当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

明野駐屯地開設59周年・航空学校創立62周年

本日は陸上自衛隊・明野駐屯地で開催された、「航空祭(明野駐屯地開設59周年・航空学校創立62周年記念行事)」に行ってきました。
平成26年 明野レインボー (12)(明野駐屯地)
▲明野名物「明野レインボー」のTH-480B







明野と言えば帝國陸軍の戦闘機空中勤務者教育の中枢「明野陸軍飛行學校」が所在した事で知られ、現在は同地に陸上自衛隊航空学校、飛行実験隊、第10飛行隊、そして我が大阪府八尾市に本部を置く中部方面航空隊隷下の第5対戦車ヘリコプター隊が駐屯、日夜我が国の平和を護ってくださっています。

昨年は豪雨で大変な目に遭いましたが、今年は晴れの予報なので一安心です。

4:50に起床、準備をして5:10に出発、最寄りの阪神電鉄の駅まで徒歩で移動、5:27初の電車に乗り、途中で急行に乗り換え、8:40に明野に到着します。
シャトルバスに乗り、9:00少し前には駐屯地に到着しましたが、この時点で既に試乗券は完配になったそうです(゜Д゜;)
早い方は6:00から並んでいるそうです(゜Д゜;)

去年は大雨で格納庫内での式典でしたが、今年は快晴のため通常通り飛行場にて式典が開催されます。
明野の観覧席は観閲台を中心に両側に招待者席、その両側に地べた、さらにその外側の駐車場付近、招待者席の後ろに一般席(自由席)があります。
勝手が分からなかったので、今回は観覧席と招待者席の間にある10mくらいの空地の後ろ、正面がよく見えると言う絶好の場所を取ったつもりでしたが・・・。
この場所、時間が経つにつれ陸自の広報(ビデオ係)が1人、さらに国会議員のSPが真ん中に、さらに空自の広報?が2人、さらに招待席のおっさんが写真を撮るのにウロウロしてかなり見えづらくなりました。
今年は席運が悪いです。

今回は電車移動のため椅子や敷物を持って来ておらず、席取りは立っているしか無いのでウロウロできず、その場で待ちます。
9:40になり中部方面音楽隊が入場、式典に先立ち行進曲「かけがえのない大地」、「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」、ZARDの代表曲「負けないで」を演奏、9:55、空自第1航空団(浜松基地)のT-4練習機2機が上空を2度旋回し祝賀飛行を行います。
平成26年 中部方面音楽隊(明野駐屯地)
▲関西ではお馴染みの中部方面音楽隊

平成26年 T-4練習機 祝賀飛行(明野駐屯地)
▲空自第1航空団(浜松基地)T-4練習機

10:00、祝賀飛行に向かう駐機してあるヘリコプター23機のエンジンが始動、10:05、編隊を組んで西の空に消えて行きました。
続いて執行者・航空学校長兼明野駐屯地司令大西裕文陸将補、桜井充衆議員(民主)、宇都隆史参議員(自民)がUH1-Jに搭乗し臨場、大西陸将補による挨拶、来賓祝辞(上記2名)、表彰者紹介、祝電披露、中方音楽隊によるトランペット吹奏がありオープニングセレモニーが終了します。
ヘリでの登場は初めて見たので、衝撃的でした。
平成26年 執行者、来賓臨場(明野駐屯地)
▲左から大西裕文陸将補、桜井充衆議員(民主)、宇都隆史参議員(自民)

セレモニー終了直後、先ほど離陸したヘリ23機による祝賀飛行が行われます。
平成26年 祝賀飛行(明野駐屯地)
▲ヘリ23機による祝賀飛行

平成26年 祝賀飛行 (2)(明野駐屯地)
▲編隊先頭

赤白塗装のOH-1試作1号機(後掲)、白黒塗装の同2号機は非常に珍しく、遠目で見た時は消防か警察のヘリと思ってしまいました(^_^;)
平成26年 祝賀飛行 帰還(明野駐屯地)
▲OH-1試作2号機

続いて10:25、UH1-Jからの空挺降下が行われます。
今まで各地の記念行事で空挺降下の計画はあったものの、ことごとく天候不良で中止になってしまったので、初めて見れて感動でした!
平成26年 空挺降下(明野駐屯地)
▲写真では2名ですが、3名が降下しました。

平成26年 空挺降下 (2)(明野駐屯地)
▲降下

平成26年 空挺降下 (4)(明野駐屯地)
▲降下

10:40、航空機支援車両の展示があり、昨年も土砂降りの中、コミカルな演技で沸かせてくれましたが、今年は「強調員」(通称、白子隊)が昨年にも増してコミカルな動き(支援車両の働きを表し)で観衆を沸かしてくれました!
平成26年 航空機支援車両の展示(明野駐屯地)
▲航空機支援車両展示

平成26年 航空機支援車両の展示 白子隊(明野駐屯地)
▲白子隊は支援車両の役割、注目箇所をコミカルな演技で分かりやすく“強調”してくれます。

平成26年 航空機支援車両の展示 電源車(明野駐屯地)
▲電源車から出る電気の動きを表現しています。

平成26年 航空機支援車両の展示 特殊消防車 (4)(明野駐屯地)
▲今年から明野に配備された新型特殊消防車の放水展示

10:55、空自飛行開発実験団(岐阜基地)のF-15、F-2が祝賀飛行をします。
関西では空自の戦闘機を見る機会が余り無いので、新鮮です!
平成26年 F-15、F-2 祝賀飛行(明野駐屯地)
▲飛行開発実験団のF-15とF-2

平成26年 F-15 祝賀飛行(明野駐屯地)
▲F-15

平成26年 F-2 祝賀飛行(明野駐屯地)
▲F-2

平成26年 F-2 祝賀飛行 (2)(明野駐屯地)
▲F-2

続いて単車を改造した「ハヤテジュニア」による曲芸飛行ならぬ曲芸走行です。
名前だけ見ても何か分からなかった(ブルーインパルスジュニア等の名前から薄々感づいていましたが)のですが、予測通りでした。
平成26年 ハヤテジュニア(明野駐屯地)
▲5機の「ハヤテジュニア」

平成26年 ハヤテジュニア (2)(明野駐屯地)
▲「ハヤテジュニア」4番機、5番機

ブルーインパルスジュニアの様に完成された機材ではなく、手作り感がある味のある仕上がりですが、なかなか細かい場所まで作りこまれています。
見事な演技もさることながら、実況も流暢でウイットが効いていて楽しませてもらいました!

11:05、飛行展示が行われ、まずはOH-1試作1号機による高度な機動飛行が行われます。
平成26年 OH-1試作1号機による高度な機動飛行(明野駐屯地)
▲試作機は様々な試験飛行を行うため、視認し易いように赤白の塗色になっています。

平成26年 OH-1試作1号機による高度な機動飛行 (2)(明野駐屯地)

平成26年 OH-1試作1号機による高度な機動飛行 (3)(明野駐屯地)

平成26年 OH-1試作1号機による高度な機動飛行 (4)(明野駐屯地)

続いて行動展示が行われます。
状況は災害が発災

道路寸断により車両の進入が不可

OH-1による状況偵察
平成26年 OH-1による状況偵察(明野駐屯地)

倒壊家屋に被災者が取り残されているのを発見
平成26年 倒壊家屋に被災者が取り残されている(明野駐屯地)

UH1-Jによりリベリング降下し、詳細を偵察
平成26年 UH1-Jによりリベリング降下(明野駐屯地)

倒壊家屋及び被災者複数を発見

CH-47により高機動車を懸吊し機動力を活かし救助作業
平成26年 CH-47により高機動車を懸吊(明野駐屯地)

平成26年 CH-47により運んだ高機動車の機動力を活かし救助作業(明野駐屯地)

UH1-Jによる被災者をホイストで吊り上げ救助
平成26年 UH1-Jによる被災者をホイストで吊り上げ救助(明野駐屯地)

そして最後は明野と言えば!
「明野レインボー」のOH-1×1機、TH-480B×5機、AH-64D×1機、AH-1S×2機、UH-60×1機、合計10機がそれぞれ高度な機動展示を披露、感嘆仕切りでした!
平成26年 明野レインボー(明野駐屯地)
▲明野レインボー

平成26年 空挺降下 (3)(明野駐屯地)
▲OH-1

平成26年 明野レインボー (3)(明野駐屯地)
▲TH-480B

平成26年 明野レインボー (4)(明野駐屯地)
▲AH-64D
 八尾では観閲飛行にしか参加しませんが、明野では縦横に飛び回ってくれます!

平成26年 明野レインボー (10)(明野駐屯地)
▲AH-64D

平成26年 明野レインボー (11)(明野駐屯地)
▲AH-64D

平成26年 明野レインボー (5)(明野駐屯地)
▲AH-1S

平成26年 明野レインボー (6)(明野駐屯地)
▲UH-60
 機動力を上げるため、落下増槽を外しています。

平成26年 明野レインボー (7)(明野駐屯地)
▲TH-480Bが単縦陣で進入

平成26年 明野レインボー (8)(明野駐屯地)
▲展開

平成26年 明野レインボー (9)(明野駐屯地)
▲傘型の隊形に変換

毎年、同じヘリコプター部隊の八尾駐屯地に行っていますが、内容はかなり異なっており、非常に楽しめました!
何より順光なのが見やすくて良かったです!

午後からは装備品展示や資料館、音楽演奏等を軽く見て、駐屯地を後にしました。
平成26年 海自 TH-135(明野駐屯地)
▲海自 TH-135

平成26年 三重県警 AGUSTA A109(明野駐屯地)
▲三重県警 AGUSTA A109

平成26年 空自 UH-60(明野駐屯地)
▲空自 UH-60

平成26年 米陸軍 UH-60A(座間)(明野駐屯地)
▲米陸軍 UH-60A(座間)

今年は天候に恵まれたため、入場者が多く、どこも行列ができて、昨年とは違う意味で大変でした。

自衛隊のみなさん、今日も一日ありがとうございました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる