当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

伊勢神宮 式年遷宮

今年は神宮(伊勢神宮)において20年に1度斎行される、式年遷宮の年です。
因みに一般に「伊勢神宮」と称されますが、正式には「神宮」であり「神宮」と言えば伊勢神宮の事です。






式年遷宮は持統天皇4(690)年に第一回が斎行されて以来、途中中断や延期はあったものの、20年に1度斎行され、今年は62回目となります。

今回の式年遷宮は今上陛下により御治定(ごじじょう)された、平成17(2005)年5月2日の「山口祭」(やまぐちさい、用材を切り出す御杣山口にある神をお祀りする)に始まり、数々の儀式が続き、内宮では10月2日、外宮では同月5日の「遷御の儀」(旧正殿にお祀りされている御神体に新正殿にお遷りいただく最も尊い中心的な儀式)を経て、各翌日の御神楽(みかぐら)奉納により斎了します。

ご神体を、20年ごとに新しい正殿にお遷しするのは、若さの限界である20年を区切りに再び甦る事で常に若々しさを保ち、その偉大な力で我が国の安寧と弥栄をお護り頂く意味があります。

神宮の祭神は言わずと知れた皇祖神であり、我が国の総氏神でもあらせられる女神・天照大御神、御神体は三種の神器の一つ八咫の鏡です。
八咫の鏡は孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)を高天原から地上に降されますときにあたって草薙の剣、八尺瓊勾玉とともに授けられ、後に皇位継承の印とされます。

一方の豊受大御神は天照大御神の食事を司る女神で御神体は八尺瓊勾玉(皇居吹上御殿の剣璽の間にあるはずですが)とも真経津鏡(まふつのかがみ、八咫の鏡と同種)とも壺とも言われ定かではありません。

その式年遷宮は一部の方しか参列できませんが、伊勢神宮式年遷宮広報本部のサイトで動画配信されています。
伊勢神宮式年遷宮広報本部 遷御の儀 動画配信

この機会に是非ともご覧頂きたく思います。

「日本人として伊勢神宮には一生に一度は行きたい」と言われますが、大阪に住んでいるとありがたい事に意外とすぐに参拝する事が可能です。
神道家としてはこの機会に行かない訳がなく、来週4回目の参拝に行って来ます!
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる