当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

武藏の動画 その2

先日公開されたシブヤン海に眠る我が戦艦「武藏」(武蔵)の動画ですが、新たな動画が公開されました。
武藏 昭和18(1943)年6月24日 昭和天皇行幸の際の記念写真
▲昭和18(1943)年6月24日、昭和天皇が武藏に行幸された際、左舷上甲板での記念写真







今回も1分程度の短い動画ですが、新たに艦橋、艦尾付近等が公開され、前回の動画に比べ格段に情報量が多いと言えます。
以下に動画から切り出した画像を掲載します。

武藏 推進器
▲推進器
大和型はこの推進器4基を装備、それぞれは直径5mあります。
武藏は比島沖海戦において敵機の波状攻撃を受け大破、艦隊を離れボルネオ島北端のコロン湾に向かいますが、その際、推進器は1基のみが可動(6ノット)でした。

武藏 舵
▲舵
上下が逆さまになっていますが、形状から主舵と思われます。
大和型は前後に前から副舵、主舵と2枚装備、主舵は20畳程の大きさがあります。

武藏 艦尾
▲艦尾
これも上下が逆さまになっているように見えます。
字幕では「stern crushed by implosion due to rapid descent」(船尾には急激な下降による水圧により押しつぶされた)となっています。
大和型の艦尾形状は長年「艦尾にハインマット(水上機格納用の巻物状のマット)装備のため平面だった」と言う説がありました(近年は否定されている)が、武藏の映像を見ると平面ではなく普通の艦尾形状の様に見えます。

武藏 第一艦橋背面と十五米測距儀
▲四八式倒分像立体視式15m二重測距儀(光四八金物)
大和型最大の特徴である46cm砲弾の目標を測る所謂「15m測距儀」(左)と第一艦橋背面(右)です。
横倒しになっていますが左上に見える支持金物の形状から後ろ側からの角度、同じく第一艦橋も窓枠の形状から右舷後方からの撮影のようです。
この測距儀の上に二號一型電波探信儀(対空レーダー)の空中線が載っています。
因みにこの測距儀はカメラメーカーのニコン製で、僕がカメラを購入する際にキャノンか迷っていた時の決め手です。

武藏 罐
▲艦本式二號丁型タービン
機関関係は勉強不足で良く分かりませんが、字幕では「Steam turbine」となっています。
大和型は同タービンを4基4軸装備、1枚目の推進器に繋がります。

武藏 高角砲・高射装置
▲四〇口径八九式十二糎七高角砲(右)と九四式高射装置(左)
前回公開された動画にも高角砲は映っていましたが、右側に写っている円形のブルーワーク部分だけで良く分かりませんでしたが、今回は側面から爆風除盾がしっかり写っています。
高角砲の砲身が欠損している様ですが、盾の形状がはっきり分かります。
武藏の高射装置は2基(大和は4基)が艦橋基部に装備されており、位置から右舷側の一番高射装置、同高角砲と思われます。
字幕では「Twin 15.5cmGuns」(15.5cm連装砲)となっていますが、12.7㎝の誤りと思われます。
大和型は15.5cm砲を副砲として2基搭載していましたが、いずれも3連装です。
15.5cmの連装砲を搭載していたとなるとこれはこれで、今まで誰も知らない最大の発見ですが・・・。

武藏 艦橋右舷
▲右舷艦橋構造物
横倒しになった艦橋を右舷側中央後方やや下方から見た画像の様です。
艦橋防御用の十三粍聯装機銃の張り出し(中央に写っている箱状の物)、上部見張所(その下の箱状の物)、第二艦橋(両方の間に見える窓)が確認できます。

武藏 艦橋右舷 前方
▲前掲映像の右舷艦橋構造物を今度は前方やや上方から回り込んだ映像です。
字幕では「machine Gun placements」(機銃座)と書かれていますが、機銃のブルーワークでは無く「九五式機銃射撃指揮装置」のブルーワークです。
本来は高角砲同様に防盾が付いていたはずですが、無くなっています。
場所は第二艦橋(窓が見える)上に張り出して設置され、第一、第三機銃を管制していました。
第二艦橋の窓枠も側面側は一旦途切れ、また窓がある特徴的な形状が見て取れます。

今回の映像を見ると艦体は武藏の最期の写真と同様に左舷側に傾いて着底、艦尾は上下逆になっている様です。
今後も期待したいと思います。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

武蔵のライブ画像

武蔵の動画の解説、有難うございます!
今も、シブヤン海の実況、ニコ生で見てます。
英霊のご帰還がお一人でも叶うといいのですが。
この次も解説を楽しみにしております。

Re: 武蔵のライブ画像

sakura様、はじめましてこんにちは。

私も仕事中でしたがニコ生の配信、かじりついて見入っていました!

私の知識も古かったり間違っている事もあると思いますが宜しくお願いします。

一人でも多くの英霊のご帰還を願って止みません。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる