当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

三菱重工業株式會社 水島航空機製作所(第七製作所)・松集團 疎開工場

岡山県倉敷市浦田には三菱重工業株式會社 水島航空機製作所(第七製作所)の疎開工場、松集團 疎開工場がありました。
水島航空機製作所 松集團(松工場) ア 貯水槽 南から(岡山倉敷)
▲松集團 疎開工場の背後の山にある貯水槽

【探索日時】
平成24年3月20日、平成26年4月10日






遺構について※青字は地図にリンクしています。
三菱重工業㈱水島航空機製作所(昭和20年2月1日から「第七製作所」)は昭和20(1945)年5月、空襲激化から倉敷、井原などの遊休民間工場・空き学校、亀島山、龍ノ口、浦田などの地下・半地下工場に生産設備を分散疎開させます。

浦田から黒石にかけた山の北側裾野一帯には斜面を切り崩し、木造、及びコンクリート耐弾建屋20棟以上が建設され、水島航空機製作所の部品工場、塗縫工場、組立工場が疎開し「松集團」と呼称されました。

昭和20(1945)年6月22日の空襲で本工場が大損害を受けた事に伴い、協力会社の倉敷工業㈱萬壽航空機製作所(旧倉敷紡績萬壽工場)で製作された紫電二一型の主翼・尾翼を夜間に牛車で松集團に運搬し組立を行い、停戦までに7機を製造しました。

現在は山の北側裾野に建屋を建てていた方形の掘り込みや機械の基礎、山の中腹付近に貯水槽が遺っています。
水島航空機製作所 松集團 松 全体(岡山倉敷)
▲『戦略爆撃調査団報告書』に掲載の松集團疎開工場配置
  (原本は南北が逆なので回転させています)

水島航空機製作所 松集團 松集團(岡山倉敷)
▲遺構の配置

現地の方数名に取材したところ建屋は未完成も含め第一~第二十三工場まであり、一部はコンクリート製耐弾建物だった様です。
第一~第五工場は完成し、部品工場が疎開、中央付近に炊事場、食堂があったそうです。
※以下の配置は上掲地図を参照

A 第一工場跡
山の斜面が方形に掘り込まれています。
水島航空機製作所 松集團 A 第一工場 削土(岡山倉敷)


B 防空壕跡
斜面に奥行きの浅い防空壕跡と思われる窪みがあります。
水島航空機製作所 松集團 B 退避壕跡(岡山倉敷)


C 第二工場跡
山の斜面が方形に掘り込まれています。
水島航空機製作所 松集團 C 第二工場 削土(岡山倉敷)


D 方形掘り込み
『戦略爆撃調査団報告書』にはありませんが、現地の方によるとこの辺りには炊事場や食堂があったそうです。
水島航空機製作所 松集團 D 第三工場 削土(岡山倉敷)


E 防空壕跡
Bに同じです。


F 方形掘り込み
Dに同じです。
水島航空機製作所 松集團 F 第四工場 削土(岡山倉敷)


ア 貯水槽
最北端の突き出した丘の中腹にあり、直径6.3m×深さ5mあります。
水島航空機製作所 松集團(松工場) ア 貯水槽 北西から(岡山倉敷)
▲北側(疎開工場側)は斜面が崩れ、貯水槽の躯体の煉瓦が顕になっています。

水島航空機製作所 松集團(松工場) ア 貯水槽 南東から(岡山倉敷)
▲貯水槽は危険防止のため蓋がされています。

丘のふもとに下記の説明板イがあり、その一段上の祠から斜面に沿って小道が続きます。
小道は斜面に点在する地蔵の参拝道の様で、適当な場所で道から逸れ北へ斜面を歩いて暫く進んだ場所にあります。
貯水槽までの道は無く、斜面を適当に進みます。


イ 説明板
倉敷市は共産党が精力的に軍跡への看板を働きかけている様ですが、共産党主導にしては非常にまともな内容で、大阪市や天理市(問題がある記述だったため撤去されました)とはえらい違いです。
水島航空機製作所 松集團(松工場) イ 説明板(岡山倉敷)
▲説明板


第六工場変電所、第七工場は不明、第八、第九工場部品工場第十~第十八工場組立工場だった様です。

水島航空機製作所 松集團 第八工場付近のコンクリート管(関係無い?)(岡山倉敷)
▲第八工場付近の土中に埋まるコンクリート管(詳細不明)


G 方形掘り込み
『戦略爆撃調査団報告書』に記載が無く詳細は不明です。
水島航空機製作所 松集團 G 第九・十工場 削土(岡山倉敷)

内部に“H”水槽があります。
水島航空機製作所 松集團 H 水槽(岡山倉敷)


I  防空壕跡
崩落しています。
水島航空機製作所 松集團 I 退避壕跡(岡山倉敷)


J 防空壕跡
崩落しています。
水島航空機製作所 松集團 J 退避壕跡(岡山倉敷)


水島航空機製作所 松集團 第十工場西側鉄管(関係無い?)(岡山倉敷)
▲第十工場西側の土中に埋まる鉄管(詳細不明)


K 第十一工場跡
斜面が方形に掘り込まれていますが停戦時、建屋は未完成だった様です。
水島航空機製作所 松集團 K 第十一・十二・十三工場 削土(岡山倉敷)

内部に“L”水槽があります。
水島航空機製作所 松集團 L 水槽(岡山倉敷)


M 第十四工場跡
斜面が方形に掘り込まれていますが停戦時、建屋は未完成だった様です。
水島航空機製作所 松集團 M 第十五工場 削土(岡山倉敷)


N コンクリート製基礎
造園業者の敷地内にあります。
第十五工場跡には斜面にそってコンクリート製の基礎が2個ずつ3対、合計6個、さらに南側にも北側とは形状に異なる基礎があります。
水島航空機製作所 松集團 N 東から(岡山倉敷)
▲北側の基礎全景
 圧搾機の基礎と言われますが詳細不明です。
 
水島航空機製作所 松集團 N ①(岡山倉敷)
▲東側の1対

水島航空機製作所 松集團 N ②(岡山倉敷)
▲中央の1対

水島航空機製作所 松集團 N ③(岡山倉敷)
▲西側の1対
 ボルトが遺ります。

水島航空機製作所 松集團 N 南側の別の基礎(岡山倉敷)
▲南側の基礎

庭石の置き場になっており埋まっていますが、石をどけるとさらに基礎があると思われます。
※許可を取って立ち入っています。


第十七工場はコンクリート製耐弾建物だったそうで戦後も暫く遺っていた様です。
現在はホテルが建って痕跡はありませんが、ホテルも含め第十五~第二十一工場の地盤の嵩上げは当時された物だそうです。

第二十~第二十三工場未完成だった様です。
O コンクリート製基礎
斜面上に遺ります。
水島航空機製作所 松集團 O コンクリート基礎(岡山倉敷)


主要参考文献
『水島自動車製作所50年史』(平成5年9月 水島自動車製作所50年史編さん委員会)

『倉敷の戦争遺跡マップ』(倉敷市 平成22年1月)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる