FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

第十一海軍航空廠 官舎 (第十一海軍航空廠 宿舎)

呉市広古新開に第十一海軍航空廠 官舎がありました。
後に廣海軍工廠が第十一海軍航空廠に統合された際、宿舎に転用されます。
廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南西から (3)(広島呉広)
▲㈱ミツトヨ内に遺る第十一海軍航空廠長 官舎(甲一號官舎)

【探索日時】
平成29年4月7日





第十一海軍航空廠 官舎(宿舎) 概要
大正10(1921)年1月15日、当初は『八八艦隊計畫』に向けた海軍造機廠(機関の研究・製造)として計画されるも、発展著しい航空機製造部門の併設に計画変更された呉海軍工廠 廣支廠が開廠します。

大正12(1923)年3月24日、航空機生産体制の拡充を計るべく廣支廠は廣海軍工廠として独立、海軍最大の航空機試作工廠に位置付けられ、主に飛行艇、及び発動機の開発、製造を行います。

昭和16(1941)10月1日、廣海軍工廠 航空機部を改編し、廣海軍工廠に第十一海軍航空廠が併設され、新たに古新開に官舎が建設されます(用地買収、建設の経緯は不明)。

昭和20(1945)年6月1日、急迫する戦局に航空機増産を最優先とすべく廣海軍工廠は第十一海軍航空廠に吸収合併され閉廠、廣海軍工廠 官舎が第十一海軍航空廠 官舎として指定され、旧第十一海軍航空廠 官舎は軍属、来廠者の宿舎に指定されます。

8月16日、大東亜戦争停戦に伴い、28日、宿舎は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、31日、連合軍は全陸海軍用地の接収を示達して来ます。

9月26日、米第6軍第10軍団先遣隊が呉海軍水上機基地に到着、第十一海軍航空廠、及び付帯施設の大半を接収、10月7日、米第41歩兵師団が広に進駐し第十一海軍航空廠 宿舎を司令部宿舎として転用、昭和21(1946)年3月7日、米軍は英連邦軍に交代し第25カナダ歩兵旅団、豪軍派遣部隊司令部将校、英連邦陸海空軍婦人志願兵宿舎として使用されます。

昭和31(1956)年2月16日、呉市に英連邦軍の年内全面撤退が告知され、10月16日、宿舎は『旧軍港市転換法』(昭和25年6月28日、公布)に基づき広島県への払い下げと、公共職業補導施設への転用が決定します(11月22日、英連邦軍撤退)。
昭和34(1959)年10月、㈱三豊製作所(現、㈱ミツトヨ)が北側一帯を取得し広島工場を稼働させます。
現在、宿舎敷地は㈱ミツトヨのほか商業施設、住宅地になっています。

※『廣海軍工廠 ・ 第十一海軍航空廠』については前記事参照


遺構について
⑥ 第十一海軍航空廠 官舎 (宿舎)
停戦時、戸建ての甲號1、乙號8、丙號21、丁號25棟(全て四號は欠)、配給所、番舎がありました。
米軍、英連邦軍接収時、さらに返還後に大半の官舎は破壊されてしまいますが、奇跡的に第十一海軍航空廠長 官舎、佐官用の乙號官舎が遺ります。
第十一海軍航空廠 官舎 宿舎(広島呉広)
▲残存官舎配置

ト 甲一號官舎
第十一海軍航空廠長 官舎で、昭和16(1941)年頃建設されたと思われます。
㈱ミツトヨの敷地内に遺り、以前は社員保養施設として使用されましたが、老朽化により現在は放置されており、御案内頂いた総務課長様によると維持費がかかるので解体したいとの事です。

先に紹介した廣海軍工廠長 官舎と比べると同じ和洋折衷ながら全体的に簡素な造りになっており、裏側に若干の増築が見られますが驚異的な保存度で、ほぼ原型を留めています。
廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 西側車寄せ(広島呉広)
▲車寄せ
  石造の装飾があります

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 西側の玄関(広島呉広)
▲玄関部分
  敷石が敷かれています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 西側の玄関装飾(広島呉広)
▲幾何学模様の装飾
  外から見える柱や梁には装飾が施されています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南西から (3)(広島呉広)
▲南側全景
  簡素ながらもテラスを設けた洋館部と居住区画の和館部を設けた一般的な高官用軍官舎の特徴を備えています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南西(広島呉広)
▲洋館部
  出窓とテラスを備えています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南東出窓(広島呉広)
▲出窓

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南西から(広島呉広)
▲和館部

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南側縁側の幕板(広島呉広)
▲縁側の幕板
  装飾が施された幕板

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南側(広島呉広)
▲戸袋
  こちらも幾何学模様が施工されています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南東から (3)(広島呉広)
▲和館部の張り出し
  切妻部分にも装飾があります

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 北東側の風呂(広島呉広)
▲風呂場の炊き出し口
   浴室は改装されていますが、煤けた炊き出し口は当時のまま

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南東から(広島呉広)
▲裏側
  出っ張っている部分が唯一の増築部分

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ト 甲一号 南側の庭(広島呉広)
▲当時のまま遺る庭園

お忙しい中、御案内頂いた総務課長様にこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。



ナ 乙九號 官舎
戸建ての佐官用官舎で、同じく昭和16(1941)年頃建設されたと思われます。
民家の離れとして使用されていますが、こちらも若干の増築はあるものの保存度は良好です。
廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號・門柱 南東から(広島呉広)
▲門柱

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 南東から (2)(広島呉広)
▲全景

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 南東から (3)(広島呉広)
▲縁側は塞がれ改修されています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 南東から(広島呉広)
▲奥は当時のままです

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 東から(広島呉広)
▲玄関周辺
  ほぼ原型を留めています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 北西から(広島呉広)
▲裏側
  こちらも中央部分は改築されています

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 北から(広島呉広)
▲炊事場もしくは風呂場

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 北側の釜と火の用心(広島呉広)
▲炊き出し口にある「火の用心」

廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎ナ 乙九號 南側庭園(広島呉広)
▲庭園
  小さいながらも池のある庭園があります

突然訪問した見ず知らずの自分を快くお迎え下さり、自由に見学させて下さった住人の方にこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。



このほか広には軍人・軍属用の海軍官舎の他、職工、應徴士、学校報国隊、女子挺身隊用の工員養成所、寄宿舎、宿舎が多数建設されました。
廣海軍工廠・第十一海軍航空廠 十一空廠 現在(広島呉広)
▲寄宿舎、宿舎の位置
⑦ 第十一海軍航空廠 工員養成所 ・ 彌生工員寄宿舎
⑧ 廣海軍工廠 工員養成所
⑨ 白岳工員寄宿舎
⑩ 東谷 〃
⑪ 南山 〃
⑫ 長濱 〃(海濱寮)
⑬ 中新開 〃
⑭ 安永  〃
⑮ 横路  〃
⑯ 福浦工員宿舎
⑰ 東谷寄宿舎(増設)
⑱ 兩谷工員宿舎
⑲ 大廣工員住宅 ※
⑳ 中新開  〃  ※

これらの付帯施設は大東亜戦争停戦に伴い米軍に接収された⑦第十一海軍航空廠 工員養成所・彌生工員寄宿舎、⑩⑰東谷工員寄宿舎、⑯福浦工員宿舎以外は国有地のまま学校、市営住宅、戦災者住宅、市場、倉庫、農耕地などに転用されます。
その後、『旧軍港市転換法』(昭和25年6月28日、公布)に基づき広島県、呉市に学校用地は無償譲渡、その他は払い下げられ現在に至ります。

⑦~⑱の工員養成所、寄宿舎等の長屋型の建屋は全て破壊され遺構は遺されていない様です。
廣海軍工廠第十一海軍航空廠 官舎 宿舎⑨白岳工員寄宿舎 81排水溝(広島呉広)
▲⑨ 白岳工員寄宿舎跡に遺る煉瓦の排水溝

※⑲ 大廣工員住宅 ・ ⑳ 中新開工員住宅は未踏査ですが、空撮を見る限りかなりの工員住宅が残っている様です。


主要参考文献
『第十一海軍航空廠 引渡目録』

『広島県史年表』 (昭和59年3月 広島県) この世界の片隅に
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

はじめまして、こんにちは。

拙ブログをお読み頂き、また情報ありがとうございます!

建物については恐らくこの様な趣味の方を始め、地元の方も知らないのではないかと思われます。
人知れず戦争を生き残った建物が無くなっていくのは残念ですが、最後に関係者の方に由来が認知されることになったのは嬉しく思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる