当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭

昨晩のうちに520kmを走破し木更津に到着、駐屯地近くの公園で車中泊し、7:00に起床、準備を済ませ持参したオニギリを食べ、駐屯地に向かいます。
7:30、開門1時間前ですが既に車が入り始めています。
CH-47による高機動車投入(木更津駐屯地)
▲訓練展示の様子





木更津駐屯地は木更津海軍航空基地の跡地であり、渡洋爆撃の壮挙で知られる木更津海軍航空隊が所在、大戦末期には第三航空艦隊が所在し東日本の海軍航空作戦を担当した非常に重要な航空基地でした。
現在は第1ヘリコプター団、第4対戦車ヘリコプター隊等が所在し日夜我が国の平和を護っています。

駐車後、開門待ちの列に並び、8:30、手荷物検査を受け会場に移動、初めての駐屯地なので勝手が分かりませんが、会場が広い事もあり関西の様に開門ダッシュで席取りをする必要も無く適当に席を確保します。
記念行事が始まるまで駐屯地内をウロウロし海軍時代の建物を調査します。

9:55、LR-2が離陸、祝賀編隊の各種ヘリが一斉にホバータキシーし北に飛び去りました。
祝賀編隊 離陸(木更津駐屯地)
▲LR-2離陸

祝賀編隊 離陸 (2)(木更津駐屯地)
▲ホバータキシーするOH-6D、UH-60、EC-225LP

祝賀編隊 離陸 (3)(木更津駐屯地)
▲離陸するCH-47

祝賀編隊 離陸 (4)(木更津駐屯地)
▲離陸する祝賀編隊

10:00、第1ヘリコプター団長・服部正陸将補、及び国会議員がUH-60で臨場、団長式辞、来賓祝辞、国旗入場とオープニングセレモニーが進みます。
第1ヘリコプター団長・服部正陸将補、及び国会議員 臨場(木更津駐屯地)

第1ヘリコプター団長・服部正陸将補、及び国会議員 臨場 (2)(木更津駐屯地)
▲第1ヘリコプター団長・服部正陸将補、及び国会議員 臨場

第1ヘリコプター団長・服部正陸将補 登壇(木更津駐屯地)
▲第1ヘリコプター団長・服部正陸将補

国旗入場(木更津駐屯地)
▲国旗登壇
  東部方面音楽隊隊員による国歌独唱

続いて東部方面音楽隊による音楽演奏、太鼓演奏、ラッパ吹奏が行われ、祝賀編隊が上空を通過します。
東部方面音楽隊 演奏(木更津駐屯地)
▲東部方面音楽隊

太鼓演奏(木更津駐屯地)
▲太鼓演奏

ラッパ吹奏(木更津駐屯地)
▲ラッパ吹奏

祝賀編隊(木更津駐屯地)
▲祝賀編隊 EC-225LP

祝賀編隊 (2)(木更津駐屯地)
▲祝賀編隊 OH-6D、UH-1J

祝賀編隊 (3)(木更津駐屯地)
▲祝賀編隊 CH-47

祝賀編隊 (4)(木更津駐屯地)
▲祝賀編隊 CH-47

祝賀編隊 (5)(木更津駐屯地)
▲祝賀編隊 LR-2

次いで航空機紹介として要人等の空輸を行うEC-225LP、及び対戦車ヘリAH-1Sが紹介されます。
EC-225LP(木更津駐屯地)
▲EC-225LP
  関西ではあまり馴染みのない機体です。

AH-1S(木更津駐屯地)
▲AH-1S
こちらは関西でもお馴染です。

そして、最後に訓練展示が行われます。
ヘリの轟音、スピーカーの向きの関係で放送が余り良く聞こえませんでしたが、状況は「敵攻撃下における航空機による部隊の展開」の様です。
OH-6Dによる偵察、CH-47によるバイク偵察部隊投入
OH-6Dによる偵察(木更津駐屯地)

CH-47によるバイク偵察部隊投入(木更津駐屯地)

CH-47によるバイク偵察部隊投入 (2)(木更津駐屯地)

CH-47による徒歩部隊投入、及び警戒
CH-47による徒歩部隊投入(木更津駐屯地)

CH-47による徒歩部隊投入 (2)(木更津駐屯地)

UH-1Jによりドアガン援護
UH-1Jによりドアガン援護(木更津駐屯地)

CH-47による高機動車投入
CH-47による高機動車投入 (2)(木更津駐屯地)

CH-47による軽装甲機動車投入
CH-47による軽装甲機動車投入(木更津駐屯地)

敵の攻撃により発生した負傷者をUH-60により救護
敵の攻撃により発生した負傷者をUH-60により救護(木更津駐屯地)

訓練展示終了後は駐屯地内をウロウロと散策し、駐屯地を後にしました。
地上展示(木更津駐屯地)
▲地上展示

残念ながら木更津名物?の痛コブラは今年は無かった様です(^_^;)

木更津駐屯地は関西では余り馴染みのないEC-225LPや飛行するLR-2を見る事ができ、何より単独でしか見たことの無いCH-47の編隊を見る事ができなかなか迫力がありました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる