当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

加古川陸軍射撃場

加古川市上荘(かみそう)町には加古川陸軍射撃場がありました。
加古川陸軍射撃場 B 番宅 北西から(兵庫)
▲民家に転用された番宅と思われる建物

【探索日時】
平成25年2月1日





遺構について※青字は地図にリンクしています
④ 加古川陸軍射撃場
加古川陸軍射撃場は射線2本を備えた大型の射撃場でしたが、加古川陸軍飛行場と同時期の昭和12(1937)年ごろに開設されたと思われるものの、史料が全く無く設立経緯から停戦後の状況など詳細は不明です。
他の陸軍施設同様、『戰争終結ニ伴フ國有財産處理ニ關スル件』(昭和20年8月28日、閣議決定)に基づき内務省を通じ大蔵省に移管、大阪財務局支部の管理下に置かれた後、払い下げられたと思われます。

現在は中央、東側にあった防弾土堤、北端の射垜は全て崩され、射場から中央付近までの南側が昭和24(1949)年1月、両荘中学が発足、中央から北端の射垜までが住宅地、公園になっています。
加古川陸軍射撃場 射撃場東側 南から(兵庫)
▲射撃場南東端付近から北を望む
 道路左側が射撃場

加古川陸軍射撃場(22103 NI-53-20-4)
▲昭和22(1947)年10月の加古川陸軍射撃場跡(国土地理院 NI-53-20-4)

加古川陸軍射撃場
▲現在の地図に施設範囲を転写

以下の遺構は国土変遷アーカイブから推定、現地取材で裏付けを取りました。

B 建物
現在は民家に転用されています。
大きさから射撃場の管理者が宿泊した番宅と思われます。
加古川陸軍射撃場 B 番宅 北西から(兵庫)
▲北西から

加古川陸軍射撃場 B 番宅 南東から(兵庫)
▲東側、南側は一部増築されていますが、ほぼ当時のままの様です。

加古川陸軍射撃場 B 番宅 北東から(兵庫)
▲北東隅には井戸もあります。


C 建物
こちらも現在は民家に転用されています。
大きさから標的や備品を格納していた標的庫と思われます。
加古川陸軍射撃場 C 標的庫 南西から(兵庫)
▲南西から
 南側は改築、東側は増築されていますが、こちらもほぼ当時のままの様です。

加古川陸軍射撃場 C 標的庫 北から(兵庫)
▲北から
 状態は良好です。

各地の射撃場には番宅と標的庫が設置されていましたが、この両方が遺されているのは非常に珍しいと思います。
境界石標がありそうな西側の斜面も入ってみましたが、山林との境界を示す山界標しか無く、おまけに途中から荒れ方が酷いくなってきたので踏査は諦めました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

おおー

加古川に射場があったのですね このたぐいの軍跡は 終戦後 意図的に破壊または消滅させられた訳でなく 管理すべき機関もなくなったので転売もしくは元の持ち主に返還され 宅地や学校になっていったというわけでしょうか…確かに当時では不要な施設だから 新しい用い方のために致し方ないのでしょうが 今の気持ちで言えば あるていど後生に残しておいて欲しかったかもですよね しかし 番屋がまた味のある建て屋ですね … 昔も射場管理に当直がついてたのですか~委託なのか部隊から出してたのでしょうか

Re: おおー

ひろしさん、ご無沙汰しています。
おっしゃる通り射撃場は戦後、住宅地、公共施設、公団になっている物も多いですが、用途は変わっていますが国営地のまま自衛隊官舎、さらに引き続き射撃場として使用されている物もありますね。
一部ですが射撃場の形状が遺っている福知山や百里原は迫力ありますが、使用しなければただの空地ですから管理も大変と思います。
番宅や標的庫は兵営から離れた場所にあった射撃場には付属していた様ですが、殆ど遺っていない様で両方がほぼ完存しているのは珍しいと思います。
演習場の管理は「主管者」と言う当直以外に「雇員」や「庸人」とあるので外部委託もあった様ですが、射撃場は資料が無く不明なんです・・・。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる