当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

奉祝 紀元節

『日本書紀』によると紀元前660年2月11日の本日、大和橿原宮において初代・神武帝が即位された日です。
橿原神宮(橿原)
▲建国の聖地 橿原神宮







この「神武帝御即位」の日から我が国の国造りが始まる「紀元」とし、帝を中心とした先人達による国家建設の努力はその後の我が国の歴史の中で連綿と受け継がれてきました。
神武天皇像(大台ケ原)
▲神武天皇御尊像

世界を見ると殆どの国々が王朝を次々と交代させたり断絶させたりしていく中、万世一系の皇統を継承、世界最古の皇室を現在に伝える唯一の国が我日本です。
これはひとえに我々の祖先が建国の物語に誇りを持ち、万世一系の天皇陛下を戴くことに畏敬の念を持ち続けたからに他ならず、世界に誇るべき事です。

昨年、衆議院選挙で自民党は「竹島の日」(2月22日)、「主権回復の日」(4月28日)と並んで「政府主催で建国記念の日を祝う式典を開催する」という公約を掲げ圧勝しました。
しかし、残念ながら今年も政府主催の式典は行われなかった様です。

我が国の国造りと密接な関係がある、伊勢神宮の式年遷宮、出雲大社の遷宮が斎行される今年は政府主催の紀元祭を挙行して欲しかったのですが、残念です。
来年こそは盛大に挙行してもらいたいものです。
神武天皇御陵 (2)(橿原)
▲神武天皇御陵
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

日本国の誕生日おめでとうこざいます。

私は日の丸行進に参加したかったのですが勤務のため無理でした。近くの八幡様に参拝しました。
防府の行進はシャッター商店街を歩くだけ(それも10分程)ですので人目にもつかず毎年物足りなさを感じます。主要道路でもある旧山陽道でも練り歩くと幾らか違うと思うのですがね。いろいろ策を弄しなければなりません。

Re: タイトルなし

甲斐菊陽さん、こんばんは。

日本国の誕生日おめでとうこざいます。
紀元節の行事はどこも細々となのが残念です。
関西では建国の聖地・橿原神宮の最大重儀として紀元祭を斎行しており、他の一部の神社でも紀元祭を斎行している様です。
以前参列した橿原神宮の紀元祭はさすがに盛大でした。
所謂街宣右翼が大挙出現するのでも有名ですが・・・
今年は体調が優れず自宅で何時も通り国旗を掲揚し、神棚を参拝したくらいでした。

山口は日の丸行進が行われているのですね。
大阪は・・・何かあったのかも分からない現状です。

おっしゃるように色々策を考えなければなりません。
まずは全国的な機運を盛り上げるべく、政府主催の式典を後押しする事から始めるべきと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです。

奥山様、こんばんは。
この時期は軍跡探索に加え仕事が忙しく余りブログに手を付ける事ができず、返信が遅くなりました。

グアムの件ですが、当初は朝鮮系米国人が反日を吹聴したとの説も囁かれましたが、単なる自暴自棄であり政治的な意図な無いと思います。

北朝鮮の核実験について支那が国連に於いてイニシアチブを取るまでは考えていないでしょう。
現在、胡体制から習体制への移行期であり、権力闘争の真っ最中でそこまで手が回らず、逆に静かにしていて欲しいのではないかと考えます。
当初は北朝鮮は東北軍区の影響下にあるので、党に対し軍区が影響力を行使するためにつついたのではと思っていましたが、最近の言動を見ると支那の権力移譲の空白期を狙って単独でアメリカを交渉(譲歩)に引きずり出そうと考えているのではと思っています。
オバマは「何もできない大統領」として知られ、それを見越しての行動と思います。
アジア方面の米軍のプレゼンスが下がっている証左であり、そろそろ我が国も本気で安全保障体制を見直していくべきだと考えます。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる