当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 官舎/桑ヶ谷寮/高田寮

大阪府枚方市に所在した東京第二陸軍造兵廠 香里製造所の周辺には所員・工員の陸軍官舎・工員寮がありました。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 A 南西から (2)(大阪)
▲高田寮跡に遺る工員寮

【探索日時】
平成21年12月27日、平成27年1月16日・20日






枚方市周辺の軍事施設配置
大造枚方製造所 枚方・交野全図(大阪)
▲昭和20(1945)年頃の枚方市周辺
※緑文字が当記事の紹介施設
⑫以前は別記事にて解説

⑬東京第二陸軍造兵廠 香里製造所
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 官舎
  〃                   桑ヶ谷寮(工員寮)
  〃                   川越寮( 〃 )
  〃                   菅公寮( 〃 )
  〃                   喜山寮( 〃 )
  〃                   高田寮( 〃 )

⑳軍用側線
㉑大阪陸軍造兵廠 第五製造所 地下疎開工場
㉒大阪市立興亞拓殖訓練道場


遺構について※青字は地図にリンクしています。
下記の番号・遺構配置はそれぞれの地図参照
⑭ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 官舎
香里製造所構内東側にあった軍人・軍属の官舎です。

昭和17(1942)年3月1日、東京第二陸軍造兵廠 香里製造所発足時は14棟でしたが、停戦時には23棟(うち5棟は2戸1棟)あり、当地に加え、下記の高田寮内に2棟、合計25棟ありました。
官舎はそれぞれ板塀、生け垣で囲まれ、母屋は下見板張り、一部は離れが付属していた様です。

現在はほとんどが建て替えられてしまい、1棟のみが遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 b 香里ケ丘南公園(大阪)
▲官舎地区の遺構
※執筆後に空撮を眺めていて気付いたのですが、もう1棟あるかも知れません。

A 官舎
香里製造所の官舎で唯一遺ります。
元々2戸連棟だった様ですが、東側は建て替えられてしまっています。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 A 官舎 南から(大阪)
▲北側に2階建てが増築されています。

3 陸軍用地
道路脇に境界石標が遺り、側面に三四七の刻字があります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 3 陸軍用地 三四七(大阪)
▲なぜか敷地内を向いています。

4 陸軍(用地)
駐車場の入口に遺りますが、「陸軍」の文字以降は埋没しています。
側面に数字の刻字がありますが、「三四」以降は不明です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 4 陸軍(用地)三四-(大阪)


⑮ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮
香里製造所構内東側にあった工員寮です。

発足時は寮5、浴場1、食堂1、倉庫1棟でしたが、停戦時は1戸建1、2戸連棟1、4戸連棟5棟と倉庫1棟がありました。

現在は一般住宅に転用・改築されていますが、半分程が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 ⑮桑ヶ谷寮(大阪)
▲桑ヶ谷寮の遺構

A 住居棟
2戸1棟の両方が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 A 北西から(大阪)
▲外壁は改装されていますが、ほぼ原型を留めています。

B 住居棟
桑ヶ谷寮に唯一あった1戸建が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 B 北東から(大阪)

C 住居棟
4戸連棟の全てが遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 C 南東から(大阪)
▲路地が狭く見通しが効きませんが、連棟が遺ります。

D 住居棟
4戸連棟の全てが遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 D 北西から(大阪)

E 住居棟
4戸連棟の1戸(西端)が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 E 北東から(大阪)

F・G 住居棟
4戸連棟の3戸(西端、東側2戸)が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 F 北西から(大阪)

H 住居棟
4戸連棟全てが遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 桑ヶ谷寮 H 北東から(大阪)


⑯ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 川越(かわごし)
香里製造所構内東側にあった工員寮です。
発足時は寮2、浴場1、寮兼食堂1棟でしたが、停戦時は寮6、浴室1、倉庫1棟がありました。

現在は団地になり、遺構は何も遺されていません
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 ⑯川越寮 南西から(大阪)
▲団地の建つ高台上に当時は長屋建が並んでいました。


⑰ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 菅公寮
官舎北西の第二借上地にあった工員寮です。
寮3、炊事場・食堂・浴場1、付属屋1棟がありました。

現在はテニス場になり、遺構は何も遺されていません


⑱ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 喜山(きざん)
官舎北西の蹉蛇山中腹にあった工員寮です。
寮1棟がありました。

現在はマンションになり、遺構は何も遺されていません


⑲ 東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮
香里製造所からやや離れた南側、側線沿いにあった工員寮、官舎です。
資料では41棟となっていますが、昭和23(1948)年3月19日の空撮を見ると2戸1棟建29棟、長屋14、官舎2があった様です。

現在は一般住宅、団地などになり、2戸連棟建の一部が遺ります。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 ⑲高田寮(大阪)
▲高田寮の遺構(赤枠:高田寮、青枠:官舎(高田住宅))

A 住居棟
2戸連棟の片方が遺ります。
香里製造所の残存している寮の中で最も原型を留めた貴重な建物です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 A 南西から(大阪)

B 住居棟
2戸連棟の片方が遺ります。
高田寮は全ての建物に小さい庭が附属(上記Aは車庫になっている)していた様ですが、漏れ無く増築されているため、本来の建物が見通せません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 B 北西から(大阪)
▲増築により本来の母屋が見えません。

C 住居棟
2戸連棟の片方が遺ります。
こちらも増築で母屋が見えませんが、僅かに下見板張りが見えます。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 C 北西から(大阪)

D 住居棟
2戸連棟の片方が遺ります。
比較的良好な状態です。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 D・C(手前から) 北西から(大阪)

E 住居棟
2戸連棟の片方が遺ります。
改築によりほぼ原型を留めていません。
東京第二陸軍造兵廠 香里製造所 高田寮 E 北東から(大阪)

※官舎、工員寮は現在、全て住宅になり住人の方がおられるので、見学の際は注意して下さい。


主要参考文献
『大阪文化財研究30 「香里団地以前」』 (平成18年11月 森井貞雄 大阪文化財センター)

『いま、よみがえる枚方の20世紀 発掘・復元・検証』 (平成23年1月 大阪府文化財センター)

国土地理院所蔵空撮(USA-M27-2-66)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

お尋ねしたいのですが

ご無沙汰しております。
まだまだ残っているものなのですね~。
ビックリです。

記事と関係のない話で申し訳ないのですが、オイラのブログに、
「印旛地方航空機乗員養成所に入所したものですが、途中退所した者でその後の同期生の消息を知りたい」
というコメントが入ったのですが、オイラはこういうコネが皆無です。
盡忠報國さんなにかアテをご存じないでしょうか?
もし何かご存じでしたら、ご教授頂けると幸いです。

Re: お尋ねしたいのですが

とり様
こちらこそご無沙汰しています。

製造所の本体などは結構調べている方もおられますが、官舎や寮は文献やネットでも殆ど見ないので調べるのが大変です!
しかも多くは住宅に転用されているので探索するのも勇気が入ります(^_^;)

逓信省の乗員養成所ですか。
軍関係は戦友会等があるのですが、難しいですね・・・

とりさんレベルならご存知かも知れませんが、逓信省乗員養成所や民間航空の歴史を記した書籍の収集や出版もしている日本航空協会なら何かツテが有るかも知れません。
これくらいしか答えられなくてスミマセン!

No Title

なんとかお役にたちたくて、オイラなりにいろいろ調べてみたのですが、日本航空協会という発想はありませんでした!
早速お伝えしてみます。
本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる