FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

呉海兵團 ・ 呉海軍警備隊

広島県呉市に所在する海上自衛隊 呉教育隊は呉海兵團の跡地にあります。
呉海兵團ではのちに呉海軍警備隊が編成されます。

呉海兵團は大叔父が入団した場所であり、呉海軍警備隊は停戦時、在籍した場所として感慨深いものがあります。
呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 西から (2)(広島呉)
▲海上自衛隊 呉教育隊に遺る呉海兵團 被服需品庫

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日、7月29日、ほか





呉海兵團、呉海軍警備隊 概要
海兵團は各鎭守府、警備府、要港部に属し、軍港の警衛、防火、航空機を用いない空中防御、及び下士官、兵の補欠員収容、艦船部隊へ定員の補充、また練習部を設置し海軍新兵の教育訓練を管掌しました。
志願、兵役による入団者は徴兵は4ヶ月半、志願兵は5ヶ月半、海兵團において海軍軍人としての基礎を学びました。

海軍警備隊は鎭守府、警備府に属し海兵團が管掌していた防禦、警備を移管されます。

明治22(1889)年6月23日、横須賀から水兵360名が呉に到着、24日、呉海兵團に配属され、7月1日、呉鎭守府とともに呉海兵團が開団、軍艦乗員、軍港守衛に充当する現役下士卒の教育訓練、新兵の徴募、予備兵・後備兵の召集を開始します。
呉海兵團・呉海軍警備隊 呉海兵團本部(広島呉)
▲呉海兵團庁舎

大正2(1913)年4月1日、任務に陸上の防火、昭和5年(1930)年6月1日、軍港の航空機を用いない空中防御が加えられます。

昭和16(1941)年11月20日、呉海兵團内に呉海軍警備隊、同徳山分遣隊が開隊、呉鎭守府陸上防備部隊に部署、既設の民防空指導部、呉鎭守府防空指揮所、特設見張所4ヶ所、見島特設防空見張所、第一~第六砲臺群(徳山1群含む。砲台14、聴側照射所9)、隊内衛兵隊、軍港衛兵隊、軍港防火隊、防毒隊、救護隊、海上運輸隊、陸上運輸隊、機關工作隊、醫務隊、主計隊を管下に編入し呉鎭守府地区、及び徳山の警戒にあたります。
同日、大竹町に呉第二海兵團(昭和19年1月4日、大竹海兵團として独立)か開設されます。

昭和19(1944)年10月20日、呉海軍警備隊 徳山分遣隊は徳山警備隊に改編されます。
11月6日、B29爆撃機1機が呉地区に侵入、被害は無かったものの、呉鎭守府司令長官・金澤正夫中将は敵の本格的な空襲を予見し防空態勢を強化すべく、海軍省軍務局長、軍令部第一部長に対し十糎高角砲36門の供給を要求します。
18日、金澤中将は呉海軍工廠長、呉海軍軍需部長に対し急を要しない高角砲、機銃を呉海軍警備隊長への貸与を下令、城山、新宮、鍋山、冠崎、南高烏、海兵團練兵場、工廠西海岸、亀ヶ首を選定し、防空砲台の設営を開始します。
24日、さらに秋月、吉松山、音頭、情島、新開、飛渡瀬、三高、毘沙門、小仁方に探照灯臺の設置を下令します。

昭和20(1945)年2月時点の砲台は防空高角砲台20ヶ所82門(応急6ヶ所、26門含む)、機銃砲台12ヶ所103門、探照灯台30ヶ所でした。

3月19日0710、米艦上機350機が呉湾に停泊中の艦船を目標に、呉鎭守府、廣海軍工廠、第十一海軍航空廠に来襲、防空砲台、在泊艦艇は対空戦闘を実施しますが、呉湾内に停泊していた艦艇、工廠、空廠、呉市街が被害を受けてしまいます。

5月5日1031、B29爆撃機148機が廣海軍工廠、第十一海軍航空廠に来襲、各防空砲台は対空戦闘を実施し1,140発を発砲ますが、爆煙に妨げられたうえ敵編隊の蛇行運行により有効な射撃ができず3機撃破に留まり、工廠、空廠は甚大な被害を受けてしまいます。

22日0930、B29爆撃機162機が呉海軍工廠に来襲、鎭守府は煙幕を展張するとともに各防空砲台は対空戦闘を実施し1,142発を発砲しますが、各梯団ごとに高度を替えて侵入する敵機に翻弄され撃墜1、撃破9に留まり、工廠は甚大な被害を受けてしまいます。

7月1日夜半から2日未明、B29爆撃機152機が呉市街地に来襲、各防空砲台は悪天候により敵機を捕捉できず(音戸高角砲台のみ14発発砲)、焼夷爆撃により市街地の大半が焼失、呉海兵團も庁舎を始め大半の建物を失ってしまいます。

24日0600、米艦上機870機、28日0610、米艦上機950機が呉市街、呉港内に来襲、防空砲台、在泊艦艇は対空戦闘を実施し、撃墜51、撃破33機を報じますが、伊勢、日向、榛名、天城、利根、青葉、出雲、大淀など在泊艦船多数が擱座、沈没し、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

9月26日、呉海兵團は米軍に接収され、昭和21(1946)年2月20日、英連邦軍に引き継がれ、通信連隊兵舎に転用されます。

昭和31(1956)年5月4日、英連邦軍撤退に伴う軍用地配分が決定、11月22日、英連邦軍の撤退に伴い呉海兵團は大蔵省に返還、昭和32(1957)年3月18日、海上自衛隊呉練習隊が江田島から移転(5月10日、呉教育隊に改称)し現在に至ります。

※呉鎭守府については前記事『呉鎭守府』を参考の事

呉海兵團・呉海軍警備隊 地図呉 現在地図 11(広島呉)
▲遺構の位置
① 呉鎭守府構内(庁舎、呉鎭守府文庫・呉海軍艦船部・呉海軍人事部・呉海軍通信隊)
② 呉海軍経理部
③ 呉鎭守府 軍法會議
⑨ 呉海軍建築部
⑩ 呉鎭守府 宮原官舎
⑪ 呉海兵團・呉海軍警備隊
⑫ 呉海兵團團外練兵場

⑬ 呉潜水艦基地隊 城山分隊(呉防備隊跡)
⑯ 呉鎭守府司令長官 官舎
⑰ 呉水交社
⑱ (財)海仁會 呉集會所
⑲ 呉海友社
㊺ 海軍構内浄水場
施設名、位置は昭和16(1941)年頃の開戦時
※緑文字が当記事で紹介の施設


遺構について
⑪ 呉海兵團 ・ 呉海軍警備隊
昭和20(1945)年7月12日、空襲により大半の建物が焼失、停戦時は木造14、煉瓦造2、コンクリート造1棟が遺されていました。
現在は海上自衛隊 呉教育隊になっています。
一般見学は受け付けていないため、全て外周からの見学になります。

17 被服需品庫
明治22(1889)年に竣工(明治21年8月10日、起工、明治22年1月28日、竣工?)しました。
塀が高く撮影しにくいので不審な動きになるため、守衛所で許可を取り撮影させてもらいました。
呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 西から(広島呉)
▲堺川対岸の立体駐車場から

呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 西から (2)(広島呉)
▲塀越しに正面側

呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 南西から(広島呉)
▲側面

呉海兵團・呉海軍警備隊 17 被服需品庫 南東から(広島呉)
▲裏側は植栽が被っていて見通せません


18 火薬庫
大正9(1920)年に建設されました。
堺川の対岸から見えます。
呉海兵團・呉海軍警備隊 18 火薬庫 西から (3)(広島呉)
▲南西から
  竣工当初は外周に土堤があったと思われます

呉海兵團・呉海軍警備隊 18 火薬庫 北から(広島呉)
▲北西から
  側面はほぼ同じ造りです

呉海兵團・呉海軍警備隊 18 火薬庫 西から(広島呉)
▲立駐から



19 コンクリート建物

『引渡目録』には記載がありません(空襲で焼損した建物は未記載)が、昭和20(1945)年4月の米軍偵察写真にそれらしい建物、また戦後の空撮にも写っており海軍時代の建物ではないでしょうか?
呉海兵團・呉海軍警備隊 19 軍楽練習所? 西から(広島呉)
▲立駐から

呉海兵團・呉海軍警備隊 19 軍楽練習所? 東から(広島呉)
▲外周道路から

呉海兵團・呉海軍警備隊 19 軍楽練習所? 北東から(広島呉)
▲塀越しに



チ 第五兵舎の壁

明治22(1889)年に竣工(乙號:明治20年2月5日、起工、明治22年3月20日、竣工、丙號:20年2月13日・22年3月31日のどちらかは不明)しました。
昭和20(1945)年7月1日夜半から2日未明の空襲に際し2階と屋根が焼失倒壊しますが停戦後、連合軍により修理され返還後、
昭和59(1984)年、海上自衛隊呉教育隊史料館となりますが、平成16(2004)年9月、台風18号により屋根が破損、平成20(2008)年10月、破壊されてしまいました。
呉海兵團・呉海軍警備隊 チ 兵舎の壁 (2)(広島呉)
▲堺川対岸から
  柵が邪魔ですが・・・

呉海兵團・呉海軍警備隊 チ 兵舎の壁(広島呉)
▲立駐から見通せます
  かなり残念な状態です

グーグルマップで「呉教育隊」をクリックすると、正面側が見れます。


ツ 隊内神社
呉海兵團・呉海軍警備隊 ツ 隊内神社(広島呉)
▲塀越しにしか見えません


その他
以下は呉教育隊正門から見える遺構です。
もちろんですが守衛所で許可を取っています。

明治天皇御臨幸記念碑
呉教育隊本部横に建立されています。
明治23(1890)年4月21日、呉鎭守府開庁式に臨場された後、呉海兵團を巡覧されたのを記念し建立されました。
呉海兵團・呉海軍警備隊 明治天皇御臨幸碑(広島呉)


軍艦大和主砲砲弾
正門の脇にあります。
外周には二十糎砲弾?とイギリス寄贈の大砲(元々上記石碑の周辺にあった)が並んでいます。
呉海兵團・呉海軍警備隊 門前の大砲(広島呉)

ほか、退避壕などが遺っている様ですが、残念ながら詳細不明です。


⑫ 呉海兵團團外練兵場
明治22(1889)年7月1日、呉鎭守府開庁とともに海兵團が供用を開始しますが、工期の遅れから斜面のままでした。
後年、造成され平坦地になり、昭和19(1944)年11月18日、防空機銃砲台が設営されます。

昭和20(1945)年8月16日、停戦に伴い、9月26日、米軍に接収され、昭和21(1946)年2月20日、英連邦軍に引き継がれ、アンザック・パークと改称され連合軍の運動場に転用されます。

昭和31(1956)年5月4日、英連邦軍撤退に伴う軍用地配分が決定、11月22日、英連邦軍の撤退に伴い練兵場は大蔵省に返還、呉市に移管され入船山公園市民広場になっています。
呉海兵團・呉海軍警備隊 ⑫ 團外練兵場全景(広島呉)
▲現在の團外練兵場


テ コンクリート構造物
呉教育隊側に降りる坂道に遺ります。
退避壕の一部と思われますが、埋まっており詳細不明です。
呉海兵團・呉海軍警備隊 テ コンクリート構造物 南西から(広島呉)


呉海兵團は團外練兵場のほか、警固屋に警固屋錬成場がありました。


主要参考文献
『呉の歴史』 (平成14年10月 呉市史編纂委員会 呉市役所)

『呉市史 第3、5、6、7、8巻』 (昭和39年~平成5年  呉市史編纂委員会 呉市役所)

『アジア歴史資料センター史料各種』

『国土地理院空撮』 呉鎮守府 艦隊これくしょん 艦これ この世界の片隅に
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
以前福山の41連隊の記事でコメントしました地元民という者です。
ややこしいので名前を変えました。(呉は地元ではないので)
今回の記事で気になったあことがありまして、
この記事で紹介しています用途不明のコンクリートの建物、その南隣につい最近の2012年頃まで戦前から残る建物が在ったのですが、何か詳しい事はご存知ですか?

1947の航空写真(道路沿いのコの字型の建物)
http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1190278&isDetail=true

2011年のストリートビュー
https://www.google.co.jp/maps/@34.2403173,132.5619171,3a,75y,311.17h,92.37t/data=!3m7!1e1!3m5!1smPghMBE7LY7pK5EZalNfuQ!2e0!5s20110701T000000!7i13312!8i6656?hl=ja

2013年のストリートビュー
https://www.google.co.jp/maps/@34.2403068,132.5619077,3a,75y,313.16h,90.23t/data=!3m7!1e1!3m5!1sroZ85paWoNdMQe7Hcw-tsw!2e0!5s20131001T000000!7i13312!8i6656?hl=ja

Re: No title

>福山様

こんにちは。
添付資料、拝見致しました。

この建物は知りませんでした。
引き渡し目録の図面にも載っていませんね。

空襲前の空撮を見ると「らしい」建物は写っているのですが、解像度が低く判然としません。
ただ、屋根の形状や建物の幅が違う様な感じもします。

https://blog-imgs-122.fc2.com/s/h/i/shinkokunippon/20180909125028bda.jpg
カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる