当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

各務原陸軍航空廠 ・ 同技能者養成所

岐阜県各務原市に所在する航空自衛隊・岐阜基地は各務原陸軍航空廠の跡地にあります。

同廠は陸軍航空部 補給部各務原支部として発足、その後数度の改称を経て各務原陸軍航空廠になります。

また隣接して技能者養成所各務原憲兵分隊がありました。
航廠技能者養成 ウ 25m遊泳池(東側のみ) 北から(岐阜各務原)
▲国有地に遺る遊泳池(プール)

【探索日時】
平成22年7月23日、平成29年4月10日

【改訂情報】
平成29年5月21日・・・遺構追加





各務原陸軍飛行場周辺の施設配置
各務原陸軍飛行場 97F16-C1-13(岐阜)
▲昭和20(1945)年4月5日、空撮(国土地理院 97F16-C1-13)

昭和20(岐阜各務原)
▲現在の地図に転写 配置は昭和20(1945)年の停戦時
① 各務原陸軍飛行場(西飛行場)
②   〃  (東飛行場)
③ 第十教育飛行隊(北側)・第四航空教育團岐阜第二航空教育隊(南側)
④ 第四航空教育團司令部・同岐阜第一航空教育隊・第四十教育飛行隊
⑤ 各務原陸軍航空廠
⑥ 各務原陸軍病院
⑦ 各務原憲兵分隊
⑧ 各務原陸軍航空廠 技能者養成所

⑨ 川崎航空機工業㈱ 岐阜工場
⑩ 三菱重工業㈱ 名古屋航空機製作所各務原格納庫
⑪ 川崎航空機工業㈱ 岐阜工場 柿澤寮
⑫     〃              雄飛寮
※緑文字が当記事の紹介遺構


遺構について ※青字は地図にリンクしています
⑤ 各務原陸軍航空廠
大正6(1917)年6月16日、各務原陸軍飛行場(1,175,576坪)が開場(開場の経緯は各務原陸軍飛行場の記事を参照)、大正7(1918)年11月10日、航空第二大隊が所沢から稲葉郡鵜沼村に、大正9(1920)年5月6日、航空第一大隊が所沢から稲葉郡那加村に移駐して来ます(後に夫々、飛行第二・第一戰隊に改称)。

大正9(1920)年9月28日、蘇原村野村に陸軍航空部補給部 各務原支部が開設、大正14(1925)年5月1日、陸軍航空本部補給部 各務原支部に改称します。
航廠技能者養成 航空支廠正門 昭和10(岐阜各務原)
▲陸軍航空本部補給部 各務原支部正門(場所はこの辺り
  敷地拡張後はこの辺りが正門になります。

昭和13(1938)年、陸軍航空本部は蘇原村野村一帯を支廠拡張用地として買収を開始、随時建物を建設します(昭和15年拡張完了)。
昭和14(1939)年8月21日、陸軍航空廠各務原支廠に改称、昭和16(1941)年6月1日、各務原陸軍航空支廠に複称、昭和17(1942)年10月15日、各務原陸軍航空廠に改編され、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えます。

28日、補給廠は大蔵省に移管されますが、10月8日、米軍に接収されます。
昭和33(1958)年6月、補給廠跡は全面返還され、航空自衛隊・岐阜基地として発足、現在は第2補給処、飛行開発実験団、第4高射群等が所在し我が国の平和を護っています(停戦後の経緯も『各務原陸軍飛行場』の記事を参照)。

広大な敷地を有した各務原陸軍航空廠は現在、航空自衛隊・岐阜基地、川崎重工業㈱岐阜工場南工場になっており、立入りできません
基地内に戦後建立された石碑がある様ですが、空撮を見る限り建物等は遺されていない様です。


⑦ 各務原憲兵分隊
大正7(1918)年11月21日(大正8年6月20日説あり)、岐阜憲兵分隊 各務原憲兵分遣所が鵜沼村(航空第二大隊東側)に開設され、事務を開始します。
大正9(1920)年11月30日、各務原憲兵分遣所は蘇原村三柿野に移転が決定、大正10(1921)年3月、庁舎竣工に伴い移転します。
昭和4(1929)年4月17日、各務原憲兵分遣隊に改称、昭和10(1935)年8月1日、分遣隊東側に第一飛行團司令部が開設されます。
昭和12(1937)年7月26日(昭和15年初旬説あり)、第一飛行團司令部が北京に移駐したため、分遣隊は跡地に移転します。
※旧分遣隊の動向は払い下げられた?
昭和20(1945)年3月30日、「決號作戰」(本土決戦)に向け『憲兵令』が改正され、憲兵司令部(東京)の隷下に各軍管區を管掌する憲兵隊司令部が設置、各憲兵隊司令部の管区内に憲兵隊地区が設けられ、各憲兵隊地区毎に地區憲兵隊が設置されました。
この改編に伴い東海憲兵隊司令部隷下の岐阜地區憲兵隊 各務原憲兵分隊となり、停戦を迎えます。

戦後の憲兵分隊庁舎の動向は不明ですが、現在は自動車販売店になり遺構は何も遺されていませんでした


⑧ 各務原陸軍航空廠 技能者養成所
昭和7(1932)年11月1日、、構内に見習工養成所が開設、昭和15(1940)年4月1日、見習工の採用人員増加に伴い、三池の民有地を買収し教育隊を開設、5月、教育隊は養成隊に改編、昭和16(1941)年6月、各務原陸軍航空廠 技能者養成所に改称します。
航廠技能者養成 技能者養成所 宿舎(岐阜各務原)
▲養成所宿舎

昭和20(1945)年6月22日、26日、B29爆撃機による空襲を受け甚大な被害を受け、養成工多数が爆死してしまいます。
8月16日、大東亜戦争停戦に伴い、28日、技能者養成所は大蔵省に移管されますが、10月8日、米軍に接収され、軍需品の処理が終了ののち内務省を通じ大蔵省に返還されます(時期不明)。

昭和21(1946)年2月、技能者養成所、東飛行場は農耕地として開墾が開始され、10月21日、各務原開拓団に払い下げられ、現在は工業地、住宅地になっています

現在、民家敷地内にコンクリート製の基礎等が僅かに遺されています。
航廠技能者養成 川崎航空機 技能者養成所(岐阜各務原)
▲遺構の配置

ア 本部庁舎 基礎
畑と道路の際にコンクリート製の基礎3m程が遺ります。
航廠技能者養成 ア 本部基礎 南西から(岐阜各務原)

航廠技能者養成 ア 本部基礎 北西から(岐阜各務原)
▲ボルトが遺ります

航廠技能者養成 ア東側の本部付属屋? 北西から(岐阜各務原)
▲基礎西側にある本部付属屋と言われる建物


イ 四號宿舎 基礎
住宅と路地の際に遺ります
航廠技能者養成 イ 四號宿舎 基礎 東から(岐阜各務原)


ウ 25m遊泳池
国有地内に東側の半分のみが遺ります。
航廠技能者養成 ウ 25m遊泳池(東側のみ) 北から (2)(岐阜各務原)
▲北からの全景

航廠技能者養成 ウ 25m遊泳池(東側のみ)内部 北面(岐阜各務原)
▲西から

航廠技能者養成 ウ 25m遊泳池(東側のみ) 登り口(岐阜各務原)
▲登り口が遺ります


エ 醫務室基礎
民家敷地内に医務室の基礎が遺ります。
航廠技能者養成 エ 医務室基礎 西から(岐阜各務原)
▲布基礎の外周にボルトの付いた立ち上がりがあります

航廠技能者養成 エ 医務室基礎にあるコンクリート金庫(岐阜各務原)
▲基礎の横にコンクリート製の金庫が転がっています
  住民の方によると、当時の物だそうです

航廠技能者養成 エ 医務室コンクリート橋(岐阜各務原)
▲民家前にあるコンクリート橋
  当時の物だそうです

※許可を得て見学しています。


⑩ 三菱重工業㈱ 名古屋航空機製作所各務原格納庫
昭和2(1927)年3月、三菱内燃機㈱は陸軍航空本部補給部各務原支部の東側、蘇原村三柿野、那加村の入会地を買収、三菱内燃機㈱ 名古屋製作所各務原格納庫を開設します。
昭和3(1928)年5月、三菱航空機㈱ 名古屋製作所各務原格納庫、昭和9(1934)年、三菱重工業㈱ 名古屋航空機製作所各務原格納庫と改称、名古屋航空機製作所で製作された飛行機を水運、牛馬、自動貨車により運搬、陸軍納入作業を行い、名航の拡張、生産数増加とともに敷地は随時拡張されます。

戦後の格納庫の動向は不明ですが、現在は航空自衛隊・岐阜基地になり遺構は何も遺されていないようです。


所在部隊
各務原陸軍航空廠(帥三四二〇三)
明治42(1909)年7月30日、『臨時軍用氣球研究會官制』(勅令第二百七號)において陸軍省内に臨時軍用気球研究會(長岡外史中将)が発足、気球、及び航空機に関する研究が開始されます。

大正8(1919)年4月15日、『陸軍航空部令』(勅令第百十一號)により臨時軍用気球研究會は廃止され、陸軍航空部(井上幾太郎少将、東京)が設立、研究會が行っていた航空に関する調査、研究を継承するとともに航空に関する器材の製造、修理、購買、貯蔵、補給及検査を掌どる補給部が発足、補給支部が所沢に開設されます。

大正9(1920)年9月28日、陸軍省告示第二十九號により蘇原村野村に所在した臨時航空術操縦委員會(仏軍による飛行術伝授・及び指導)の建屋を転用し、陸軍航空部補給部 各務原支部(渡邉丈太郎工中尉以下4名)が開設し、浜松以西の飛行部隊に対する航空機器材の試験、保管、補給を開始します。
大正10(1921)年8月、格納庫1棟、12月、油脂庫、職工休憩所が竣工、水道施設が整備されます。
大正13(1924)年3月、発動機試運転場が竣工、敷地は80,000坪に拡張し、工場、倉庫の増設が開始されます(昭和4(1929)年、竣工)。
大正14(1925)年5月1日、『陸軍航空本部令』(勅令第百四十九號)により陸軍航空部は陸軍航空本部に強化改編され、陸軍航空部補給部 各務原支部は陸軍航空本部補給部 各務原支部に改称、航空機器材の保管・補給に加え機材の造修を開始、兵器科(保管・輸送)、工作科(造修)が発足し職員は100名に増加します。

昭和5(1930)年、試験、保管、補給業務が増加したため、大格納庫の建設を開始(昭和7年、竣工)、各務原電氣鐵道(現、名鉄)から大格納庫までの側線用地を買収(昭和6年10月、側線敷設)します。

昭和7(1932)年、支部内に見習工制度が発足、11月1日、第一期生25名(尋常高等少學校卒業生が対称で3ヶ年修業)が入廠します。

昭和8(1933)年、敷地西端に100kl潤滑油槽6基、飛行場南端に燃料槽64基が竣工、12月時点の職員は500名でした。

昭和10(1935)年7月29日、『陸軍航空廠令』(勅令第二百二十三號)により、8月1日、陸軍航空本廠(長嶺龜助少将、東京)が設立、陸軍航空本部補給部 各務原支部は陸軍航空本廠管下に移管、各務原陸軍航空支廠(鈴木竹徳大佐)に改編され、航空に関する器材、燃料等の購買、貯蔵、保存及び補給並びに航空に関する器材の廃品処分、及び修理を掌り、職員は600名に増加します。

昭和12(1937)年3月、台湾屏東に屏東陸軍航空支廠の編成要員、及び支廠長として山口清太郎大尉が転属します(4月1日、開廠)。
昭和13(1938)年、陸軍航空本部は蘇原村野村一帯を支廠拡張用地として買収を開始、随時建物を建設します(昭和15年拡張完了)。

昭和14(1939)年8月1日、各務原陸軍航空支廠は陸軍航空廠 各務原支廠(和田定続大佐)に改称され、濱松、八日市、加古川各分廠が開廠します。

昭和15(1940)年4月1日、見習工の採用人員が1,885名に増加したため、三池の支廠東側隣接地を買収し教育隊(寄宿舎8、大講堂)を開設、見習工を8区隊に編成し養成(教育期間は1ヶ年に短縮)を開始、5月、教育隊は4区隊に再編され養成隊に改編されます。

昭和16(1941)年6月1日、陸軍航空廠 各務原支廠は各務原陸軍航空支廠に複称、8月1日、新設された大阪陸軍航空支廠(小久保勝弘大佐)に八日市、加古川両分廠を移管します。
6月、陸軍省令第二十三號『技能者養成令』が公布され、各務原陸軍航空支廠養成隊は同支廠技能者養成所に改編され、昭和15(1940)年4月1日の入所者は第一期生として、昭和18(1943)年3月31日に卒業します。

12月、支廠輸送班が陸軍航空本部直轄の陸軍航空輸送部各務原出張所(昭和19年1月31日、第四飛行隊に改編)に改編、迅速に納入機を前線に配分できるようになります。

昭和17(1942)年10月15日、陸軍航空本廠の廃止、陸軍航空本部整備部への統合に伴い、各務原陸軍航空廠(由比貞雄大佐)に改編されます。

昭和19(1944)年10月、龜山、小牧両分廠が開廠、11月20日、燃料部が大阪陸軍航空補給廠各務原出張所に改編されます。
その他、三國、伊那、松本に派遣隊、知多に出張所があり、岐阜県下に民間協力工場がありました。
当時の当廠の組織は總務部、整理部、部品部、補給部、経理部、装備部、飛行機部、修理部、兵器部、工作部、會計部、通信機材部、醫務部、獨立整備隊、技能者養成所でした。

昭和20(1945)年4月、本土空襲が激化、航空廠は近隣丘陵地、學校、倉庫等に疎開を開始します。
6月9日、P51戦闘機(艦載機とも)8機が飛行場、航空廠に来襲、第百十教育飛行隊の高射機關砲中隊が1機を撃墜、22日、B29爆撃機44機が来襲、飛行場、技能者養成所、川崎航空機工業㈱岐阜工場が爆撃され169名が爆死(周辺民間人も含む。以下同じ)、川崎航空機工業㈱は甚大な被害を受け、26日、B29爆撃機101機が来襲、飛行場、航空廠、技能者養成所、川崎航空機工業㈱が爆撃され58名が爆死してしまいます。
7月17日、P51戦闘機100機、19日、P51及び艦載機60機、20日、P51戦闘機100機、24日、戦爆連合(機数不明)、28日、艦載機120機、30日、P51及び艦載機(機数不明)、8月2日、P51戦闘機50機及び艦載機数十機が来襲、飛行場、航空廠、川崎航空機工業㈱岐阜工場が機銃掃射を受けます。

補給廠は各疎開先で造修を続行するなか、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

各務原陸軍航空廠では以下の獨立整備隊が編成されます。
第百三十四獨立整備隊(誠一九〇〇六) 昭和19(1944)年7月25日、編成。台湾へ
第百三十八   〃   (隼一九〇一〇)   〃                 中支、朝鮮
第百三十九   〃   (帥一九〇一一)   〃                 帯広   
第百四十九   〃   (誠一九〇二一)   〃                 台湾
第百八十七   〃   (隼一九〇七二) 昭和20(1945)年2月28日、編成。北支、朝鮮
第百八十九   〃   (隼一九〇七四) 昭和20(1945)年3月28日、編成。朝鮮
第百九十一   〃   (燕一九〇七五) 昭和20(1945)年6月20日、編成。朝鮮
第三百三    〃   (隼一九〇八三) 昭和20(1945)年5月14日、編成。朝鮮
第三百四    〃   (隼一九〇八四) 昭和20(1945)年5月20日、編成。朝鮮


主要参考文献
『各務原市民の戦時記録』 (平成11年3月 各務原市戦時記録編集委員会 各務原市教育委員会)

『陸軍航空の鎮魂 総集編』 (平成5年4月 航空碑奉賛会)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる