FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

呉海軍軍需部 大麗女島燃料置場 (呉海軍工廠 造船部 大麗女島工場)

広島県呉市に所在する海上保安大学校の沖合500mに浮かぶ大麗女(おおうるめ)島には呉海軍軍需部 大麗女島燃料置場がありました。
同地には後に蛟龍製造のため呉海軍工廠 造船部 大麗女島工場が開設されます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 大麗女島(広島呉)
▲大麗女島 全景

【探索日時】
平成29年4月4日





呉海軍軍需部 大麗女島燃料置場 概要
明治16(1883)年2月10日、海軍省は第二海軍區鎭守府を呉湾に選定、明治18(1885)年3月17日、海軍省内に呉鎭守府建築委員會が開設され、呉湾の実地、地質調査を実施し用地買収を進めます。
明治19(1886)年5月3日、鎭守府建築委員會が発足、4日、第二海軍區鎭守府が安芸国安芸郡呉港(現、広島県呉市)への設置が決定、10月30日、鎭守府建設が開始され、明治22(1889)年7月1日、呉鎭守府が開庁します。
大正11(1922)年7月1日、鎭守府麾下の各倉庫、補給部門を統合し呉海軍軍需部が発足、大麗女島には軽質油庫が置かれます。

大正15(1926)年4月15日、大麗女島に海軍潜水學校水中聴音所が竣工します。

昭和20(1945)年5月5日、呉海軍工廠 造船部 大麗女島工場が創業を開始、停戦までに蛟龍5、乃至6隻を竣工させます。

昭和20(1945)年7月12日、米軍の空襲により呉海軍軍需部の倉庫多数が焼失しますが大麗女島燃料庫は無傷で、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えます。

8月28日、海軍施設は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、31日、連合軍は全海軍用地の接収を示達して来ます。
9月26日、米軍が呉鎭守府に進駐、海軍施設14ヶ所(のち3ヶ所追加)を接収、昭和21(1946)年2月20日、英連邦軍に引き継がれたのち、昭和29(1954)年5月14日、大蔵省に返還、昭和31(1956)年5月4日、英連邦軍撤退に伴う軍用地配分が決定、大麗女島は防衛庁に移管され、現在に至ります。

※呉海軍軍需部については『呉海軍軍需部 第一區』を参照

呉海軍工廠については前記事『呉海軍工廠 (總務部・會計部・醫務部)』を参考の事


呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 呉 現在地図(広島呉)
▲遺構の位置


遺構について
大麗女島には当初、隧道式の呉海軍軍需部 大麗女島燃料置場が開設されますが開設時期は不明です。
大東亜戦争末期、隧道式格納庫を転用し蛟龍生産のため呉海軍工廠 造船部 大麗女島工場が開設されます。
現在、大麗女島は海上自衛隊施設になっており、一般人は上陸できません。
見学は呉港おさんぽクルーズ(呉-小用間を往復)等を利用し海上からのみ行なえます。

呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 南東から(広島呉)
▲主要遺構の配置
  左からシ・110・ア・イ・ウ・エ・オ・カ・キ

110 危険物並運搬用具庫
明治22(1889)年に建設されました。
大麗女島の西端にあり有名な遺構です。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 110・ア(広島呉)
▲前にタンクがあり正面からは殆ど見えません

呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 110 危険物並運搬用具庫(広島呉)
▲側面から


ア 第二軽油庫
壕口は一つですが、内部は左右に分かれている様です。
地下工場転用時は「七號隧道」(用途不明)とされます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 ア(広島呉)


イ 第五ガソリン庫
島の北側に貫通している様です。
地下工場転用時は「六號隧道」(用途不明)とされます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 イ(広島呉)


ウ 第四ガソリン庫
こちらも島の北側に貫通している様です。
地下工場転用時は「五號隧道」(用途不明)とされます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 ウ(広島呉)


エ 第三ガソリン庫
こちらも島の北側に貫通している様です。
地下工場転用時は「四號隧道」(電池場)とされます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 エ(広島呉)


オ 第二ガソリン庫
こちらも島の北側に貫通している様です。
地下工場転用時は「三號隧道」(金物倉庫)とされ、複雑な横坑が掘削されます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 オ(広島呉)


カ 第一ガソリン庫呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 カ(広島呉)

こちらも島の北側に貫通している様です。
地下工場転用時は「二號隧道」(用途不明)とされ、横坑(電源場)で上記オに接続されます。


キ 第一軽油庫
壕口は一つですが、内部は左右に分かれている様です。
地下工場転用時は「一號隧道」(用途不明)とされます。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 キ(広島呉)


ク・ケ・コ・サ・シ 作業場
燃料置場時代には無かった様で、地下工場転用時に掘削された様です。
上記壕口は石造の巻立てやコンクリート爆風避けが設置されていますが、こちらは急造のため素堀の様です。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 110・コ・ケ・ク(広島呉)
▲右からク(クレーン後ろ)、ケ(岩肌)・コ・110

呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 シ(小屋右側の木の裏)(広島呉)
▲シ

※サは確認できませんでしたが、位置的に110危険物並運搬用具庫の裏にあると思われます。


大麗女島の隣には小麗女島があり、大正9年12月、呉海軍工廠の拡張のため烏小島が埋め立てられた際、同島に替わり呉海軍港務部 第二港湾見張所が設置されました。
因みに第一港湾見張所は城山、第三港湾見張所は大奈佐美島に設置されました。
呉海軍軍需部大麗女島燃料置場 小麗女島(広島呉)
▲小麗女島
高台にコンクリート基礎が見えます


主要参考文献
『呉の歴史』 (平成14年10月 呉市史編纂委員会 呉市役所)

『呉市史 第3、5、6、7、8巻』 (昭和39年~平成5年  呉市史編纂委員会 呉市役所)

『帝国海軍図説 特殊潜航艇全史』 (平成17年9月 奥本剛 学習研究社)

『アジア歴史資料センター史料各種』

『国土地理院空撮』 呉鎮守府 艦隊これくしょん 艦これ この世界の片隅に
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる