当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

第十一師團司令部

陸上自衛隊・第14旅団司令部が所在する善通寺駐屯地は第十一師團司令部の跡地にあります。
師團司令部では後に第四十師團司令部第五十五師團司令部第百五十五師團司令部第三百四十四師團司令部が編成されます。
第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 北西から(善通寺)
▲善通寺駐屯地内に遺る第十一師團司令部庁舎

【探索日時】
平成20年1月2日、4月19日、平成24年4月20~22日





第十一師團関連諸施設配置
第十一師團 大正期(善通寺)
▲『最新善通寺市街圖』(大正末年頃)

第十一師團 大正11年11月『善通寺全景』 空撮(善通寺)
▲『善通寺全景』(大正11年11月空撮)

第十一師團 善通寺 昭和16頃(善通寺)
▲現在の地図に転写
※緑文字が当記事の紹介施設
① 第十一師團司令部
② 歩兵第十旅團司令部
③ 旧善通寺聯隊區司令部
④ 第十一師團経理部 被服庫

⑤ 第十一師團兵器部
⑥ 第十一師團 善通寺倉庫
⑦ 第十一師團 善通寺倉庫
⑧ 山砲兵第十一聯隊
⑨ 砲兵 露天馬場
⑩ 工兵第十一聯隊
⑪ 善通寺工兵作業場
⑫ 第十一師團経理部 糧秣倉庫
⑬ 騎兵第十一聯隊
⑭ 輜重兵第十一聯隊
⑮ 善通寺偕行社
⑯ 第十一師團長官舎
⑰ 善通寺陸軍練兵場
⑱ 第十一師團兵器部 火薬庫
⑲ 吉原陸軍射撃場
⑳ 善通寺陸軍病院
㉑ 善通寺陸軍病院 臨時第一分院
㉒ 善通寺憲兵隊
㉓ 善通寺憲兵分隊
㉔ 善通寺陸軍墓地
㉕ 善通寺歩兵作業場
㉖ 乃木神社
㉗ 香川縣護國神社
※名称は昭和12(1937)年頃


遺構について ※青字は地図にリンクしています
① 第十一師團司令部
明治29(1896)年2月17日、新設師團設置の候補地視察、及び協議のため参謀本部第一局々員・石黒久之助大尉以下3名が第五師團司令部(広島)及び同師管に派遣されます。
3月14日、陸軍省は『陸軍平時編制』を改定(勅令第二十四號)し、第七から第十三師團の編成を決定します。

5月14日、新設師團用地は香川県香川郡太田村(現、高松市)、仲多度郡琴平町、同善通寺村の候補地から、師團隷下部隊を収容できる広大な土地があり、地下水が豊富で、且つ既存・新設歩兵聯隊(丸亀・松山・高知)、及び資材運搬の運輸交通の便が良い善通寺村(吉田村、麻野村、吉原村、筆岡村に関連施設)に決定します。

25日、臨時陸軍建築部廣島支部は地権者との用地買収交渉及び測量を開始、6月9日、歩兵営の一部、砲兵営、騎兵営の一部、衛戍病院用地29町9反の地権者57名と買収承諾書(56,892円)が調印され、第一期工事分の建物の建設が開始されます。
建物建設と並行して残りの用地買収(5ヶ村合計、108町8反5畝25歩)、建設が進められ、竣工した兵営、施設に逐次部隊が移駐してきます。

明治30(1897)年7月5日、丸龜衛戍病院が開院、10日、騎兵第十一聯隊が広島、8月1日、歩兵第四十三聯隊が丸亀、10月6日、野戰砲兵第十一聯隊が広島から移駐、明治31(1898)年、第二期工事が開始され、8月27日、輜重兵第十一大隊、9月30日、工兵第十一大隊、12月1日、第十一師團司令部、同監督部が広島から、明治32(1899)年1月24日、善通寺陸軍練兵場が開場、2月1日、第十一憲兵隊が村内から、11月28日、丸龜陸軍兵器支廠、明治33(1900)年4月1日、善通寺衛戍監獄が開庁、6月5日、吉原陸軍射撃場が開場します。

第十一師團司令部では、明治37(1904)年5月21日から明治39(1906)年1月12日、明治三十七八年戰役(日露戦争)、明治42(1909)年9月5日から明治44(1911)年5月11日、滿洲駐箚、大正9(1920)年9月26日から大正11(1922)年6月12日、シベリア出兵、昭和7(1932)年2月27日から昭和8(1933)年3月29日、第一次上海事變、昭和12(1937)年8月20日から昭和13(1938)年3月27日、第二次上海事變、10月6日からの滿洲駐箚において留守第十一師團司令部が動員されます。
昭和14(1939)年8月7日、留守第十一師團司令部において第四十師團司令部が編成され中支に出征、昭和15(1940)年8月1日、留守第十一師團司令部は新設された西部軍司令部(上村清太郎中将、小倉)隷下に編入、10日、留守第十一師團司令部は第五十五師團司令部に改編されます。

昭和16(1941)年11月13日、第五十五師團司令部は泰国に出征、留守第五十五師團司令部が動員され、昭和20(1945)年2月1日、西部軍司令部の復帰に伴い中部軍司令部(川邊正三中将、大阪)に隷属転移、4月1日、留守第五十五師團司令部は善通寺師管區司令部に改編され、4月2日、第百五十五師團、5月22日、第三百四十四師團両司令部を編成、6月20日、善通寺師管區司令部は四國軍管區司令部に改編(中部軍は復帰)され、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

10月21日、米第6軍第24歩兵師団(ウッドルフ少将、12,000名)が三津浜港に入港、22日、将兵の上陸、26日、物資の揚陸が完了、愛媛県立図書館を接収し司令部を開設します。
10月27日、同師団情報視察団のE・N・コスキ大尉以下7名が善通寺に、オスターマン少佐以下15名が高松に先遣され軍需品の集積状況、宿舎等を視察(視察団は11月5日、撤収)、11月1・2日、師団の一部(ストーバル少佐、1,200名)が善通寺に進駐し旧砲兵営に入り、4日から丸亀、観音寺、詫間、高松、豊浜、坂出、土庄の軍事施設に分駐し、兵器、弾薬、糧食、被服等の接収を開始します。

12月8日、米軍は少数を残置し高知に移駐、同師団対戦車隊が新たに進駐(昭和22年12月24日、接収解除され善通寺町に払下げ)してきます。
昭和21(1946)年7月23日、旧師團司令部の接収が解除され大蔵省に移管、庁舎に善通寺簡易保険局が、旧聯隊區司令部庁舎に復員連絡局善通寺支部(昭和22年3月、全域を保健局使用)が入ります。
12月末、英第5旅団が旧騎兵営に進駐(昭和23年4月、接収解除され大蔵省に移管)して来ます。

昭和25(1950)年8月10日、警察予備隊が発足、善通寺町の誘致により、9月6日、善通寺駐屯地の設置が決定、16日、旧砲兵営に善通寺訓練所先発隊16名に続き、20日、本隊1,000名、12月5~8日、本隊3,600名が到着、善通寺駐屯地が発足します。
昭和27(1952)年10月15日、警察予備隊は保安隊に、昭和29(1954)年7月1日、保安隊は自衛隊に改編されます。
昭和36(1961)年1月、旧師團司令部敷地は大蔵省より防衛庁に移管され、8月、第2教育団本部が大久保駐屯地から善通寺に移駐、昭和56(1981)年3月25日、第2教育団は第2混成団へ改編、平成18(2006)年3月27日、第2混成団の廃止に伴い、第14音楽隊が使用し現在に至ります。
第十一師團司令部 善通寺 現在 遺構①(善通寺)
▲遺構の配置

A 師團司令部庁舎 ※建物名称は『善通寺軍用水道』(昭和14年4月製図)に依拠しています。
陸上自衛隊・善通寺駐屯地に遺ります。
明治31(1898)年4月1日に着工、11月30日に竣工します(某ネット百科事典は竣工日を“10月1日”としていますが、誤りです)。

現在は第十一師團初代師團長・乃木希典中将(当時)に因み「乃木館」と命名され1階は第14音楽隊が使用、2階は駐屯地史料館として一般公開されています。
見学に関するお問い合わせは善通寺駐屯地広報班まで。
第十一師團司令部 A 師團司令部 庁舎 北から (3)(善通寺)
▲所定の手続きを終え進むとヒバの並木の奥に庁舎が見えてきます。
 因みにこの両側のヒバも当時からの植栽です。

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 北から(善通寺)
▲庁舎全景(北から)
 下掲の写真を見ると屋根にあった円形の明り取りが失われている様です。

第十一師團司令部 師團司令部庁舎(善通寺)
▲竣工時の庁舎
 竣工当時は車寄せが無かった様です。

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 北東から(善通寺)
▲ネット上では余り見ない角度(北東)から

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 北西から (2)(善通寺)
▲車寄せ近影

第十一師團司令部 A 師團司令部 庁舎 北西から(善通寺)
▲平成20年に訪ねた際は菊の御紋があった位置に第2混成団章が掲げられて
いましたが、平成24年に再訪すると星章になっていました。
  もう一歩進んで是非菊の御紋を復元して欲しいところです。

第十一師團司令部 A 第十一師團司令部 庁舎 南西から (5)(善通寺)
▲裏側(南西から)

第十一師團司令部 車寄せ(善通寺)
▲玄関車寄せから正面の植栽

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 玄関(善通寺)
▲玄関石敷き

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 床下ガラリ(善通寺)
▲お約束の星章を象った床下ガラリ

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 北西から (3)(善通寺)
▲庁舎2階の四隅には手摺状の装飾があります。
 全体的に壁面が劣化してしまっていますが補修予算が無いそうです。
 玄関に募金箱でも置いといてくれたら入れるのですが・・・

第十一師團司令部 A 師團司令部庁舎 棗の木(善通寺)
▲庁舎前にある“水師営のナツメの木”
 この単語を聞けば読者の方なら頭の中に名曲『水師營の會見』が流れていると思います。
 大正11年3月、善通寺市在住の高畑氏が旅順防備隊勤務から帰国の際に水師営より
 苗を持ち帰り自宅に植樹した物を昭和44年3月、自衛隊に寄贈した物です。
 
師團司令部庁舎の内部に入ります。
第十一師團司令部 中央階段(善通寺)
▲正面に重厚な大階段が現れます。

第十一師團司令部 階段踊り場(善通寺)
▲階段の装飾

第十一師團司令部 1階廊下(善通寺)
▲1階の廊下

第十一師團司令部 1階柱飾り(善通寺)
▲柱にも微細な装飾が施され格調を高めます。

第十一師團司令部 2階廊下(善通寺)
▲2階廊下も当時の状態が保たれています。

第十一師團司令部 副官部・書記室 2階の部屋(善通寺)
▲副官部・書記室
歴代師團長の写真と偉勲が解説されています。

第十一師團司令部 2階師團長室(善通寺)
▲2階左奥にある師團長室(執務机も当時の物です)
 一種のオーラの様なものを感じます!

第十一師團司令部 2階師團長室 椅子(善通寺)
▲奥が初代・乃木中将から第5代・土屋光春中将(旅順要塞攻略時の師團長)
 手前が第6代・伊地知幸介中将から第25代・大野廣一中将(最後の師團長)が
 使用した椅子。
 ただ、大野中将は師團とともに滿洲から本土決戦に備え高知に移動しているので、
 実際に最後に使用したのは善通寺師管區司令官・山岡重厚予中将か?

第十一師團司令部 2階師團長室 天井の菊の文様(乃木大将の指示)(善通寺)
▲師團長室天井四隅にある菊花の紋様
 「常に皇室の下に」を心情とする乃木中将の指示で造形されたそうです。


B 會議室
善通寺駐屯地内に遺り、師團司令部南側に位置します。
現在は師團司令部庁舎とともに第14音楽隊が使用しています。
第十一師團司令部 B 会議室 北東から(善通寺)
▲全景

第十一師團司令部 会議室の記念写真(昭和12年8月 上海事変前)(善通寺)
▲昭和12(1937)年8月、上海事變出征直前に、会議室前で撮影された第十一師團幹部
 最前列中央の正帽に髭の方が第20代師團長・山室宗武中将

第十一師團司令部 B 会議室 北から(善通寺)
▲保存状態は完璧です。

第十一師團司令部 B 会議室 南東から(善通寺)
▲裏側

第十一師團司令部 B 会議室 西から(善通寺)
▲側面から

第十一師團司令部 B 会議室 内部(善通寺)
▲側面の廊下から見た建物内部


C 物置
善通寺駐屯地内に遺り、師團司令部の後ろ側に位置します。
外壁は波板が貼られていますが、剥がせば当時の下見板が出てきます。
第十一師團司令部 C 北西から(善通寺)
▲小さいながらも内部はきっちりと洋小屋組で組まれています。
 現在も物置として使用されています。


ア 門柱
乃木館(師團司令部庁舎)の入口として使用されています。
第十一師團司令部 第十一師團司令部庁舎(善通寺)
▲第十一師團司令部時代の門柱

第十一師團司令部 ア 門柱(善通寺)
▲現在の門柱
 上掲写真の位置からすると中央の門柱は撤去され、右端の正門・
 左端の袖門の門柱が遺され、門の幅が左側に拡張されている様です。
 そのため正門(右側)の土留(三角の石積み)は当時のままの様ですが
 左側は造り替えられている様です。
 
第十一師團司令部 ア 門柱 (2)(善通寺)
▲門柱は塗装が吹きつけられていますが、近くで見ると僅かに煉瓦の痕跡が遺ります。
 

イ 歩哨舎
第十一師團司令部 イ 歩哨舎(善通寺)
▲位置的に門の中にある事(通常は門の外側)から、移設されたか
 別の場所から持って来た様です。


あ 旧陸軍第十一師團司令部之跡
乃木館正門前にあります。
揮毫は最後の師團長・大野廣一中将です。
大野中将は師團史数点を遺されており、下記の師團略歴を執筆するにあたり大変参考にさせて頂きました。
第十一師團司令部 あ 旧陸軍第十一師團司令部之跡 碑(善通寺)


② 歩兵第二十二旅團司令部 (のち歩兵第十旅團、第十歩兵團司令部)
明治29(1896)年3月14日、陸軍省は『陸軍平時編制』を改定(勅令第二十四號)し、第七から第十二師團の編成を決定します。
5月14日、新設師團用地が香川県仲多度郡善通寺村に決定、25日、用地買収交渉及び測量を開始、6月9日、各建物の建設が始まります。
明治30(1897)年10月25日、丸龜偕行社内に歩兵第二十二旅團司令部(小嶋政利少将)が、明治31(1898)年10月1日、師團司令部構内に第十一師團監督部(野崎眞智二等監督官)が設置されます。

明治35(1902)年1月29日、勅令第十八號『師團経理部條例』が公布され、1月30日、第十一師團監督部は廃止され、新たに第十一師團経理部が新設され司令部庁舎内に移転、明治36(1903)年10月23日、歩兵第二十二旅團司令部は司令部構内の第十一師團監督部跡に移転します。

旅團司令部は師團司令部とともに明治37(1904)年5月21日から明治39(1906)年1月12日、明治三十七八年戰役(日露戦争)、明治42(1909)年9月5日から明治44(1911)年5月11日、滿洲駐箚、大正9(1920)年9月26日から大正11(1922)年6月12日、シベリア出兵に出征、その間留守旅團司令部が編成されます。
大正14(1925)年5月3日、歩兵第二十二旅團司令部(青山寛少将)は徳島に移転、徳島から第十旅團司令部(吉岡顕作少将)が善通寺に移転して来ます。

その後、第十一師團の出征に伴い留守旅團司令部は編成され無かった様で、

昭和14(1939)年8月7日、第四十歩兵團司令部は留守第十一師團司令部において(旅團長・石本貞直少将は留守第十一師團附から)編成、昭和15(1940)年8月10日、留守第十一師團司令部において第五十五歩兵團司令部が編成され、昭和16(1941)年10月4日、第五十五歩兵團司令部は南海支隊として11月22~24日、グアム島攻略に出征しますが、留守歩兵團司令部は編成されなかった様で、庁舎は師團司令部に移管され、昭和20(1945)年8月16日、停戦を迎えました。

11月1・2日、米軍が善通寺に進駐、陸軍施設は接収されます。
昭和36(1961)年1月、旧師團司令部敷地は郵政省より防衛庁に移管されますが、旧旅團司令部一帯は切り離され師團経理部被服庫とともに警察庁に移管(時期不明)され、現在は四国管区警察学校になり我が国の平和を守る人材の育成を行っています。
遺構は何も遺されていない様です。


③ 善通寺聯隊區司令部
明治36(1903)年10月23日、丸龜聯隊區司令部が丸亀城内から仲多度郡善通寺町の第十一師團司令部構内に移転して来ます。
明治40(1907)年9月17日、軍令陸第三號『陸軍管區表』改定に伴い善通寺聯隊區が発足、10月1日、師團司令部構内に善通寺聯隊區司令部(木村捨馬中佐)が開庁、12月1日、丸龜聯隊區司令部は丸亀に移転します。
大正14(1925)年4月6日、軍令陸第二號『陸軍管區表』改定に伴い善通寺聯隊區は丸龜聯隊區に移管され、4月25日、善通寺聯隊區司令部は復帰します。
庁舎は師團司令部に移管され、昭和20(1945)年8月16日、停戦を迎えました。
以降の経緯は①第十一師團司令部と同様ですが、遺構は何も遺されていない様です


④ 第十一師團経理部 被服庫 (のち第五十五師團、善通寺師管區、四國軍管區 被服庫)
明治37(1904)年2月10日、明治三十七八年戰役(日露戦争)が勃発、4月19日、第十一師團に動員下令、5月1日、動員完結、21日、詫間港より出征します。
第十一師團の出征に伴い善通寺陸軍病院は善通寺豫備病院に改称、6月20日、前線からの還送患者の受け入れを開始、患者数増加により、8月2日、師團司令部構内に善通寺豫備病院 第一分院が建設・開院します。
明治38(1905)9月5日、日露間に講和条約が締結され戦役は終結、明治39(1906)1月22日、第一分院は閉鎖、跡地は師團被服庫に転用され、昭和20(1945)年8月16日の大東亜戦争停戦まで使用されます。

11月1・2日、米軍が善通寺に進駐、陸軍施設は接収されます。

昭和21(1946)年5月10日、被服庫の接収が解除され、逓信省講習所が設置(昭和24年6月1日、逓信省廃止に伴い四国郵政研究所)され、後に隣接する旅團司令部とともに警察庁に移管(時期不明)され、現在は四国管区警察学校になっています。
遺構は何も遺されていない様です


衛戍・編成部隊
第十一師團(錦二四九一/司令部:二四一〇、滿洲第四百五十五部隊)
明治28(1895)年4月17日、日清間に講和条約が締結され、明治二十七八年戰役(日清戦争)が終結します。
講和条約により我が国は清国より遼東半島の領有を認められますが、5月14日、ロシア、フランス、ドイツの干渉(三国干渉)により領有を放棄せざるを得ませんでした。
当時、ヨーロッパ列強諸国による植民地獲得競争は極東にも及び、我が国はこれらの外圧を排除し、自国の安全保障のため軍備増強を決定します。
明治29(1896)年3月14日、陸軍省は『陸軍平時編制』を改定(勅令第二十四號)し、第七から第十二師團の編成を決定します。

明治31(1898)年10月1日、第十一師團の幕僚が発令され歩兵第四十三聯隊将校集会所に仮事務所を設置、編成を担当した第五師團司令部(奥保鞏中将)より事務を継承し第十一師團司令部が発足、3日、初代師團長・乃木希典中将が着任、12月1日、司令部庁舎において開庁式が挙行されします。

師團隷下部隊
歩兵第二十二旅團司令部(丸亀)
 歩兵第十二聯隊(丸亀)
 歩兵第四十三聯隊(善通寺)
歩兵第十旅團司令部(松山)
 歩兵第二十二聯隊(松山)
 歩兵第四十四聯隊(高知)
騎兵第十一聯隊(善通寺)
野戰砲兵第十一聯隊(善通寺)
工兵第十一大隊(善通寺)
輜重兵第十一大隊(善通寺)
乃木大将
▲初代師團長・乃木希典中将(明治31年10月1日~明治34年5月22日)
  卓越した人格者・教育者で後に第三軍司令官として大きな犠牲を払いながらも
  短期間で旅順要塞を攻略した名将。
  大正元年9月13日、明治帝の大喪の礼に際し妻とともに殉死。

明治33(1900)年6月21日、清國において北清事變が勃発、歩兵第十二聯隊第三大隊(杉清少佐)を清國臨時派遣隊(福島安正少将、歩十一第二大隊・歩第十二第三大隊・野戰砲五第二大隊・騎五第二中隊・工五第一中隊・臨時輜重隊)に抽出 、23日~7月2日、塘沽に上陸し公使領事、一般居留民の保護にあたります。

明治37(1904)年2月10日、明治三十七八年戰役(日露戦争)が勃発、4月19日、師團(土屋光春中将)に動員下令、5月1日、動員完結(4月22日、留守第十一師團編成完結(波多野毅中将))、21日、詫間港より丹波丸に乗船し、24日、清國盛京省張家屯に上陸、6月6日、第十一師團は第一師團(松本務本中将、東京)とともに第三軍(乃木希典大将)戦闘序列に編入され、第一師團南方の南泡子崖に師團司令部を設置します。
25日、軍は師團に旅順要塞(松樹山、二龍山、東鶏冠山北の3永久堡塁)の敵前進陣地・剣山-老左山攻略を下令、26日、歩四十三が歪頭山、剣山を攻略、27日、歩十二が大白山、28日、大鉄匠山を攻略します。
7月2日、露軍は砲兵の支援射撃のもと逆襲を開始、歩十二が守備していた大白山、老左山が奪還されてしまいますが剣山は歩二十二、歩四十三が野戰砲十一の援護を受け堅守し撃退します。
26日、師團は右翼に歩二十二、歩四十四、左翼に歩十二、歩四十三第三大隊、予備隊として歩四十三、歩四十四第三大隊を配置し、野戰砲十一の支援射撃のもと攻撃を開始、老左山、次いで激戦ののち28日、大白山を攻略、8月8日、我軍の配置を見渡せる大狐山、9日、小狐山を攻略します。
8月7日、騎十一は第二中隊を残置し第二軍の指揮下に編入され、19日、騎兵第一旅團(秋山好古少将)に配属、27日、大王鐵屯の露軍を撃破、遼陽會戰、沙河會戰において斥候を実施します。

8月17日、師團は旅順要塞(東鶏冠山北堡塁)攻撃を右翼隊(山中少将、歩十二、歩二十二、騎十一半個小隊、機關砲第五・第六・第八小隊、工十一第一中隊第三小隊・第二・第三中隊)、左翼隊(神尾少将、歩四十三、騎十一半個小隊、野戰砲兵十一第一中隊、機關砲第五小隊第十分隊、工十一第一中隊第二小隊)、砲兵隊(足立愛蔵大佐、聯隊主力)、豫備隊(歩二十二第三大隊、騎十一第二中隊主力、工十一第一中隊第一小隊)として部署、19日、攻城砲兵司令部(豐島陽蔵少将)の準備射撃に続いて、20日、砲兵隊が射撃を開始、21日、東鶏冠山北堡塁に歩四十四第二大隊が突撃し、一時東鶏冠山第二堡塁を攻略しますが、露軍の逆襲により堡塁を奪還され大損害を受けてしまいます。
次いで歩二十二第三大隊が東側から突撃しますが鉄条網に阻まれ前進は遅滞、さらに歩十二第二大隊が歩四十四の突撃路を通り突撃するも敵の機関銃掃射を受け攻撃は遅滞、22日、軍命令により師團は東鶏冠山の攻撃を中断し、23日、望台砲台に攻撃を変更、歩四十四、歩二十二に続き、24日、歩十二が突撃するも露軍の防御は堅牢でまたも損害が増加、さらに弾薬の欠乏により軍命令により攻撃は中止されます(歩四十三は他の攻撃が進展しなかったため、殆ど戦闘には参加せず)。

9月2日、師團は敵の銃砲火を避けるべく交通塹壕掘削を開始、10月26日、本土から輸送された二十八糎榴弾砲の支援を受け、第一師團は松樹山堡塁前方散兵壕、第九師團(大島久直中将、金沢)は盤龍山東堡塁を攻略、続いて夫々松樹山、二龍山永久堡塁を攻撃、10月30日、第十一師團は東鶏冠山北堡塁への攻撃を再開しますが露軍の銃火は凄まじく損害が増加、11月1日、砲兵隊の支援射撃のもと歩二十二第二大隊が北堡塁に突撃、工兵小隊爆破隊の爆破により防壁内に突入しますが敵の逆襲を受け第五・第八中隊が玉砕、攻撃は中止されます。

軍は各師團の目標に対する交通塹壕をさらに強化、11月23日、東鶏冠山砲台中腹の交通壕設定が進展したため、土屋中将は総攻撃に先立ち歩十二(突撃隊:第三大隊、右翼射撃隊:第二大隊、中央射撃隊:第一大隊、左翼射撃隊:歩四十三第三大隊)に夜襲を下命、第三大隊は23・24日と連日敵散兵壕に突撃しますが、敵の激烈な銃撃を受け損害が増加、攻撃は中止されます。

26日、二十八糎榴弾砲の支援のもと、師團は北側から東鶏冠山北堡塁攻撃を開始、またも露軍の激烈な反撃により甚大な損害を受け、師團長・土屋中将も頭部に重傷をおい後送(12月1日、鮫島重雄中将着任)、第一・第九師團の突撃も頓挫し攻撃は一時中止されます。
同日、第三軍は戦局を打開すべく歩十二第一大隊(児玉象一郎少佐以下332名)を含む特別豫備隊(歩兵第二旅團長・中村覚少将)を特別支隊(白襷隊、3,083名)に改編し、松樹山第四砲台を奇襲しますが、地雷源、及び敵の照射射撃により大損害を受け、27日、遂に攻撃は中止されます。
27日、軍は大本營の意見を入れ第一師團、22日に戦場に到着した第七師團(大迫尚敏中将、旭川)に二百三高地攻略を下命、12月5日、第一、第七師團により二百三高地が攻略され、18日、高地攻略の牽制にあたりつつ坑道掘削を行っていた師團は東鶏冠山北堡塁への攻撃を開始、1415、工十一は坑道に装填した爆薬を爆破し正面胸墻、備砲を爆砕し第一突撃隊の歩二十二第三大隊、次いで歩四十四第五・第九・第十中隊が突撃しますが敵の銃砲火に損害が増加、1700、次いで後備歩三十八第二・第七・第八中隊が突撃、1730、師團長・鮫島中将自ら壕内に前進し督戦、2220、歩二十二が第二胸墻部に達し、2350、師團主力が突撃し、遂に堡塁を攻略、29日、第九師團が二龍山堡塁、31日、第一師團が松樹山堡塁を攻略、明治38(1905)年1月1日、旅順要塞司令官ステッセル中将が我軍に降伏を申し入れ、旅順要塞は陥落、13日、旅順入城式が挙行されます。
3度に及ぶ旅順要塞攻撃による師團の損害は4,072名散華、師團長・土屋中将以下10,259名負傷でした。

12日、師團は新編された鴨緑江軍(川村景明大将)戦闘序列に編入され、1月20日、第三軍の進路偽装のため旅順から北上を開始、降雪に苦闘しながら、2月7~15日、鳳凰城に集結、21日、賽馬集に到着(騎十一復帰)、22日、滿洲軍(大山巌大将)の奉天攻撃の陽動作戦である清河城攻略戦に参加、24日、歩十二、歩四十四が鉢巻山、次いで清河城を攻略、露軍は鴨緑江軍を過大評価し兵力を移動させます。
26日、師團は馬郡鄲に進撃し優勢な露軍と交戦、歩四十四、歩二十二は大損害を受けますが、3月8日、露軍が撤退を始めたため、師團は撫順に追撃、奉天方面の露軍も相次いで退却、3月10日、滿洲軍により奉天城が攻略され、9月5日、講和条約が締結され戦役は終結します。
16日、両国軍は休戦に入り、明治39(1906)1月6日、師團は奉天を出発、8日、復員下令、奉天駅より大連駅に列車で移動、9日、若狭丸に乗船し、12日、多度津港に上陸、郷土の歓迎を受け善通寺に凱旋、17日、復員完結します。

明治40(1907)年9月18日、軍令陸第四百號『陸軍常備團隊配備表』改定により、10月1日、歩兵二十二聯隊が第十一師團から第五師團に、歩兵第六十二聯隊が第十六師團から第十一師團に隷属転移します。
10月9日、軍令陸乙第三號『陸軍平時編制』改正に伴い野戰砲兵第十一聯隊は野砲兵第十一聯隊と改称します。
師團隷下部隊
歩兵第十旅團司令部(徳島)
 歩兵第十二聯隊(丸亀)
 歩兵第六十二聯隊(徳島)
歩兵第二十二旅團司令部(善通寺)
 歩兵第四十三聯隊(善通寺)
 歩兵第四十四聯隊(高知)
騎兵第十一聯隊(善通寺)
野砲兵第十一聯隊(善通寺)
工兵第十一大隊(善通寺)
輜重兵第十一大隊(善通寺)

明治42(1909)年4月20日、陸軍次官より第十一師團に滿洲駐箚が内命、8月9日、陸相より滿洲駐箚が下命、8月15日、先発隊(大川盛行少佐以下105名)が多度津港から出航、19日、大連に上陸、9月6日、師團司令部は野砲十一第二大隊とともに御吉野丸に乗船し詫間港を出航、10日、大連に上陸(5~25日、輜重十一を除く師團主力は逐次渡滿)、關東都督府(大島義昌大将)隷下に隷属転移、遼陽に師團司令部を設置、第十師團と交替し、北から公主嶺に騎十一、鉄嶺に歩二十二旅、歩四十三、奉天に歩四十四第二大隊、遼陽に師團司令部、歩四十四、工十一、海城に野砲十一、柳樹屯に歩十旅、歩十二、旅順に歩六十二を配置し鉄道沿線の警備にあたります。
10月26日、公爵・伊藤博文卿が哈爾濱駅において朝鮮人テロリスト・安重根により暗殺されたため、遺体移送の際の弔意のため、27日、大連駅、28日、大連港に歩十二を派遣します。
明治44(1911)年3月7日、第十一師團に代って第五師團の滿洲駐箚が決定、4月15日、各部隊は屯営を出発、28日、師團司令部は遼陽を出発、30日、第五師團司令部に引き継ぎ、5月11日、師團隷下部隊は各衛戍地に帰還します。

明治45(1912)年3月27日、師團より歩十二第二中隊、歩六十二第五中隊、歩四十三第十一中隊、歩四十四第四中隊が抽出され臨時朝鮮派遣隊が編成され、神宮丸に乗船し詫間港より出航、臨時朝鮮派遣隊司令部(石田保鎌少将)指揮下に編入され警備にあたります(大正3年4月17日、帰還)。

大正8(1919)年9月13日、隷下各歩兵聯隊から1個中隊を抽出、青島守備歩兵第四大隊(大森勝中佐)が編成され、青島守備歩兵隊司令部(引田乾作少将)指揮下に編入、青島の守備にあたります(大正9年9月19日、帰還)。

大正9(1920)年1月29日、ロシア国北部沿海州ニコライエフスク(邦人700を含む17,000名が居住/石川正雄少佐以下2個中隊280名が守備)を共匪(赤衛軍:パルチザン)4,000が包囲しロシア兵(白衛軍)、資産家、ユダヤ人2,500名を虐殺し尼港事件が発生します。
7月5日、歩兵第十旅團司令部(黒田善治少将)、歩十二、歩六十二は詫間港を出航、14日、ウラジオストクに上陸、歩十二はラズドリノーエに、歩六十二はニコリスクに屯営し警備にあたります。

9月17日、師團・留守師團(大多和新輔中将)に臨時編成下令、24日、編成完結、シベリア出兵に参加のため、26~28日、善通寺を出発し詫間湾を出航、10月4日、師團はウラジオストクに上陸し浦塩派遣軍司令官(大井成元大将)指揮下に編入され、歩十旅が師團に復帰、ウラジオストクに師團司令部を設置し東部守備隊(歩十旅團)をシコトワ、スーチャンに、西部守備隊(歩二十二旅團)を南部ウスリーに配置、治安・交通の維持にあたります。
10月、間島事件鎮圧のため歩四十三第一大隊、歩十二聯隊を南部烏蘇里守備隊に編入、10月中旬からロシア-支那国境を守備、支那領土門子付近に出動し琿春河谷一帯の掃討を実施します。
また、オケヤンスカヤ方面で匪賊が蠢動したため、歩四十四を基幹とした西部守備隊がセダンカ停車場に向かい掃討を実施します。

大正10(1910)年5月中旬、第十二師團の内地帰還に伴い、師團は第九師團に警備区域を移譲し、第十二師團が警備していたラズドリノーエ、グロデコーウオに南部旅團(歩十旅團)を、スバスカヤに北部旅團(歩二十二旅團)配置し警備にあたります。
7月26日、師團司令部(ニコリスク)からスパスカヤに向かっていた参謀長・三輪秀一大佐が馬賊に襲撃され散華してしまいます。

大正11(1911)年4月4日、師團はスバスカヤに集結、日露協約を無視してブッセフカに侵入してきた赤軍をズローズドフ駅、アレキサンロフカにおいて撃破し赤軍を敗走させました。
10日、師團に内地帰還が下命、5月12~28日、第九師團と交代、6月7日、ウラジオストクを出航、12日、詫間湾に上陸、13日、善通寺に帰還しました。

8月15日、軍令陸乙第十三號『陸軍平時編制』改正に伴い、歩兵聯隊は1個大隊4個中隊から3個中隊、騎兵聯隊1個大隊は3個中隊から2個中隊、野砲兵聯隊は2個大隊9個中隊から3個大隊6個中隊、工兵は1個大隊3個中隊の甲編制に、野砲兵第十一聯隊は山砲兵第十一聯隊に改編されます。

大正12(1923)年9月1日、関東大震災が発災、7日、師團は救護班(中島貫一二等軍医生以下73名)、8日、工兵第十一大隊を東京に派遣、9月11日、關東戒嚴司令官の指揮下に編入され、罹災者の救護にあたります(救護班は9月26日、工十一は10月10日、復帰)。

大正14(1925)年5月1日、第三次軍備整理(宇垣軍縮)のため歩兵第六十二聯隊が復帰、再度歩兵第二十二聯隊が第五師團から第十一師團に隷属転移します。
師團隷下部隊
歩兵第十旅團司令部(徳島)
 歩兵第十二聯隊(丸亀)
 歩兵第二十二聯隊(愛媛)
歩兵第二十二旅團司令部(善通寺)
 歩兵第四十三聯隊(善通寺)
 歩兵第四十四聯隊(高知)
騎兵第十一聯隊(善通寺)
山砲兵第十一聯隊(善通寺)
工兵第十一大隊(善通寺)
輜重兵第十一大隊(善通寺)
松井石根大将
▲第14代・松井石根中将(昭和4年8月1日~昭和6年8月6日)
  規律厳正で慈悲深く、支那通でも知られました。後に中支那方面軍司令官として
  国民党政府の首都・南京を攻略する偉業を達成。
  昭和23年12月23日、虚構の所謂南京事件の汚名を着せられ法務死。

昭和7(1932)年、支那における排外思想は先鋭化、特に南支地域では国民党の扇動もあり排日・侮日行為は日々深刻化していきました。
1月18日、上海郊外において支那人により日本人僧侶が殺害され、28日、共同租界の警備にあたっていた我が上海海軍特別陸戰隊に支那国府十九路軍が発砲した事から上海事變が勃発します。

2月23日、第十一師團の応急派兵が決定し師團・留守師團(鳥谷章中将)に動員下令、24日、動員1日目、第十一師團は第九(2月9日、先発)、第十四師團とともに上海派遣軍(白川義則大将)戦闘序列に編入され、26日、動員完結、27日、師團主力(歩十二、歩四十三、山砲十一第三大隊、工十一第一中隊、師團通信隊、同衛生隊)は善通寺駅を出発、(同日、歩二十二は第二水雷戰隊に乗艦し三津浜港を出航し第九師團指揮下に編入)、主力は第二艦隊に乗艦し小松島港を出航、28日、歩二十二(山脇正隆大佐)は呉淞の鉄道桟橋に上陸し、第九師團を追求、29日、後発隊(歩四十四、歩十二第三大隊、輜重十一他残り部隊)は第四水雷戰隊、筑波丸、八雲丸に乗艦し須崎を、山砲十一は詫間を出航、3月1日0525、歩四十三は師團第一陣として長江七了口に敵前上陸を敢行、1100、師團の上陸が完了、茜涇営、2日、瀏河鎮、3日、婁塘鎮で支那国府軍を撃破、歩二十二が師團に復帰、歩四十四が呉淞桟橋に上陸、同日、師團主力が嘉定城を攻略、6日、山砲十一が七了口に上陸します。
4日1100、停戦命令を受領、3月14日、師團に復員下令、21日、瀏河鎮を出発し上海に集結、24日、筑前丸に上陸し上海を出航、26日、似島検疫所に上陸、29日、高松港に上陸、善通寺に凱旋、4月3日、復員完結します。

昭和11(1936)年6月1日、軍令陸第四號、陸軍省令第十二號、陸達第二十號により工兵第十一大隊、及び輜重兵第十一大隊は聯隊に改編されます。

昭和12(1937)年7月7日、北支事變(9月2日、支那事變と改称)が勃発します。

8月7日、支那国民党政府(蒋介石)による在留邦人に対する度重なる違法行為、軍事挑発行動は日増しに激化、第十一師團は参謀本部より中支方面派遣の内示を受領、11日、師團に動員下令に関する内示が伝達されます。
13日、支那軍が我が陸戦隊に攻撃を開始、第二次上海事變が勃発します。
14日、第十一師團・留守師團(吉岡豐輔中将)に動員下令(第五動員一號、第五動員十號、第十三動員一號)、上海派遣軍(松井石根大将)戦闘序列に編入され、16日、動員完結します。
20日、師團司令部は第一梯団(歩四十三第三大隊、歩四十四、山砲十一)として多度津港から重巡「妙高」以下10隻に分乗し出航、21日、第二梯団の歩二十二は戦艦「陸奥」に乗艦し三津浜港から、歩四十三は同「長門」に乗艦し小松島港から出航、同日、第一梯団は長江川口馬鞍群島に進入し仮泊します。
22日、大本營直轄となった天谷支隊(歩十旅團長・天谷直次郎少将、歩十二、山砲十一第一大隊、工兵1個中隊)は多度津港を出航、青島の在留邦人保護に向かいます。

23日0515、第一梯団は海軍の艦砲射撃のもと川沙口沖に敵前上陸を敢行、歩四十三は劉家鎮へ、師團は歩四十四を先頭に長江右岸のクリークと猛暑に苦闘しながら上海北方の敵陣に進撃、24日、第二梯団が上陸します。
28日、師團は支那軍要地・羅店鎮周辺の強力な支那軍陣地に苦戦しながらも攻略に成功、30日、北支那海に待機中の天谷支隊は上海派遣軍戦闘序列に隷属転移し呉淞に上陸、31日、師團は西進し劉家鎮、同浦鎮、孟家宅、9月1日、獅子林砲台を攻略、同日、第二次輸送部隊(工十一主力、騎十一主力、各歩兵聯隊第四・第八・第十二中隊)が貴腰湾に上陸します。

6日、天谷支隊歩十二は宝山城を攻略、9日、唐家屯、浦夾橋、10日、顧家屯、王家屯、真家屯、11日、北曹屯、12日、月浦鎮を攻略、同日、重藤支隊(臺灣守備司令部・重藤千秋少将、臺灣歩一、同二)が師團指揮下に編入され、13日、天谷支隊が師團に復帰、21日、師團は羅店鎮南側の支那軍を攻撃、10月5日、師團は支那軍陣地を攻略しつつ羅店鎮南西側の第二次進出線(楊家宅、北周宅-王家湾、蘇家宅)まで進撃、9日、北覧溝以南地区の支那軍を攻撃しますが揚涇クリークに阻まれて進撃は遅滞してしまいます。

17日、軍命令により師團は歩二十二を残置し現陣地を確保しつつ羅店鎮東方に集結、26日、南翔作戰に参加、南翔東側に前進し軍の右側背援護にあたりつつ南翔東側の支那軍陣地を攻撃、11月5日、歩二十二旅團(歩四十三、歩四十四)は南翔方面より南下し軍右翼に迫った支那軍を牽制すべく、豪雨のため泥濘化した悪路を要所・江橋鎮に進撃、10日、歩四十四が江橋鎮を攻略、12日、師團は南翔を攻略、上海周辺の支那軍が潰走し始めたため師團は追撃隊(歩二十二旅團長・黒岩少将、歩四十三、山砲十一第三大隊、工十一)を編成し追撃を開始、14日、太倉を攻略、15日、師團主力は追撃隊を追求、26日、歩十二が無錫城、29日、次いで常州を攻略、29日、無錫に集結し訓練にあたります。

12月4日、歩十旅(天谷支隊)は軍直轄となり、5日、無錫を出発し上海に集結、6日、長江の要地・鎮江に進撃、7日、鎮江を攻略(攻略が早かったため南京の様な敗残兵による略奪、強姦は殆ど無し)、11日、対岸の焦山砲台を海軍機の支援のもと攻略、14日、揚州城を攻略し警備にあたります。

12月3日、師團主力は南支方面の作戦に転用が決定、第五軍(古荘幹郎中将)戦闘序列に隷属転移、8日、無錫を出発、蘇州、昆山、南翔を経て、12日、上海に集結、15日、上海を出航し東シナ海を南下中、23日、作戦は中止されたため台湾高雄州坊寮に上陸、屏東以南地区に集結し広東上陸作戦に備えますが、昭和13(1938)年2月28日、師團に復員下令、3月6日、高雄を出航、23~27日、師團主力は坂出港に入港し、各衛戍地に凱旋、4月12日、復員完結します。

昭和13(1938)年1月8日、天谷支隊は揚州警備を第三師團と交代し、16日、第十六師團と交代し南京の警備にあたり、3月19日、南京下関馬石唐を出航、30日、天谷支隊は坂出港に入港し、4月12日、復員完結します。

9月7日、第十一師團は滿洲派遣要領を受領、動員準備を開始します。
22日、軍令陸甲第六十五號『滿洲派遣臨時編成』により師團の滿洲駐箚が決定し、臨時編成下令、10月1日、留守第十一師團(藤堂高廣少将)、2日、第十一師團の編成完結、5日、第一船団が、6日、師團主力が坂出港を出航、8日、釜山に上陸、12日、關東軍(植田謙吉大将)戦闘序列に編入、16日、師團司令部・騎十一・師團通信隊は遼陽、歩二十二旅・工十一・師團衛生隊・師團野戰病院は奉天、歩十旅・輜重十一は錦州、山砲十一は海城に集結し訓練を実施しつつ北満移駐の準備にあたり、12月5日、密山付近に移駐のため各集結地を出発、14日、師團司令部を密山に設置、歩兵第七旅團より虎密地区(虎林・密山地区)防衛任務を引き継ぎ、20日、第三師團隷下にあった第十二、第十三野戰高射砲隊を指揮下に編入し警備にあたります。

昭和14(1939)年5月31日、軍令陸甲第十四號により第十一師團軽装甲車訓練所が編成されます。
6月15日、大陸命第三〇二號により第十一師團は新編された第五軍(土肥原賢二中将)に隷属転移、担任地区は虎林、密山に加え饒河(饒穆区)に更改、警備・訓練にあたります。
牛島満
▲第23代・牛島滿中将(昭和14年12月1日~昭和16年10月15日)
 寛仁大度、「今西郷」の異名を取り、後に第三十二軍司令官として沖縄防衛にあたり
 住民の混在する困難な戦場で軍官民一帯となった防衛戦を展開、最後まで統帥を
 発揮した名将。昭和20年6月23日、島南端摩文仁で自決。

5月11日、ソ連の意を受けた外蒙軍がノモンハン付近で滿洲國に越境して来た事からノモンハン事件が発生、外蒙軍は滿洲國軍が撃退しますが、17日、再び外蒙軍が策動したため、6月27日、師團は第十二、第十三野戰高射砲隊を東安、西東安に派遣し防空にあたり、7月6日、両隊は海拉爾の第二十三師團指揮下に編入されます。
16日1900、關東軍司令部は全滿防衛・防空を下令、師團は歩十二の1個中隊を二六八高地に派遣、山砲十一の1個中隊、第十二野戰高射砲隊を東安の防空にあたらせます(9月25日、解除)。
8月4日、第十二、第十三野戰高射砲隊は第二十三師團に隷属転移します。
26日、ノモンハン方面の戦力強化のため隷下歩兵聯隊から速射砲1個中隊(歩十二91、歩二十二84、歩四十三96、歩四十四84名)を抽出し応急派遣、10月6日、原隊に復帰します。

8月5日、歩四十三(聯隊長・村田孝生大佐指揮、2個中隊、滿軍1個旅、警察隊)は虎林及び饒虎県境一帯、9月15日、歩四十三(村田大佐指揮、2個大隊)は饒賓虎県境一帯の匪賊討伐を実施(12月25日まで)します。

10月6日、軍令陸甲第十四號『在滿軍備改變要領』により歩兵第十旅團司令部(田尻利雄少将)は第十一歩兵團司令部に改称、歩兵第二十二旅團司令部(黒岩義勝少将)は復帰、31日、同軍令により歩兵第二十二聯隊(小松崎力雄大佐)は第二十四師團に隷属転移、輜重兵第十一聯隊第三中隊は輜重兵第二十四聯隊に転属します。

11月13日、師團は東安省虎林縣虎林への移駐を下命され、12月5日、師團司令部、6日、歩四十三第一大隊、7日、第十一歩兵團・師團通信隊、8日、山砲十一第一大隊・師團軽装甲車訓練所、11日、歩四十四、歩四十三、13日、輜重十一、16日、山砲十一、18日、工十一、19日、騎十一、23日、歩十二、24日、師團衛生隊の移駐が完了、饒河虎林県(饒虎区新設)の防衛、匪賊討伐にあたります。

昭和15(1940)年1月25日、滿洲軍、警察隊とともに武林洞付近(2月5日まで)、5月5日、饒河虎林県の匪賊討伐、9月18日、虎林の潜入したソ連スパイを一斉検挙を実施、10月8日、秋季討伐(11月16日まで)を実施します。

7月10日、陸軍省は『昭和十五軍備改變要領 其ノ二』を発令、第一・第八・第九・第十・第十一・第十二・第十四・第十六師團は満州永久駐屯師團に指定されます。

昭和16(1941)年6月22日、ドイツが『獨蘇不可侵条約』を破棄しソ連に進攻します。
7月7日、關東軍特種演習動員下令(特臨編第一號(第百一次動員))、7月3日、師團は国境防衛強化のため歩十二の1個中隊を通化鎮、歩四十四の1個中隊を水克、歩四十三の機関銃1個中隊を關東軍野戰兵器廠の防空に派遣し、15日、清和鎮南方から下流の穆稜河-水克-月牙-都木河-武林洞-關門咀子-小佳河の線に監視網を構成します。

16日、特臨編第三號(第百二次動員)により第十一師團に臨時動員下令、28日、動員着手、企図を秘匿しつつ逐次応急派兵の態勢に移行するとともに、国境付近の要所確保の準備を開始、8月1~15日、編成完結、12日、師團は渡河材料を前線に輸送、防衛地区内の道路改修、偵察班を国境に配備、国境河川の気象観測、糧秣の集積をするなど対ソ連戦を見越した作戦準備を完了しますが、準備中の8月9日、ソ連軍の欧州方面移駐は予測以下な事から対ソ連開戦は中止され、『帝國陸軍作戰要綱』に基づき情勢の推移を見つつ、引き続き国境防衛の強化・訓練にあたります。
師團隷下部隊
第十一歩兵團司令部(善通寺)
 歩兵第十二聯隊(丸亀)
 歩兵第四十三聯隊(善通寺)
 歩兵第四十四聯隊(高知)
騎兵第十一聯隊(善通寺)
山砲兵第十一聯隊(善通寺)
工兵第十一聯隊(善通寺)
輜重兵第十一聯隊(善通寺)
第十一砲兵團司令部(善通寺)
第十一師團制毒隊
  〃    兵器勤務隊
  〃    病馬廠
  〃    通信隊
  〃    防疫給水部
  〃    衛生隊
  〃    第一・第二・第三・第四野戰病院

10月11日、賓清付近の匪賊討伐のため、歩十二の1個中隊を小馬鞍山、賓虎、密県境に派遣、第二十四師團、騎兵第三旅團と共同で討伐します。

12月8日、大東亜戰争が開戦します。

昭和17(1942)年3月17日、獨立瓦斯第三十四中隊、4月15日、野戰重砲兵第五聯隊が師團指揮下に編入され、第十一砲兵團司令部(河野省三大佐)が山砲十一とともに指揮します。

10月7日、軍令陸甲第八十五號『在滿師團ノ編合中一部缺除第二百九次復帰要領』により第十一歩兵團司令部、第十一師團制毒隊、同兵器勤務隊、同衛生隊、同第一・第二・第三・第四野戰病院、同病馬廠、第十一砲兵團司令部、騎兵第十一聯隊に復帰下令、11月5日、復員着手、25日、復員完結し、12月13日~昭和17(1942)年1月2日、夫々僚隊に転属及び留守担任部隊に帰還します。

昭和19(1944)年2月18日、中部太平洋方面の防衛のため第三十一軍(小畑英良中将)が新設、22日、『陸亞密第百號』により第十一師團にろ號演習(第六派遣隊の編成)下令、第十一歩兵團司令部256名、歩兵第十二聯隊第三大隊617名、歩兵第四十三聯隊第三大隊617名、歩兵第四十四聯隊第一大隊617名、山砲兵第十一聯隊第三大隊367名、工兵第十一聯隊第三中隊188名が抽出され、第一師團(中澤三夫中将、東京)から抽出された歩兵第一聯隊第二大隊、歩兵第四十九聯隊第三大隊、歩兵第五十七聯隊第三大隊、野砲兵第一聯隊第三大隊、工兵第一聯隊第三中隊を加え、25日、編成完結(第十一歩兵團長・重松潔少将)、26日、虎林を出発します。
※第六派遣隊については「歩兵第四十三聯隊 (旧歩兵第六十二聯隊)」の記事参照

3月13日、騎兵第十一聯隊に歩兵2個中隊、機関銃2個小隊、速射砲1個小隊を配属し金剛隊を編成、水克、通化鎮、去祥屯付近の警備にあたらせます。

4月9日、第十二、第十三野戰高射砲隊が師團指揮下から外れたため、山砲十一より獨立臨時高射砲隊を編成(赤誠隊)を配置します。

6月22日、特臨編第四十一號により歩十二において獨立速射砲第二十七中隊の編成下令、24日、編成完結(横山幸中尉以下145名)し宝東を出発、關東軍司令官の指揮下に編入されます。

7月5・9日、第二十四師團(雨宮巽中将)の沖縄移駐に伴い、歩四十四が東安の警備・防衛地区を引き継ぎます。

7月22日、工十一第二中隊(松木治良少尉)は第二航空軍司令官(板花義一中将)指揮下に編入され、三十里堡飛行場の設定にあたります(11月30日まで)。

8月5日、陸亞密第百號(第六派遣隊)により欠如した各大隊を在営者により補填(第四・第八・第十二中隊欠)します。

昭和20(1945)年3月17日、特臨編第四十八號により第十一師團制毒隊、同兵器勤務隊、同衛生隊、同第一野戰病院、同病馬廠、騎兵第十一聯隊の臨時編成(甲)下令、4月1日、編成着手、10日、編成第1日目、11日、編成完結します。

3月31日、第十一師團の内地移駐の内示を受領、4月1日、陸亞機密第百五十號により師團の内地移駐が下令、虎林の防衛・警備を獨立混成第七十七旅團に移譲し、8日、師團は大陸命第千二百九十七號により発令された第五十五軍(原田熊吉中将)戦闘序列に編入されます。
2~4日、第一梯団、6~10日、第二梯団、11~16日、第三梯団、15~17日、第四梯団に別れ釜山に集結、13~30日、釜山港を出航、第一梯団は西舞鶴、第二梯団は博多、第三・第四梯団は敦賀に上陸、16日、軍の作戦計画に従い一部は高知平野、主力は徳島平野に集結します。
5月2日、作戦計画の変更に伴い師團は逐次高知平野に集結、師團司令部を鉢伏山、中村支隊(騎十一に工兵1個小隊・特設警備第二百二十九中隊配属)を中村(第三百四十四師團指揮下)、一部を入野、下田、宿毛に、須崎支隊(歩十二第一大隊)を須崎に、右地區隊(歩四十四、山砲十一2個中隊)を仁淀川河口から浦戸湾の海岸線に、左地區隊(歩四十三)を浦戸湾から物部川河口の海岸線に、砲兵隊(山砲十一)を後免南方高地、豫備隊(歩十二、工十一)を後免付近、輜重十一を仁淀川上流の八田・弘岡付近に配置し、築城を開始、6月1日、築城と並行し訓練を開始、7月末より野戦陣地設営を開始します。

6月末、騎十一は挺進聯隊の仮編成下令、中部・中國・四國各軍管區司令部・歩四十四・山砲十一より889名の転属を受け、7月3日、編成第1日、5日、編成完結(2個大隊、機關銃1個中隊)、25日、師團に復帰、29・30日、五台山に布陣します。
第十一師團は第五十五軍の中核を担い、古豪師團として士気・練度も高く装備も充実、敵上陸部隊を破砕すべく陣地構築、訓練を実施中、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、その真価を一度も発揮する事無く、17日2200、停戦を迎えました。
18日、歩十二、歩四十三、歩四十四の軍旗3旒が師團長・大野廣一中将侍立のもと各聯隊本部にて奉焼、25日、師團創立以来の英霊12,488柱の合同慰霊祭を高知市下知昭和國民學校において挙行、31日、軍令陸甲第百十六號により復員下令、9月7日、師團司令部の所在する鉢伏山に隷下部隊中隊長以上を招集、第五十五軍司令官・原田中将臨場のもと復員式を挙行、12日、復員完結します。

停戦時の師團隷下・指揮下部隊
歩兵第十二聯隊(丸亀)
歩兵第四十三聯隊(善通寺)
歩兵第四十四聯隊(高知)
挺身聯隊(騎兵第十一聯隊)(善通寺)
山砲兵第十一聯隊(善通寺)
工兵第十一聯隊(善通寺)
輜重兵第十一聯隊(善通寺)
第十一師團制毒隊
  〃    兵器勤務隊
  〃    病馬廠
  〃    通信隊
  〃    防疫給水部
  〃    衛生隊
  〃    第一野戰病院

獨立臼砲第二十二大隊
迫撃砲第二十二大隊

-歴代師團長-
乃木希典 中将 : 明治31(1898)年10月1日~
沖原光孚 中将 : 明治34(1901)年5月22日~
土屋光春 中将 : 明治35(1902)年5月5日~
鮫島重雄 中将 : 明治37(1904)年12月1日~明治39(1906)年7月6日
土屋光春 中将 : 明治39(1906)年7月6日~明治41(1908)年12月21日
伊地知幸介 中将 : 明治41(1908)年12月21日~明治43(1910)年11月30日
依田廣太郎 中将 : 明治43(1910)年11月30日~大正3(1914)年8月8日
蠣崎富三郎 中将 : 大正3(1914)年8月8日~大正6((1917)年8月6日
町田経宇 中将 : 大正6((1917)年8月6日~
齏藤季治郎 中将 : 大正8(1919)年4月12日~大正10(1921)年2月26日
白川義則 中将 : 大正10(1921)年3月11日~大正11(1922)年8月15日
向西兵庫 中将 : 大正11(1922)年8月15日~
小泉六一 中将 : 大正15(1926)年3月2日~
松井石根 中将 : 昭和4(1929)年8月1日~
厚東篤太郎 中将 : 昭和6(1931)年8月6日~
原田敬一 中将 : 昭和8(1933)年3月18日~
古荘幹郎 中将 : 昭和9(1934)年8月1日~
田代皖一郎 中将 : 昭和10(1935)年9月21日~
多田駿 中将 : 昭和11(1936)年5月1日~
山室宗武 中将 : 昭和12(1937)年8月14日~
渡久雄 中将 : 昭和13(1938)年7月15日~昭和14(1939)年1月2日
内藤正一 中将 : 昭和14(1939)年1月7日~11月28日
牛島滿 中将 : 昭和14(1939)年12月1日~
鷹森孝 中将 : 昭和16(1941)年10月15日~
大野廣一 中将 : 昭和20(1945)年4月7日~


第四十師團(鯨六八九五/司令部:六八八〇)
昭和14(1939)年6月30日、軍令陸甲第二十一號により、留守第十一師團に第四十師團の編成下令、10月2日、編成完結(天谷直次郎中将、善通寺)、青野原陸軍演習場等で訓練にあたります。
師團隷下部隊
第四十歩兵團司令部(善通寺)
 歩兵第二百三十四聯隊(丸亀)
 歩兵第二百三十五聯隊(徳島)
 歩兵第二百三十六聯隊(高知)
騎兵第四十聯隊
山砲兵第四十聯隊
工兵第四十聯隊
輜重兵第四十聯隊
第四十師團 通信隊
  〃     兵器勤務隊
  〃     衛生隊
  〃     第一・第二野戰病院
  〃     病馬廠

10月7~9日、師團は坂出港を出港、15~19日、中華民國湖北省武昌に、歩二百三十六は石灰窰に上陸、第十一軍(岡村寧次中将)戦闘序列に編入され、咸寧に司令部、歩二百三十四を通山、歩二百三十五を咸寧、歩二百三十六を大冶、騎四十を鄂城に配置し治安維持にあたります。

11月30日、重慶に撤退した蒋介石は我が占領地に冬季反攻を開始、12月10日、支那第八軍(2個師)・第三〇集団軍(3個師)70,000が歩二百三十四第十中隊が守備する芭蕉嶺に侵攻、12日、師團は石本支隊(第四十歩兵團長・石本貞直少将、歩二百三十四、歩二百三十五)、龜川支隊(歩二百三十六聯隊長・龜川良夫大佐、聯隊主力、山砲四十第一大隊)を編成し、師團主力、騎四十(佐伯靜夫中佐)とともに4縦隊となって進撃、13日、石本支隊は西坑塘を出発、夏舗周辺で夜襲により撃破し宝石河に進撃、14日、騎四十は漆州を出撃、石盤山の険峻を踏破し龍港を攻略、龜川支隊は富水を敵前渡河、龍港にて騎四十と合流、15日、騎四十は高家を攻略、支隊は横石潭に進撃、支那軍を九官山以南に潰走させ、歩二百三十四・山砲四十第二大隊は楠林橋南方に侵攻してきた敵を芭蕉嶺付近で撃破します(第一次九官山作戰)。

24日、支那第三師、第一九七師の残敵が黄家章、藕塘付近に集結して来たため、歩二百三十五・騎四十は楊芳林、新豊市、藕塘に進撃し殲滅します(第二次九官山作戰)。

12月中旬、隣接する第六師團が支那第九戦区軍100,000に急襲され苦戦、20日、石本支隊は輜重四十の車両により陸水右岸の支那軍を撃破しつつ大沙坪まで進撃、24日、歩二百三十六が支隊を追求し通城北方において支那第七〇軍(6個師)を撃破しますす(第一次陸水作戰)。

昭和15(1940)年1月初旬、またも第六師團は支那軍の包囲を受けたため歩二百三十五が通城付近の山地に籠る支那軍を撃破し咸寧に帰還します。

4月10日、第十一軍は増大する支那軍の反攻により我が第一線が擾乱、損害を受け、且つ敵に戦勝感を持たせるのは得策では無いため、雨季までに支那軍を撃滅する宜昌作戰を企図、15日、師團は石本支隊(歩二百三十五第一・第二大隊、歩二百三十六第三大隊、騎四十の一部、山砲四十〃、工四十〃)を編成、21日、二十里橋に集結を完了します。
軍は漢水左岸・襄東地区の支那軍を補足撃滅すべく、30日、支隊は遊河付近に進撃、5月1日、武漢北西地区の小林店において支那第五戦区軍を攻撃、敵は有効な火網を形成、迫撃砲の集中射撃により支隊は思わぬ損害を受けたため、2日、支隊は攻撃重点を左翼(歩二百三十五第二大隊)に移し、4日、激戦ののち小林店を攻略、6日、桐泊、7日、西新集の敵陣を攻略、8日、湖陽鎮を攻略、5月16日、随棗公路兵站線に対する敵の遊撃行動が活発化してきたため、師團長指揮の2個大隊・騎兵の一部が19日、広水に到着、萬福店以東の兵站警備にあたります。
24日、加川支隊(歩二百三十六第一大隊、歩二百三十四第二大隊・山砲四十1個中隊)が随県に進出、25日、芽茨畈-資山道の掃討にあたります。
28日、支隊は老山城付近において支那第五戦区軍と遭遇戦となり、弾薬の欠乏から敵の重迫撃砲射撃に苦戦、次第に包囲されますが、29日、友軍の空中補給により形勢を盛り返し、31日、敵を撃破し老山城を攻略します。

4月21日、師團は九官山に集結しつつある支那軍を殲滅すべく3縦隊となって進撃、中央隊(佐伯支隊:佐伯中佐、騎四十、歩二百三十五第三大隊、山砲四十第四中隊)は山頂の第一四師第三団3,000の拠る陣地に急進、敵の銃砲、迫撃砲に進撃は遅滞しますが、山砲の進出により攻勢に転移し九官山を攻略、26日、反転し帰還します(第三次九官山作戰)。

5月31日、師團は宜昌攻略にあたる軍の側背援護、支那第五戦区軍牽制にあたり、6月11日、随県を出発、連日40℃を超える酷暑のなか大洪山付近に進撃、客店披高地の支那第二九集団主力を3日間に渡る激戦ののち撃破、12日、第十一軍により宜昌が攻略され、6月26日、師團は咸寧に復帰します。

6月25日、宜昌作戰出動中の師團ぼ留守に乗じ支那第九九軍主力が師團警備地区に侵攻、聯隊は第二中隊主力、第一中隊の1個小隊、機関銃1個小隊を抽出(機關銃中隊長・村上義男少佐指揮)、村上隊は官埠橋に進撃し輜重四十指揮下に入り激戦の後、支那軍を撃退します。

6月30日、師團は支那第九九軍主力を包囲殲滅すべく重松支隊(歩二百三十四聯隊長・重松潔大佐、同聯隊主力)、龜川支隊(歩二百三十六)、佐伯支隊(騎四十)を編成、31日、各支隊は進撃を開始、7月3日、楊家畈付近を掃討、4日、狭山口付近で支那軍400を撃破、5日、各警備地に帰還します。

9月6日、軍令陸甲第四十四號『第四十師團騎兵隊臨時編成並騎兵第四十聯隊復歸要領』により、10月1日、騎兵第四十聯隊は編成、復帰業務を開始、5日、第四十師團騎兵隊の編成完結、騎兵第四十聯隊は復帰完結します。
余剰人員、馬匹は歩二百三十四、歩二百三十六、山砲四十、師團経理部、同兵器勤務隊、同第一野戰病院、同衛生隊、騎兵第五十五聯隊(善通寺)に転属します。
師團隷下部隊
第四十歩兵團司令部(善通寺)
 歩兵第二百三十四聯隊(丸亀)
 歩兵第二百三十五聯隊(徳島)
 歩兵第二百三十六聯隊(高知)
山砲兵第四十聯隊
工兵第四十聯隊
輜重兵第四十聯隊
第四十師團 騎兵隊
  〃     通信隊
  〃     兵器勤務隊
  〃     衛生隊
  〃     第一・第二野戰病院
  〃     病馬廠

昭和16(1941)年1月25日、第十一軍は正月攻勢を策動する支那第三一集団(第一三・八五軍)を撃破すべく豫南作戰を発動、師團は信陽地区に集結しますが、敵の鉄道爆破により集結が27日に遅れてしまったため、師團は佐伯支隊(騎四十聯隊長・佐伯静夫中佐、歩二百三十六第一大隊、騎四十、山砲四十、工四十各1個中隊)を先行させ、師團作戦地の汝南を偵察させます。
支隊は汝南の支那軍が2,000程である事を知り奇襲により攻略、30日、師團主力は汝南に入城、2月1日、北進し支那第八五軍の拠点・項城を攻略します。

9月1日、師團は軍が關特演前に支那第五戦区軍を撃破し、事変解決を有利に進めるべく企図した長沙作戰に参加のため咸寧を出発、10日、桃林に集結(歩二百三十六第三大隊は漢口警備に残置)、長沙攻略を目指す軍主力の側背援護のため、11日、重松支隊(歩二百三十四聯隊長・重松潔大佐、同聯隊、歩二百三十五第二大隊、山砲四十第二大隊)を先遣隊として沙港河畔に向け進撃を開始、第六師團の掃討から漏れた支那軍4個師と甘田付近で交戦、頑強な抵抗に苦戦しながら14日、敵の退却に伴い前進、18日、軍左翼として南下を開始、支那第六〇師、第二六師を撃破、26日、金井に進出し軍の左翼援護にあたり、27日、第三・第四師團が長沙を攻略したため、30日、師團は反転、10月14日、逐次咸寧に復帰します。

12月17日、第十一軍(阿南惟幾中将)は第二十三軍(酒井隆中将)のC作戰(香港攻略作戦)援護、支那軍の牽制のため第二次長沙作戰を発動、師團は咸寧を出発し、24日、師團先頭の歩二百三十四、歩二百三十五が新牆河北岸の支那第一三四師(2個団)を撃破し、攻撃準備を完了、歩二百三十五を左側背援護、歩二百三十六を右翼、歩二百三十四を左翼として新牆河を渡河、支那第一三四師主力を撃破、支那軍と交戦しつつ、27日、汨水(長楽街付近)に集結、28日、歩二百三十五が強行渡河を敢行し援護のなか、工四十(鴨澤恒二郎中佐)により仮設橋を開設、師團主力は渡河に成功、30日、歩二百三十五は天荊廟を攻略、長楽街南方高地の支那軍陣地を攻略しますが、同日、師團後方の大荊街で物資搬送にあたっていた輜重四十聯隊本部が長胡付近で支那軍に急襲され、聯隊長・森川啓宇中佐以下本部要員が散華してしまいます。

12月29日、第十一軍はさらに長沙への進攻を企図、師團は金井への進撃を下命され、歩二百三十四第二大隊を鳥石尖に残置し、31日、歩二百三十六を前衛として進撃を開始、昭和17(1942)1月1日、金井に到着、長沙進撃中の第三・第六師團の側背援護のため歩二百三十五、歩二百三十六を蒲塘に進撃させ、甕江方面から進攻してきた支那第三七軍を迎撃、2日、歩二百三十六は官家橋付近で支那軍を迎撃、地の利を活かした敵の攻撃に聯隊は損害が増加、3日、軍は長沙攻撃中の第三・第六師團が重砲を伴う支那軍の逆襲により損害が増加している事に鑑み、両師團の転進援護のため第四十師團に長沙方面への進撃を下命、4日、師團は歩二百三十六を大山塘付近の陣地防備に残置、春華山北方に進撃、第三・第六師團の転進援護にあたり、7日、敵の包囲下、弾薬が不足し損害が増加、苦戦する歩二百三十六救援のため、再び反転し聯隊を収容、9日、大山塘を出発し、転進した第十一軍を包囲殲滅すべく追撃してきた支那第九戦区軍(7個軍、31個師)、第六戦区軍(3個軍)を麻峯嘴、検市廠において撃破、古華山付近で包囲された第六師團を救援し、12日、長楽街に集結、15日、沙港河を渡河し、23日、咸寧に復帰します。

4月18日、本土が米空母を発艦した米陸軍機により初空襲を受けたため、内地防空を図るべく大本營は浙江・江西両省付近の米軍飛行場覆滅を企図し浙贛作戰を発動、師團からは河野混成旅團(第四十歩兵團長・河野毅少将、歩二百三十四第三大隊、歩二百三十五第二大隊、騎兵隊の一部、山砲四十第一大隊、第三師團歩三十四第三大隊、同工三1個中隊)が第十三軍指揮下に編入され杭州から西進、今井支隊(歩二百三十六聯隊長・今井龜次郎大佐、同聯隊、歩二百三十四第一大隊、山砲四十第二大隊、工四十1個小隊)が第十一軍直轄として南昌東方から東進します。
5月15日、河野旅團は軍中央兵團として紹興を出発、西南下し、27日、衢州付近に集結、6月3日、軍主力とともに衢州攻撃を開始、樟樹潭南方高地の強固な前進陣地を攻略、4~6日、敵の砲撃により舟艇が殆ど破壊されたため爆破された鉄道橋を工兵が修理し烏渓江を渡河、衢州城に突入、7日、衢州城を攻略、12日、江山東側地区に進撃、8月19日まで前線から後送されてくる鹵獲軍需品を輸送する浙贛鉄道の警備にあたり、南京を経由し、9月30日、師團に復帰します。

5月31日、今井支隊は万舎街付近から南進、炎熱酷暑のなか三江口を経て、6月3日、集賀峯から撫州に進撃、支隊右翼の歩二百三十六第三大隊は同源墟において支那第七九軍主力と遭遇戦となり交戦、支隊主力は展坪墟西方高地において進行中の支那軍を側撃し撃破した後、支那第七九軍背後から攻撃し撃破します。
6月中旬、撫州侵入に失敗した支那軍は撫州奪還を企図し、西方から第五八軍、宜黄水東岸より第四軍が侵攻、支隊は牽制のため宜黄に進撃しますが、豪雨のため河川が氾濫し平地は悉く水没、戦闘は生起せず、支隊は建昌付近に移駐、警備にあたり、9月30日、師團に復帰します。

12月18日、第十一軍司令官・塚田攻中将、同高級参謀・藤原武大佐は南京で開催された軍司令官会同に出席した帰途、搭乗機が大別山系で遭難したため、軍は捜索のため大別山作戰を発動、師團は急遽、戸田支隊(歩二百三十四、歩二百三十五第二大隊、歩二百三十六第三大隊、山砲四十第一大隊、工四十1個中隊)を編成、20日、蘄水、英山地区を捜索、遭難機は英山南東30kmの彌陀寺付近で第三師團の捜索隊により発見(司令官、参謀ともに殉職)され、昭和18(1943)年1月5日、支隊は復帰します。

2月13日、軍は師團警備地から長江を挟んだ対岸の支那軍・王勁哉(第一一八、第一二八師)に続けていた懐柔工作を打ち切り、江北殲滅作戰を発動、師團は仁科支隊(歩二百三十五)を軍直轄とし、2縦隊となり長江を渡河、朱家で支那軍を撃破、22日、福田寺の堡塁、23日、翟下湾堡塁を攻略、24日、騎四十は小沙口市南方に進撃します。
19日、仁科支隊が赤壁山付近から長江を渡河、25日、秘河口に入城、敗敵は峰口付近で師團包囲下に入り殲滅、25日、歩二百三十四は戴市を攻略、東進中の第一大隊は便衣兵と交戦、敵兵・軍需品多数を鹵獲、潰走した便衣兵の中に王勁哉が含まれていたため、師團騎兵隊が周辺を捜索、六家湾付近の村で第三小隊第一分隊長・安芸武伍長が捕縛、28日、師團は反転、華容地区に進撃し、掃討にあたり歩二百三十四を警備に残置し、3月26日、咸寧に復帰、4月29日、師團騎兵隊に第十一軍司令官・横山勇中将より感状が授与されます。

昭和18(1943)年3月23日、第三十一師團(佐藤幸徳中将)の編成下令、4月30日、山砲兵第三十一聯隊の編成下令、5月1日、軍令陸甲第三十六號により師團は編制改正され、第四十歩兵團司令部は復帰、山砲兵第四十聯隊は山砲兵第三十一聯隊に改編され泰國に出発、師團第二野戰病院は第十五師團に隷属転移、工兵第四十聯隊は師團工兵隊(2個中隊)に、輜重兵第四十聯隊は師團輜重隊(3個中隊)に改編されます。
師團隷下部隊
歩兵第二百三十四聯隊(丸亀)
歩兵第二百三十五聯隊(徳島)
歩兵第二百三十六聯隊(高知)
第四十師團 工兵隊
  〃     輜重隊
  〃     騎兵隊
  〃     通信隊
  〃     兵器勤務隊
  〃     衛生隊
  〃     第一・第二野戰病院
  〃     病馬廠

4月上旬、軍は長江の輸送量低下から、船団を下航させるための航路啓開のため、その沿岸部の支那軍を掃討すべく江南進攻作戰を発動、師團は戸田支隊(歩二百三十四第一・第二大隊、工兵隊第二中隊)を編成し華容付近に、小柴支隊(歩二百三十六第二大隊、歩二百三十四第三大隊、工兵隊主力、獨山砲二第二大隊)を編成し管家埠付近に集結させます。
5月5日、小柴支隊は九都大河を渡河、低湿地を南下し、荷花市に進撃、支那軍の頑強な抵抗により大損害を受けながらも、8日、攻略、南県を経て、8日、安郷に到着、警備にあたります。
5日、戸田支隊は華容から南下、南山の支那軍に攻撃開始、8日、南山を攻略、9日、九都大河を渡河、敗走中の支那軍を撃破、三仙湖市に進撃し警備にあたり、5月27日、船団の下航に成功、6月2日、両支隊は反転を開始、6日、第十三師團が支那軍の追撃を受けたため、小柴支隊、歩二百三十四第一大隊は師團の転進援護にあたり、咸寧に帰還し第四十師團に復帰、小柴支隊に横山中将より感状が授与されます。

7月、師團は咸陽南西の岳州に警備地が変更になり獨立混成第十七旅團より任務を継承、司令部を岳州、歩二百三十四を石首・華容地区、歩二百三十五を桃林地区、歩二百三十六を長安地区に配置し警備にあたります。

11月9日、江南進攻作戰の継続として常徳作戰が発動、師團は戸田支隊(歩二百三十四第二・第三大隊、獨立山砲兵第五十一大隊)を編成、洞庭湖を渡河し支那軍を撃破しつつ進軍、28日、第二大隊は沅江左岸の常徳東門に突入、支那軍を潰走させます。

11月25日、支那大陸の飛行場から出撃した米支連合航空隊により新竹海軍航空基地(台湾)が空襲を受けた事から、大陸から本土への空襲の現実化、特に将来B29の出現による大陸南西部からの本土空襲が可能になると推測、大本營は大陸南西部の敵飛行場を覆滅すべく湘桂作戰を立案します。

昭和19(1944)年4月29日、第十一軍は湘桂作戰を発動、師團は軍第一線に部署され、5月初旬、獨混十七旅團に岳州一帯の警備を移譲し石首、華容に集結、27日、歩二百三十五、歩二百三十六は石首から梅田湖を経て南県へ、歩二百三十四は華容から南山を経て三仙湖市へ南下進撃しますが、敵機の空襲により6月1日、長安付近で歩二百三十五聯隊長・仁科馨大佐が散華してしまいます。
6月1日、歩二百三十六は洞庭湖を渡湖し赤山半島に奇襲上陸、支那軍を撃破し、5日、沅江を攻略します。
11日、赤山半島西岸において輜重隊の援護のもと負傷兵を後送中の師團野戰病院(松山啓助少佐)に米軍機6機が来襲、赤十字の標識を無視し機銃掃射を開始、野戰病院は大混乱となり多数の傷病兵が散華してしまいます。
30日、師團は永豊に進撃、支那軍集結の兆候を察知、7月6日、歩二百三十五第一大隊は金蘭寺(永豊南方、衝陽北西)に陣地構築し支那軍を迎撃、9日、航空機を伴う支那軍の強襲により大隊は弾薬が欠乏、大損害を受けながらも支那軍の侵攻を拒止、24日、玉砕直前、聯隊主力が救援に到着、支那軍の包囲を破り大隊を収容、衝陽西方の鳴窩山に転進します。
7月中旬、第十一軍が攻囲する衝陽救援のため支那軍は衝陽西方に援軍を集結、31日、師團は衝陽攻撃中の第五十八師團の側背援護のため歩二百三十四を両母山、歩二百三十五を鳴窩山、歩二百三十六を二塘山付近に配置、8月2日、航空機、火砲を伴う支那援軍が師團の正面に来襲、歩二百三十四は敵の強襲を受け損害が増加、特に第三大隊は甚大な損害を受けてしまいます。
7日、第十一軍は衝陽を攻略しますが、支那軍はなお強襲を続け、初めて敵戦車が出現、聯隊は速射砲により1両目を撃破し撃退します(第一次湘桂作戰)。

8月31日、師團は第五十八、第十三師團とともに衝陽を出発、9月15日、全県に集結、10月20日、第五十八、第三十七師團とともに桂林攻略が下命され、25日、歩二百三十四を先遣隊として霊田坪に前進、28日、師團主力が進撃を開始、31日、昔陀山に進撃します。
11月2日、第十一軍は桂林攻撃を下命、7日、歩二百三十四第一大隊が七星巌、歩二百三十六第二大隊が福井高地、8日、歩二百三十五第二大隊が月牙山の敵陣地を攻略、9日、歩二百三十六第三大隊第十一・十二中隊が敵の銃砲火のもと桂江を強行渡河しますが、敵の激烈な銃撃、敵2個団の逆襲に第十一・十二中隊、工兵隊は対岸で孤立、大隊は対岸から砲撃、第十一中隊は敵機関銃陣地のある伏陂山を攻略、第十二中隊は敵陣地を突破し桂林東門に突入、9日、山砲兵の支援射撃の下、聯隊主力が渡河し桂林城内に突入、北門から突入してきた第五十八師團とともに城内の支那軍を攻撃、10日、桂林を攻略、11月23日、歩二百三十六、同第十一中隊は第十一軍司令官・上月良夫中将より感状が授与されます(第二次湘桂作戰)。

12月14日、第二十軍(坂西一良中将)は粤漢鉄道線を無傷で攻略すべく南部粤漢打通作戰を発動、師團は第二十軍指揮下に編入され、甲(歩二百三十四第一大隊)・乙(歩二百三十六第一大隊)・丙(歩二百三十四第二大隊)・丁(歩二百三十五第三大隊)各挺進隊(人員各600)を編成、1月3日、甲挺進隊が道県、7日、丙・丁挺進隊が甲挺進隊を追求、10日、乙挺進隊が零陵を出発、敵前哨線を潜入し夫々隠密行動を採り東進、19日0500、甲挺進隊は白石付近で粤漢鉄道線確保に成功、追求してきた丙挺進隊と合流、19日、乙挺進隊は良田付近で粤漢鉄道線に到達しますが、残念ながら橋梁、隧道、機関車は破壊されており、21日、丁挺進隊は楽昌に突入します。
粤漢鉄道線は一部破壊されますが、大部分は無傷で確保でき、甲・丙挺進隊は上月良夫中将より感状が授与されます。
1月18日、師團は鉄道線確保を確実にすべく道県を出発、支那軍を撃破しつつ強行軍で進撃し、23日、各挺進隊を掌握、続いて韶関・南雄飛行場攻略を下命され、坪石付近に集結、25日、歩二百三十四、乙挺進隊を残置し、丙挺進隊を南雄飛行場に、師團主力は丁挺進隊を先遣隊として粤漢鉄道沿いに南下、25日、圓支隊(第百四師團歩百六十一聯隊・清水圓大佐)が南方から攻撃中の韶関北側に進撃、26日、丁挺進隊は韶関北側の星崗山の敵陣を攻略、27日、圓支隊が韶関を攻略します。
丁挺進隊追求中の師團主力は贛南方面の敵飛行場を下命され、31日、韶関を出発、始興から贛南公路を進撃し、2月3日、丙挺進隊は南雄飛行場を攻略、5日、師團主力は南安、7日、新城及び同飛行場を攻略、15日、師團は韶関に集結し、歩二百三十四第二大隊を南雄、歩二百三十五を始興に配置、贛南公路の警備にあたります。

昭和20(1945)年3月1日、師團は第二十三軍(田中久一中将)戦闘序列に隷属転移、第百三十一師團新設のため歩二百三十四から1個大隊分の人員を抽出し獨立歩兵第五百九十八大隊、歩二百三十五、歩二百三十六両聯隊から1個大隊分の人員を抽出し獨立歩兵第五百九十四大隊を編成し転属させ、歩二百三十四(第三大隊欠)を坪石、楽昌付近に残置し粤漢鉄道線の警備にあたらせ、師團主力は広東省南岸への米軍上陸に備えるべく粤漢線に沿って南下、広東を経て江門に進出、珠江デルタ地帯に展開し陣地構築、敵上陸部隊迎撃訓練を実施します。
4月1日、米軍が沖縄に上陸した事から広東方面への可能性が低下した事から、6月1日、師團は支那派遣軍(岡村寧次大将)に隷属転移、軍予備隊に部署され南昌移駐のため支那第七戦区軍を撃破しつつ北上、7月初旬、贛県に進出、4日、粤漢鉄道線の警備にあたっていた歩二百三十四が師團に復帰、さらに北上中の8月15日、鄱陽湖畔付近において『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。
17日、歩兵第二百三十四聯隊の軍旗が南昌県楼下窩において、歩兵第二百三十五聯隊の軍旗が南昌県新渓塘において、歩兵第二百三十六聯隊の軍旗が豊城県丁家において夫々奉焼されます。

19日、師團は南昌付近を出発、九江を経て、11月22日、南京郊外馬鞍山周辺に集結、28日、支那軍により武装解除され、昭和21(1946)年1月26日から6隊に別れ劣悪な宿営、悪質な支那兵の強盗に遭うなか南京市内の道路・通信線修復作業(特に溝掃除)に従事、4月27日、作業を終了、5月1~9日、南京から上海に移駐、5月7日、支那住民の見送りを受け師團野戦病院が出航、以降逐次上海を出航、29日、師團通信隊が佐世保に上陸したのを最後に全部隊が帰還、復員完結しました。

-歴代師團長-
天谷直次郎 中将 : 昭和14(1939)年10月2日~
青木成一 中将 : 昭和16(1941)年8月25日~
宮川清三 中将 : 昭和19(1944)年8月3日~


第五十五師團(楯→壮八四一三/司令部:八四〇〇)
昭和15(1940)年7月10日、陸軍省は『昭和十五軍備改變要領 其ノ二』を発令、第一・第八・第九・第十・第十一・第十二・第十四・第十六師團は満州永久駐屯師團に指定されます。
同日、軍令陸乙二十二號により、留守第十一師團司令部に編成下令、8月7日、留守第十一師團司令部は第五十五師團司令部(竹内寛中将)に改編され編成完結します。
師團隷下部隊
第五十五歩兵團司令部(善通寺)
 歩兵第百十二聯隊(丸亀)
 歩兵第百四十三聯隊(徳島)
 歩兵第百四十四聯隊(高知)
騎兵第五十五聯隊(善通寺)
山砲兵第五十五聯隊(善通寺)
工兵第五十五聯隊(善通寺)
輜重兵第五十五聯隊(善通寺)

編成完結後、師團は営庭に設置された仮装船舶により舟艇移乗、吉野川での上陸演習を実施します。

昭和16(1941)年9月26日、第五十五師團に動員下令、27日、師團に南海支隊の編成下令、10月4日、南海支隊の編成完結(堀井富太郎少将)、支隊は大本營直轄となり、8日、師團の動員完結、11月6日、師團はビルマ攻略担当の第十五軍(飯田祥二郎中将)戦闘序列に編入、歩百四十三(宇野節大佐、山砲五十五第四中隊、工五十五第三中隊配属)は宇野支隊として軍直轄になります。

13日から師團隷下部隊は逐次坂出、多度津、18日、詫間港を出航(師團司令部は18日、詫間から)、26日、師團主力はハイフォンに、29日、川島支隊(騎五十五聯隊長・川島吉蔵大佐、聯隊主力、山砲五十五第八中隊)はカムラン湾に上陸、12月5日、宇野支隊はサンジャック沖を経て、8日、大東亜戦争開戦に伴い、0400、支隊は泰国のチュンポンに主力、プラチャラプに第二大隊、バンドンに第三中隊、ナコンに第一大隊が上陸、攻勢前進を開始しますが、1200、日泰間に平和進駐協定が成立し停戦、11日、自動車でチュンポンを出発、ビルマ国境のクラ河畔に進出、14日、緬甸のビクトリアポイントを攻略し、馬来攻略にあたる第二十五軍(山下奉文中将)の後方安定を確保します。

11月22~24日、南海支隊は輸送船9隻に分乗し坂出港を出航、29日、母島に集結、12月4日0900、母島を出航、8日、ロタ島に付近に到着、10日、グアム島に上陸しますが、米軍(正規兵368、島民兵282)は山地に撤退しており、支隊は無抵抗で主要目標を攻略、12日、掃討を終えグアム島を攻略します。

師團隷下部隊
歩兵第百十二聯隊(丸亀)
歩兵第百四十三聯隊(徳島)
騎兵第五十五聯隊(善通寺)
山砲兵第五十五聯隊(善通寺)
工兵第五十五聯隊(善通寺)
輜重兵第五十五聯隊(善通寺)
第五十五師團 兵器勤務隊
    〃     衛生隊
    〃     第二・第四野戰病院
    〃     病馬廠
    〃     防疫給水部

南海支隊
第五十五歩兵團司令部(堀井富太郎少将、善通寺)
歩兵第百四十四聯隊(楠瀬正雄大佐、高知)
騎兵第五十五聯隊 第三中隊・速射砲1個分隊(川島清喜中尉、善通寺)
山砲兵第五十五聯隊 第一大隊(穂積鎭雄中佐、善通寺)
工兵第五十五聯隊 第一中隊・器材小隊一部(高森八郎大尉、善通寺)
輜重兵第五十五聯隊 第二中隊(崎川歳春中尉、善通寺)
第五十五師團 衛生隊1/3(赤尾濱吉大尉、善通寺)
    〃     第一野戰病院(坂東丈夫大尉、善通寺)
    〃     病馬廠一部(塩濱康和少尉)
    〃     防疫給水部一部(山本晉大尉)

12月11日、師團主力はハイフォンから南下、27日、バンコクに到着、川島・宇野両支隊は師團に復帰、第二十五軍の側背援護にあたります。
21日、『日泰同盟条約』、昭和17(1942)年1月3日、『日泰共同作戰二關スル協定』が締結され、泰國軍4個師団が北方からの連合軍侵攻にあたる事になったため、第十五軍は第二十五軍の側背援護の任を解かれ、主力はモールメン、沖支隊(歩百十三第三大隊長・沖作蔵少佐)は軍直轄となりタポイ攻略を下命されます。

1月4日、沖支隊は未開の密林を伐開しつつ英軍陣地を奇襲しタポイを攻略、下旬、師團主力は国境のメソードに集結、20日、3縦隊(右:歩百四十三、左:騎五十五、中:歩百十二)となりダウ山系シャン高地を踏破しつつ進撃を開始、中縦隊は英軍200の拠る陣地を攻略、23日、コーカレー南方に集結、30日、アタラン河を渡河し、騎五十五が南からモールメンに突入、師團主力はモールメン東側のパゴタ高地の英軍を撃破、31日、モールメンを攻略、2月20日、歩百四十三第一大隊がモールメン対岸マルタバンの英軍を撃破します。

25日、川島支隊はダイクに進撃し師團主力の側背援護にあたり、3月3日、師團主力はシッタン河を渡河、4日、ザヤトの英軍を撃破し、バヤギを攻略、敵戦車隊の逆襲に苦戦しながらも前進、第三十三師團(櫻井省三中将、仙台)がラングーンに進撃(8日、攻略)し、敵の退路遮断に入ったため、英軍は退却を開始、7日、ペグーを攻略します。

14日、師團は右翼(歩百十二、山砲五十五第二大隊)、左翼(歩百四十三、山砲五十五本部・第三大隊)、正面(騎五十五)の3縦隊となって緬甸援蒋ルート遮断のためさらに進撃、20日、歩百四十三はニャングチドウク付近で戦車を伴う支那ビルマ遠征第一路軍500を撃破、24日、同聯隊第二大隊がトングー飛行場を攻略、26日、支那第二〇〇師3,000の籠るトングーを三方から包囲、敵の激烈な逆襲を受け損害が出たため、28日、重砲兵、爆撃機6機の支援を受け、30日、ラングーンに上陸した第五十六師團(渡邉正夫中将、久留米)が来援、歩百四十三が北方に迂回し退路遮断に入ったため支那軍は退却を開始、同日トングーを攻略します。

4月5日、師團は追撃を開始し北上、エダッセで支那軍を4,000撃破、10日、山砲五十五(山砲18)が野戰重砲兵第三聯隊(十糎榴弾砲8)とともにスワ河北岸の敵陣を砲撃、支那軍は撤退し始めたたため、さらにマンダレー街道を追撃、12日、サガヤ、16日、ミヨラ、17日、タワジ、19日、ピンマナを攻略、戦力の損耗していた第五十五師團を追求してきた第十八師團と会同し、マンダレーに対し並進進撃を下命されます。

22日、師團は師團先頭として歩百十二第二大隊を自動車追撃隊に部署、追撃隊、第十八師團に続いて主力はピンマナを出発、25日、ヤナウンにおいて支那軍を、26日、カンダン付近で戦車10両、火砲を伴う英印軍を撃破、5月1日、第十八師團がマンダレーを攻略、4日、マンダレー西方で第三十三師團に攻撃され敗走する英印軍を補足するため師團主力はミンギャンに進撃しますが、英印軍は師團の間隙を突いて撤退してしまったため、再度東進し、マンダレーに集結、アバ及び対岸のザゲインを攻略します。

同日、第十五軍は隷下師團に英印軍をビルマより駆逐し主要拠点の確保を下命、師團は各自動車追撃隊を編成、騎五十五はマダヤ、7日、シングーに、歩百十二は6日、シュエボ、キヌ、イエウに、歩百四十三は12日、カーサ、14日、バーモ、17日、モーニン、6月12日、トーゴ地区、16日、ワローバン、17日、サンプラハムに夫々北上進撃し掃討を実施、英軍・支那軍を駆逐します。

作戦終了後、師團は中管區に部署され、師團司令部をマンダレー、歩百十二主力をシュエボ、同第二大隊をマンダレー、歩百四十三主力をミイトキーナ、ワインモー地区、同第三大隊をバーモ地区、同第一大隊をモーニン地区、山砲五十五主力をミンゲ地区、第二大隊をミイトキーナ、騎五十五をマダヤ、輜重五十五をアマラプラに配置し、警備・防衛にあたります。

12月1日、師團は緬甸南西沿岸アキャブの防衛を下命され、昭和18(1943)年1月中旬から移動を開始します。

11月末、第14英印軍が宮脇支隊(第三十三師團歩二百十三・宮脇幸助大佐)が守備するアキャブ方面で反攻に転じ、野砲20門、戦車30両を伴う英軍が侵攻、支隊はプチドン、モンドウの前進陣地を徹し防衛戦を縮小、昭和18(1943)年1月6日、ラテドン、11日、ドンペイグ(両地ともアキャブ北方のマユ河左右岸)に侵攻してきたため、支隊は肉迫攻撃、夜襲により敵を拒止します。

昭和18(1943)年1月24日、第五十五師團司令部、2月~3月初旬、師團主力がアラカン山脈を踏破しダンカップより舟艇機動によりアキャブに到着、2月29日、宮脇支隊に替わり宇野支隊(歩百四十三)が英印軍の侵攻を拒止、師團は攻勢に転移(三十一號作戰:第一次アキャブ作戦)、3月8日、宮脇支隊がカラダン河を渡河しアポーカを攻略、14日、棚橋支隊(歩百十二聯隊長・棚橋真作大佐)がラテドンを出発、チズエの英印軍補給所を奇襲しマユ河畔に進撃、25日0030、英印軍の間隙を突いて工五十五(外賀猶一中佐)により渡河します。
4月3日、密林と湿地に苦闘しつつベンガル湾に達し英軍の退路を遮断、4日、支隊主力は海岸道から、第一大隊はインデン東方山地から進撃、6日、インデンに突入、英軍第6旅団司令部を急襲し、第四中隊(黒田中尉)が旅団長・キャベンディッシュ准将以下英軍幹部を捕らえます。
8日、退路を絶たれた英印軍は撤退を開始、退路を啓開しようとする英軍の砲撃を受け支隊本部は大損害を受け、准将も爆死してしまいます。
13日、宇野支隊はランチャン、ドンペイグから北上を開始しますが、英第6旅団の逆襲を受けます(英軍主力は攻勢の態勢を維持しているため包囲殲滅できる態勢)。
14日、棚橋支隊が攻撃を開始、両支隊は英第6・47旅団を包囲、追撃し大損害を与え、戦車・装甲車40両、自動車73両を鹵獲、5月8日、プチドン、14日、モンドウを攻略し英軍を撃破、作戦終了後、師團は棚橋支隊をマユ半島海岸地帯に、久保支隊(歩百四十三、聯隊長・久保元武大佐)をカラダン河谷に、土井部隊(歩二百十三第一大隊基幹、聯隊主力は6月、第三十三師團に復帰)をプチドン、モンドウに、川島支隊(騎五十五)をアキャブ島に、伊藤部隊(歩二百十三第二大隊基幹)をポロンガ島に配置し守備にあたります。
古閑健中将
▲第4代師團長・古閑健中将
  温厚で部下思い、階級を越え兵や下士官にも声をかけ
  当番兵の体調にも心を配る将軍でした。

昭和17(1942)年1月4日、南海支隊はラバウル攻略を下命され、14日1330、輸送船9隻に分乗し大宮島(グアム島から改称)アブラ港を出航、22日2340、ラバウルに上陸(豪軍1,400)、歩百四十四第一大隊(塚本初雄中佐)がラバウル市街を攻略、24日、残敵掃討を終え、警備にあたります。

3月8日、FS作戰(米豪遮断作戰)の第一段として、歩百四十四第二大隊(堀江正少佐、山砲五十五第三中隊配属)がサラモアを攻略、15日、海軍陸戦隊と交代し支隊に復帰、5月4日、支隊はポートモレスビー攻略のためラバウルを出航、7日、珊瑚海海戦が生起、我が方は軽空母「祥鳳」沈没、空母「翔鶴」が大破(艦載機81機喪失)するも、敵空母「レキシントン」撃沈、同「ヨークタウン」中破(同66機喪失)の戦果を挙げ勝利しますが、海路からのポートモレスビー攻略は延期され、10日、支隊はラバウルに帰還します。

5月20日、支隊は第十七軍(百武晴吉中将)に隷属転移、6月7日、ミッドウェー海戦の結果、7月11日、FS作戰は中止されますが、大本營はラバウルの安全確保のため、陸路でのポートモレスビー攻略を立案、18日、第十七軍は南海支隊にポートモレスビー攻略を下命、支隊は在島の各部隊を指揮下に編入、20日、レ号作戰(スタンレー作戰)を開始、21日、先遣隊(獨工十五基幹、歩百四十四第一大隊、山砲五十五第一中隊)が輸送船3隻に分乗しラバウルを出航、22日、敵機の空襲下ブナ近傍のバサブアに上陸、ギルワ-ソプタ-サンボを前進し、29日、豪第39大隊第13中隊を撃破しココダ、及び同飛行場を攻略、獨工十五はサンボまでの道路を自動車用に改修、物資集積を開始、歩百四十四第一大隊(塚本初雄中佐)、山砲五十五第一中隊(濱田貞彦中尉)は2,000m級の山が連なるオーエンスタンレー山系に入りデネギで豪軍を撃破し、23日、イスラバ(豪第30旅団第39大隊)の敵陣に接触します。

南海支隊
第五十五歩兵團司令部(堀井富太郎少将)
歩兵第百四十四聯隊(楠瀬正雄大佐)
歩兵第四十一聯隊(矢澤清美大佐、福山)
騎兵第五十五聯隊 第三中隊・速射砲1個分隊(川島清喜中尉)
山砲兵第五十五聯隊 第一大隊(穂積鎭雄中佐)
工兵第五十五聯隊 第一中隊・器材小隊一部(高森八郎大尉)
輜重兵第五十五聯隊 第二中隊(崎川歳春中尉)
第五十五師團 衛生隊1/3(赤尾濱吉大尉)
    〃     第一野戰病院(坂東丈夫大尉)
    〃     病馬廠一部(塩濱康和少尉)
    〃     防疫給水部一部(山本晉大尉)
獨立工兵第十五聯隊(横山與助大佐、高槻)
  〃  第十聯隊第三中隊・同第一中隊第四小隊(鵜飼義信中尉)
第三十七碇泊場司令部の一部(森本誠一少佐)
水上勤務第四十中隊(鈴木喜與司中尉)
水上勤務第百中隊第一小隊(野路井晉中尉)
陸上勤務第百二十四中隊第一小隊(花津谷修一郎中尉)
船舶高射砲聯隊の一部(富田惣吉中尉)
船舶通信聯隊の一部(吉村有二少尉)
第四十五固定無線隊(上妻幸生中尉)
獨立無線第八十八中隊の一部(山本亮馬准尉)
獨立無線第七小隊(飯塚榮次中尉)
獨立野戰高射砲第四十七大隊(渕山貞英中佐)
臨時編成輜重隊(歩四十一第一・第三大隊計662名、他に高射砲要員8名抽出)
道路構築隊(歩四十一第二大隊56名抽出、パラオ在住邦人から)
高砂義勇隊(台湾先住民から)
朝鮮人人夫

8月16日、ダバオより歩四十一がラバウルに上陸し南海支隊指揮下に編入されます。
17日、支隊主力の第一次輸送(歩百四十四基幹)が輸送船3隻に分乗しラバウルを出航、18日、バサブアに、19日、第二次輸送(歩四十一第一大隊欠)はラバウルを出航、21日、バサブアに上陸しますが、25日に出航した第三次輸送(歩四十一第一大隊、臨時輜重隊)はラビ方面の戦局悪化に伴い護衛を担当した第十一航空戰隊の意見具申によりラバウルに引き返します。

19日、各宿営地を出発、豪雨のなか、23・24日、ココダに集結(歩四十一は26日、到着)、24日、歩百四十四(楠瀬大佐)はココダを出発、オーエンスタンレー山系に入り、26日、第一大隊を掌握し右翼隊とし、第三大隊(桑田玄四郎中佐)を左翼隊に、第二大隊(堀江正少佐)を間道から敵陣右後方に迂回させるように部署、イスラバの豪軍陣地(第39・第53大隊、第14・第16大隊の各2個中隊)に攻撃を開始、30日、強行軍で追求してきた歩四十一主力が歩百四十四右翼側から攻撃に参加、歩四十一第二大隊(小岩井光夫少佐)は敵陣西側から迂回し退路を遮断したため敵は退却、同日、イスラバを攻略し大量の糧食を鹵獲、歩百四十四は追撃を実施します。

9月1日、追撃隊を歩百四十四と交代した歩四十一(第二大隊基幹)は追撃を開始、ギャップ周辺に拠る豪軍を撃破、5日、追撃隊は再び歩百四十四に交代(同日、楠瀬大佐は病気により後送、塚本中佐が代理)し、6日、カギを通過、7日、敵機の空襲により100名が死傷する損害が出ますが、第二大隊を左翼、第三大隊を右翼に部署しエフォギ南方高地の豪軍(第14・16・27大隊各2個中隊)を攻撃し、8日、豪軍を撃破し敵陣を突破します。
8日、第一線部隊に糧食が追送されるも、この頃から支隊内にマラリアが発生、また糧食も慢性的に不足してきます。

11日、歩百四十四はマワイ南方高地の豪軍1個中隊を撃破、12日、イオリバイワの敵陣(豪軍5個大隊)北側のナロ河に達し、13日、聯隊は攻撃を開始、堀井少将はポートモレスビー攻略間近と判断し糧食の全力担送、軍司令部に空中補給を要請し、歩四十一をナロ河右岸地区に集結(14日、第一大隊が到着)させ両聯隊の並立進撃を企図します。
15日1200、陣地東側の三角山を第八中隊(柳瀬義衞中尉)が攻略した事により豪軍は動揺、16日1600、第三大隊がイオリバイワを攻略、遂にポートモレスビーを眼下に望みます。

8月7日、連合軍がガダルカナル島に上陸を開始、21日、ガ島奪還を目指した一木支隊(歩二十八第一大隊基幹、一木清直大佐)の攻撃が頓挫した事を受け軍は2正面作戦は不可能と判断、ガ島奪還を優先し、且つ南海支隊の状況、特に補給、損害を考慮しオーエンスタンレー山系の頂上付近のマワイ以北(イオリバイワ北西)を確保し、事後の攻撃に備える様下命しますが、支隊は2,000m級の山脈が続く同山系を踏破するのに無線機の搬送が困難な事からココダに残置、連絡はココダから徒歩で行っていたため、受命が遅れ、9月14日、待機命令を受領、堀井少将はポートモレスビーまで80km(直線距離32km)と迫りながら、攻撃前進を停止、イオリバイワを確保しつつ糧食の確保にあたります。

豪軍はイオリバイワ南方8kmのイミタに侵出布陣、16日、堀井少将は歩百四十四第二大隊に砲・工兵1個中隊を配属(スタンレー支隊)しレフトン山に配置し豪軍の追撃に備え、歩四十一第二大隊を主力後衛とし糧食が欠乏するなか転進を開始、22日、歩四十一主力がココダに到着、25日、敵の上陸に備え支隊命令によりブナ方面に移駐、10月4日、支隊主力がココダに集結します。

10月3日、スタンレー支隊正面に豪第7師団第16旅団(3個大隊)が侵攻、13日、敵の攻勢激化に伴い、ス支隊は前進陣地を徹し主陣地に転進、敵は包囲にかかったため、堀井少将は歩百四十四第一大隊を増援として急派するとともにイスラバ南方20kmのイオラに転進を下命します。
25日、堀井少将はさらにス支隊をクムシ河まで転進させるべく、歩四十一第二大隊(歩百四十四指揮下に)を増派、28日、ス支隊は離脱に成功します。

11月1日、堀井少将は要所・ココダ平地防衛のため臨時輜重隊を復帰させ原隊に帰隊させるとともに歩四十一主力をオイビ(クムシ河西方15km)に、歩百四十四を南側迂回路防衛のためゴラリ南側バロベ高地に配置し敵拒止にあたりますが、4日、豪第16大隊が歩四十一を包囲、5日、豪第25大隊が歩百四十四陣地に侵攻、さらに8日、支隊司令部に浸透し退路が遮断されたため、歩百四十四第一大隊(山砲1個中隊配属)は支隊司令部の後方連絡線確保のためイリモ(ゴラリとクムシ河中間)に進撃し豪軍陣地を攻撃します。

10日2000、堀井少将は支隊の全面転進を決し司令部は歩四十一第三大隊を後衛として聯隊主力とともに転進を開始、山砲五十五第三中隊(高木義文中尉)に山砲を土中に埋め司令部収容の重傷患者担送を下命しますが、『砲兵操典』を信条(「火砲は砲兵ノ生命ナリ。・・・)とした高木中尉は山砲の放棄を潔しとせず、堀井少将に山砲、患者ともに転進を懇請、不許可になったため高木中尉は山砲を土中埋設、患者担送を部下に下命後、自決してしまいました(山砲十一第一大隊はオーエンスタンレー山系踏破にあたり携行弾数を優先すべく各中隊1門(ブナに+1門予備)の計4門編制でした)。

2200、歩百四十四主力は第五中隊を先頭に転進を開始、ババキ付近でクムシ河を渡河し、17日、ギルワに集結し獨工十五・横山大佐(堀井少将の消息不明のため南海支隊長代理)指揮下に入り、ギルワ南方6kmに位置し敵侵攻拒止にあたります。
また、イリモ攻撃中の第一大隊はイリモ西方でクムシ河を渡河し支隊主力とともに転進します。

14日、支隊司令部・歩四十一はクムシ河に達し、後衛を第二大隊に変更し追撃して来た豪軍を遅滞戦闘により拒止しつつ、支隊主力は川沿いを北上しますが、16日、ギルワ方面からの断続的な砲声を聞き、堀井少将は戦闘指揮のため支隊主力の指揮を歩四十一聯隊長・矢澤大佐に委任、19日、堀井少将、参謀・田中豐成中佐、各当番兵2名、筏乗り出身の伍長1名は支隊主力に先行しギルワに向かうべく筏でクムシ河を下りますが、筏が大木に引っ掛ってしまい離そうとした伍長が水没散華してしまいます。
堀井少将の当番兵で漁師出身の福岡重春兵長は筏に積載してあった無線機の配線を体に巻いて泳いで筏を離し対岸まで渡すことに成功しますが、上陸時に田中中佐の当番兵(上等兵)が水没散華してしまいます。
堀井少将、田中中佐、福岡兵長は河に沿って前進、付近にあったカヌーに乗り換え河口に達し、さらに海岸沿いに南下したところで雷雨による突風のためカヌーは転覆、田中中佐が水没散華、堀井少将は福岡兵長に司令部附・富田義信中佐への後事を託し、天皇陛下万歳を唱え拳銃で自決してしまいます。
堀井富太郎少将
▲堀井富太郎少将(士候23)兵庫県出身
  責任感が非常に強く、困難な状況下卓越した指揮により驚異的
  な速度でポートモレスビーに迫りますが、軍命により無念の転進。

11月16日、南太平洋方面の組織強化のため大陸命第七百十四號により第八方面軍(今村均中将)が編成(26日から統帥発令)、第十七軍、新設の第十八軍(安達二十三中将)は第八方面軍戦闘序列に、南海支隊は第十八軍戦闘序列に編入され、支隊は獨混二十一旅團(山縣栗花生少将、歩百七十聯隊基幹)の指揮下に入ります。
同日、B25爆撃機の空襲の後、ブナに米第32師団が上陸して来ます(堀井少将が聞いた砲声はこの上陸時のもの)。
16日、山本重省大佐が歩百四十四聯隊長に補職され、歩百四十四補充兵700名、第三十八師團歩二百二十九第三大隊(監物平七少佐、1,500名)を指揮し聯隊追求、及びブナ防衛のため、17日、第一次上陸部隊(山本大佐以下1,000名)がラバウルを出航、18日、ブナに上陸、第二次上陸部隊(500名)がラバウルを出航し敵機の空襲下ブナに上陸し横須賀鎭守府第五特別陸戦隊(安田義達 大佐)陣地に合流します。
19日、米軍がブナ新飛行場に侵攻してきますが守備隊が撃退、21日、航空機の支援を受け再度飛行場、及び海岸方面の2方向に侵攻、守備隊が拒止にあたりますが、12月18日、戦車を伴う敵が侵攻、歩二百二十九第三大隊は戦車4両を炎上、2両を擱座させますが大損害を受け新飛行場を失陥してしまい、クリーク西側に転進、20日、獨工十五との連絡が途絶、23日、旧飛行場に敵が侵攻、28日、旧飛行場を失陥、守備隊、陸戦隊は夫々海岸に圧迫され包囲されてしまいます。

11月19日1600、ギルワ南方の歩百四十四第三大隊・歩四十一第三中隊(竹中秀太中尉、回復患者混成中隊)正面が豪軍2個大隊により奇襲攻撃を受け布陣間もない聯隊は混乱、前進陣地は突破され第三大隊長・桑田玄一郎中佐以下30名が散華(大隊戦力100名に)、塚本中佐の指揮により豪軍を拒止しますが、聯隊本部も大損害を受け一時軍旗奉焼が行われます(一部が焼けただけで無事)。
敵は火砲の支援に加え戦車を投入し攻勢を強化、ギルワ・ブナ方面の我が陣地に急速に浸透、21日、歩百四十四補充員800名がバサブアに上陸(歩四十一新第三大隊長・村瀬五平少佐指揮)、28日より獨混二十一旅團(山縣栗花生少将、歩百七十聯隊基幹)は4次に分かれ駆逐艦によりバサブアに上陸を開始しますが、敵機に阻まれ部隊・物資輸送は進みませんでした。

11月19日、転進中の南海支隊主力はビンガ付近で濁流と化したクムシ河を渡河、濁流に加え糧食の欠乏、マラリアの蔓延により落伍者が続出するなか、26日、河口のゴナに集結、獨工十五・横山大佐指揮下に入り、さらに支隊はギルワに転進し増援部隊上陸の安全確保を下命されたため、28・29日、舟艇によりギルワに集結、支隊はギルワ南西に歩百四十四(西南地區隊)、その後方1,500mに歩四十一、獨工十五(中央地區隊)、西南-中央地區隊の中間に村瀬大隊(西南豫備隊)、ギルワ付近に山砲五十五第一大隊を配置し、敵の侵攻を拒止します。

11月28日、豪軍第25旅団(4,000名)がバサブアに侵攻、12月1日、歩四十一第二・第三大隊(第二大隊長・小岩井少佐指揮)の先発隊(第五・第八中隊)は大発によりギルワを出発、バサブア増援に向かいますが、上陸地点を誤り敵の機関銃射撃を受けたため反転せざるを得ず、8日、バサブア地區隊(臨時道路構築隊長・山本恒一少佐以下700名)は後方混成部隊ながらも敵の重囲下勇戦、豪軍750名を死傷させますが、遂に玉砕しバサブアを失陥してしまいます。
山本少佐辞世「南の 防人どもの散り果てし 草むす野辺に われ伏して拝ろがむ」

12月14日、新南海支隊長・小田健作少将が獨混二十一旅團の第二次輸送隊とともにマンバレー河口(クムシ河北西50km)に上陸、舟艇により、19日、ギルワに到着し南海支隊長に着任、獨工十五聯隊長・横山大佐より指揮権を継承します。

31日、ブナ守備隊救援のため歩四十一は歩百七十第一大隊・同第九中隊を指揮下に編入しギルワを出発(舟艇は燃料不足のため陸路)しますが、昭和18(1943)年1月2日、山本大佐以下ブナ地區隊は玉砕、聯隊は生存者(陸軍180、海軍190名)を収容しギルワに帰還します。

9日、西南-中央地區隊間の連絡が遮断されたため、12日、歩百四十四は敵の包囲を突破し、敵中南西のソプタを急襲、敵の軍需品を鹵獲した後ブナ方面に転進、再びギルワに機動する事を企図しますが、戦力の低下から大損害を受け北西のクムシ河に向かいます。

13日、小田少将は敵の浸透状況に鑑み最終決戦態勢を取るべく支隊司令部を海岸付近に移駐、15日、村瀬大隊、獨高第四十七大隊を後退させ陣地再編成を企図しますが、16日0900、敵は激烈な準備射撃ののち総攻撃を開始、1500、司令部と中央地區隊の連絡は遮断され、同地區隊は敵中に孤立してしまいます。
20日、支隊は獨混二十一旅團よりクムシ河口に転進を下命され、小田少将は隷下部隊に「2000、敵中を突破し転進」、及び生存者を優先すべく行動不能患者300名の残置を下命、患者取扱いに関し自らが全責任を負う命令を下達します。
2000、南海支隊は豪雨のなか村瀬大隊を前衛として転進を開始、多数の重傷者は転進部隊に別れを告げ相次いで自決していきます。

1月21日未明、支隊司令部15名は転進を開始しますが、小田少将は当番兵・福岡兵長に懐中時計と鯖缶を渡し先行させ「万事これで終わった。一つ煙草でもゆっくり吸おう」と言い残すと繁みに入り外套を敷くとその上で司令部附・富田中佐とともに拳銃で自決しました。
※小田少将の最期に付いて某ネット百科事典には少将の名誉を汚す様な記述がされていますが、デタラメです。
小田健作少将
▲小田健作少将(士候23)福岡県出身
 正義感、義侠心、犠牲的精神が強く、弱者に極めて親切な
  将軍で人望も厚く、卓越した教育者でもありました。

23日、バサブア-ソプタ道の敵陣を迂回し同道を突破し、26日、シリ、27日、ソボリ、28日、ヒリ、29日、クンバタを経由し、30日、支隊(歩百四十四聯隊長・吉田章雄大佐代理)隷下部隊は逐次クムシ河右岸地区に到着、2月5日、支隊は集結を完了しますが、11日、マラリヤに罹患し衰弱していた山砲五十五第一大隊長・穂積中佐は部下の負担になる事を恐れ担送を拒否し自決してしまいます。
山砲兵第十一聯隊 穂積鎭雄中佐(善通寺)
▲山砲兵第五十五聯隊第一大隊長・穂積鎭雄中佐

2月、患者を先頭に大発によりマンバレーに集結、3月、支隊は西方に転進を開始、4月、舟艇機動でサラモアに移駐し任務が解除され、逐次ラバウルに集結し戦力の回復にあたり、6月17日、第十八軍戦闘序列は解かれ、7月26日、輸送船3隻に分乗しラバウルを出航、マニラを経由しますが、9月2日、歩百四十四乗船の宏山丸が敵潜サンフィッシュの雷撃を受け、5日、曳航中に沈没、人的被害は殆ど無かったものの船団待ちのため1月程、高雄に滞在した後、シンガポールに上陸、陸路バンコクに到着、10月下旬、ラングーンに集結、マユ半島に向かい、12月8日、第五十五師團に復帰します。
師團隷下部隊
第五十五歩兵團司令部(善通寺)
歩兵第百十二聯隊(丸亀)
歩兵第百四十三聯隊(徳島)
歩兵第百四十四聯隊(高知)
騎兵第五十五聯隊(善通寺)
山砲兵第五十五聯隊(善通寺)
工兵第五十五聯隊(善通寺)
輜重兵第五十五聯隊(善通寺)
第五十五師團 通信隊
    〃     兵器勤務隊
    〃     衛生隊
    〃     第一・第二・第四野戰病院
    〃     病馬廠
    〃     防疫給水部

昭和19(1944)年1月15日、大陸命第九百五十五號により第五十五師團は第二・第五十四師團とともに第二十八軍(櫻井省三中将)戦闘序列に編入されます。

昭和18(1943)年11月頃から英第15軍団(英印第5・第7師団)が再びコックスバザー付近から歩百四十三が守備するモンドウ-プチドンの線に南下、英印第7師団の侵攻を歩百四十三第三大隊が、英印第5師団の侵攻を同第一大隊が拒止します。

1月11日、第五十五師團は第十五軍が準備中のウ號作戰(インパール作戦)を容易にし、且つアキャブを防衛すべく英印軍牽制・誘引のため、ハ號作戦(第二次アキャブ作戦)を準備、師團司令部をゼニンビア付近に、歩百四十四をマユ山系西側のアレサンヨー-インデン-ドンペイグに配置、2月3日、櫻兵團(歩五十五歩兵團長・櫻井徳太郎少将、歩百十二、歩百四十三第二大隊、第三十三師團歩二百十三聯隊第一大隊、山砲五十五、工五十五)はプチドン東方地区から進撃を開始、第七飛行師團の援護のもと、マユ河に沿って北上し、4日、マユ河上流のカラバンジン河で渡河、0400、英印軍150名を奇襲しトングバザーを攻略、英印軍の背後に周り、5日、南西進し歩百十二第一大隊がシンゼイワ西方マユ高地の道路を遮断、第三十三師團歩二百十三聯隊第一大隊(久保正雄少佐)は西進し、6日、ヌガンギャンを攻略し英印第5師団の後方連絡線を遮断し英第15軍団司令部を急襲するとともに、英軍の増援を阻止、7日、歩百十二主力は三一六高地の英印第7師団司令部を急襲し激戦ののち攻略、プチドンを守備していた歩百四十三第二・第三大隊も攻勢に転移し英印第7師団をシンゼイワ盆地に包囲します。

7日、歩百十二は一気に包囲環の圧縮にかかりますが、昼間は盆地周辺の山地脚に分散、夜間は戦車・火砲を外周に配した円筒陣地に籠り頑強に抵抗する英印軍に攻撃は遅滞、さらに8日、英印軍の空中補給が開始されます。
10日、歩百十二は英印第7師団を2ヶ所の円筒陣地に圧縮包囲に成功しますが、密林に射界が妨げられ、また頑強な円筒陣地に次第に損害が増加、11日、夜間攻撃を開始しますが敵の持久戦に損害が増加、敵戦車破壊のため特別攻撃隊3班を投入するも奏功せず、次第に弾薬・糧食が欠乏、13日、第五飛行師團の戦爆連合75機が敵陣地を空襲するも、直協連絡が無く戦機を失してしまいます。
16日、シンゼイワ北方より英印第26師団が、カラダン河谷から英西阿第81師団が侵攻、川島支隊が拒止にあたりますが損害を受け兵團後方連絡線のアポークワまで転進します。

19日、櫻井少将は円筒陣地攻略のため英印第7師団を盆地外に誘引すべく包囲環を開き、敵を追い出すため歩百十二に総攻撃を下命しますが、歩百十二聯隊長・棚橋真作大佐は戦力の低下から総攻撃を22日に延期したうえ、最終的に攻撃を中止してしまいます。
26日、櫻井少将は戦線の維持が困難になった事から櫻兵團の転進を開始、28日、多数の重傷者を伴いながら英印軍の陣地を突破、追撃を撃退しつつプチドン東方地区に集結、3月3日、歩二百十三第一大隊が敵中60kmを突破しオーラビンに到着します。

師團は少数精鋭による挺進攻撃により英印軍火砲を破砕すべく、歩百十二第一大隊、歩百四十三第一大隊を選抜、3月5日、両大隊はマユ山系を横断しゼガンビン、ノーローダンにおいて英印軍砲兵隊を奇襲、火砲を破砕します。

3月上旬、師團前衛であるモンドウ-プチドン北側の全陣地に爆撃機・火砲に支援され戦車を伴う英第15軍団(英印第5・第7師団・第254戦車旅団)が侵攻、8日、歩百十二が守備するプチドン北方25kmの一二一高地、10日、プチドンが奪取され、12日、プチドン南方3kmのバグナに浸透、18日、歩百四十三、歩百四十四が守備するマユ山系以西の一三〇一、七〇一高地が包囲され、要地・トンネル東方高地が奪取されます。

師團は敵の浸透を受けながらも各陣地を堅守し敵の侵攻を拒止、2月20日~4月3日、マユ半島海岸方面守備の歩百四十四は、艦砲射撃を伴いインデン付近から上陸を企図した英印軍を3度に渡り撃退します。
3月8日、ウ號作戰の開始に伴い師團前面の英印軍機甲部隊がインパール方面に移動、英印軍がシンゼイワ以北に後退したため、師團は英軍をアキャブ方面に抑止すべくトングバザー-ポリパザーの線に追撃を下命しますが、師團戦力は著しく低下しており、英印第25・第26・英第36師団の逆襲を受け、4月6日、山砲五十五聯隊長・小林五一中佐、17日、歩百十二聯隊長・棚橋大佐が相次いで病気により後送されるなど進撃は頓挫、師團は逐次陣地整理を実施、少数精鋭による挺進奇襲攻撃により英軍の擾乱にあたります。

5月5日、師團は英印軍により奪取されたプチドン-モンドウの要線を奪還すべく櫻井兵團(歩百十二、歩百四十三第三大隊、歩二百十三第一大隊、山砲五十五)を編成、兵團は南北より攻勢に転移、同日、プチドン西方高地において歩百四十三聯隊長・土井元武大佐が散華するなど大損害を受けますが、英印第26師団を北西に撃滅し要線の奪取に成功します。

7月2日、ウ號作戰の中止に伴い英軍は中部ビルマ方面に侵攻してきたため、師團はアキャブを徹する事が決定、8月中旬、櫻支隊(櫻井徳太郎少将、歩百十二第二・歩百四十三第一・歩百四十四第三大隊、騎五十五、山砲五十五集成1個大隊、工五十五集成1個中隊)は第二十八軍(櫻井省三中将)直轄となり、モドーク山脈に布陣し師團主力の転進を援護、第五十四師團で編成された松支隊(第五十四歩兵團長・木庭知時少将)とともに侵攻してきた英軍を陽動により拒止、師團はベンガル湾沿いで英軍を拒止すべく、雨季で泥濘化した山道を南下、9月上旬~下旬、イラワジ河下流三角州(イラワジデルタ)地帯に集結、陣地構築を開始します。

昭和20(1945)年1月25日、師團は軍の立案したイラワジ會戰に策応すべく干城兵團(歩百十二聯隊長・古谷朔郎大佐、同聯隊基幹)を編成しメイクテーラ北方50kmのポパ山付近に配置、神威部隊(騎五十五聯隊長・杉本泰雄大佐、騎五十五基幹)を英軍に策応し背叛、我軍の作戦の妨害にあたるビルマ国民軍の討伐にあたらせます。
3月中旬、イラワジ會戰の各戦線は逼迫、緬甸方面軍は敵の侵攻をトングー付近で拒止すべく隷下部隊の転進集結の援護を第二十八軍に下命、第五十五師團は方面軍直轄となり振武兵團(第五十五歩兵團長・長澤貫一大佐、歩百四十三基幹)をイラワジデルタに残置、師團主力は忠兵團(歩百四十四基幹)を編成し、吉田先遣隊(吉田章雄大佐、歩百四十四第一・第二大隊、騎五十五第三中隊、工五十五第三中隊、獨立速射砲第十四大隊)を先頭に3縦隊となりトングーに前進を開始します。

-忠兵團- 師團長・花谷中将指揮→転任により参謀長・小尾哲三大佐→〃副官・栗田嘉重中佐
師團司令部、歩百四十四、歩百十二第三大隊、騎五十五第三中隊、山砲五十五第二大隊、工五十五、輜重五十五
第三十三軍(本多政材中将)指揮下
4月1日、吉田先遣隊はトングーに到着、周辺の匪賊討伐を開始、7日、1個小隊をモーチ鉱山に分遣し付近の警備にあたります。
8日、第五十三師團守備のヤナウン、10日、第十八師團守備のピヨベ、11日、第四十九師團守備のヤメセン(トングー北方200km)が英第5・第17師団軍機甲部隊に突破され、第三十三軍方面の戦況が急速に悪化したため、方面軍は忠兵團にピンマナ(トングー北方100km)への急進を下命、先遣隊は部隊の集結を待たずして北進しピンマナ北方シンテ河橋梁付近に第一線陣地(第三大隊・永見安治少佐)、テゴンに第二線陣地を構築し布陣、師團参謀・中川七良大佐が到着、築城の指導を行います。

13日、英印第20師団がザエコン-イワマンを突破しトントンジーに迫ったため、第二十八軍は忠兵團左縦隊(歩百四十四第九中隊、山砲五十五第一中隊、工兵1個小隊)を神威部隊指揮下に編入、敵の拒止を下命します。

14日、シンテ河に戦車10両を伴う英印軍が侵攻、第三大隊は激戦の後、撃退しますが師團参謀・中川大佐が散華してしまいます。
15日、先遣隊は転進してきた第三十三軍司令部、第十八師團司令部を収容、第十八師團長・中永太郎中将の指揮下に入り、軍の転進援護にあたるべくシンテ河の陣地を徹しグエビン、パークピンタ南方高地(シンテ河南方)に転進、16日、侵攻してきた戦車6両を伴う英印軍100を撃退し、第三十三軍の後衛援護にあたりつつ、17日、カンデに集結、18日、師團復帰を下命されカンデを出発します。
19日、第三十三軍はピンマナ付近で英印軍侵攻拒止を企図、トングーを経由し忠兵團は17日から逐次ピンマナに到着し第三十三軍隷下部隊と合流しますが、移動距離が長大な事から19日時点で兵團戦力は未だ砲兵は第四・第六中隊、歩兵2個中隊程のため陣地編成はままならず陣地を突破されてしまいピンマナを失陥、第三十三軍はシッタン河左岸地区に転進します。

20日、先遣隊はピンマナ北方に転進しますが、ピンマナが陥落した事を知り、師團命令により敵中を突破しシッタン河を渡河、24日、キャウコに集結し、第五十五師團に復帰、南下する英印軍を拒止すべく山砲五十五第二大隊(山口芳男少佐、第五中隊のみ)を配属されトングーに前進し、所在の部隊を集成しトングー防衛隊が編成され本道・支道を封鎖します。
22日早朝、英印軍機甲部隊がトングーに侵攻、歩百四十四は山砲の支援を受け敵の侵攻を拒止しますが、敵は迂回包囲態勢に入り山砲は全損し転進命令を受け敵中を突破しシッタン河を渡河、モーチ街道において敵の侵攻を遅滞させるべく持久戦闘を実施します。

南方軍はプノンペン付近に兵力を結集し、ラオスのパクセ付近に複郭陣地の築城を策定、兵團は南方軍総予備戦力に部署され、6月初旬、インドシナ方面への転進を開始(師團長・花谷中将、モールメンに先行)、7月初旬、モールメンに移駐、18日、モールメンを出発、23日、バンコクに到着、27日、バンコクを出発、29日、プノンペンに集結(師團長・佐久間亮三中将着任)、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。
6月23日、歩百四十四は転進を開始、豪雨の中、8月4日、パブンを経由、ピリン河谷を通過し、18日、モールメンに集結、停戦を迎えます。

-神威部隊- 騎五十五聯隊長・杉本泰雄大佐(のち大谷虎熊少佐)
騎五十五、歩百十三第一大隊、山砲五十五第一大隊、工五十五1個小隊
【最終配属部隊】
歩百四十三第一大隊、渡河作業隊、西南憲兵隊、交通作業隊、神威部隊、山砲五十五第二大隊、獨立第五百四十二歩兵砲大隊、同五百四十三、獨立重砲兵第五聯隊第二大隊、歩百四十四第九中隊、第二十八軍司令部第一梯團、同第二梯團
第二十八軍指揮下
1月25日、第五十五師團において編成され、3月中旬、プローム、アランミョウに進出し英軍に策応し背叛、我軍の作戦の妨害にあたるビルマ国民軍の討伐にあたります。
4月中旬、メイクテーラ西方のエナンジョン油田に英印第20師団が侵攻、第二十八軍は英軍を拒止し軍右側背の安全を確保すべく、ピンマナ集結中の忠兵團左縦隊(歩百四十四第九中隊、山砲五十五第一中隊、工兵1個小隊)を神威部隊指揮下に編入し、エナンジョンの確保を下命、部隊は北上を開始し夜襲によってトントンジーを攻略、17日、サットワに前進しますが、エナンジョンが既に陥落していたため、軍命令によりアランミョウに転進、19日、部隊は転進中の第五十四師團(宮崎繁三郎中将、姫路)指揮下に編入されます(当時第五十四師團はアラカン山脈を東進中のため軍が直接指揮)。

北部ビルマからの転進道でもあり、アラカン山脈以西からプローム方面へ転進中の第五十四師團の転進を容易にするためにも確保すべき要地・アランミョウを防衛すべく、部隊はアランミョウ-パローの縦深陣地に移動します。
27・28日、部隊を追撃してきた戦車を伴う英印軍がアランミョウに侵攻、野山砲、肉迫攻撃により戦車7両を撃破、3両を炎上させますが、部隊も野砲2、速射砲2門が破壊されたため、28日、杉本大佐はベッテキクリーク南方高地(アランミョウ南10km)において反撃を企図し、パロー陣地に転進集結します。
同日、第五十四師團先遣隊(師團参謀長・倉澤勘三郎大佐)がイラワジ河畔に到達、軍はベッテキクリーク南方-バロー要線を防衛のため急遽第二十八軍指揮下部隊を集成し先遣隊と神威部隊を合わせパロー支隊を編成(倉澤大佐指揮)、29日、ベッテキクリーク南方高地に英印軍(戦車を伴う1個旅団)が侵攻、山砲五十五第三中隊は敵戦車5両を撃破しますが山砲は全損、肉攻班も玉砕、対戦車兵器を失った部隊の各陣地は分断され、敵はパローに浸透、5月1日、遂にパローが突破されてしまい、部隊はパロー南側隘路まで転進します。

3日、ラングーンが陥落、ラングーン-プローム街道に英軍が浸透したため、第二十八軍は緬甸方面軍との連絡線が遮断され敵中に孤立、軍司令官・櫻井中将は隷下・指揮下兵團にペグー山系に集結後、シッタン平地次いでシッタン河を渡河しシャン高原西麓を突破、モールメンへ転進を下命します。
5月中旬~6月下旬、神威部隊はペグー山系西麓に集結、神威部隊長・杉本大佐は左突破縦隊指揮官を命ぜられ、7月初旬、ペグー山系北側に向け転進を開始、7月20日、ペグー山を下山し邁作戰を開始、22日、増水したクン河を渡河、英第7、第19師団の浸透しつつある中を突破し、23日、オキシーキンに集結しますが、追撃してきた英軍を拒止すべく指揮にあたっていた杉本大佐が敵弾を受け散華してしまいます(大谷虎熊少佐代理)。
24日、部隊は夜陰に乗じてマンダレー街道を突破し、雨季により浸水したシッタン平地を踏破、28日、濁流と化したシッタン河を渡河、8月初旬、シャン高原西麓に集結中、停戦を迎えます。

-振武兵團- 歩兵團長・長澤貫一大佐指揮
第五十五歩兵團司令部、歩百四十三、歩百四十四第二中隊、山砲五十五、輜重五十五第一中隊
第二十八軍指揮下
5月3日、ラングーンが陥落、第二十八軍は緬甸方面軍との連絡線が遮断され敵中に孤立、軍司令官・櫻井中将は隷下・指揮下兵團にペグー山系に集結後、シッタン平地次いでシッタン河を渡河しシャン高原西麓を突破、モールメンへ転進を下命されたため、兵團はイラワジデルタ地帯を出発します。
11日、ニヤンピン東方に集結、第五十四師團の集結を待ち、6月下旬、兵團はペグー山系南側に向け転進を開始、7月20日、兵團は3縦隊になり東進を開始(邁作戰)、広大な湿地。池沼地帯のため行軍が遅れ30日、右縦隊、8月4日、中縦隊、5日、左縦隊は濁流と化したシッタン河を渡河、8月15日、キャウキー付近に集結、停戦を迎えます。

-干城兵團- 歩百十二聯隊長・古谷朔郎大佐指揮
歩百十二
第二十八軍指揮下
2月、兵團は野戰重砲兵第五(吉田寳重大佐)・同第三聯隊(光井一雄大佐)を編入され、メイクテーラ北方50kmのポパ山付近に陣地を構築、3月下旬、ニャング、ピンビン、メイクテーラの3方から侵攻して来た戦車を伴う英軍を拒止、エナンジョン油田への敵の侵攻を遅らせるとともに、転進中の方面軍主力の側背援護にあたります。
4月18日、第二十八軍より転進が下命され、19日、兵團は敵中を突破しポパ山を下山、300kmを機動しピュー西方のペグー山系一四一一高地に到着、軍司令部との連絡が途絶えているため、6月28日、独力でシッタン河突破を企図、沈没している小舟数隻を引き上げ12日間かかり全部隊が渡河、7月上旬、シャン高原西麓に集結、停戦を迎えます。

各兵團、部隊の転進は雨季の到来による豪雨、悪路、激流と化した河川に加え悪疫の蔓延、弾薬・糧食の欠乏、疲労により落伍者が相次ぎ困難を極めました。

8月17日、モールメンにおいて歩兵第百四十四聯隊の、22日、シャン高原西麓において歩兵第百十二聯隊、26日、シャン高原西麓において歩兵第百四十三聯隊の軍旗が奉焼されます。

その後、各部隊は英印軍により武装解除され労役に使役、昭和21(1946)年5月~昭和22(1947)年5月にかけ、ラングーン港を出航、大竹港に上陸、復員しました。

-歴代師團長-
永見俊徳 中将 : 昭和15(1940)年8月1日~
石本寅三 中将 :  昭和15(1940)年12月2日~昭和16(1941)年3月13日
竹内寛 中将 : 昭和16(1941)年4月1日~
古閑健 中将 : 昭和17(1942)年12月1日~
花谷正 中将 : 昭和18(1943)年10月23日~
佐久間亮三 中将 : 昭和20(1945)年7月9日~


第百五十五師團(護土二二七五一/司令部:二二七五二)
昭和20(1945)年1月20日、決號作戰(本土決戦)に向け策定された『帝國陸海軍作戰計畫大綱』による「第一次兵備」により、2月28日、軍令陸甲第三十四號『在内地、朝鮮師團、獨立混成旅團及師管區部隊等臨時動員編成改正、称號變更並第三二八次復員要領』に基づき、留守第五十五師團司令部に臨時動員下令、4月2日、動員完結し、8日、大陸命第千二百九十七號により第五十五軍(原田熊吉中将)戦闘序列に編入(沿岸配備師團)されます。
師團隷下部隊
歩兵第四百四十九聯隊(丸亀)
歩兵第四百五十聯隊(徳島)
歩兵第四百五十一聯隊(高知)
歩兵第四百五十二聯隊(丸亀)
第百五十五師團 砲兵隊(善通寺)
    〃     速射砲隊(高知)
    〃     通信隊(善通寺)
    〃     輜重隊(善通寺)
    〃     兵器勤務隊(善通寺)
    〃     野戰病院(善通寺)

動員完結後、歩兵第四百五十聯隊は軍直轄として徳島県小松島周辺に配置、師團主力は獨立山砲兵第六聯隊(小笠原六男中佐)、獨立重砲兵第三十九大隊第五中隊、獨立臼砲第二十二大隊の1個中隊、迫撃第三十七大隊の1個中隊、特設警備第二百二十八中隊を指揮下に編入します。
4月中旬、師團主力は逐次物部川左岸より安芸市に渡る一帯に進出、師團司令部を新改村(現、土佐市山田町)、後に片地村(〃)、さらに西川村(現、香我美町)國民學校に設置し、歩四百四十九(聯隊本部は赤岡町)を師團右翼隊として主力を金剛山周辺、第一大隊を平井山、歩四百五十一(〃夜須町)を右翼隊として夜須町東西の高地、師團砲兵隊、同速射砲隊を両聯隊に分散配備、歩四百五十二(〃西川村)は師團遊撃隊として両聯隊の中間、歩四百五十二第五中隊を赤野、歩四百五十一第七中隊を伊尾木に配置し拠点陣地、歩四百五十二は敵上陸部隊を物部川河口から香宗川河口の線で太平洋に追い落とすべく夜間機動、挺進演習を実施するなか、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。
18日、各聯隊は本部所在地の軍旗奉安壕において軍旗を奉焼、9月16日、復員完結しました。

-歴代師團長-
岩永汪 中将 : 昭和20(1945)年4月1日~


第三百四十四師團(劔山二八二七〇/司令部:二八二七一)
昭和20(1945)年1月20日、決號作戰(本土決戦)に向け策定された『帝國陸海軍作戰計畫大綱』による「第三次兵備」により、5月23日、軍令陸甲第八十四號『師團、獨立混成旅團等臨時動員(編成改正、称號變更)、第三四七次復員(復歸)要領』に基づき、6月1日、善通寺師管區司令部(旧留守第五十五師團司令部)に臨時動員下令、6月20日、動員完結し、4月8日、大陸命第千二百九十七號により発令された第五十五軍(原田熊吉中将)戦闘序列に編入(沿岸配備師團)されます。
師團隷下部隊
歩兵第三百五十二聯隊(丸亀)
歩兵第三百五十三聯隊(高知)
歩兵第三百五十四聯隊(高知)
第三百四十四師團 噴進砲隊(高知)
      〃      通信隊(丸亀)
      〃      工兵隊(善通寺)
      〃      輜重兵中隊(善通寺)
      〃      野戰病院(善通寺)
6月24日、師團は基礎配備として各隷下部隊先遣隊を作戦地に進発、逐次高知南西部に進出、師團司令部を中村町(現、中村市)の裁判所に設置し、歩三百五十二(聯隊本部は八幡浜)第一大隊を八幡浜、第二大隊を宇和島・岩松、第三大隊を吉野生(後、蕨岡)、歩三百五十三(〃入野農業試験場)第一大隊を田野裏・出口、第二大隊を上川口、第三大隊を入野松原、歩三百五十四(〃宿毛の民家)第一大隊を宿毛、第二大隊を和田・坂ノ下、第三大隊を有岡(後、立石)、師團噴進砲隊を佐賀、師團通信隊・工兵隊を中村、師團輜重兵中隊を江川崎に配置、各部隊は国民学校を間借りし拠点陣地、物資・兵器弾薬集積、軍道設定を開始します。
7月22日、白田川村(現、大方町)にB29爆撃機3機が来襲、歩三百五十三第五・第六中隊、第二挺進中隊が宿舎としていた上川口國民學校が空襲を受け、83名が散華、62名が負傷してしまいます。
師團は物資・兵器弾薬が不足するなか、郷土防衛に邁進中、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。
18日、各聯隊は本部所在地において軍旗を奉焼、9月10日、復員完結しました。

-歴代師團長-
横田豐一郎 中将 : 昭和20(1945)年6月1日~


善通寺師管區司令部(龜三二二〇一)
四國軍管區司令部(四國三二二〇一)
昭和20(1945)年2月28日、軍令陸甲第三十四號『在内地、朝鮮師團、獨立混成旅團及師管區部隊等臨時動員編成改正、称號變更並第三二八次復員要領』に基づき、留守第五十五師團司令部に臨時動員下令、4月2日、留守第五十五師團司令部は第百五十五師團司令部に改編され動員完結、新たに善通寺師管區司令部(山岡重厚中将)が編成されます。
6月12日、軍令陸甲第九十五號『第五十軍、中國、四國軍管區司令部、東京防衛軍司令部臨時編成、東京師管區司編制改正、第三百五十次復員要領』により善通寺師管區司令部は復員、四國軍管區司令部が編成され、第五十五軍司令官(原田熊吉中将)が四國軍管區司令官を兼務、決號作戰(本土決戦)準備中、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えまます。
四國軍管區司令部隷下部隊
四國軍管區 歩兵第一補充隊(丸亀)
〃     歩兵第二補充隊(徳島)
〃     歩兵第三補充隊(高知)
〃     砲兵補充隊(善通寺)
〃     工兵補充隊(善通寺)
〃     輜重兵補充隊(善通寺)
〃     通信補充隊(丸亀)
高松地區司令部
徳島   〃
高知   〃
善通寺陸軍病院
徳島   〃
高知   〃
善通寺陸軍兵器補給廠
四國陸軍貨物廠
四國軍管區 臨時軍法會議

-歴代司令官-
善通寺師管區司令部
山岡重厚 予備役中将 : 昭和20(1945)年4月1日~6月12日
四國軍管區司令部(第五十五軍司令官兼務)
原田熊吉 中将 : 昭和20(1945)年6月12日~


補充部隊
第百十一師團(市一三〇五〇/司令部:一三〇五五)
昭和19(1944)年7月12日、軍令陸甲第八十二號『在滿師團等臨時編成(編制改正)、第二八七次復帰要領』により第百八師團に改編された第九獨立守備隊、及び南洋方面に転用された部隊の残置者により滿洲國牡丹江省綏陽県において編成、第三軍司令部(根本博中将)隷下に編入され、同地の警備にあたります。
師團隷下部隊
歩兵第二百四十三聯隊(徳島)
歩兵第二百四十四聯隊(高知)
歩兵第二百四十五聯隊(丸亀)
第百十一師團 砲兵隊
   〃     工兵隊
   〃     輜重隊
   〃     通信隊
   〃     兵器勤務隊
   〃     第一・第二野戰病院
   〃     防疫給水部
   〃     病馬廠
   〃     衛生隊

昭和20(1945)年4月8日、大陸命第千二百九十七號により第五十八軍(永津佐比重中将)戦闘序列に隷属転移、5月、師團は逐次朝鮮済州島に移駐、敵上陸部隊を粉砕すべく陣地構築準備中に8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

-歴代師團長-
岩崎民男 中将 : 昭和20(1945)年7月14日~


第百二十師團(邁進一三九五〇/司令部:一三九五五、滿洲第四百二)
昭和19(1944)年11月21日、軍令陸甲第百五十九號『在滿師團臨時編成(編制改正)、第三一一次復帰要領』により台湾に転出した第十二師團(人見秀三中将)の残置者を基幹に滿洲國牡丹江省東寧県において編成、第三軍司令部(根本博中将)隷下に編入され、同地の警備にあたります。
師團隷下部隊
歩兵第二百五十九聯隊(丸亀)
歩兵第二百六十聯隊(徳島)
歩兵第二百六十一聯隊(高知)
第百十一師團 砲兵隊
   〃     工兵隊
   〃     輜重隊
   〃     通信隊

昭和20(1945)年2月6日、大陸命第千二百四十四號により第十七方面軍(板垣征四郎大将)戦闘序列に隷属転移、朝鮮に移駐し師團司令部を慶山に設置、釜山、大邸方面の防衛を担当していましたが、8月9日、ソ連が国境を越え滿洲國に侵攻してきたため、師団主力は京城、歩二百六十一は平壌の防衛にあたるなか、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

-歴代師團長-
柳川真一 中将 : 昭和19(1944)年11月27日~


第百二十一師團(榮光一三九六〇/司令部:一三九六一、滿洲第三百六十四)
昭和20(1945)年1月16日、軍令陸甲第九號『在滿師團、獨立混成旅團等臨時編成、第三一七次復帰要領』により宮古島に転出した第二十八師團(納見敏郎中将)の残置者を基幹に滿洲國濱江省成高子県において編成、第十七方面軍(板垣征四郎大将)戦闘序列、次いで4月8日、大陸命第千二百九十七號により第五十八軍(永津佐比重中将)戦闘序列に編入されます。
師團隷下部隊
歩兵第二百六十二聯隊(丸亀)
歩兵第二百六十三聯隊(徳島)
歩兵第二百六十四聯隊(高知)
第百二十一師團 砲兵隊
   〃       工兵隊
   〃       輜重隊
   〃       通信隊      
   〃       兵器勤務隊      
   〃       病馬廠

6月、朝鮮済州島に移駐、7月10日、師團砲兵隊、同工兵隊、同輜重隊は夫々野砲兵第百二十一、工兵第百二十一、輜重兵第百二十一各聯隊に改編され、済州島東部地区において敵上陸部隊を粉砕すべく陣地構築準備中に8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

-歴代師團長-
正井義人 中将 : 昭和20(1945)年1月20日~


主要参考文献
『善通寺市史 第二巻』 (昭和63年10月 善通寺市立図書館 善通寺市)

『善通寺市史 第三巻』 (平成6年12月 善通寺市教育委員会市史編さん室 善通寺市)

『四国師団史』 (昭和47年4月 陸上自衛隊第13師団司令部四国師団史編さん委員会)

『第十一師團歴史の概要』 (昭和36年 大野廣一)

『土佐湾本土決戦史』 (平成18年11月 山崎善啓 高知新聞企業)

『幻のポートモレスビー』 (平成5年9月 長谷川壽雄 央星社)

アジア歴史資料センター 各種史料

『官報』 
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる