当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

聯島防空高角砲台

倉敷市連島町西之浦の箆取(へらとり)山に聯島防空高角砲台がありました。
聯島防空高角砲台 オ 砲側弾薬置場 南から(岡山倉敷)
▲畑の中に遺る砲側弾薬置場

【探索日時】
平成23年3月20日、平成26年4月11日






装備・展開部隊について
『兵器需品目録 倉敷海軍航空隊』(『引渡目録』)によると

手動百十糎探照灯 1基
直流電動発電機   1個

となっており、停戦時には高角砲は他所に移動していた様です。

『呉海軍警備隊戰時日誌 昭和二十年一月』に“(2)應急高角砲台 (略) 倉敷(八八式野戰高射砲 10門)”の記載があり、これが当地に該当すると思われます。

配備時期については『倉敷の戦争遺跡マップ』・『岡山の戦跡』によると“昭和19(1944)年夏”となっていますが、備砲を上記の記述とすると昭和20(1945)年1月以降配備と言う事になりますが、僅か数ヶ月で他所に移動した(6月22日の水島航空機製作所の壊滅を受け?)のでしょうか?

防空砲台の大家ファーザー様も昭和20(1945)年1月以降配備説を有力とされている様です。


遺構について※青字は地図にリンクしています
聯島防空高角砲台 連島砲台(岡山倉敷)
▲聯島防空高角砲台 見取図(一部推定含む)

A 防空砲台
斜面上に指揮所、弾薬庫、一段下がった斜面の同一標高に砲座が並んでいた様です。
現在は全面農地化されており、砲座か畑か判別がつきません。

ア 指揮所 ?
南側の砲座全てが見渡せる位置にあり、4ッの小部屋が連結しており指揮所と思われます。
聯島防空高角砲台 ア 外観(岡山倉敷)
▲指揮所?のある茂み

聯島防空高角砲台 ア 窪地入口から(岡山倉敷)
▲入口から内部を見る
 落ち葉や土砂で埋まっていますが、内部は四叉に分かれています。

聯島防空高角砲台 ア 最北窪地 東から(岡山倉敷)
▲最北の小部屋

聯島防空高角砲台 ア 最西窪地 東から(岡山倉敷)
▲最西の小部屋

聯島防空高角砲台 ア 最南窪地 北から(岡山倉敷)
▲最南の小部屋


イ 弾薬庫 ?
指揮所の背後の斜面を削って造られており、弾薬庫の様です。
聯島防空高角砲台 イ・ウ 外観(岡山倉敷)
▲イ・ウのある斜面

聯島防空高角砲台 イ 入口から内部全景(岡山倉敷)
▲“イ”入口から内部
 内部は自然の岩盤と石垣を使用して部屋が造られています。


ウ 弾薬庫 ?
指揮所の背後の斜面を削って造られており、弾薬庫の様です。
聯島防空高角砲台 ウ 入口から内部南面の巨石(岡山倉敷)
▲写真には写っていませんが、こちらも岩盤と石垣で部屋が造られています。


聯島防空高角砲台 砲座全景 南東から(岡山倉敷)
▲北端の砲座付近から全景

エ コンクリート構造物
④の砲座と思われる箇所の南端にあります。
砲側弾薬置場の一部でしょうか?
聯島防空高角砲台 ④ エのコンクリート構造物(岡山倉敷)


オ 砲側弾薬置場
⑤の砲座西端にあり、当砲台で唯一明確に遺る遺構です。
平成23年に訪ねた際は見付けられず、且つ夕方だった事もあり人もおらず諦めました。
平成26年に再訪した際は農作業に来られていた方に伺い、ようやく見付けることができました。
周辺は砲座に似た削平地が連続しており、見付かりそうで見付からない遺構です。
聯島防空高角砲台 ⑤ 砲座 北東から(岡山倉敷)
▲⑤砲座
 砲側弾薬置場の位置が分かるでしょうか?

聯島防空高角砲台 オ 砲側弾薬置場 南から (3)(岡山倉敷)
▲砲側弾薬置場 近影

聯島防空高角砲台 オ 砲側弾薬置場 内部 (3)(岡山倉敷)
▲当砲座の砲側弾薬置場は箱型に成形と言うより、囲ったコンクリートに平板を乗せた様な造りであり、そう考えると上記の“エ”も砲側弾薬置場の一部の様に思います。

聯島防空高角砲台 ⑤ 砲座から亀島山と航空機製作所跡(岡山倉敷)
▲砲台から見た水島航空機製作所跡(中央の煙突が並ぶ辺り)、
 左側に見える小山は地下工場がある亀島山。
 亀島山上にも防空機銃砲台が設営されていました。


B 兵舎
この辺りの削平地に兵舎があった様です。


C 探照灯座 ?
A砲台周辺で散歩をされていた方によると「C付近にも高射砲があった」との事で、山道(点線)を通って連れて行ってくれたうえ一緒に痕跡を探してくれましたが、削平地はあるもののそれらしい物は何も見付かりませんでした。
聯島防空高角砲台 探照灯のあった削平地?(岡山倉敷)
▲削平地

鉄塔東側の最高地が怪しいのですが、荒れているうえ、案内して頂いた方も待っていてくれている事もあり突入は断念しました。
位置、広さからして高射砲ではなく、探照灯座があったのでは無いでしょうか?
聯島防空高角砲台 探照灯のあった高地(茂みの中?)(岡山倉敷)
▲鉄塔左側に見える茂みが怪しい・・・


主要参考文献
『兵器需品目録 倉敷海軍航空隊』(アジア歴史資料センター C08011140100)

『呉海軍警備隊戰時日誌 昭和二十年一月』(アジア歴史資料センター C08030475300)

『倉敷の戦争遺跡マップ』(平成22年1月 倉敷市)

『岡山の戦跡』(平成21年10月 岡山県教職員組合教育運動センター)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる