FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

福知山海軍航空基地 前田山防空砲台

京都府福知山市に所在した福知山海軍航空基地の南側、前田地区に前田山防空砲台がありました。
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 A 円形窪地 北西から(京都福知山)
▲山林に遺る機銃座と思われる円形窪地  分かり難い写真でスミマセン

【探索日時】
平成25年11月17日





遺構について
前田山防空砲台
福知山海軍航空基地の南側、前田地区丘陵地突端に設営され、九六式二十五粍聯装機銃6機が備砲されていました。
同砲台がいつ頃設営されたか不明ですが、小貝山防空砲台が昭和19(1944)年秋頃に設営されている事から、前田山も同時期に設営されたと思われます。
同砲台は借地だった様で、停戦後は地権者に返却され現在は山林になっています。

なお、福知山市によると「前田山」と言うのは正式名では無く、「前田地区の山」程度の物だそうです。

※福知山海軍航空基地の詳細については前記事『福知山海軍航空基地』参照

福知山海軍航空基地 福知山海軍航空基地(配置)(京都福知山)
▲現在の地図に施設を転写
① 福知山海軍航空基地 滑走路(第一滑走路)
② 綾部牧場(第二滑走路)
③ 飛行機待機列線
④ 誘導路
⑤ 列線地区
⑥ 兵舎及び付属地区
⑦ 川西航空機㈱ 福知山工場
⑧ 小貝山防空砲台
⑨ 前田山防空砲台
⑩⑪ 防空砲台?
※緑文字が当記事の紹介施設です

福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 防空砲台展開要図(京都福知山)
▲『福知山航空基地砲台要図』
  左下が前田山防空砲台

福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 前田山防空機銃砲台(京都福知山)
▲前田山防空砲台 現状

東側の東端にあった銃座①と②の2機は道路建設により斜面ごと削られた様で現在、25㎜連装機銃の銃座と思われる円形窪地4基などが遺されています。
全て土製の遺構で地面を掘り込んで設営されていますが、真っ直ぐに進むことができない程山が荒れており踏査は困難です。

A 銃座 
直径4.5m
砲側弾薬置場と思われる掘り込みa、bがあります。
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 A 円形窪地 北西から(京都福知山)
▲何だか分からない写真ですが左上がa、右上がb

福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 A 円形窪地 b北から(京都福知山)
▲内部から見たbの掘り込み


B 円形窪地
直径4.5m
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 B 円形窪地 南から(京都福知山)
▲掘り込みが浅く、これまたよく分かりません


C 方形窪地
幅1.8×奥3.8m
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 C 方形窪地 北東から(京都福知山)


D 方形窪地
幅1.8×奥2m
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 D 方形窪地 北西から(京都福知山)


f 方形窪地
幅0.9×奥1m

E 方形窪地
幅2.5×奥4m、開口部は幅0.8×長1.2m
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 E 方形窪地 西側通路 南から(京都福知山)


e 方形窪地
幅0.7×奥1.2m
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 e 方形窪地(京都福知山)


F 銃座 
砲側弾薬置場と思われる窪地gがあります。
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 F 円形窪地 北から(京都福知山)
▲ただの落葉の写真にしか見えません・・・

G 銃座 
砲側弾薬置場と思われる窪地hがあります。
写真滅失

H 銃座 ?
写真滅失
かなり埋まっており、南西側外郭は判然としません。

i 方形窪地
写真滅失

I 掘り込み
福知山海軍航空基地 前田山防空砲台 I 凸型窪地 南西から(京都福知山)


HDD破損事故により写真多数が消失してしまったため、全ての遺構は掲載できませんでした。
この山はかなり荒れているうえ、遺構も「と思われる」程度なので、再訪する予定はありません。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる