当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

川棚海軍工廠 石木工場 (仕上組立治具工具・第二機械・第一・第二・第三組立工場・発電所)

長崎県東彼杵郡川棚町に所在した川棚海軍工廠(百津工場)より北2kmの石木郷に川棚海軍工廠 石木工場がありました。

石木工場は石木川に沿って広範囲に設営され、風南山東麓には仕上・組立・治具・工具工場、第二機械工場、第一組立工場、第二組立工場、第三組立工場、発電所が配置されました。
川棚海軍工廠 石木工場 ① 南西から(長崎川棚)
▲民家に遺る第二機械工場の半地下工場防弾壁

【探索日時】
平成24年11月28日、平成28年1月27・28日





川棚海軍工廠 石木工場 概要
※川棚海軍工廠については『川棚海軍工廠 百津工場』を参照
※川棚海軍工廠 石木工場については『川棚海軍工廠 石木工場 (第一機械工場・器具工場)』を参照


遺構について
川棚海軍工廠 石木工場
石木工場は石木郷石木、川原、岩屋一帯に急造建屋、半耐爆建屋、地下工場が設営され、急造建屋は滅失していますが、半耐爆建屋のコンクリート防爆壁、地下工場跡の地下壕が多数遺されています。
川棚海軍工廠 石木工場 川棚海軍工廠 石木工場(長崎川棚)
▲川棚海軍工廠 石木工場(下)配置図

川棚海軍工廠 石木工場全域(最新)(長崎川棚)
▲石木工場遺構配置
A 第一機械工場
B 変圧器室
C 用途不明壕
D 器具工場
E 器具工場
F 仕上・組立治具工具工場
G 仕上・組立治具工具工場
H 発電所
①② 第二機械工場・③④⑤ 第二組立工場
⑥⑦⑧ 第三組立工場・⑨ 第一組立工場

⑩⑪ 第二水雷部 機械工場
I  第二水雷部 機械工場
J 第二水雷部 機械工場
K 第二水雷部 機械工場
L 電気倉庫
M 精密工場
N 本部・総務部指揮所
O 刷版工場
P 電気係作業場
Q 会計部格納庫
R 油庫
S 薬品庫
T 戦時治療所
※緑文字が当記事の紹介施設

石木工場全域(FGH)
▲紹介遺構拡大
赤:コンクリート製 青:素掘
オレンジ:崩落

以下紹介の遺構はほぼ全てが私有地内に有り、且つ敷地内からではないと目視できない場所にある物が多いため、夫々の遺構ごとに立入りの許可がいります。
※紹介順は配置の関係でバラバラです。

⑥ 第三組立工場
川棚海軍工廠 石木工場 ⑥⑦第三組立工場(長崎川棚)
▲第三組立工場防弾壁と背後にある仕上・組立治具工具工場(地下)

山林に遺り、川棚町資料で「半耐爆工場」と呼ばれる構造(木造建屋の外周をコンクリート壁で囲った工場)の防弾壁が遺ります。
因みに海軍の一次史料では「半地下」と記載されているので、以下はこちらに従います。
資材置場になっており東側(道路側)は破壊され、西側(山際)のみが遺ります。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑥ 北端 南東から(長崎川棚)
▲コンクリート防弾壁を利用して建てられた物置(右)

川棚海軍工廠 石木工場 ⑥ 北東から(長崎川棚)
▲全景
  土圧でヒビが入り鉄筋も入っていないため、崩壊間近です

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦a壕口(長崎川棚)
▲ a の開口部は背後の地下工場壕口カに接続します

※所有者の許可を得て進入しています。


⑦ 第三組立工場
山林に遺り、半地下工場の防弾壁が唯一完存し保存状態も良好です。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑥⑦第三組立工場(長崎川棚)
▲第三組立工場防弾壁と背後にある仕上・組立治具工具工場(地下)

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦c 内部北西から(長崎川棚)
▲ c 開口部

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦f 水槽 南西から(長崎川棚)
▲ c 開口部前にある f 水槽

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦内部・c(左) 北から(長崎川棚)
▲防弾壁内部 北側

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦内部 南から(長崎川棚)
▲防弾壁内部 南側

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦内 南端の基礎1(長崎川棚)
▲内部南端にある基礎

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦d(長崎川棚)
▲ d の開口部は背後の地下工場壕口エに接続します

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦e(長崎川棚)
▲北端にある e の開口部

⑦南側の斜面に斜面を人為的に削平した遺構が遺ります。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑦l 通路 北から(長崎川棚)
▲石組で補強された l 通路を登る

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦g 削平地 南から(長崎川棚)
▲ g 削平地

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦g 削平地のコンクリート基礎(長崎川棚)
▲ g 削平地にコンクリート基礎があります

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦h 掘り込み(長崎川棚)
▲ g 削平地の山側には h 小さな掘り込みがあります

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦i 掘り込み (2)(長崎川棚)
▲ g 削平地の山側には i 小さな掘り込みがあります

川棚海軍工廠 石木工場 ⑦j 掘り込み(長崎川棚)
▲ g 削平地からkの小路を登ると j 小さな掘り込みがあります

※所有者の許可を得て進入しています。


F 仕上・組立治具工具工場
山林に遺り、石木工場の地下壕で最大の規模があります。
上掲の『引渡目録』記載の形状は単純な2列壕ですが、実際はかなり形状が異なり複雑な形状です。
川棚海軍工廠 石木工場 FG 仕上・組立治具工具工場(長崎川棚)
▲地下工場見取図

ウ 壕口
川棚海軍工廠 石木工場 Fウ 壕口(長崎川棚)
▲殆ど埋まっています

エ 壕口
⑦防弾壁の奥から繋がっています。
川棚海軍工廠 石木工場 Fエから⑥d(長崎川棚)
▲壕口から見た⑦防弾壁

川棚海軍工廠 石木工場 Fd ウ方向(長崎川棚)
▲ d 内部

川棚海軍工廠 石木工場 Fdからエ(右)・g(奥)(長崎川棚)
▲ d からエ(右)・g(奥)

川棚海軍工廠 石木工場 Fiからエ・e(奥)(長崎川棚)
▲ i からエ・e(奥)

カ 壕口
⑥防弾壁の奥から繋がっています。
川棚海軍工廠 石木工場 Fカ 壕口 内部から(長崎川棚)
▲カ壕口から見た⑥防弾壁

キ 壕口
崩落しています。
川棚海軍工廠 石木工場 Fキ 奥方向(長崎川棚)
▲キ内部

※所有者の許可を得て進入しています。


G 仕上・組立治具工具工場
『引渡目録』によると仕上・組立治具工具工場は7本の壕口が記載されている事から、FとGは一体と思われますが連結はされていません。
踏査した感じでは上記FよりGの方が内部が安定しており、Gは完成、Fは一部未完成の様に思います。
川棚海軍工廠 石木工場 FG 仕上・組立治具工具工場(長崎川棚)
▲地下工場見取図

ア 壕口
崩落しています。
川棚海軍工廠 石木工場 Gア 壕口(崩落)(長崎川棚)
▲崩落しているア壕口

川棚海軍工廠 石木工場 Gア 奥方向・a(右)(長崎川棚)
▲ア内部

川棚海軍工廠 石木工場 ア 床面の軌条跡(長崎川棚)
▲分かり難いですが壕床に軌条跡が遺ります

イ 壕口
川棚海軍工廠 石木工場 Gイ 壕口(長崎川棚)

川棚海軍工廠 石木工場 Gイ 奥方向(長崎川棚)
▲イ内部

※所有者の許可を得て進入しています。


⑧ 第三組立工場
造園業者の敷地内にあります。
北側の開口部 f は破壊されていますが概ね保存状態は良好です。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑧f 東から (2)(長崎川棚)
▲ f 北側開口部

川棚海軍工廠 石木工場 ⑧g 内部から(長崎川棚)
▲ g 南側開口部

川棚海軍工廠 石木工場 ⑧内部 南から(長崎川棚)
▲内部

川棚海軍工廠 石木工場 ⑧西側 南東から(長崎川棚)
▲山側のコンクリート壁


H 地下発電所
造園業者の敷地内にあります。
『引渡目録』に用途名の記載がありませんが、遺構から発電所で間違い無いと思います。
川棚海軍工廠 石木工場 H 石木地下工場(長崎川棚)
▲発電所各施設見取図

ト 発電機室
壕口は崩落していますが、内部にディーゼル発電機の設置台が遺ります。
川棚海軍工廠 石木工場 Hト 壕口(長崎川棚)
▲崩落している壕口

川棚海軍工廠 石木工場 Hト 発電機室 壕口方向(長崎川棚)
▲内部

川棚海軍工廠 石木工場 Hト 発電機基礎 奥方向(長崎川棚)
▲巨大な発電機基礎が遺ります

ナ 燃料庫
ディーゼル発電用の燃料置場です。
川棚海軍工廠 石木工場 Hナ 燃料庫 壕口方向(長崎川棚)
▲壕床はコンクリート敷の様ですがネチャネチャです

川棚海軍工廠 石木工場 Hトからナ(長崎川棚)
▲発電機室と燃料庫を繋ぐ素掘の壕

ニ 冷却水槽
川棚海軍工廠 石木工場 Hニ 冷却水槽 南西から(長崎川棚)
▲かなり巨大な冷却水槽です

ヌ コンクリート構造物
斜面に用途不明の構造物が遺ります。
川棚海軍工廠 石木工場 Hヌ コンクリート構造物 東から(長崎川棚)
▲各地でたまに見る遺構ですが現時点で用途不明です

※所有者の許可を得て進入しています。


⑨ 第一組立工場
東側の湿地は荒れており、造園業者の敷地内からしか行けません。
半地下工場の山側の防弾壁が遺ります。
内部は荒れています。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑨ 内側 西から(長崎川棚)

※所有者の許可を得て進入しています。


③ 第二組立工場
民家の奥に遺ります。
山側が土圧で崩壊しており、南側は荒れています。
川棚海軍工廠 石木工場 ③ 防弾壁東側 南東から(長崎川棚)
▲内部から見た西側(道路側)の防弾壁

a 入口
民家と物置の間にあります。
川棚海軍工廠 石木工場 ③ 防弾壁 a入口 内部北東から (2)(長崎川棚)
▲防弾壁内から見た a 開口部

b 入口
民家の庭の奥にあります。
川棚海軍工廠 石木工場 ③ 防弾壁 b入口 南東から (3)(長崎川棚)
▲壁厚は2.9mもあります

c 階段
東側(山側)にコンクリート製階段があります。
川棚海軍工廠 石木工場 ③ 防弾壁 c階段(長崎川棚)

川棚海軍工廠 石木工場 ③ 防弾壁 西側壁の残骸 (2)(長崎川棚)
▲崩壊している山側のコンクリート壁

※所有者の許可を得て進入しています。


d 防弾壁
果樹園の奥に遺り、上記の防弾壁と軸線がずれている事から別物と思われます。
第二組立工場は東西に2棟並んでいましたが、西側の防弾壁でしょうか?
戦後の単なる土留擁壁かも知れません。
川棚海軍工廠 石木工場 ③d 西から(長崎川棚)


④ 第二組立工場
廃車置場の奥に遺ります。
石組コンクリート仕上げの基礎部分が露出しています。
川棚海軍工廠 石木工場 ④南端 北西から(長崎川棚)


⑤ 第二組立工場
廃車置場の奥、④の上段に遺ります。
石組コンクリート仕上げの基礎部分が露出しています。
川棚海軍工廠 石木工場 ⑤(奥)・④(手前) 北西から(長崎川棚)
▲④(下段)と⑤(上段)
  ⑤南側は住宅造成で滅失しています

川棚海軍工廠 石木工場 ⑤e北端 北西から (3)(長崎川棚)
▲⑤防弾壁近影


① 第二機械工場
前回紹介のA第一機械工場と並び非常に有名な遺構です。
民家入口に遺りますが、西側入口付近しか遺っていません。
住宅地化に伴い東側は破壊されたそうです。
川棚海軍工廠 石木工場 ① 南西から(長崎川棚)
▲残存部全景

川棚海軍工廠 石木工場 ① 北側入口 北西から (5)(長崎川棚)
▲北側の開口部は石で埋められています

川棚海軍工廠 石木工場 ① 内部北側(長崎川棚)
▲内部から見た南側の開口部跡

川棚海軍工廠 石木工場 ① 内部から(長崎川棚)
▲内部から西側開口部

※所有者の許可を得て立入っています。


② 第二機械工場
入口のみが見えます。
入口から東側は土が積まれているため②の本体、その東側にあったもう1基も完存している可能性が高いです。
川棚海軍工廠 石木工場 ② 西側入口 南西から(長崎川棚)

ネ 方形掘り込み
小川を挟んだ斜面にありますが、詳細不明です。
川棚海軍工廠 石木工場 ②ネ 方形窪地 北から (2)(長崎川棚)


主要参考文献
『佐世保市史 軍港編 下巻』 (平成15年4月 佐世保市史編さん委員会)

『わがまちのお宝 川棚町』 (川棚町企画財政課)

『川棚町郷土史』(平成14年3月 川棚町教育委員会)

アジ歴各種史料

川棚町郷土資料館展示資料
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる