当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

第40回 岩国基地 日米親善デー(MCAS岩国フレンドシップデー) 2016

本日は岩国基地に無許可で入れる唯一の機会である日米親善デーに行って来ました。
地上展示 日米親善デー2016
▲地上展示のV-22オスプレイ(右)とA-10サンダーボルトII(左)






現在、海上自衛隊、米海兵隊、及び民間が共同で使用している岩国基地(岩国空港)は言わずと知れた岩國海軍航空基地の跡地にあります。
当時の遺構としては有蓋掩体壕が有名(これだけが有名)ですが、当時の配置図、国遷アーカイブの空撮、グーグルマップで調べてみるとさらに格納庫5棟(グーグルマップでは他に解体中の3棟が見える)、烹炊所1、用途不明建物1が、隣接する海軍兵學校岩國分校敷地に本部庁舎、遊泳池、用途不明建物1棟が遺っている様です!

数年前から漠然と行って見たいと思っていましたが「掩体壕1基のためにわざわざ」との思いから、なかなか行けていませんでした。
が今年、岩国探索を行くにあたり色々調べると上記の遺構が残っている事が分かり、勇躍して計画に組み込みました。

航空祭は美保にしか行った事が無く、しかも悪天候だったにもかかわらず「恐るべし航空祭」だったので、取り敢えず岩国の観光.comFlyTeamを参考に色々と下調べをして挑みました。

まず大阪から行くので、前日に車で山口県内に移動します。
「駐車場が無い」、「市内は前日から大規模な交通規制」との事なので、宿泊は2つ手前の大竹駅から歩いて15分ほどのさかえ公園の駐車場で車中泊(混雑を予測しましたが、僕以外に誰もおらず)をします。

本日は5:00に起床、朝食のパン、カップラーメンを食べ、公園の公衆便所で洗面を済ませ、6:00、徒歩で出発します。
さすがに大竹駅前の駐車場は満車になっていました。
6:20大竹駅発の臨時列車に乗車、車内は120%程度の混み具合です。
6:30に岩国駅に到着しますが、駅はかなり混雑しており、当初はバス移動を考えましたが、この人数を見て徒歩に切り替え基地に向かう集団とともに歩きます(もちろん帰りの切符を購入)。

駅から基地までは30分程あり、結構しんどいです・・・。
7:00過ぎに基地前に並ぶ列に到着、7:30、ようやく基地門前に進み、手荷物検査(免許書提示と簡単な荷物確認)を終え基地内に入ります。
開門直後の手荷物検査 日米親善デー2016
▲大混雑の手荷物検査場

まずは入ってすぐ左側の駐輪場にある掩体壕を撮影します。
殆どの方が掩体壕前に置いてある零戦二一型の原寸模型を撮影していましたが、価値が有るのはこの模型より背後の掩体壕なのですが・・・価値というのは人それぞれなので。

納得行く写真が撮れたので、会場に向かう群れに加わりひたすら歩きます。
そろそろ海軍時代の格納庫が見えてくるはずなのですが・・・?
先に目に入った海軍兵學校岩國分校の本部庁舎を裏側から、次いで表側(進入可能範囲からの撮影なので、斜め横からの撮影しかできませんが、正面・背後とも植栽が繁茂しており、近くでは見通せない)を撮影、空撮を見直してみると、あの建物がコレ、現在地がこの場所、となるとこの場所に烹炊所、ここに格のう・・・・こ・・・・?!
全部無くなっとるーーーーー\(^o^)/オワタ
格納庫5棟、建物2棟は米軍住宅建設のため全て破壊されてしまっています。
何気にこのダメージは大き過ぎ・・・士気が半減しました。
これを撮影しに大阪から来たのに・・・。工事の状態からして破壊されたのは最近の様なので、去年来たら良かったと大後悔です。
ぬかった・・・OTL

せっかく来たので航空祭を堪能します。
まずは手前側の駐機場に並んでいる米海兵隊第3海兵遠征軍の
F/A-18C/D ホーネット
FA-18CD ホーネット 日米親善デー2016

F/A-18E/F スーパーホーネット
FA-18EF スーパーホーネット 日米親善デー2016

FA-18EF スーパーホーネット (2) 日米親善デー2016

FA-18EF スーパーホーネット (3) 日米親善デー2016

E-3 セントリー
E-3 セントリー 日米親善デー2016

C-130J スーパーハーキュリーズ
C-130J スーパーハーキュリーズ 日米親善デー2016

KC-135 ストラトタンカー
KC-135 ストラトタンカー 日米親善デー2016

続いて奥の駐機場に並んでいる在韓アメリカ軍の
F-16 ファイティング・ファルコン
F-16 ファイティング・ファルコン 日米親善デー2016

A-10 サンダーボルトII
A-10 サンダーボルトII (3) 日米親善デー2016

米海兵隊第3海兵遠征軍の
V-22 オスプレイ
V-22 オスプレイ 日米親善デー2016

AV-8 ハリアー II
AV-8 ハリアー II 日米親善デー2016

海上自衛隊の
MH-53E 掃海・輸送ヘリコプター(手前)
MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター(奥)
MH-53E(手前) MCH-101(奥) 日米親善デー2016

US-2 救難飛行艇
US-2 救難飛行艇 日米親善デー2016

P-3C 哨戒機
P-3C 哨戒機 日米親善デー2016

EP-3 電子戦データ収集機
EP-3 電子戦データ収集機 日米親善デー2016

を見学します。
現用機は門外漢なので、名称は間違っているかも知れません(^_^;)

続いて展示飛行を見学します。
展示飛行会場は基地東端の滑走路になり、東側から滑走路、有料観覧席。一般席(駐機場に適当に)と並んでいます。
有料観覧席はひな壇状になっているため、その後ろにある一般席からは着陸・離陸・地上展示は殆ど見えません。

ウィスキーパパによる空中お絵かき
ウィスキーパパ 空中お絵かき (2) 日米親善デー2016

ウィスキーパパ 空中お絵かき 日米親善デー2016
▲第40回にちなみ「40」の文字

空挺降下:空から国旗の登場と国歌斉唱
空挺降下:国旗登場と国歌斉唱 日米親善デー2016
▲両国の国旗が空から現れ、米国、我国の順で国歌が放送されます。

アメリカ海兵隊 AV-8Bハリアーの飛行展示
AV-8Bハリアー 飛行展示 日米親善デー2016

AV-8Bハリアー 飛行展示 (2) 日米親善デー2016

室屋義秀氏とフェラーリのスピード対決・・・全く見えず
室屋義秀氏とフェラーリ スピード対決 日米親善デー2016

アメリカ太平洋空軍 F-16 飛行展示
F-16 飛行展示 日米親善デー2016

F-16 飛行展示 (2) 日米親善デー2016

アメリカ陸軍 「ゴールデンナイツ」のパラシュート降下
ゴールデンナイツ パラシュート降下 日米親善デー2016

アメリカ海兵隊 MV-22オスプレイ 飛行展示
MV-22オスプレイ 飛行展示 日米親善デー2016

MV-22オスプレイ 飛行展示 (2) 日米親善デー2016

12:30~13:00 休憩

ペンバートン・アエロスポーツのムササビ型スーツのスカイジャンプ
ペンバートン・アエロスポーツ ムササビ型スーツのスカイジャンプ 日米親善デー2016

ウィスキーパパの曲技飛行
ウィスキーパパ 曲技飛行 日米親善デー2016

アメリカ海兵隊 AV-8Bハリアー 飛行展示

室屋義秀氏の曲技飛行
室屋義秀氏 曲技飛行 日米親善デー2016

アメリカ太平洋空軍 F-16 飛行展示

アメリカ海兵隊 MV-22オスプレイ 飛行展示

アメリカ陸軍『ゴールデンナイツ』のパラシュート降下

アメリカ海兵隊MAGTF空地任務部隊の飛行展示
(FA-18CD ホーネット・C-130J スーパーハーキュリーズ)
近接航空支援、空中給油のシミュレーション飛行・・・地上展示は殆ど見えず
C-130J スーパーハーキュリーズ 空中給油 日米親善デー2016
▲C-130J スーパーハーキュリーズ

C-130J スーパーハーキュリーズ 空中給油 (2) 日米親善デー2016
▲C-130JからFA-18CDに空中給油

FA-18CD ホーネット 展示飛行 日米親善デー2016
▲FA-18CD ホーネット

でした。
残念ながら当初予定されていた航空自衛隊のブルーインパルス飛行展示は熊本地震発災に伴い早々に中止が発表されていました。
それにしてもブルーインパルスは何度か見る機会がありましたが、ことごとく見る事ができず巡り合わせが悪いです。

15:30に全ての時程が終了、会場を後にします。
行きと同様に歩いて駅に向かいますが、公園から大竹駅+岩国駅から基地の徒歩+基地内移動+会場での移動&立っての観覧+基地内移動+岩国駅までと行軍の連続は流石に疲れました。
岩国駅は当然ですが大混雑、電車も300%程の通勤ラッシュ並のギュウギュウです。
何とか無事に公園にたどり着き、大竹インターから山陽道に乗り、22:30、無事に帰宅しました。

70年前に我軍と米軍が死闘を繰り広げた岩国で、現在は同盟国として両国の友好親善が図られているのは実に感慨深いものがあります。
現在、我が国土は韓国・ロシアに侵略され、また中国には侵略されそうになり、また北朝鮮の様なおかしな国、いわば敵国に周囲を囲まれている様な状況です。
我が国の安全保障のため日米同盟の深化は当然ですが、我が国も米国頼みの安全保障ではなく、自国は自国で護る事を前提に速やかに憲法を改正、軍事力の強化を図り時前の抑止力を確立する段階に達していると強く感じた一日でした。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる