当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

徳島海軍航空基地 齋田照空隊陣地

鳴門市撫養町斎田(むやちょうさいた)の讃岐山脈東端には徳島海軍航空基地の齋田照空隊陣地がありました。
齋田照空隊陣地 A 溝 内部 北東から(徳島)
▲齋田照空隊陣地 探照灯格納溝

【探索日時】
平成25年3月26日






徳島海軍航空基地周辺の関連施設
徳島海軍航空隊地 徳島海軍航空基地 全体(徳島)
※緑文字が当記事の紹介施設
①徳島海軍航空基地 滑走路
②徳島海軍航空隊
③    〃      燃料置場
④飛行機運搬路(誘導路)
⑤徳島海軍航空隊 射撃場
⑥第十一海軍航空廠 徳島補給工場
⑦徳島海軍航空隊 短波方位測定所
⑧東北方高角砲陣地
⑨矢倉高角砲陣地
斎田照空隊陣地
⑪堀江村水源地
⑫徳島海軍航空隊 送信所
⑬木津隧道
⑭姫田隧道(燃弾庫)
⑮営外士官・下士官宿舎
⑯第十一海軍航空廠徳島補給工場 将校宿舎
⑰    〃                工員宿舎


齋田照空隊陣地 兵器・施設
・百五十糎探照燈    ・・・2
・   〃     管制器・・・2
・配電盤         ・・・2
・変圧器         ・・・6
・兵舎 木造平屋建て ・・・4
・電源室   〃     ・・・1
・附属建物  〃    ・・・4


遺構について※青字は地図にリンクしています
『呉海軍警備隊戦時日誌』によると昭和19(1944)年9月時点で防空施設は十三粍機銃×3、10月で機銃に加え高角砲×4(工事中、『松茂町誌』の記述から矢倉陣地か?)とある事から、この時期に設営が始まったと思われますが史料が無く設営時期、配置部隊等不明です。
なお、陣地主要部まで工事道が造られており、高射砲陣地・防空砲台調査の大家ファーザーさんのサイト『高射砲陣地と防空砲台(Anti Aircraft Battery)』に掲載の軍道沿いの小遺構の多くが破壊されてしまった様です。
齋田照空隊陣地 斎田照空隊陣地 全体(徳島)
▲齋田照空隊陣地 配置図
 ※厳密な測量をした訳では無いので、参考程度です。

なお、進入路が分からなかったので野球場南側のシダ林の急斜面を死にそうな思いで登りました(緑線)が、帰路に利用した工事道(青線)から楽に到達できます。

齋田照空隊陣地 斎田照空隊陣地 全体 西側(徳島)
▲西側拡大

A 探照灯格納溝
西側の頂上削平地に長さ15×幅3mの溝が掘削されています。
移動式の探照灯を使用時は南側に、格納時は北側に移動させ隠顕式にしていたと思われます。
齋田照空隊陣地 A 溝 内部 南西から(徳島)
▲A探照灯格納溝の内部を南西(格納位置)から
 当時は当然正面の樹木はありません。


B 円形窪地
用途不明です。
Aの溝の北側の一段下がった場所にあります。
齋田照空隊陣地 B 円形窪地(徳島)
▲何だか分かりません・・・


C 円形窪地
直径2mあり、場所からして探照灯管制器の掩体と思われます。
齋田照空隊陣地 C 円形窪地(徳島)

谷を挟んで東側の頂上に行きます。
齋田照空隊陣地 斎田照空隊陣地 全体 東側(徳島)
▲東側拡大

D 探照灯格納溝
東側の頂上から東に下った削平地にAの溝と同様の長さ15×幅3mの溝が掘削されています。
ただし、こちらは南端から6mででくの字、さらに3mで逆くの字に屈曲し6mで後端に至ります。
深さは後端で2mありますが、南端は1.2mと浅くなります。
こちらも探照灯を隠顕式にしていた様です。
齋田照空隊陣地 D 溝 内部 南から(徳島)
▲D探照灯格納溝の内部を南側(照射位置)から
 シダが恐ろしく繁茂しており、適当に伐採しましたが殆ど見通せません。

齋田照空隊陣地 D 溝 内部 南側 北から(徳島)
▲D探照灯格納溝の内部を北から
 南端の照射位置(三叉の木の方向に向け照射)は土堤が低くなっています。

齋田照空隊陣地 D 溝北側 土堤上 南東から(徳島)
▲D探照灯格納溝を土堤上の南東から
 格納位置(奥の暗い部分)は土堤が高くなっています。


E 円形窪地
直径2m、北北西方向に切り欠きがあり、場所からして探照灯管制器の掩体と思われます。
Dの溝から頂上を挟んだ西側にありますが、シダが茂り不鮮明です。
齋田照空隊陣地 E 円形窪地 北西から(徳島)


F 円形窪地
直径2m、北北西方向に切り欠きがあり、場所からして探照灯管制器の掩体と思われます。
齋田照空隊陣地 F 円形窪地 北西から(徳島)

両探照灯座の中央にある削平地に降ります。
齋田照空隊陣地 斎田照空隊陣地 全体 西側(徳島)
▲中央拡大

G 方形窪地
用途不明です。
幅1.6×奥行2.4mあります。
齋田照空隊陣地 G 方形窪地 北西から(徳島)
▲落ち葉が溜まっている場所が窪地です。


H~M
配電盤や変圧器関連の施設跡と思われますが詳細不明です。
齋田照空隊陣地 谷間H~M 全景 南から(徳島)
▲南側から見た全景

H 方形窪地で、南東側が円形にやや深く窪んでいます。
齋田照空隊陣地 H 窪地 南西から(徳島)
▲H 窪地 南西から

I 石垣で土留めした段があります。
齋田照空隊陣地 I 石垣 北東から(徳島)
▲ I 北東から
倒木で分かり難いですが、壇状になっています。

J 斜面を方形に掘り込んであります。
齋田照空隊陣地 J 方形窪地 西側内部 東から(徳島)
▲J 方形窪地 東から

K 斜面をを掘り込んであります。

L 斜面を竪堀状に掘り込んであり、地下壕の跡の様にも見えます。
齋田照空隊陣地 L 溝 南東から(徳島)
▲L 溝 南東から

M 谷に突き出した削平地です。
齋田照空隊陣地 M 削平地 北西から(徳島)
▲M 削平地 北西から

N 道路の中央に円形窪地があります。
齋田照空隊陣地 N 円形窪地(徳島)


O 西側探照灯陣地から兵舎地区に下った削平地に方形窪地があります。
  用途不明です。

P 西側探照灯陣地から兵舎地区に下った削平地に台状の小削平地があります。
  用途不明です。

Q 軍道から一段下がった位置に変形した削平地があり、軍道側は石垣で補強されています。
齋田照空隊陣地 Q 削平地 西から(徳島)
▲ Q 削平地 西から

R 池
縁がコンクリートで補強されています。
貯水池の可能性がありますが、詳細は不明です。
齋田照空隊陣地 R 池(徳島)


主要参考文献
『施設引渡目録 徳島航空基地 第二徳島航空基地』(アジア歴史資料センター)

『兵器軍需品引渡目録 徳島航空基地』(  〃  )

『呉海軍警備隊戦時日誌』(  〃  )
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる