当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

平成25年 兵庫縣神戸護國神社 秋季慰霊大祭・鳥居再建竣工奉告祭

本日は兵庫縣神戸護國神社で斎行された「秋季慰霊大祭」に参列してきました。
兵庫縣神戸護國神社 式典前の拝殿
▲式典前の拝殿






兵庫縣神戸護國神社にはブーゲンビル島で散華した我が大叔父を含む、戊辰の役以降の国難に殉じた53,257柱の御英霊がお祀りされています。

本日は仕事のため、敢えて神戸方面の取引先訪問を入れて参列、9:40に現地に到着しました。
いつも通り臨時駐車場に車を入れます。
毎回早めに来ても満車に近いので今日は時間もある事ですし、駐車可能台数を数えてみました。
きっちり駐車すると上の段に17台、坂を下った公園側に2台駐車可能ですが、応援の祭員、音響の車が3、4台先に停まるので実質15台程が駐車可能です。
ちなみに本日は15台目でした。

まずは手水舎で手口を清め、竣工したばかりの鳥居を見に行きます。
以前の鳥居は当社の空襲を逃れた数少ない遺構の一つで檜製でした。
今回再建された鳥居は石造です。
兵庫縣神戸護國神社 秋季慰霊大祭・鳥居再建竣工奉告祭
▲再建された石造りの鳥居

社頭(兵庫縣神戸護國神社)
▲以前の檜製鳥居

その後、社務所で受付を済ませ玉串料を奉納、遺族席に着席して祭典を待ちます。

10:30になり太鼓の音とともに宮司・祭員が参進してきます。

大祭はいつも通り
1、「修祓」
  宮司が大神様に祓詞を奏上、祭員により参列者が清められます。

2、「国歌斉唱」

3、「宮司一拝」

4、「宮司、御扉を開きおわして傍らに控す」

5、「神饌を供す」

6、「宮司、祝詞を奏し玉串を奉りて拝礼」

7、「大祭委員長、祭文を奏し玉串を奉りて拝礼」
  
8、「兵庫県遺族会長、祭文を奏し玉串を奉りて拝礼」(代読)

9、「参列者、玉串を奉りて拝礼」

10、「電報奉読」
   代表して靖國神社・京極高治宮司の電報が拝読されます。

11、「神饌を徹す」
  
12、「宮司、本座に復す」

13、「宮司一拝」

14、「宮司挨拶」

15、「大祭委員長挨拶」(柿原啓志氏)

16、宮司・祭員退下

と滞りなく進みました。
大祭後は拝殿で参拝の後、地下にある霊璽簿奉安殿を参拝します。
拝殿で大叔父に暫しの別れを告げ、取引先に向かいました。

神戸護國神社の参列者は毎回150名程と少なく、国会議員も自治体首長の参列も無く(電報のみ)、9割以上が遺族会会員で占められています。
一般参列者数は不明(来賓席のすぐ後ろに着席したので見えず)ですが玉串奉奠の際の柏手の音から数える程しかいない状況で、大祭委員長が挨拶で言われていた「英霊の奉賛は次の世代になっても続けなくてはならない」と言う当たり前の事が継続できるのか非常に危ぶまれます。

さて、いつも思うのですが、毎回私語をするじじい(敢えて言う)がいてます!
前回の終戦記念日祭でも私語をして参列のご老人から一喝されていたジジイがいてました。
僅か1時間程度、しかも神聖な例大祭での私語も我慢できない様なジジイは来るな!
来る資格もありません!
祭礼開始前に旧交を温めるのは結構ですが、祭礼が始まったら静謐さを保つのが参列者の最低限の作法です。
老人クラブでは無いので、喋りたくばその辺の喫茶店でも行け!
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しておりました。
仕事の都合で3ヶ月間埼玉へ行き、1ヶ月間の訓練を経て朝霞駐屯地での中央観閲式に参加していました。
えー、残念なことに朝霞でも「国防軍化、はんた~い」などとシュプレヒコールがあがっていました。むしろ都会の方がそのような風潮なのでしょうかね。

埼玉からの移動の関係で私は山口県での縣護国神社への参拝はできませんでした。これは非常に無念です…。

それから、在埼玉の間に読んだ「保守の本分(著:のいえほいえ)」から少し考えさせられました。彼は先の大戦は大きな過ちだったと説いていますが、それに納得するような、できないような…僕はいま考える時期に来ているかも知れません。

などとおもうようになりました。私事ですが…笑

慰霊祭の参拝、代返ご苦労様でした、

Re: タイトルなし

甲斐菊陽さん、こんばんは。
お久しぶりです。
ブログの更新が止まってらしたので、どうされたのかと思っておりましたが、3ヶ月も埼玉へ行ってらしたのですね。
中央観閲式、お疲れ様でした!今年は陸自の担任でしたね。

その様な反日サヨク連中やっぱり居てるのですね(怒)
反日勢力が多いと言われる近畿地方の駐屯地では全く見ないのですが、中央観閲式ともなれば湧いて来るのですね。
見かけたらそのアホ面をブログで晒してやるのですが!

護国神社の例大祭は日にちが決まっているので、私も仕事の関係で参列出来ない時もありますが、その際は遅れて参列しています。
社殿に参詣して英霊に感謝の誠を捧げる事に意義があると思います。

「保守の本分」は拝読した事が無く、著者も聞いた事がある程度なので詳しい事は言えませんが、氏の主張を見ると保守を自称しそれらしい事を言っていますが、個人的にはこじつけに感じます。
特に歴史認識については支那・朝鮮の反日プロパガンダを何の疑いもなく受け入れている姿勢はどうかと思います。
大東亜戦争に関して「大きな過ちだったと」の論法は半藤一利と同様、当時の世界情勢を無視し「我が国が起こした」という贖罪史観を大前提にし、我が国の指導者の中にのみ開戦の責任を求める左系論者が良く言う意見ですね。
では、大東亜戦争を回避するにはどうすれば良かったのか?
まさかハル・ノートを受諾しろと言うのか?となってしまいますよね。
私としては戦争指導は別問題として、「やらざるを得なかった」と考えています。

すみません、長々と私見を述べてしまって。

私の思想は中学時代にほぼ確立してしまったため、昨今の様々な意見を吸収できない様になっており、柔軟な甲斐菊陽さんが羨ましいです!
今後とも宜しくお願いします。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる