FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

高松城の天守復元、困難

高松城と言えば、羽柴秀吉が水攻めにした「備中」高松城(城主:清水宗治)が有名ですが、こちらは同じ高松城でも讃岐(香川県)の高松城です





備中・高松城が殆ど遺構が残っていないのに対し、讃岐・高松城は月見櫓、艮櫓、水手御門、渡櫓等が残っています。
高松城址ー本丸址
~公園になっている備中・高松城

高松城 月見櫓、多聞櫓(ともに現存)
~讃岐・高松城 月見櫓、水手御門

高松城 艮櫓(旧太鼓櫓跡)(現存) 別角度
~讃岐・高松城 艮櫓

平成15(2003)年頃より天守の復元計画が持ちあがり、平成18(2006)年から老朽化した石垣の解体修理が行われ、今年からは天守復元 工事の着工を行う予定でしたが・・・
高松城天守台と玉藻廟
~高松城天守台と玉藻廟(平成13年)

高松城 解体修理中の天守台石垣
~解体修理中の高松城天守台(平成20年)

高松城の天守閣、復元に「壁」 2010年01月16日



 国の史跡に指定されている高松城跡(高松市玉藻町)で、天守閣の復元構想がなかなか前へ進まない。資金面だけでなく、文化庁許可にかかわる内部構造を解明する資料が十分に集まらないからだ。若い女性を中心に「歴女」が急増するなど各地で城が街おこしに一役買っている中だが、復元への道は険しそうだ。(清野有希子)
(中略)
 復元をめぐっては、市が96年、江戸時代末期の状態に戻す基本計画を策定。03年に当時の増田昌三市長が「市制施行120周年」の2010年に天守閣復元工事の着工を目指す考えを示した。

 国史跡の場所で現状を変更する場合、文化財保護法に基づく許可を得る必要がある。ただ、50~60年代に復元された天守閣に鉄筋コンクリート造りなどがあり、復元の際は外観だけでなく内部の様子がわかる写真や設計図など詳しい資料を一層求められるようになった。「忠実に復元しなければ誤解を招く恐れがある。特に天守閣は中心的な建物なので、いい加減では困る」(文化庁の担当者)というわけだ。
(中略)
 天守台の石垣の改修工事は11年度に終わる予定で、大西秀人市長は「文化庁の考え方は依然として厳しい。10年度の天守閣の復元工事着工は困難な状況」との見通しを先月の市議会で示し、市教委文化財課の川畑聡課長補佐は「粘り強く資料を探していきたい」と話している。文化庁の担当者は「復元にかかる費用や、地下の遺構を傷つけずにいかに耐震基準を満たすかといったことも課題になってくる」としている。 (朝日新聞


残念ながら「資料が無い」ようです。
イギリスで写真が見つかった時は「おっ!!」と思いましたが、それ以降新資料、特に図面類の発見も無く現在に至っています
高松城天守 古写真
~ケンブリッジ大学(イギリス)で発見された古写真(展示室の複製)

個人的には城は石垣だけよりは天守や櫓などの建物はあって欲しいです
しかし、鉄筋コンクリートで外観だけ復元と言うのは賛成できません(外観復元 天守:名古屋城、熊本城など)
名古屋城大天守(外観復元)名古屋城(外観復元天守)

ましてや元々天守の無い城に観光用に天守を上げたり(模擬天守:中津城、富山城など)、
富山城 模擬天守富山城(模擬天守)

天守はあったものの形状が不明(復興天守:大坂城など)、
大阪城天守(復興)大坂城(復興天守)

または見栄え重視で勝手に改築して天守を上げる(復興天守:小倉城、今治城など)のは論外です
夜景 今治城 天守(模擬)今治城(復興天守)

しかも鉄筋コンクリートでの建設は天守台を痛めてしまい、貴重な遺構を破壊することになり、絶対するべきではありません
復元するなら当然、大洲城や白石城などのように当時と同様の工法でに木材、漆喰、瓦など当時と同じ材料を用いて忠実に行うべきです
大洲城天守(復元)、高欄櫓(現存)大洲城(復元天守)

僕は高松城へは2度行きましたが、天守が無くても全国的に珍しい水城としての縄張り、現存櫓など見どころは充分あると思います
天守があるに越したことはありませんが、資料も無いのに無理に天守を上げる必要はないと思います
性急に事を進めるのではなく、確実に事を進めてほしいと思います
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる