FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

大阪陸軍造兵廠 枚方製造所 第五製造所 地下疎開工場予定地

大阪府交野(かたの)市私市(きさいち)には枚方市にあった大阪陸軍造兵廠 枚方製造所第五製造所を疎開させる予定だった地下壕が遺されています。
枚方製造所 地下疎開工場 A 壕口 (2)(大阪)
▲交野市に遺る大阪陸軍造兵廠枚方製造所の地下疎開工場予定地下壕

【探索日時】
平成21年12月27日、平成22年1月2日






枚方市・交野市周辺の軍事施設配置
大造枚方製造所 枚方・交野全図(大阪)

▲昭和20(1945)年頃の枚方市周辺
※緑文字が当記事の紹介施設
⑫以前は別記事にて解説

⑬東京第二陸軍造兵廠 香里製造所
⑭東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 官舎
⑮  〃                   桑ヶ谷寮(工員寮)
⑯  〃                   川越寮( 〃 )
⑰  〃                   菅公寮( 〃 )
⑱  〃                   喜山寮( 〃 )
⑲  〃                   高田寮( 〃 )
⑳軍用側線
大阪陸軍造兵廠 枚方製造所 第五製造所 地下疎開工場
㉒大阪市立興亞拓殖訓練道場


遺構について※青字は地図にリンクしています。
㉑ 大阪陸軍造兵廠 枚方製造所 第五製造所 地下疎開工場
昭和19(1944)年7月、我が国はマリアナ諸島を失陥、米軍による本土空襲の本格化が予測されるなか、政府は地下施設建設、及び航空機産業を中心とした重要軍需工場の疎開を推進する施策を相次いで閣議決定、各軍需工場では設備の分散疎開、地下工場建設が開始されます。

昭和20(1945)年中旬、大阪陸軍造兵廠 枚方製造所は管下にあった第五製造所(信管製造)を疎開するため、大阪府北河内郡交野町大字馬場堂(現、交野市私市)に地下工場建設を決定、労務者約300名を募集し隧道の掘削が始りました。

地下工場は壕口5ヶ所、総延長545m、総面積2,610㎡を計画していましたが、総延長138m、総面積652㎡を建設したところで、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。
壕内は全て支保工のみで進捗率は約20%程度でした。

停戦後、近隣住民により支保工に使用された木材は持ち去られ、現在は崩落が進んでいます。
枚方製造所 地下疎開工場 私市(大阪)
▲疎開工場周辺の地図

枚方製造所 地下疎開工場 地下工場 遠景(シャッターの奥)(大阪)
▲左側の電柱と右側のシャッターの間にBの壕口が僅かに見えます。

A 
民家の裏の斜面を5m程登った辺りにあり、やや浸水しています。
壕口は幅170×高さ200cmで、奥行きは15m程です。
枚方製造所 地下疎開工場 A 壕口(大阪)
▲A壕口

枚方製造所 地下疎開工場 A 内部 (5)(大阪)
▲A壕口から内部

壕床に40cm程の石柱と木材があります。
枚方製造所 地下疎開工場 A 内部(大阪)
▲支保工の残骸?


B 壕
A壕から北に20m程の位置にあります。
奥行きが10m程度しか無く、最も進捗率の悪い壕です。
枚方製造所 地下疎開工場 B 壕口(大阪)
▲B壕口

枚方製造所 地下疎開工場 B 内部 (2)(大阪)
▲B壕 内部


C 
B壕からさらに20m程北、小さい谷を越えた位置にあります。
奥行きは45mあり、壕口から15mの位置の右側に奥行き5m程の横坑、さらに5mの位置の左側に同じく5m程の横坑と5m間隔で左右に3本ずつ、合計6本の横坑があります(総延長73.5m、面積約147㎡)。
枚方製造所 地下疎開工場 C 壕口 (3)(大阪)
▲C壕口

枚方製造所 地下疎開工場 C 15m地点の横坑(大阪)
▲15m地点の横坑
 横坑は主坑に比べ掘り方が荒いです。

枚方製造所 地下疎開工場 C 20m地点の横坑(大阪)
▲20m地点の横坑

枚方製造所 地下疎開工場 C 40m地点の横横坑(大阪)
▲40m地点の横坑

枚方製造所 地下疎開工場 C 最深部から(大阪)
▲C壕 最深部から壕口

また、壕口から15m程の天井に木製の測量杭が遺ります。
枚方製造所 地下疎開工場 C 測量用木杭(大阪)

この杭は地下壕で良く見るのですが、どうやって使う物なのでしょうか?


D 
A・B・C壕のある斜面から西に進んだ削平地にあり、A・B・C壕とは直角に配置されています。
完成時は5本の地下壕が繋がり、あみだクジ状になったと思われます。
奥行きは45mあり、天井に空気孔も開いた最も完成度の高い隧道だった様ですが、残念ながら壕口が崩落してしまっています。
枚方製造所 地下疎開工場 D 崩落(大阪)
▲D壕口は完全に崩落していますが、状態からして本体は遺っている様です。


E 
D壕の東側、削平地の突き当りにあり、奥行きは45mありました。
壕口が殆ど崩落してしまい、幅60×高さ30cm程の隙間しか無く、入れません。
枚方製造所 地下疎開工場 E 壕口 (2)(大阪)
▲写真左下に僅かな隙間が開いています。


主要参考文献
Webサイト
星のまち交野

・Yahoo!の地図

サヨク系の書籍(書籍名失念)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる