当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

信太山駐屯地 創立57周年記念行事

本日は我が郷土大阪の誇り第37普通科連隊の駐屯する信太山駐屯地の創立57周年記念行事に行って来ました。
26年記念行事 徒歩部隊展開 (2)(信太山駐屯地)
▲訓練展示において展開する連隊





信太山駐屯地はフィリピン攻略戦においてバターン半島、コレヒドール島攻略戦に参加、マッカーサーをフィリピンから追い落とした事で知られる帝國陸軍の野砲兵第四聯隊の元兵営であり、我が祖父が現役入営した部隊でもあります。

本日の予報は生憎の曇り時々雨ですが、我が郷土連隊の記念行事は外す事ができません!
公式サイトによると今年から駐車場の用意が無いとの事です。
恐らく毎年臨時駐車場から駐屯地へのシャトルバス移送にかなり困難が有る(他の駐屯地に比べ車来場が多い?)ので廃止になっとのではと推測します。
車で行く場合は一昨年臨時駐車場になっていた最寄りの黒鳥山公園の駐車場が使えると思うのですが、今年は初めて電車で行く事にします。
朝7:00に起床し、7:15に出発、8:30に信太山駅に到着します。
駅前にいらした自衛官の方の誘導で100m程離れたバス乗り場に移動、8:50まで待機し、シャトルバスで駐屯地に向かいます。
丁度僕までが1便目に乗ることができました。
シャトルバスは開門直前で未だ門前に並んでいる来場者を横目に一気に駐屯地内に!
おかげで一番乗りを果たし、難なく最前列を抑える事ができました。

観閲部隊入場まで1時間程あるので資料館や駐屯地散策します。

9:45、観閲部隊が入場し整列、10:00、観閲部隊指揮官の副連隊長が入場、次いで観閲官の第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令・吉田壮介1等陸佐が臨場、国旗が入場・登壇し国旗に対して敬礼が行われます。
26年記念行事 観閲部隊が入場(信太山駐屯地)
▲観閲部隊整列

26年記念行事 第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令・吉田壮介1等陸佐 臨場(信太山駐屯地)
▲第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令 吉田壮介1等陸佐

26年記念行事 国旗登壇(信太山駐屯地)
▲国旗登壇

26年記念行事 国旗に対し敬礼(信太山駐屯地)
▲国旗に対し敬礼

式典は観閲官による部隊巡閲、観閲官式辞、来賓祝辞、来賓紹介(今年は何故か長々と紹介、天候が悪いので気が気ではありません(^_^;))、祝電披露の順に進み、部隊が退場します。
今年は僕の尊敬する衆議院議員・西村眞悟先生が来られており、観閲部隊に感謝と激励を力強く述べられていました。
26年記念行事 部隊巡閲(信太山駐屯地)
▲部隊巡閲

26年記念行事 西村眞悟先生(信太山駐屯地)
▲西村眞悟先生

続いて「観閲行進」が行われ、まずは徒歩部隊が観閲部隊指揮官・連隊幕僚を先頭に自衛官候補生、第1中隊、第3中隊が、車両部隊が本部管理中隊、情報小隊、施設作業小隊、補給小隊、通信小隊、衛生小隊、第2中隊、第5中隊、重迫撃砲中隊、第3後方支援連隊第1整備大隊第3普通科直接支援中隊(以上信太山)、第3特科隊(姫路)、第3施設大隊(大久保)、第3高射特科大隊(姫路)、第8高射特科群(青野原)、第3戦車大隊(今津)、殿軍は航空部隊の第3飛行隊(八尾)、中部方面航空隊(八尾)が行進します。
26年記念行事 観閲行進(信太山駐屯地)
▲観閲部隊指揮官の副連隊長乗車の82式指揮通信車

26年記念行事 観閲行進 (2)(信太山駐屯地)

26年記念行事 観閲行進 (3)(信太山駐屯地)

26年記念行事 観閲行進 (4)(信太山駐屯地)

26年記念行事 観閲行進 (5)(信太山駐屯地)
▲第37普通科連隊の勇姿

26年記念行事 観閲行進 (6)(信太山駐屯地)
▲74式戦車

行進終了後は信太山駐屯地・第3音楽隊合同の「ラッパドリル」が行われましたが、信太山駐屯地名物のお馴染み「信太菊水太鼓」は雨天の為中止となってしまいました。
26年記念行事 ラッパドリル(信太山駐屯地)
▲ラッパドリル

続いて「模擬戦闘訓練展示」に入ります。
状況は敵部隊が陣地を構築

バイク・軽装甲機動車による偵察
26年記念行事 バイク偵察(信太山駐屯地)
▲バイク偵察

26年記念行事 軽装甲機動車偵察(信太山駐屯地)
▲軽装甲機動車による偵察

レンジャーのリベリング降下、及び偵察
26年記念行事 レンジャーのリベリング降下(信太山駐屯地)
▲レンジャーのリベリング降下

FH-70榴弾砲・120mm迫撃砲 RT・81mm迫撃砲 L16展開
26年記念行事 FH-70榴弾砲(信太山駐屯地)
▲FH-70榴弾砲による射撃

26年記念行事 120mm迫撃砲 RT・81mm迫撃砲 L16(信太山駐屯地)
▲120mm迫撃砲 RT(左)・81mm迫撃砲 L16(右)

対人狙撃手による敵狙撃
26年記念行事 対人狙撃手(信太山駐屯地)
▲対人狙撃手は観測手と射手の2名で構成されます
 (手前の草むらみたいなギリースーツを着たのが狙撃手)

対機甲(87式対戦車誘導弾)警戒

戦車進入
26年記念行事 突撃(信太山駐屯地)
▲74式戦車(写真は最終段の突撃時)

徒歩部隊投入
26年記念行事 徒歩部隊展開(信太山駐屯地)
▲迫撃砲・榴弾砲の支援を受け、軽装甲機動車・高機動車から地上部隊が展開

出現した敵装甲車を戦車で撃破
26年記念行事 敵装甲車出現(信太山駐屯地)
▲敵装甲車役の第3戦車大隊所属の装輪装甲車

突撃
26年記念行事 突撃 (2)(信太山駐屯地)

敵陣地占領!
26年記念行事 占領(信太山駐屯地)

と言った流れです。

全体的に去年と似た構成でしたが、登場する装備品の数や種類が若干異なっていました。
ただ、何回見ても見飽きる事は無く、隊員の勇姿、迫力ある模擬戦に見入ってしまいます!

天候が悪いので、午後からは軽く装備品展示や音楽演奏、レンジャー展示、野砲四時代の建物を見学します。
26年記念行事 装備品展示(信太山駐屯地)
▲装備品展示会場

26年記念行事 音楽演奏(信太山駐屯地)
▲信太山音楽隊による音楽演奏

26年記念行事 レンジャー展示 (2)(信太山駐屯地)
▲レンジャー展示
 この建物の屋上から・・・

26年記念行事 レンジャー展示(信太山駐屯地)
▲降下してきます(゜Д゜;)

そして、「例の10式のうわさ」(迷惑がかかるとマズイので詳細は伏せます)の真相を伺いに74式戦車の展示に向い質問してみると、飽くまで「予定」ですが「ある」との事です。
来年の4月の記念行事には「もしかしたらスペシャルゲストとして参加する可能性もある」そうです!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

また、一年ぶりに拙ブログの常連様にご挨拶、僅かながらの時間ですが楽しい時間を凄す事ができました。

生憎の悪天候でしたが、今日も充実した駐屯地行事となりました。
自衛隊員のみなさま、ありがとうございました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

どーも

薄ら寒い中 式典お疲れさまでした ほんま雨降りそうやし パレード始まらないし焦りましたよね やはりしょっぱなの信太山の式典は外せませんよね(^O^) 昔に比して敷地内がかなり様変わりしましたが 式典に行く度にあのころを思い出して若返りますすっかり爺になってますが 笑

Re: どーも

ひろしさん、こんばんは。
雨が降りそうな気配の中、全ての来賓紹介には焦りました(^_^;)
天気も大崩れする事無く、最後まで何とか持ってくれて助かりました。
大阪府民として信太山の記念行事は絶対外せませんね!
信太山駐屯地は数多くの遺構が遺っているので、末永く使用し続けて欲しいところです。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる