FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

詫間海軍水上機基地 塩生防空砲台

香川県三豊市に所在した第十一海軍航空廠 詫間補給工場の地下工場があった塩生(はぶ)山に塩生防空砲台がありました。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A アイウ(左から)(香川詫間)
▲山林に遺る高角砲座

【探索日時】
平成25年3月28日





詫間海軍水上機基地 塩生防空砲台 概要
昭和16(1941)年5月、軍令部は『第五次海軍軍備充實計畫』(通称「マル五計畫」)を策定、対米関係の悪化に鑑み『情勢ニ應ズル軍備缺陥補充ノタメノ臨時追加軍備計畫』(マル臨計畫)を策定し、先行して実行可能な練習航空隊17隊の整備に着手します。

10月中旬、海軍航空本部は内務省神戸土木出張所に委託、詫間村香田の明神浜一帯に詫間海軍水上機基地の設営のため地質調査を開始、11月下旬、用地買収ののち、12月、呉海軍建築部指導のもと内務省神戸土木出張所の指揮で造成を開始、昭和18(1943)年5月、水上機基地が竣工し、6月1日、詫間海軍航空隊が開隊します。

昭和20(1945)年5月頃、塩生(はぶ)山に塩生防空砲台が竣工します。

8月16日、停戦に伴い、11月7日、詫間に進駐して来た米軍により接収され、高角砲は爆破処分された後、用地は借地だった様で地権者に返還され農地に転用されます。


詫間海軍水上機基地 詫間施設配置(香川詫間)
▲詫間周辺の海軍施設配置を現在の地図に転写
① 詫間海軍水上機基地・詫間海軍航空隊
② 第十一海軍航空廠 詫間補給工場
③ 塩生防空砲台
④ 天神山防空砲台
⑤ 八幡山防空砲台
⑥ 仁尾照空砲台
※緑文字が当記事紹介施設


遺構について
③ 塩生防空砲台
同砲台は北側の頂上外周に十二糎単装高角砲4、高射器1が、南側山頂に十三粍単装機銃2、測距儀1(他に内火艇発電機1、信管調停機4など)が配備されていました。
現在、北側の高角砲台は山林化、南側の機上砲台は遊歩道が整備され展望台になっています。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 塩生砲台 全体(香川詫間)
▲塩生防空砲台防空 配置図

防空高角砲台
山全体が灌木で覆われ荒れており探索は非常に困難です。
塩生山登山道を登り、右側に畑に上がる階段のある場所の反対側の繁み(ビニール袋を巻いておきました)に入り、しばらく進むとAに到達します。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 Aへの進入口(香川詫間)
▲ここから入ります

A 砲座
4基遺る砲座の内、唯一コンクリート製の砲郭や砲側弾薬庫がほぼ完存しています。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A塩生砲台 拡大(香川詫間)
▲A砲座詳細

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A塩生砲台 寸法(香川詫間)
▲寸法

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A アイウ(左から)(香川詫間)
▲全景

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A ア 砲側弾薬置場(香川詫間)
▲ア砲側弾薬庫

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A イ 砲側弾薬置場(香川詫間)
▲イ砲側弾薬庫

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A ウ 砲側弾薬置場(香川詫間)
▲ウ砲側弾薬庫

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A エ裏側からイ(左)・ウ(右)(香川詫間)
▲砲郭先端エ・オは斜めに削られてます(エから砲座)

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 A オ裏側とウの裏側(香川詫間)
▲オの裏側
  砲側弾薬置場の側面が露出しています


B 砲座
A・Cと細い通路で連結していた様ですが、山が荒れており通過できません。
B砲座は削平地が遺る(戦後の畑化の際に砲郭は破壊?)だけですが、よく見ると砲側弾薬置場らしい掘り込みとコンクリート塊、破片が散見されます。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 B 内部から東側 北西から(香川詫間)
▲全景

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 B 内部から北側 西砲側弾薬置場跡 東から(香川詫間)
▲南側斜面の掘り込み
  何と無く掘り込みが遺ります

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 B 内部から北東側 北砲側弾薬置場の基礎 南から(香川詫間)
▲東側斜面の掘り込み
 コンクリート基礎

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 B 内部から東側 東端砲側弾薬置場跡 北西から(香川詫間)
▲北側斜面の掘り込み


C 砲座
灌木、雑草が酷く殆ど探索できません。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 C 内部から南東側掘削部 北西から(香川詫間)
▲内部


D 砲座
同じく灌木、雑草が酷く殆ど探索できません。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 D 東上段から内部 (1)(香川詫間)


E 指揮所
山頂部の東端にあります。
総コンクリート造で雑草に埋もれていましたが、小一時間かけて掃除しました。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E塩生砲台 拡大(香川詫間)
▲詳細

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E塩生砲台 寸法(香川詫間)
▲寸法

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E カ 南から(香川詫間)
▲カ円形部 南から

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E カ 北から(香川詫間)
▲カ円形部 北から

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E カ~キ通路 北から(香川詫間)
▲カ → キの通路

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E キ 北から (2)(香川詫間)
▲キ円形部

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E キ~コ通路 北から(香川詫間)
▲キ → コの通路

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E キ~コ通路・ク(左)・ケ(右) 南から(香川詫間)
▲ケ出入口(右)とク箱部(右)

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E ク 内部 北から(香川詫間)
▲ク箱部
  内部には板材が残ります

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E コ内部・サ(右)・キ~コ通路(左) 北西から(香川詫間)
▲コ円形部

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E コ内部 シ(右)・ス(左) 北から(香川詫間)
▲コ内側の配線穴

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 E サ 南東から(香川詫間)
▲サ出入口


F 防空機銃砲台
砲台までは遊歩道が続き、砲台は整備され展望台になっています。
かなり埋まっていますが、花壇?に転用され辛うじて痕跡が遺ります。
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 F塩生砲台 拡大(香川詫間)

配置

詫間海軍水上機基地 塩生砲台 F塩生砲台 寸法(香川詫間)
▲寸法

タ 銃座
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 タ 銃座 南から(香川詫間)

チ 方形窪地
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 チ 方形窪地 南から(香川詫間)

ト 銃座
詫間海軍水上機基地 塩生砲台 ト 銃座 北から(香川詫間)

ツ・テ窪地の写真がどっかいってしもうた・・・(゜Д゜;)


主要参考文献
『詫間海軍航空隊物語』 (平成9年7月 詫間海軍航空隊記録編集委員会 詫間町立民族資料館)

『詫間海軍航空隊 施設目録』 (昭和20年8月 詫間海軍航空隊)

『同 兵器目録』 (昭和20年8月 詫間海軍航空隊)

-個人サイト-
高射砲陣地と防空砲台(Anti Aircraft Battery)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる