当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

善通寺陸軍兵器補給廠 (旧第十一師團兵器部)

陸上自衛隊・第14旅団司令部が所在する善通寺駐屯地は善通寺陸軍兵器補給廠の跡地にあります。
当施設は丸龜陸軍兵器支廠として発足、後に善通寺陸軍兵器支廠第十一師團兵器部を経て善通寺陸軍兵器補給廠に改編されます。
善通寺兵器補給廠 G 兵器庫(左)・I(右) 南西から(善通寺)
▲善通寺駐屯地内に遺る七號兵器庫(左)と十三號兵器庫(右)

【探索日時】
平成20年1月2日、4月19日、平成24年4月20~22日






第十一師團関連諸施設配置
第十一師團 大正期(善通寺)
▲『最新善通寺市街圖』(大正末年頃)

第十一師團 大正11年11月『善通寺全景』 空撮(善通寺)
▲『善通寺全景』(大正11年11月空撮)

第十一師團 善通寺 昭和16頃(善通寺)
▲現在の地図に転写
※緑文字が当記事の紹介施設
① 第十一師團司令部
② 歩兵第十旅團司令部
③ 旧善通寺聯隊區司令部
④ 第十一師團経理部 被服庫
⑤ 第十一師團兵器部 (のち善通寺陸軍兵器補給廠)
⑥ 第十一師團 善通寺倉庫
⑦ 第十一師團 善通寺倉庫 (のち善通寺俘虜収容所)

⑧ 山砲兵第十一聯隊
⑨ 砲兵 露天馬場
⑩ 工兵第十一聯隊
⑪ 善通寺工兵作業場
⑫ 第十一師團経理部 糧秣倉庫
⑬ 騎兵第十一聯隊
⑭ 輜重兵第十一聯隊
⑮ 善通寺偕行社
⑯ 第十一師團長官舎
⑰ 善通寺陸軍練兵場
⑱ 第十一師團兵器部 火薬庫
⑲ 吉原陸軍射撃場
⑳ 善通寺陸軍病院
㉑ 善通寺陸軍病院 臨時第一分院
㉒ 善通寺憲兵隊
㉓ 善通寺憲兵分隊
㉔ 善通寺陸軍墓地
㉕ 善通寺歩兵作業場
㉖ 乃木神社
㉗ 香川縣護國神社
※名称は昭和12(1937)年頃


遺構について ※青字は地図にリンクしています

⑤ 第十一師團兵器部 (のち善通寺陸軍兵器補給廠)
明治29(1896)年5月14日、香川県仲多度郡善通寺村(現、善通寺市)に第十一師團の設置が決定、6月9日、用地買収及び営舎建設工事が開始されます。
明治30(1897)年7月5日、丸龜衛戍病院、12月1日、第十一師團司令部、明治31(1898)年11月29日、丸龜陸軍兵器支廠が開庁します。
明治36(1903)年2月14日、善通寺陸軍兵器支廠に改称します。
師團長管理兵器が漸次増加、複雑化するなか、兵器支廠長は隷属関係に無く不都合が生じるため、大正7(1918)年5月30日、勅令第百七十六號『陸軍兵器部令』制定により、6月1日、善通寺陸軍兵器支廠(山田與吉中佐)は廃止され、第十一師團兵器部(大沢福太郎砲少佐)が新設され兵器の管理を引き継ぎます。

昭和15(1940)年8月10日、留守第十一師團司令部の第五十五師團司令部改編に伴い、第五十五師團兵器部に改称されます。
昭和20(1945)年4月1日、留守第五十五師團司令部の善通寺師管區司令部改編に伴い、18日、岡山陸軍兵器補給廠の職員を基幹として善通寺陸軍兵器補給廠(中村重次郎中佐)が発足、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎え、11月5日、復員完結しました。

10月21日、米第24歩兵師団が愛媛県三津浜港に上陸、27日、同師団情報視察団7名に続き、11月1・2日、師団の一部1,200名が善通寺に進駐し旧砲兵営に入り丸亀、観音寺、詫間、高松、豊浜、坂出、土庄の軍事施設に分駐し、兵器、弾薬、糧食、被服等を接収します。
12月8日、米軍は少数を残置し高知に移駐、同師団対戦車隊が新たに進駐(昭和22年12月24日、接収解除され善通寺町に払下げ)してきます。

昭和21(1946)年6月9日、2,256㎡が接収解除され大蔵省に移管され簡易保険局、6月29日、6,396㎡が高松専売局倉庫に転用、8月15日、簡易保険局、高松専売局を含む10,587㎡を英軍が接収(昭和22年12月24日、接収解除)、9月20日、10,541㎡が農業試験場(試験場敷地は時期により拡縮)として善通寺陸軍兵器補給廠の敷地は分割され夫々転用されます。

昭和25(1950)9月6日、善通寺町の誘致により、警察予備隊・善通寺駐屯地の設置が決定した事に伴い、10月15日、旧英軍接収地12,502㎡が、11月1日、日本専売公社高松支局(旧高松専売局)の移転に伴い3,800㎡、後(時期不明)に農業試験場用地10,541㎡が随時大蔵省より警察予備隊に移管され、昭和27(1952)年10月15日、警察予備隊は保安隊に、昭和29(1954)年7月1日、保安隊は自衛隊に改編され、現在は旧善通寺陸軍兵器補給廠の敷地ほぼ全域(一部道路に転用)が善通寺駐屯地になっています。

善通寺駐屯地内に以下の遺構が遺っており、現在も倉庫として使用されています。
しかも各地に同種の兵器庫は遺されていますが善通寺のものは最も保存度が良く必見です!
見学については善通寺駐屯地広報班に事前連絡のうえ、調整して頂き指示に従って下さい。
ただ、建物についてはかなり大きく外周からも見学可能なので、善通寺ご訪問の際はぜひ立ち寄ってみて下さい。

善通寺兵器補給廠 善通寺 現在②(善通寺)
▲善通寺駐屯地内に遺る遺構の配置

G 七號 兵器庫
煉瓦造で明治44(1911)年11月に建設されました。
善通寺兵器補給廠 G 兵器庫 南から(善通寺)
▲南側から
 屋根の軒飾り(三角の頂部)は小銃の照星を象っています。

善通寺兵器補給廠 G 兵器庫 南東から(善通寺)
▲普段は見れない(南東)角度から
 当記事扉の写真と比べると内側の窓には鉄扉が付いていません。


サ 歩哨舎
陸軍時代もこの場所に西門があったのですが、歩哨舎は門の外側にあったはずなので移設されているのかも知れません。
善通寺兵器補給廠 サ 廠舎(善通寺)


H 八號 兵器庫
煉瓦造で明治42(1909)年6月に建設されました。
善通寺兵器補給廠 H 兵器庫 北西から(善通寺)
▲道路から見た八號兵器庫

善通寺兵器補給廠 H 兵器庫 北から1(善通寺)
▲北から
 上記の七號兵器庫と殆ど同じ造りです。

善通寺兵器補給廠 H 兵器庫 西側の窓(善通寺)
▲外周側に付いている扉の近影
 形状から当時のままと思しき扉が綺麗に塗装されて現役で使用されています。

善通寺兵器補給廠 H 兵器庫 北東から(善通寺)
▲普段は見れない(北東)角度から
 こちらも内側の窓には鉄扉が付いていません。

善通寺兵器補給廠 H 北東から(善通寺)
▲北東側の壁面


ナ 皇太子殿下御成婚記念樹
善通寺兵器補給廠 ナ 皇太子殿下御成婚記念樹(善通寺)
▲全景

善通寺兵器補給廠 ナ 皇太子殿下御成婚記念樹 (2)(善通寺)
▲根元にある石碑
  石碑が埋まってしまっていますが、この後は「記念」と思われます。
  上記の文字しか刻字されていなかった様に思うので、どの殿下か不明ですが、
  各地でよく見られる先帝陛下が皇太子時代の大正13(1924)年の物と思われます。


I  十三號 兵器庫
煉瓦造で大正10(1921)年10月に建設されました。
善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 西から(善通寺)
▲西から
  他の2棟と軒飾りの形状が異なります。

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 南東から(善通寺)
▲普段は見れない(南東)角度から
 こちらは全ての窓に鉄扉が付いていません。

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 東側入口(善通寺)
▲西側入口
  1階の廊下はそのまま一直線に反対側の入口に通じています。

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 軒金具(善通寺)
▲軒先の屋根受け金具には星章を象った凝った模様があります。
 因みに3棟とも全ての軒先に同様の金具が遺されています!Excellent!!

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 階段から1階(善通寺)
▲階段から見た1階
  1階は全て石敷きになっています。

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 階段(善通寺)
▲階段
  全て当時のまま使用されています!

善通寺兵器補給廠 I 兵器庫 2階 荷降ろし用開口部①(善通寺)
▲2階荷降ろし用開口部
  今で言うエレベーターで、2階の床に2ヶ所あります。

倉庫内部は仕切られ部屋が造られ、天井裏も天井材が貼られて改装されていますが、内装を大幅に触っている訳では無いので非常に保存状態は良好です。


シ 台座
何かの台座の様ですが、推測する材料が無く詳細不明です。
上面も見てみましたが、特に何の痕跡もありませんでした。
善通寺兵器補給廠 シ 台座 (2)(善通寺)
▲表裏に銘板の跡のような物がありますが、詳細不明です。


J 九號 兵器庫
木造で建設時期は不明ですが、大正11(1922)年の空撮(上掲)には既に写っています。
元々は倍ほどの長さがあった様ですが、現在は東側が撤去されて小さくなっています。
善通寺兵器補給廠 J 北東から(善通寺)
▲北西から
外壁は改修され鋼板が貼られています。

善通寺兵器補給廠 J 北側の扉(善通寺)
▲入口には当時の物と思しき重厚な木製扉が付いています。


K 油脂庫
建設時期は不明です。
総煉瓦造りでコンクリート製の屋根が掛けられています。
鉄の扉が付いており、「開けれたら中も見てもらって良いですよ」との事でしたが、錆びており少しも動きませんでした(´・ω・`)
善通寺兵器補給廠 K 油脂庫 北西から(善通寺)


L 油脂庫
Kと物置を挟んで並んで遺ります。
こちらも建設時期は不明です。
善通寺兵器補給廠 L 油脂庫 北から(善通寺)
▲Kと違い下半分だけが煉瓦造で上半分は木造です。

最後にお忙しい中、部署の異なる各部隊の見学を調整していただき、長時間に渡り4ヶ所にまたがる善通寺駐屯地のご案内を頂きました善通寺駐屯地広報班の皆様にこの場を借りて熱く御礼申し上げます。
貴重な建物、遺構を可能な限り見学させて頂きまして本当に有難うございました。


⑥ 第十一師團 善通寺倉庫
⑦ 善通寺俘虜収容所
明治29(1896)年5月14日、香川県仲多度郡善通寺村(現、善通寺市)に第十一師團の設置が決定、6月9日、用地買収及び営舎建設工事が開始されます。
明治30(1897)年8月1日、歩兵第四十三聯隊が丸亀から転営、10月1日、聯隊将校集会所において第十一師團司令部が事務を開始、12月1日、第十一師團司令部が開庁します。

明治37(1904)年4月22日、明治三十七八年戰役(日露戦争)において後備歩兵第四十三聯隊が編成され、6月7日、動員下令、後備歩兵第十一旅團とともに第二軍戦闘序列に編入され渡満、主山堡の戦い、沙河付近の戦闘、奉天會戰に参戦します。
明治42(1909)年9月5日から明治44(1911)年5月11日、滿洲駐箚、大正9(1920)年9月26日から大正11(1922)年6月12日、シベリア出兵に際しては歩兵第四十三聯隊留守隊が編成されます。
大正14(1925)年5月1日、第三次軍備整理(宇垣軍縮)により歩兵第六十二聯隊(徳島)が復帰、2日、歩兵第四十三聯隊は善通寺を立ち徳島に移転します。

歩兵第四十三聯隊兵営跡は聯隊本部庁舎に善通寺憲兵隊が移転、その他全域が第十一師團善通寺倉庫に転用されますが、その後(時期不明)、南側1/3を残し善通寺町に払い下げられます。
払い下げられた時期については昭和3年測図の地図では全域が倉庫になっていますが、昭和12年に跡地に乃木神社が創建される際は善通寺町から神社敷地を善通寺町から買収している事から、昭和3(1928)年から12年(1937)年の間と思われますが、『善通寺市誌』にも記載が無く不明です。

昭和17(1942)年1月14日、東側2/3に善通寺俘虜収容所が開設、昭和20(1945)年4月13日、善通寺俘虜収容所は廣島俘虜収容所第一分所に改編され、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

10月27日、米第24歩兵師団情報視察団7名が善通寺町に達し兵器検分、俘虜を視察、11月1・2日、師団の一部1,200名が善通寺に進駐し旧砲兵営に入り丸亀、観音寺、詫間、高松、豊浜、坂出、土庄の軍事施設に分駐し、兵器、弾薬、糧食、被服等を接収します。
12月8日、米軍は少数を残置し高知に移駐、同師団対戦車隊が新たに進駐(昭和22年12月24日、接収解除され善通寺町に払下げ)してきます。
昭和21(1946)年4月12日、善通寺倉庫の850㎡が善通寺農業会に、俘虜収容所1,500㎡が善通寺町(青年学校用地)に、5月10日、俘虜収容所1,400㎡が善通寺町(四国紙業㈱用地)に、6月29日、10,746㎡が善通寺町(中学校用地)に、善通寺倉庫543㎡が善通寺町(四国紙業㈱用地)に接収解除され払い下げられます。
その後、用途変更、敷地の拡縮はありますが、昭和23(1948)年6月1日、旧俘虜収容所東側1/3に県立善通寺高等学校(現、善通寺西高校)が、昭和26(1951)年7月26日、旧俘虜収容所西側2/3に善通寺町立西中学校(現、市立)が竣工、旧善通寺倉庫は全域が四国紙業㈱を経て現在は住宅地になっています。
遺構は何も遺されていない様です


主要参考文献
『善通寺市史 第二巻』 (昭和63年10月 善通寺市立図書館 善通寺市)

『善通寺市史 第三巻』 (平成6年12月 善通寺市教育委員会市史編さん室 善通寺市)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる