FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

戦艦「山城」発見

先日、お伝えした米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏率いる沈没船探査チームが、スリガオ海峡において山城と思われる艦体を発見した様です。
山城発見 (2)





山城発見2 (1)
公開された写真(文字は僕が記載)はこの1枚なので何とも言えませんが、説明によると山城は上下が逆になっており艦首が折れて艦体の上に乗っている様です。
山城の特徴的な上構が殆ど遺されていない?のは残念ですが、まずは見つかって良かったです。

山城は昭和19(1944)年10月24日、捷一号作戦(比島沖海戦)において第一遊撃部隊第三部隊に部署(第二戦隊司令官・西村祥治中将坐乗)され同部隊旗艦として同型艦・扶桑、重巡最上、駆逐艦朝雲、山雲、満潮、時雨とともに、第一遊撃部隊本隊と別行動を採り、スリガオ海峡からレイテ湾を目指します。

10月22日1530、ブルネイを抜錨、24日0930、スル海において敵艦載機(エンタープライズ、フランクリン)20機の空襲を受け扶桑、時雨が小破するも戦闘航海に支障は無く、予定通り進撃します。
2252、スリガオ海峡入口において魚雷艇39隻と交戦しますが、被害は無く(この際、扶桑が最上を誤射)、25日、0148、海峡南口に達し北上を開始、0206、再度魚雷艇の襲撃を受けるも撃退します。

しかし、0308、敵駆逐艦26隻の雷撃により扶桑が被雷し落伍、続いて山雲が轟沈、満潮、朝雲が航行不能、0320、山城も艦尾に魚雷1本を被雷し火災が発生、五・六番砲塔の弾火薬庫に注水、0323、さらに1本を被雷し速度が低下、0340、西村中将は「ワレ魚雷攻撃ヲ受ク、各艦ハワレヲ顧ミズ前進シ敵ヲ攻撃スベシ」を発信します。

続いて0351、海峡を塞ぐように布陣した強力な米第7艦隊第77任務部隊(戦艦6、巡洋艦8)と交戦、山城は被弾により火災が発生、さらに魚雷2本を被雷し弾火薬庫が誘爆、機関が停止、炎上しながらも1・2番砲により敢闘しますが、0419、レイテ島を目前に遂には沈没、西村中将、艦長・篠田勝清少将以下殆どが散華してしまいました。
山城(ボックスアート)
▲スリガオ海峡突破を図る山城を描いた模型のボックスアート(青島文化教材社)
  後方には被雷し傾斜する扶桑が描かれています

同海域では同型艦の扶桑も眠っていますが、扶桑は弾火薬庫の誘爆により艦体断裂のうえ炎上しているので、判別は容易にできると思います。

同海域は海流が早く、捜索は困難だったとの事から英霊の帰還は難しいかも知れませんが、1人でも多くの勇士の帰還を祈念しています。

ポール氏は他の第三部隊の艦(扶桑、朝雲、山雲、満潮、最上)も捜索しているそうなので、今後の展開に期待したいところです。
できれば武藏の様に中継してくれればありがたいのですが。

それにしてもこの様な事業は政府が率先して行う事であり、外国人が行っているのは残念でなりません。
またこの壮挙が国内のメディアで一切報じられないのも寂しい限り、盛り上がっているのは一部のゲームマニアだけというのも嘆かわしいです。

史上最後の艦隊決戦により沈んだ「山城」発見 2017.11.27 12:57



今年8月、米重巡「インディアナポリス」を発見した、米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏率いる民間研究チームは、今月26日、スリガオ海峡において「山城」を発見しました。

アレン氏のチームは全長76mの研究船ペトレールを所有、水深6,000mまで潜る事ができる探査船を配備、21日、スリガオ海峡において山城、扶桑の調査を開始します。
海峡は深度が深く、また海流が早く調査は困難を極めますが、最新ソナー技術により水深6,000mの海底において山城を発見、水中撮影に成功しました。

同氏の26日のフェイスブックによると海底に横たわる山城の艦体が映し出されています。

昭和19(1944)年10月、米軍がレイテ島に上陸することを阻止するため、日本は全艦艇を投入し乾坤一擲の決戦を挑みます。
山城は旗艦として同型艦の扶桑、重巡最上、駆逐艦山雲、朝雲、満潮、時雨とともにスリガオ海峡を北上しますが、25日朝、海峡に有利な隊形で布陣した米艦隊の猛攻を受け、山城、扶桑、山雲、朝雲、満潮が沈没、史上最後の艦隊決戦となりました。(自由時報

関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

真偽不明ではありますが…

こんばんは。
山城の記事を見ていたらたどり着きました。

扶桑は船体が断裂し、漂流後に沈没。
これは有名な話でありますね。

山城については、ある書籍にこんな記述があったのを見たことあります。

1番2番主砲で応戦していたが、艦橋直後の3番主砲直下の火薬庫が引火し大爆発。

爆発の破壊力は凄まじく、特徴ある形状の 艦橋が根元から折れて前方に崩れ落ちるのを多数のアメリカ側の将兵により目撃されている。


事実だとするなら、艦橋はバラバラに飛散している事になります。

あの激戦の最中での事なので、真偽不明ではありますけど。
今後の進展を待ちたい所です。

Re: 真偽不明ではありますが…

艦船が好き様

はじめまして!
貴重な情報ありがとうございます。


私の知っている山城の最期も大同小異、その様な感じです。
艦橋の倒壊原因は「敵の砲撃」説、「炎上」説しか知らなかったので、「弾火薬庫の爆発で」と言うのは初見でした。

確かに弾火薬庫の爆発であれば艦橋、煙突は吹き飛んでいると思うので海中のレーダー画像とも一致しますね。

山城の最期の様子でもう一点不明なのが確か米軍の記録だったと思いますが、山城は最終的に転舵しており、これが被雷による舵機故障によるものか、丁字型を取られていた砲戦を少しでも有利にするためなのか不明だと言う事です。
今となっては解明のしようがありませんが・・・。

ポール・アレン氏も他の第三部隊諸艦の様にせめて海中の山城の画像を公表してくれたら良かったのですが。
探査船の航跡はあるので動画もあるはずなのですが、なぜ山城だけ画像を公表していないのか謎です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こんにちは。

確かに先日見つかったレキシントンはコレでもか!と言うくらい動画が出てましたからね。
山城も最期は爆発した様なので原型を留めていない可能性がありますね。

個人的には「敵側の軍艦のため関心が低い?」からかと思っていたのですが、
おっしゃる通りかも知れません。

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる