芸品、海軍の史料など貴重な展示物もあり見応えはあります。
ただ、全階撮影禁止なので、せっかくの展示が後で見直せないのは残念です。
図録なども無いので、遺品はともかく人物と関係無い物の撮影は許可しても良いと思います。


弓張岳展望台 【公式サイト】


続いて弓張岳の展望台に向かいます。

ここからは佐世保市街地や佐世保湾、南九十九島などの佐世保の大自然が一望できます。
弓張岳 南九十九島(長崎旅行)
▲弓張岳から見た南九十九島

展望台から駐車場を挟んだ反対側は「砲台跡公園」になっており、防空高角砲台の跡が遺ります。
高角砲の砲座が3基遺りますが、1基はすり鉢状の舞台に改変され著しく破壊されてしまっていますが、残り2基は非常に状態が良く遺されています。
日が暮れてきたので、この上の但馬岳にある防空指揮所行きは断念しホテルに向かいました。


リソル佐世保(宿泊)

昨日に続きリソル佐世保に泊まります。
今日はホテルのレストランで佐世保名物のレモンステーキを頂きました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる