FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

姫路海軍航空基地の遺構整備へ

夕方の関西ローカル報道番組『みんなのニュース 報道ランナー』(関西テレビ)で姫路海軍航空基地に遺る遺構の一部を加西市が整備しているニュースをしていました。
姫路海軍航空基地 a 内部 (2)(姫路加西)





姫路海軍航空基地は現在、戦後流布した「鶉野飛行場」の名前で知られ、多数のコンクリート製地下、耐弾施設(所謂「防空壕」)が遺る事で知られますが、残念ながら神戸大学内の一部の遺構は非公開(不法侵入が多いから!)になっています。

今回の報道によると整備されるのは神戸大学内に遺る耐弾施設で、既に北西の機銃座は整備が終わっている様です。
耐弾施設は用途不明でしたが、今回の整備で「自力発電所」と言う事が分かりました。
となると、以前から自力発電所と言われていた耐弾施設は何なのでしょうか?
姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) a 南西から(兵庫加西)
▲今回整備された地下自力発電所

姫路海軍航空基地(姫路海軍航空隊) d 発電機室 北東から(兵庫加西)
▲以前から自力発電所と言われていた地下施設

以下放送のキャプチャです。
姫路海軍航空基地 a 開口作業(姫路加西)
▲閉鎖されているブロックを破壊

姫路海軍航空基地 a 入口から(姫路加西)
▲入口から内部

姫路海軍航空基地 a 内部から (2)(姫路加西)
▲内部から入口

姫路海軍航空基地 a 内部から(姫路加西)
▲内部から通路

姫路海軍航空基地 a 内部 (2)(姫路加西)
▲内部
  奥に発電機の設置台が見えます

姫路海軍航空基地 a 内部(姫路加西)
▲同じく内部

姫路海軍航空基地 a 内部壁面(姫路加西)
▲壁面にある開口部

姫路海軍航空基地 a 内部 (3)(姫路加西)
▲床面にある排水、もしくは配管の溝

姫路海軍航空基地 a 寸法(姫路加西)
▲全体の寸法


姫路海軍航空基地 や 整備状況(姫路加西)
▲整備された機銃座
  地下弾庫への入口にあった爆風除けの土堤もしっかり遺されています

姫路海軍航空基地 や 整備状況 (2)(姫路加西)
▲内部もきれいに清掃されました
  自力で掃除したのが懐かしい・・・(^_^;)

姫路海軍航空基地 防空砲台 き 機銃座 北西から(兵庫加西)
▲以前に僕が探索した時の状態

加西市は姫路海軍航空基地の遺構保存、整備に積極的な様で、以前から色々な取り組みをしています。
ぜひ他の自治体も加西市に学んで欲しいところです。
今回報道の地下自力発電所は今後、公開されると思われるので、機会があればまた訪ねてみたいと思います。


※姫路海軍航空基地の詳細については拙ブログを参照
『姫路海軍航空基地』
『姫路海軍航空隊』
『姫路海軍航空基地 防空砲台』
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる