当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

陸軍航空通信學校 尾上教育隊

兵庫県加古川市尾上(おのえ)町の浜の宮公園一帯には陸軍航空通信學校 尾上教育隊がありました。
尾上教育隊は後に加古川教導航空通信團 第二教育隊に改編されます。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ク 基礎 北西から(兵庫)
▲浜の宮公園に遺る陸軍航空通信學校 尾上教育隊の建物基礎

【探索日時】
平成25年1月31日





陸軍航空通信學校 尾上教育隊 概略
少年飛行兵、幹部候補生、下士官候補、特別幹部候補生に対し、航空通信に関する教育を実施していました。


陸軍航空通信學校 尾上教育隊の現況
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 加古川陸軍飛行場・陸軍航空通信學校尾上教育隊・加古川第一陸軍病院 最新(兵庫)
▲現在の地図に敷地を転写 
 尾上教育隊は官有林の松林に設定されましたが、戦後の空撮を見ても
 境界が判然としないため、特に東側境界は現地取材からの推定です。

※緑文字が当記事の紹介施設
陸軍航空通信學校 尾上教育隊
⑤加古川第一陸軍病院
※以下の遺構配置は上掲地図参照


遺構について
④ 陸軍航空通信學校 尾上教育隊
   加古川教導航空通信團 第二教育隊

昭和18(1943)年、兵庫縣加古郡尾上村(現、加古川市尾上町)の官有林に陸軍航空通信學校教育隊の設置が決定、本部、講堂9、生徒舎5、将校集会所、酒保、医務室、格納庫、演武場、炊事場、浴場、充電池修理所、同充電室等が建設され、9月17日、
陸軍航空通信學校 尾上教育隊が発足します。

昭和20(1945)年4月28日、尾上教育隊は加古川教導航空通信團 第二教育隊に改編され、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

停戦後、米軍接収を経て、昭和22(1947)年6月、建物の一部を転用し敷地東端に浜の宮中学校が創設、その他の大半の建物は解体され、現在は敷地の大半は元の松林に、東側は小学校、幼稚園、住宅地になっており、浜の宮公園内に僅かに建物基礎、門柱が遺されています。

隣接する某市の郷土史家の方から聞いた話では加古川市は軍関係の調査にはかなり消極的で、この方が市史編纂時に協力を申し出たものの断られたそうです。
そのため、加古川市には多くの陸軍施設がありましたが、その殆どが設立の経緯から戦後の動向にいたるまで詳細不明、問い合わせても大した回答も得られません。


カ 門柱
片方が倒れていますが、近所の方の話によるとトラックが事故でぶつかって倒れたそうです。
加古川市には最低限、立て直して復旧して欲しいものです。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 カ 門柱 南西から(兵庫)

陸軍航空通信學校 尾上教育隊 カ 門柱 蝶番(兵庫)
▲蝶番が遺りますが、かなり小さいので木製の扉用と思われます。

配置図を見ると教育隊の正門は公園の東側道路付近にあったので正門門柱では無い様です。
この辺りには将校集会所があったので、その門柱かも知れません。


キ 門柱
なぜか1本しか無く、しかも倒れています。
捨てられるよりはマシですが、この放置って・・・。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 キ 門柱(兵庫)

配置図にはこの辺りに門は無く、どこからか持って来た様です。


ク 第三・第四中隊 生徒舎? 基礎
有名な遺構で、コンクリート製の基礎がほぼ完存しています。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ク 基礎 西から(兵庫)
▲基礎 西から

配置図ではこの列に南側から将校集会所、第一・第二中隊、第三・第四中隊、第五・第六中隊、第八・第九中隊生徒舎、固定送信所の6棟が並んでいた様です。
位置からして第三・第四中隊 生徒舎と思われます。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ク 基礎 東から(兵庫)
▲基礎 東から

陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ク 基礎 北西から (3)(兵庫)
▲基礎 北西から


ケ 洗面所
第三・第四中隊 生徒舎に付属する洗面所です。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ケ 洗濯洗面所 東から(兵庫)
▲洗面所近影

陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ケ 洗濯洗面所 南東側の基礎(両側に有り)(兵庫)
▲洗面所遠景
 洗面台の両側には建物の基礎があります。


コ 固定送信所? 基礎
"ク”基礎の北側にあり、配置図でこの列で南北方向に建つ建物は固定送信所だけです。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 コ 基礎 西から(兵庫)
▲基礎 西から

陸軍航空通信學校 尾上教育隊 コ 基礎 南東側の廊下と入口 南西から(兵庫)
▲基礎 南東側の廊下と入口

「保存」と言うより「放置」されており、殆ど埋もれています。


サ コンクリート製基礎
駐車場の外周に遺りますが、詳細は不明です。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 サ 基礎?(兵庫)
▲駐車場の縁に遺る基礎


シ 炊事場? 基礎
配置図ではこの辺りに炊事場がありましたが、詳細は不明です。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 シ 基礎(兵庫)


ス 第一・第二中隊 生徒舎? 基礎
完全に崩壊してただの瓦礫になっています。
配置図ではこの辺りに第一・第二中隊 生徒舎がありました。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 ス 基礎(兵庫)


あ 陸軍航空第百十四教育飛行連隊發祥之地 碑
平成7年5月、隼〇一会により建立されました。
第百十四教育飛行聯隊については拙ブログ「加古川陸軍飛行場」の記事を参照して下さい。
戦友会の「隼」は第百十四教育飛行聯隊が隷属した第五航空軍の兵団文字符、〇一は同聯隊の秘匿名称「隼一五三〇一」の下二桁と思われます。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 あ 陸軍航空第百十四教育飛行連隊發祥之地 碑(兵庫)


い 陸軍航空通信学校 尾上教育隊跡 碑
平成3年9月、若松会により建立されました。
陸軍航空通信學校 尾上教育隊 い 陸軍航空通信学校 尾上教育隊跡 碑(兵庫)

陸軍航空通信學校 尾上教育隊 参道の神社石標(兵庫)
▲石碑の位置から伸びる浜の宮天神社の参道には石碑類が散乱していますが、阪神大震災の際に倒壊した物だそうです。


所在部隊略歴
陸軍航空通信學校 尾上教育隊
加古川教導航空通信團 第二教育隊

明治36(1903)年12月17日、米国ノース・カロライナ州キティーホーク海岸においてライト兄弟が発動機付き複葉機による人類初の有人動力飛行に成功します。
軍用飛行機の将来性に着目した陸軍は明治42(1909)7月30日、『明治四十二年七月三十日 勅令第二百七號』により陸軍省内に陸海官合同の臨時軍用気球研究會(長岡外史中将)を設置、遊動気球と飛行機に関する設計試験、操縦法、諸設備、通信法の研究を開始します。

大正7(1918)年3月、井上幾太郎少将は陸軍大臣・大島健一大将に航空制度改革案(航空兵科の独立、航空兵団・航空学校・陸軍省航空局の新設等)を上申します。
7月、機・器材を輸入していたフランスから我が国政府に技術指導団派遣の提案がされ、12月、陸軍省は技術指導団の受け入れのため、臨時航空術練習委員(井上幾太郎少将)を編成、委員には操縦班(高橋勝馬工兵少佐)、射撃班(赤羽祐之工兵少佐)、偵察観測班(淺田礼三砲兵少佐)、爆撃班(赤羽祐之工兵少佐兼務)、發動機製作班(笹本菊太郎砲兵中佐)、検査班(笹本菊太郎砲兵中佐)、機体製作班(益田済工兵中佐)・気球班(益田済工兵中佐兼務)、海軍飛行艇班の8班が編成されます。
大正8(1919)年1月12日、ジャック・P・フォール砲兵大佐以下63(57名とも)名の遣日軍事航空使節団が来日、20日、所沢に来着し、8ヶ月に渡る教育指導を開始します。
当初講習は所澤陸軍飛行場と各務原陸軍演習場(岐阜)で受ける予定でしたが、使節団の勧告によりそれぞれ敵地(操縦班:各務原、射撃班:新居町、爆撃班:三方原、發動機製作班:熱田兵器製造所、検査班:東京陸軍砲兵工廠、機体製作班、気球班:所沢、海軍飛行艇班:追浜)に移転、空中偵察、射撃観測、無線通信、写真等を受講する偵察観測班は砲兵との連携のため、千葉県の陸軍野戰砲兵射撃學校、及び近隣の下志津陸軍演習場に設定され、3月から受講を開始します(9月中旬、全教育を終了、10月中旬、帰国)。

4月15日、井上少将の航空制度改革案に基づき、『勅令第百十一號「陸軍航空部令」』により陸軍航空の軍政と教育を管掌する陸軍航空部(井上少将)、『軍令陸第八號「陸軍航空學校条例」』により、陸軍航空學校(有川鷹一少将、所沢)が設立されます。
12月、陸軍航空學校教育部に操縦、機關、観測、射撃、爆撃各班が設置され、甲種(操縦)、乙種(偵察、観測、寫眞、通信)、丙種(機關、射撃、爆撃)學生(各兵科尉官)の教育が継続されます。

しかし、観測班(乙種學生)教育は所澤陸軍飛行場では広さが十分に確保できない事から、大正9(1920)年、再度下志津に移駐し、空中偵察、空中写真、射撃観測、無線通信の教育を実施しました。

大正10(1921)年3月8日、『軍令陸第一號 「陸軍航空學校条例改正」』により、4月1日、観測班は陸軍航空學校下志津分校(本城嘉守大佐)に昇格、新設された偵察學生、特種學生(射撃、爆撃、写真、通信または火器の取扱い等)の教育を開始、大正13(1924)年5月17日、『軍令陸第六號 「陸軍飛行學校令」』より下志津陸軍飛行學校(荒蒔義勝大佐)として独立、陸軍航空部直轄となります。
『陸軍飛行學校令』により飛行學校は学生に航空に関する諸般の学術を修得させ、これを各隊に普及、常にこれら諸学術の調査研究を行い、航空教育の進歩を図りかつ航空に関する兵器・器材の研究試験を行う場所と規定され、下志津は戦術、偵察、偵察操縦、通信及び写真等に関する諸学術の教育、並びにこれらに関する器材の調査、研究および試験を担当します。

大正14(1925)年5月27日、『勅令第百四十五號』により航空兵科が創設、『勅令第百四十九號』により陸軍航空部は陸軍航空本部に昇格します。

昭和12(1937)年初旬、陸軍省は航空軍備充実6ヶ年計画(一號軍備計畫)を策定、6月1日、航空軍備の拡張・整備のため『軍令陸乙第十號「昭和十二年軍備改變要領」』を発令、昭和13(1938)年6月30日、『勅令第四百六十九號「水戸陸軍飛行學校令」』により水戸陸軍飛行學校(藤田朋少将)が創設され、航空関係の通信(下志津から移管)、火器及び戦技(明野から移管)並びに航空兵科幹部候補生、生徒、下士官学生、下士官候補者の教育を担当します。

昭和14(1939)年12月、ノモンハン事件、支那事変の長期化を受け一號軍備計畫を修正し、二號軍備計畫を策定、航空通信部隊の改編を計画します。
昭和15(1940)年7月31日、『勅令第四百九十九號「陸軍航空通信學校令」』により、8月1日、陸軍航空通信學校(藤田朋中将、水戸)が設立され、通信に従事する少年飛行兵、及び少年飛行兵となる東京陸軍航空學校卒業者からなる生徒、航空関係通信に従事する幹部候補生、及び下士官候補の教育を開始します。
同校の組織は本部、教育部、研究部、教育隊、教導隊、材料廠からなりました。

昭和18(1943)年9月17日、『軍令陸乙第二十五號』により吉田教育隊(水戸)、加古川教育隊(旧高射砲第三聯隊兵営)、尾上教育隊が開隊されます。

昭和19(1944)年4月27日、第一期特別幹部候補生の採用に合わせ長岡教育隊(茨城)、神野教育隊(旧歩兵第百六聯隊兵営)、菊池教育隊(熊本)、新田原教育隊が開隊され、陸軍航空通信學校の教育隊を學生隊に改称、少年飛行兵、及び生徒の教育は全て各教育隊に移管されます。

昭和20(1945)年4月28日、『軍令陸乙第十五號「水戸教導航空通信師團、加古川教導航空通信團臨時編成、陸軍電波兵器練習部編制改正要領」』、『陸密第二二二四號「同細則」』により5月3日、陸軍航空通信學校は廃校され、水戸教導航空通信師團(田中友道中将)に改編、加古川教導航空通信團(渡邉粂一少将)が新設されます。

加古川教育隊は第一教育隊(内藤二三男中佐)、尾上教育隊は第二教育隊(大野南海雄中佐)、神野教育隊は第三教育隊(松下孝少佐)、菊池教育隊は第四教育隊(吉村清中佐)に夫々改編され加古川教導航空通信團隷下に編入、長岡教育隊は陸軍電波兵器練習部(今西六郎中将、立川)に移管され第一教育隊(八木斌中佐)に編入され、教育にあたるなか、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

各隊は逐次復員を開始、8月29日、加古川教導航空通信團は復員完結します。


主要参考文献
『続 陸軍航空の鎮魂』(昭和57年4月 航空碑奉賛会)

『戦史叢書 97 陸軍航空作戦基盤の建設運用』(昭和49年4月 防衛庁防衛研修所戦史部 朝雲新聞社)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる