FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台

香川県三豊市に所在した詫間海軍水上機基地(詫間海軍航空隊)に隣接する八幡山に八幡山防空砲台がありました。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ア 銃座 北西から(奥イ)(香川詫間)
▲山中に遺る機銃座

【探索日時】
平成25年3月28日





詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 概要
昭和16(1941)年5月、軍令部は『第五次海軍軍備充實計畫』(通称「マル五計畫」)を策定、対米関係の悪化に鑑み『情勢ニ應ズル軍備缺陥補充ノタメノ臨時追加軍備計畫』(マル臨計畫)を策定し、先行して実行可能な練習航空隊17隊の整備に着手します。

10月中旬、海軍航空本部は内務省神戸土木出張所に委託、詫間村香田の明神浜一帯に詫間海軍水上機基地の設営のため地質調査を開始、11月下旬、用地買収ののち、12月、呉海軍建築部指導のもと内務省神戸土木出張所の指揮で造成を開始、昭和18(1943)年5月、水上機基地が竣工し、6月1日、詫間海軍航空隊が開隊します。

資料不足のため残念ながら八幡山防空砲台の設営時期など詳細は不明です。

詫間海軍水上機基地 詫間施設配置(香川詫間)
▲詫間周辺の海軍施設配置を現在の地図に転写
① 詫間海軍水上機基地・詫間海軍航空隊
② 第十一海軍航空廠 詫間補給工場
③ 塩生防空砲台
④ 天神山防空砲台
⑤ 八幡山防空砲台
⑥ 仁尾照空砲台
※緑文字が当記事紹介施設


遺構について
⑤ 八幡山防空砲台
同砲台は二十五粍聯装機銃3、同単装3基が配備されていました。
ネットの地図では砲台までつづら折れの道が記載されていますが、この様な道は無く下記の配置図に記した様に神社裏の草むらに入り、農業用の廃レールに沿って斜面を登り、廃農具小屋から荒れた段々畑跡をひたすら登って行きます。
進入路の斜面が若干荒れていますが、砲台跡の状態は比較的良好です。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 八幡山砲台(香川詫間)
▲八幡山防空砲台防空への行き方

詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 八幡山砲台 詳細(香川詫間)
▲配置図

砲台跡には史料通り銃座6基が遺りますが全てが直径3mなので、どの銃座が25㎜連装でどの銃座が単装か不明です。
地形はAが最高所でB、C、Dと下がっていきます。

ア 銃座
直径3mで南東側に入口、内部に砲側弾薬置場と思しき掘り込み a ・ b ・ c が3ヶ所あります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ア 銃座 北西から(奥イ)(香川詫間)
▲銃座 北西から

詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 アb 砲側弾薬置場(と頂上点) 西から(香川詫間)
▲殆ど埋まった砲側弾薬置場b


イ 銃座
直径3mで北側に入口、内部に砲側弾薬置場と思しき掘り込み e ・ d が2ヶ所あります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 イ 銃座 北東から(香川詫間)
▲北東から


キ 掩体
小さい四角形の区画 i ・ h が連結しています。
位置的に測距儀と高角双眼望遠鏡の掩体でしょうか?
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 キ 指揮所 北から(香川詫間)
▲ i (右)・ h (左)


ク 方形窪地
砲台北端にあり、小掘り込み j 、斜面下に向かって通路 k があります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ク 方形窪地 北東kから(香川詫間)
▲通路 k から見たク方形窪地


ウ 銃座
直径3mで北東側に入口がありますが、内部に砲側弾薬置場はありません。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ウ 銃座 北から(香川詫間)
▲北から


エ 銃座
直径3mで南西側に入口があり、内部に砲側弾薬置場と思しき掘り込み f があります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 エ 銃座 南西から(香川詫間)
▲南西から


ケ 方形窪地
深い掘り込みで入口に小掩体 l が付属します。
位置的に指揮所と思われます。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ケ 方形窪地 南東から(香川詫間)

詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 ケl 方形窪地 北から(香川詫間)
▲小掩体 l とケ方形窪地(奥)


サ 通路
逆Y型の通路があります。


オ 銃座
直径3mで北西側に入口がありますが、内部に砲側弾薬置場はありません。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 オ 銃座 北西から(香川詫間)
▲北西から


カ 銃座
直径3mで北東側に入口があり、内部に砲側弾薬置場と思しき掘り込み g があります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 カ 銃座 南から(香川詫間)


シ 土堤
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 シ 土堤 北から(香川詫間)
▲北から
  左側が斜面、土の露出した場所が土堤、右側の落葉が砲台側


コ 削平地
稜線下に幅20×奥行8.5mの掘り込みがあり、斜面側に石積mがあります。
兵員待機所でしょうか?
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 コ 方形削平地 内部 北から(香川詫間)
▲内部 北から

詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 コm 石垣(香川詫間)
▲石積m


D 削平地
斜面東側に石積nを伴う削平地があります。
詫間海軍水上機基地 八幡山防空砲台 D 削平地 西から(香川詫間)


詫間海軍水上機基地には前記事の塩生、当記事の八幡山の他に天神山に防空砲台(13㎜単装2)があり、銃座1基が遺っている様ですが、見当たりませんでした。


主要参考文献
『詫間海軍航空隊 施設目録』 (昭和20年8月 詫間海軍航空隊)

『同 兵器目録』 (昭和20年8月 詫間海軍航空隊)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる