当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

鯖江陸軍射撃場

福井県鯖江市に所在した歩兵第三十六聯隊兵営の北側に鯖江陸軍射撃場がありました。
歩兵第三十六聯隊 D 三六橋の欄干(移設)(鯖江)
▲移設された境界石標と三六橋欄干

【探索日時】
平成22年11月24日

【改訂情報】
平成29年5月1日 体裁改定





歩兵第三十六聯隊 関連諸施設配置
歩兵第三十六聯隊 鯖江 陸地測量部(昭和5測図・修正)(鯖江)
▲『大日本帝国陸地測量部地形図15 福井及鯖江近傍』(昭和5年測図修正)

歩兵第三十六聯隊 鯖江 現在(鯖江)
▲現在の地図に転写
① 歩兵第三十六聯隊 兵営
② 露天馬場
③ 鯖江陸軍病院
④  〃 拡張部
⑤ 鯖江陸軍練兵場
⑥ 鯖江陸軍射撃場
⑦ 旧鯖江陸軍射撃場

⑧ 鯖江憲兵分隊
⑨ 鯖江聯隊區司令部
⑩ 鯖江陸軍墓地
※名称は昭和12(1937)年頃
※緑文字が当記事の紹介施設


遺構について ※青字は地図とリンクしています。
(数字、アルファベット等の遺構配置は上掲地図参照)
⑥ 鯖江陸軍射撃場
⑦ 旧鯖江陸軍射撃場
明治29(1896)年3月14日、陸軍省は『陸軍平時編制』を改定(勅令第二十四號)し第七から第十二師團の編成、歩兵第三十六聯隊の福井県下設置を決定します。

陸軍省は鯖江台地の中央にあり地盤が堅固で洪水の心配が無く、飲料水に恵まれ、且つ交通の便が良く、旧鯖江城下町が近く宿舎・娯楽施設が備わった丹生郡立待村と今立郡神明村の境にある糺野ヶ原(現、鯖江市)を新設兵営用地として選定し、4月、両村に告知します。

両村は直ちに山林・原野の売買を停止、6月、兵営敷地丈量野取帳(兵営配置の見取図)が作成され、野尻録衞・立待村村長、山本七兵衛・神明村村長を始め多数の献納(13町歩:39,000坪)、陸軍省による買収により用地を取得、7月、買収承諾書、請求書が作成されます。
該当用地の多くが山林・原野であった事、聯隊設置による地域活性化への期待に加え、ロシアの急速な南下政策に対する危機により用地取得は円滑かつ急速に完了、多くの地元民の奉仕作業も加わり兵営及び付帯施設の建設が実施され、明治30(1897)年8月20日、歩兵第三十六聯隊が竣工間近の兵営に転営、鯖江陸軍射的場(のちに射撃場に改称)の供用を開始します。

射的場は当初、今立郡神明村水落に東西300m、南北750mの規模で開設、明治31(1898)年8月、隣接した民有地を買収し拡張(規模不明)します。
歩兵第三十六聯隊 射撃場(鯖江)
▲開設時の鯖江陸軍射的場

大正3(1914)年、射場が南側を向いており常時逆光になり射撃に不向きな事、また年々周辺に民家が増えてきて危険なことから、経ヶ岳南麓にあった陸軍埋葬地を射撃場南端に移築し41,765坪のうち3,000坪を歩兵作業場に転換、余剰地を払い下げ、陸軍埋葬地跡を含め新たに用地を買収し射撃場を移設します。

大東亜戦争停戦に伴い、8月28日、鯖江陸軍射撃場は大蔵省に移管され、農地として開墾、現在は全域が住宅地になっています。

D 陸軍省 境界石標
「旧三六橋碑」の脇に境界石標が1本、移設されて遺されています。
三六武道館に移設されている境界石標と材質が異なる事から、兵営設置後に移設された射撃場の外周にあった物と思われます。
歩兵第三十六聯隊 D 三六橋の欄干付近の境界石標(移設) (3)(鯖江)
▲表面は「陸軍省」

歩兵第三十六聯隊 D 三六橋の欄干付近の境界石標(移設)(鯖江)
▲裏面は「境界」の刻字があります。

歩兵第三十六聯隊 射撃場南西端(道路右側が場内)(鯖江)
▲現在の射撃場(道路右側の団地から奥の山まで)

歩兵第三十六聯隊 D 三六橋の欄干(移設) (3)(鯖江)
▲旧三六橋碑
兵営設置時、浅水川は蛇行して流れており毎年の様に氾濫していた事から、大正9(1920)年から流路を変更する工事が行われます。
この工事により射撃場は浅水川の北岸に分断されてしまい連絡の為、三六橋が架橋されました。
昭和42(1967)年、現在の新三六橋が架橋された後も旧三六橋は保存されましたが、平成12(2000)年、河川改修工事に際し破壊、欄干の一部が移設されています。

歩兵第三十六聯隊 D 三六橋の欄干(移設) (2)(鯖江)
▲三六橋の欄干


主要参考文献
『鯖江市史 通史編下巻』 (平成11年3月 鯖江市史編纂委員会)

『鯖江歩兵第三十六聯隊史』 (昭和51年8月 鯖江歩兵第三十六連隊史蹟保存会)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる