当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

共同探索 1日目

先週の土曜、日曜と連日、軍跡探索の第一人者で、この業界の巨人とも言うべき祐実総軍三等兵様と京都、北摂の共同探索をして来ました。
30年共同探索 (4)
▲地黄監視哨で記念撮影





まず日曜日です。
7:00、祐実総軍三等兵様のご逗留されているホテルに迎えにあがり出発です。
国次高射砲陣地
全国的に見ても珍しい高架式の砲座、及び指揮所が遺りますが、来年の取り壊しが決定しています。
最期の勇姿を目に焼き付けるため、見てきました。
それにしても惜しい!

三菱重工業㈱ 京都発動機製作所
陸上自衛隊・桂駐屯地になっており、工場建屋2棟が遺ります。
外周から狙います。
30年共同探索 (1)
▲大きすぎて収まりません

同工員宿舎
工場敷地の西側に工員宿舎、青年学校など福利厚生施設がありました。
工員宿舎は4戸連棟、2戸連棟でしたが、残念ながら切断、殆ど建て替えられています。
それでも数棟は当時の姿を留めています。
30年共同探索 (10)

同疎開工場
京都発動機製作所は林間、學校工場の他、付近の廃隧道、鉄道高架を疎開工場に転用します。
30年共同探索 (2)
▲逢坂山隧道

30年共同探索 (7)
▲関西では別の意味で有名な清滝隧道に挑む祐実総軍三等兵様

30年共同探索 (6)
▲阪急電車の高架下

三菱重工業㈱ 京都機器製作所
現在は三菱自動車になっていますが、敷地内に工場建屋3、小型建物2が遺ります。
工場建屋1棟は少し見えにくいですが、おおよそは見通せます。
30年共同探索 (3)

予定はここまでですが時間が余ったので、お互いの見落としを回収に行きます。

東京第二陸軍造兵廠 宇治製造所 半地下倉庫
ここは祐実総軍三等兵様のHPに掲載されていたもので、場所が分からなかったのをご案内頂きました。

京都飛行場 耐弾施設
民家の斜面下にあり、管理されていますので許可を得て見学します。
30年共同探索 (9)

そして、空撮から怪しいと思っていた箇所を調査しますが、道を間違えて違う場所をウロウロ・・・とこれが功を奏し、総軍さんが滑走路の暗渠蓋を発見!さすがです(@_@)!!
ちなみに僕が目星を付けた箇所は空振りでした・・・OTL
やはり1人で行くより2人の方が調査の精度が上がります!
30年共同探索 (5)

最後に東京第二陸軍造兵廠 香里製造所の境界石標2本を見て帰宅、一日目は終了です。

天候の悪化が懸念されましたが、どうにか持ってくれ、また日頃できない軍跡話に盛り上がり実りのある一日でした!
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる