当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

蒜山原陸軍演習場 八束陸軍演習廠舎

横溝正史作の傑作推理小説「八つ墓村」の名称の元となった岡山県真庭郡八束(やつか)村、現真庭市上長田に蒜山原陸軍演習場に付属する八束陸軍演習廠舎がありました。
八束陸軍演習廠舎 B 戦車庫 北西から (2)(岡山)
▲民家に遺る戦車庫

【探索日時】
平成26年6月7日、平成29年11月7日





遺構について※青字は地図にリンクしています
八束陸軍演習廠舎
昭和10(1935)年11月27日、蒜山原陸軍演習場が開設された事に伴い、真庭郡八束村(現、真庭市)に八束陸軍演習廠舎が建設されます。
『蒜山原演習廠舎新築工事實施ノ件』(肆第一三八九號)によると昭和11(1936)年8月8日に廠舎建築の許可が下りていますが、蒜山原陸軍演習場には当八束の他に川上陸軍演習廠舎があり、どちらの事を指しているのか(両方か?)不明です。
昭和12(1937)年3月、竣工します。

昭和20(1945)年8月16日、大東亜戦争の停戦に伴い大蔵省に移管後、八束村、入植者に払い下げられ、現在は県立勝山高等学校蒜山校地(八束村立八束中学校、蒜山高校を経て)、老人介護施設、民有地になっています。

八束陸軍演習廠舎(岡山)
▲『蒜山原演習場(部分)』 (大日本帝國陸地測量部 昭和12年測図)

八束陸軍演習廠舎(現在)(岡山)
▲八束陸軍演習廠舎周辺の現況
 明確な境界が不明なため、境界線は引いていません。
※以下のアルファベット、カナ等の遺構配置は上掲地図参照

ア 門柱
学校関係者の方にご教示頂きました。
石をコンクリートで固めた門柱で、西側はほぼ完存、東側は基礎部分しかありません。
ア 正門(岡山)
▲廠舎正門跡 現況

ア 正門西側(岡山)
▲門柱西側
  上部に木が根付いてしまっています

ア 正門東側の基礎(岡山)
▲門柱東側 基礎
  基礎(残骸)だけが遺ります


A 石炭庫
勝山高校蒜山校地のテニスコート横に遺ります。
近所の方によると冬季の寒さが厳しい蒜山ですので、暖房用の石炭庫だそうです。
八束陸軍演習廠舎 A 石炭庫 北西から(岡山)
▲正面側
 80年前の建物にしては綺麗過ぎるような・・・?

八束陸軍演習廠舎 A 石炭庫 北東から(岡山)
▲裏側

八束陸軍演習廠舎 A 石炭庫 南東から(岡山)
▲窓の状態は古い感じがします。

八束陸軍演習廠舎 A 石炭庫 内部(岡山)
▲内部(窓越しに撮ったので、光が反射して曇った様になってしまいました)
 倉庫として使用されている様です。

※学校の許可を得て立ち入っています。


キ 廠舎建設記念碑
道路際にあります。
キ 廠舎建設記念碑 (2)(岡山)
▲正面

キ 廠舎建設記念碑(岡山)
▲裏面
  「昭和十二年三月建之 第十師團長松浦淳六郎 書」と刻字されています。


通用門 ?
上記記念碑の東側、勝山高校蒜山校地のテニスコート入口にあり、『岡山の戦跡』では廠舎の遺構と紹介していますが、この場所は当廠舎の敷地中央付近にあり門を設置する様な場所ではありません。
勝山高校蒜山校地のサイトにも「昭和43年5月2日 創立20周年記念式典挙行、記念事業としてPTA・同窓会により正門および通用門が建設される」との記載がある事から、遺構では無いと考えます。
八束陸軍演習廠舎 ア 通用門 南東から(岡山)
▲よく見るとコンクリートの状態、施工方法が比較的新しい物の様です。


B 戰車庫
民家の敷地内に遺り、離れとして使用されています。
所有者の方によると戦車庫だそうです。
八束陸軍演習廠舎 B 戦車庫 北西から(岡山)
▲正面側
 本来、正面側は開放されていた様ですが、住宅化に伴い塞いだそうです。

八束陸軍演習廠舎 B 戦車庫 南東から(岡山)
▲裏側
 残念ながら状態は良くありません。

八束陸軍演習廠舎 B 戦車庫 東から(岡山)
▲東側
 自転車の置いてある辺りに下記の車両整備用の地下室があったそうです。

※以下は同じ方の敷地内にあり、許可を得て立ち入っています。


イ 車両整備場
元々は車両整備用の地下室(地下ピット)があったそうですが、先代が埋めてしまい、現在は僅かにコンクリートの基礎が覗く程度です。
八束陸軍演習廠舎 イ 修理溝(ピット)跡のコンクリート枠(岡山)
▲コンクリートの基礎
 地面と同化して非常に分かりづらいです・・・


ウ 送水管
西側を流れる上井川から廠舎に水道を引いていた送水管が立てかけられています。
八束陸軍演習廠舎 ウ 給水管(岡山)
▲木と同化して分かり難いですが、3m程の鉄管が3本あります。

八束陸軍演習廠舎 ウ 給水管 (3)(岡山)
▲送水管 近影


エ 貯水槽
1.5m四方のコンクリート製で埋まっています。
八束陸軍演習廠舎 エ 水槽(岡山)


オ コンクリート基礎
建物の基礎の様ですが、1辺しか遺っておらず規模は不明です。
八束陸軍演習廠舎 オ 基礎 南東から(岡山)


カ 貯水槽
上記遺構の所有者の方に御教示頂きました。
内部は3連になっており、東側に槽、南側に階段があります。
カ 貯水槽 北東から(岡山)
▲道路から見た全景

カ 貯水槽 上北から(岡山)
▲上部

カ 貯水槽 階段(岡山)
▲南側の階段
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる