当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

平成26年度 兵庫縣神戸護國神社 終戦記念日祭

69回目の所謂「終戦の日」をむかえました。

今年も例年通り、大叔父を始め国難に殉じた53,257柱の御英霊が祀られている、兵庫縣神戸護國神社の終戦記念日祭に参列して来ました。
平成26年 兵庫縣神戸護國神社 終戦記念日祭 (3)
▲祭典斎了後の拝殿






カッターシャツにスラックス、ネクタイと言う軽装で出発します。

道中、雨が降り出しましたが、到着時には小雨になって来ました。
雨の影響か分かりませんが、駐車場は結構埋まっており、拝殿前にかかるくらいの場所に車を停め、手水舎で手と口を漱ぎます。

丁度、毎年恒例の海交会の皆さんによる軍艦旗掲揚が行われていました。
平成26年 兵庫縣神戸護國神社 終戦記念日祭

まずは大叔父に来着を告げるべく参拝します。
境内には同じように英霊を崇敬する方々が三々五々参集、境内では幸福実現党の方々が虚構の南京事件とホラ吹き慰安婦を世界記憶遺産に登録しようと企む支那中共の妄挙を阻止すべく署名活動をされていました。
今年は例年より多くの方が参集しているので、早めに拝殿に入り着座して待ちます。
今回は春秋の例大祭も含め初めて新聞社(産経)の取材も来ていました。
11:30となり式典が始まります。
今年も高齢の参集者に配慮してか、式典は昨年同様に簡素化していた様です。
以下、祭礼次第です。

1、宮司による「修祓」

2、「宮司一拝」

3、「宮司、祝詞を奏し玉串を奉りて拝礼」
   御英霊に対し宮司が感謝と慰霊の祝詞を奏上します。

4、「参列者各代表、玉串を奉りて拝礼」
  参列の各遺族会代表が玉串を奉奠します。

5、「宮司一拝」

6、太鼓の音を合図に拝殿の外まであふれた参集者の方々とともに起立し、兵庫縣神戸護國神社に神鎮まられている兵庫県東部の御英霊53,257柱を始めとする全国の310万有余柱の殉国の英霊たちに黙祷し感謝の誠を捧げます。

7、宮司挨拶

平成26年 兵庫縣神戸護國神社 終戦記念日祭 (2)
▲挨拶する久保田宮司

嘗ては1時間程の斎行が昨年からは30分程で祭了となりました。
参集の各遺族会はこの後、直会へ移動、一般参集者は解散となります。
祭典の前後30分程、境内を散策していましたが、今年は子供連れ(本日の参拝の意味をしっかり子供に教えながら!)や若い男性、女性の姿も散見されました。

祭典斎了、解散後30分程して一般人と入れ替わる様に右翼団体の街宣車が続々と集結、一応彼らなりに配慮しているのでしょう。
ただ、毎回思うのですが、拝殿に向かってバックで車を付けるのはどうにかならないのかと。
英霊に排ガスを浴びせる事を疑問に思います。

今年は祭典中、終始小雨が降っており、宮司も挨拶で言われていましたが「英霊の涙」では無いでしょうか。
直前に所謂「従軍慰安婦問題」を煽ってきた朝日新聞がでっち上げを認め、今年も全国戦没者追悼式で安倍首相が例年歴代のアホ総理が続けてきた英霊への罵倒、すなわち必要性の無い支那、朝鮮に阿っての加害と反省に言及しなかった事から、徐々にですが英霊を取り巻く汚名や誹謗など状況が改善しつつある事への嬉し泣きと捉えたいと思います。

残念ながら今年も安倍首相の本日の靖國神社参拝は見送られましたが、秋の例大祭には参列する事を望みます。
今年11月に北京で開かれるAPEC首脳会議で、安倍首相と支那中共の習近平との首脳会談が画策されている様ですが、メンツばかりの豚や、会談を期待するマスゴミや反日サヨクに思いっ切り泥をかけてやれば良いと思います。
首脳会談がしたくば、靖國神社に文句を言うなと言う強烈なメッセージを送るべきです。

靖國神社の秋季例大祭は10月17~20日まで斎行されます。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる