当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

姫路海軍航空隊

兵庫県加西市に所在した姫路海軍航空基地姫路海軍航空隊がありましたが、居住区のあった神戸大学内は現在、非公開になっています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) b 暗号室 南東から(兵庫加西)
▲神戸大学内に遺る耐弾暗号室





姫路海軍航空基地 (姫路海軍航空隊)について
詳細は前記事『姫路海軍航空基地』を参照

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) 姫路航空基地概要図(兵庫加西)
▲『姫路航空基地概要図』


遺構について
現在、地元では地名から鶉野(うずらの)飛行場と呼ばれている姫路海軍航空基地跡は耐弾、地下施設を中心に多数の遺構が遺されています。
しかしながら遺構の一部が遺る航空隊跡地の神戸大学農学部附属食資源教育研究センターは以前は見学できましたが、現在は一切の見学を受け付けておらず立入りできません。
写真を撮り直したかったので電話で2回、現地で2回交渉しましたが、その都度「BSE予防」「遺伝子関連の研究のため外部から菌の侵入を防ぐ」「鳥インフルエンザ対策」と返答が異なり・・・よくよく聞いてみると「不法侵入が多いため一切の見学を断っている」との事です。
確かにネットを見ると当地への不法侵入を公言しているサイトもあり、同好者としてどうかと思います。
この趣味をしていると知らないうちに私有地に侵入している事もあるかと思いますが、個人的には出来うる限り許可を取っているつもりです。
一応、正攻法で調査している側からすると非常に迷惑な話です。

今回紹介の遺構は10年以上前に現地見学会(HDD破損のため詳細な日時や団体は亡失)で撮影した物(一部平成25年撮影)ですので、現在の状況と大きく変わっている可能性があります。

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) 施設配置(兵庫加西)
▲施設範囲
① 姫路海軍航空隊
② 姫路海軍航空基地
③ 川西航空機㈱ 姫路製作所 鶉野工場
④ 稲荷山配水池
⑤ 戦闘司令部
り 電波探信儀室
る 探照灯
※緑文字が当記事紹介施設

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) (神大無し)(兵庫加西)
▲遺構配置
  ひらがな : コンクリート製
  カタカナ : 土製地下壕(崩落含)
  アルファベット : 土製半地下
  薄赤 : コンクリート滑走路
  薄緑 : 転圧滑走路(推定)
  ピンク色 : 滅失

① 姫路海軍航空隊
今回紹介の神戸大学内(灰色塗り部分)以外の遺構も前記事『姫路海軍航空基地』を参照して下さい。
前述の理由から場所は伏せさせて頂きます。

a 耐弾施設
大学外周の里道から見えます。
当航空基地遺構の中で最大のコンクリート耐弾施設ですが、用途は不明です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 南西から(兵庫加西)
▲露出している西側

西側の南北に1ヶ所づつ入口がありますが、ブロックで閉鎖されています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 北側入口 北東から(兵庫加西)
▲北側入口

北側に小さい入口?空気孔?があり内部が見えますが、水没しています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 北側 空気孔?(兵庫加西)
▲大きさから入口では無いと思います

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 北側 空気孔?から内部(兵庫加西)
▲内部の様子

南側に建物基礎等がありますが、詳細不明です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 南側の基礎(兵庫加西)
▲建物基礎

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 南側の構造物(兵庫加西)
▲井戸の様な構造物


b 暗号室
大学外周の里道から辛うじて見えます。
コンクリート耐弾施設で、東側の1ヶ所づつ入口がありますが埋まっています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) b 暗号室 南東から(兵庫加西)
▲当時は土に覆われていましたが、完全に露出しています

北側は僅かに隙間があり内部が見えますが、水没している様です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) b 暗号室 北側入口から内部(兵庫加西)
▲内部の様子


d 自力発電所
大学外周の里道から辛うじて見えます。
コンクリート耐弾施設で、東西の2ヶ所づつ入口があります。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) d 発電機室 北東から(兵庫加西)
▲全景

西側の南入口に隙間、東側の南入口は開口していますが、内部は水没しています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) d 発電機室 北東側入口から内部(兵庫加西)
▲内部の様子

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) d 南側の構造物(関係ない)(兵庫加西)
▲冷却水槽?
  通常、発電機室には冷却水槽と燃料庫が付属するのですが???


e 横穴施設
用途は不明です。
複雑な形状をしており、4ヶ所入口がありますが、西側の北入口は埋まっています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) e 横穴施設(兵庫加西)
▲見取図 (『加西・鶉野飛行場跡』(加西市教育委員会発行)より転載)加西市教育委員会、了承済(以下同じ)

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) e 南東側入口(兵庫加西)
▲東側の南入口

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) e 北東側入口(兵庫加西)
▲東側の北入口

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) e 内部 東から(兵庫加西)
▲中央の部屋

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) e 内部から 北西入口(兵庫加西)
▲中央の部屋から奥の通路は埋まっています


f 横穴施設
用途は不明です。
3ヶ所入口がありますが、北側は埋まっています。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) f 東側入口(兵庫加西)
▲東側入口

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) f 南側入口(兵庫加西)
▲東側入口に繋がる南側入口

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) f 内部 南から(兵庫加西)
▲内部
  奥の北側入口に抜ける通路は埋まっています


g 貯水槽
“お”、“し”と同型の円形貯水槽の様です。


h 地下燃料庫
結構大きな燃料庫の様ですが、完全に埋まり入口らしいコンクリート枠が見えるのみです。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) h 地下燃料庫(兵庫加西)


i 地下施設
天井に入口がありますが階段は無く、内部は“く”型に屈曲しています。
用途は不明です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) i 地下施設(兵庫加西)
▲見取図 (『加西・鶉野飛行場跡』(加西市教育委員会発行)より転載)

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) i 入口 南東から(兵庫加西)
▲入口から内部

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) i 入口方向から内部(兵庫加西)
▲内部

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) i 内部屈曲部から奥部(兵庫加西)
▲屈曲部から最深部


q 半地下施設
直線の掘り込みが遺ります。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) q 溝(兵庫加西)


r 半地下施設
直線の掘り込みが遺ります。


j  横穴施設
用途は不明です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) j 横穴施設(兵庫加西)
▲見取図 (『加西・鶉野飛行場跡』(加西市教育委員会発行)より転載)

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) j 入口(兵庫加西)
▲入口

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) j 内部 東から(兵庫加西)
▲内部から入口


n 地下施設
用途は不明です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) n 南東から(兵庫加西)
▲全景

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) n 入口の迷彩(兵庫加西)
▲入口内部に迷彩塗装が施されています(なぜ内部?)

壁面が南側2、北側に4ヶ所の仕切りが付けられ、何か細かいものの収納がされていた様です。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) n 内部 西から(兵庫加西)
▲内部は農薬便が大量に投棄されています


t 駐機場
外周から見え、コンクリート敷きが遺ります。
昭和20(1945)年3月23日、姫路海軍航空隊において編成された神風特別攻撃隊 白鷺隊の出陣式が、この場所で挙行され宇佐海軍航空基地に進出していきました。
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) t 駐機場 北から (2)(兵庫加西)

※神戸大学内に遺る機銃座(防空砲台)は『姫路海軍航空基地 防空砲台』を参照
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる