FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

海軍兵學校 官舎

広島県江田島市に所在する海上自衛隊 第一術科学校海軍兵學校の跡地にあります。
海軍兵學校校内には教授、教官、教員など職員用の官舎がありました。
海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 南東から(広島江田島)
▲第一術科学校内に遺る海軍兵學校 特別官舎

【探索日時】
平成29年4月2日・8日





海軍兵學校 官舎 概略
明治19(1886)年1月、海軍省は海軍兵學校の江田島移転を決定、6月1日、現地視察、地質調査、測量、建物配置の設計を開始、7月20日、用地を買収、8月15日、用地を受領、10月1日、土木工事を開始します。
明治20(1887)年4月15日、建物建設を着工、明治21(1888)年5月31日、物理、水雷各講堂、重砲台、文庫倉庫、活版所、製図講堂、雛型陳列場、集会所、道場とともに官舎が落成、8月1日、海軍兵學校が築地から江田島に移転して来ます。

爾後、生徒数、職員の増加に伴い校内官舎を建設、昭和15(1940)年11月、呉海軍経理部は矢ノ浦地区の用地買収を開始、昭和17(1942)年7月1日、鷲部官舎(小用北・南官舎もこの時期か?)の建設を開始します。

昭和20(1945)年8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えます。

8月28日、海軍兵學校は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、9月26日、米軍が呉に進駐を開始、10月10日、兵學校を接収します。
昭和21(1946)年3月7日、広島県の占領業務は米軍から英連邦軍に移譲、5月16日、英連邦軍司令部が兵學校に開設され、校門が北側(現在地)に移設され、付近にあった官舎は南側に移築されます。

昭和31(1956)年1月10日、兵學校は大蔵省に返還され、15日、防衛庁が供用開始、16日、海上自衛隊 術科学校(昭和33年4月1日、第一術科学校に改称)が横須賀から移転開校、昭和32(1957)年5月10日、術科学校に幹部候補生学校が併設されます。

校内官舎は高官官舎、民間に払い下げられた一部を除き滅失、鷲部官舎、小用北官舎、小用南官舎はそれぞれ民間に払い下げられ、現在に至ります。
払い下げられた経緯や時期は資料が無く不明ですが、昭和30(1930)年7月、江田島町が旧兵校の防衛庁移管に伴う陳情の中に「不要地域、建物の町への譲渡」があり、敷地が大蔵省から防衛庁に移管された昭和32(1957)年5月頃と思われます。

※海軍兵學校については前記事『海軍兵學校』を参照


遺構について
海軍兵学校 (広島江田島)
▲遺構配置(黄緑は特別公開時のみ)

ナ 特別官舎
大正9(1920)年、高松宮宣仁親王殿下の豫科御入学に合わせ、木造平屋建一部2階建ての新築皇子御殿として建設されます。
殿下は4月1日、海軍兵學校豫科に御入学、大正10(1921)年8月、海兵第五十二期に編入、大正13(1924)年7月24日、御卒業されます。
その後、御殿は特別官舎として海軍兵學校御入学の皇族方官舎として使用され、現在は高松宮記念館として保存されています。
海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 南東から(広島江田島)
▲正面から全景

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 北東から(広島江田島)
▲側面

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 北東から (2)(広島江田島)
▲裏側

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 煉瓦基礎(広島江田島)
▲基礎は石材と煉瓦

海軍兵學校 官舎 ナ裏の風呂焚口?(広島江田島)
▲炊き出し口?

-室内-
海軍兵學校 官舎 ナ ①特別官舎 玄関(広島江田島)
▲玄関

海軍兵學校 官舎 ナ ②特別官舎 最初の左側の部屋(広島江田島)
▲次の間
  格調高い折り上げ天井になっています

海軍兵學校 官舎 ナ ③特別官舎 左側の床の間(広島江田島)
▲座敷

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 廊下(広島江田島)
▲座敷と洋間の間の廊下

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 奥の洋室(広島江田島)
▲奥の洋間

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 奥の洋室 (2)(広島江田島)
▲洋間正面側の窓

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 奥の洋室 (3)(広島江田島)
▲洋間天井

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 奥の廊下(広島江田島)
▲奥側の廊下

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 突き当りの風呂(広島江田島)
▲奥にある風呂

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 突き当りの風呂 (2)(広島江田島)
▲風呂の天井

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 突き当り右側の部屋 (1)(広島江田島)
▲玄関奥右側の使用人室

海軍兵學校 官舎 ナ 特別官舎 突き当り左側の和室(広島江田島)
▲玄関奥左側の和室

19 退避壕の跡
特別官舎裏の斜面に用途不明の掘り込みがあります。
海軍兵學校 官舎 19 退避壕?(広島江田島)


ニ 甲三號官舎
将校、高等官用の官舎で、副校長の官舎と思われます。
現在も使用されている様です。
海軍兵學校 官舎 ニ 甲三號官舎 西から(広島江田島)


ヌ 甲一號官舎
同じく将校、高等官用の官舎で、海軍兵學校校長の官舎と思われます。
位置的に僅かしか見えません。
海軍兵學校 官舎 ヌ 甲一號官舎? 南西から(広島江田島)

建物
甲一號官舎の裏手にあります。
従卒の宿舎でしょうか?
海軍兵學校 官舎 ヌ 建物 南東から(広島江田島)

以上は海上自衛隊 第一術科学校内に遺ります。
※同校の許可を得て掲載しています。


② 官舎
この地区は海軍兵學校の敷地内で停戦時、木造平屋・戸建ての丁號官舎10棟、同・2戸連棟の丁號官舎1(2世帯)棟がありました。
現在は民間に払い下げられ、一般住宅になっています。
ネ 丁三號官舎
海軍兵學校 官舎 ネ 丁三號官舎 北西から(広島江田島)
▲全景
  右側の出っ張りは前後の増築

海軍兵學校 官舎 ネ 丁三號官舎 西から(広島江田島)
▲近影

海軍兵學校 官舎 ネ 丁三號官舎 北東から(広島江田島)
▲門柱
  当時は板塀で囲まれており、その留め具が遺ります


ノ 丁二號官舎
外壁、屋根は改修されていますが、増築も殆ど無く当時の形状を保ちます。
海軍兵學校 官舎 ノ 丁二號官舎 北西から(広島江田島)
▲全景

海軍兵學校 官舎 ノ 丁二號官舎 南西から(広島江田島)
▲正面側


③ 官舎
この地区は海軍兵學校の敷地内で停戦時、木造平屋・戸建ての丙號官舎21棟、同・2戸連棟の丙號官舎5(10世帯)棟、官舎イ1棟、酒保1棟がありました。
現在は民間に払い下げられ、一般住宅になっています。
フ 丙七十八・七十九官舎
幸運なことに連棟の両方が遺り、しかも両家とも殆ど外壁には手を加えず当時の漆喰塗り、下見板張りが遺ります。
海軍兵學校 官舎 フ 丙七十八(奥)・七十九官舎(手前) (2)(広島江田島)
▲全景
  手前が丙七十九、奥が丙七十八官舎

海軍兵學校 官舎 フ 丙七十八(手前)・七十九官舎(奥)(広島江田島)
▲丙七十八官舎の門柱


④⑤ 官舎
正門両側にありました。
停戦時④に2戸連棟の丙號官舎6(12世帯)棟、戸建ての丙號官舎1棟が、⑤に2戸連棟の丙號官舎4、戸建ての丙號官舎4、2戸連棟の丁號官舎4(8世帯)棟がありました。
昭和21(1946)年5月16日、英連邦軍の進駐に伴い南運動場に移設され、昭和31(1956)年1月16日、海上自衛隊に移管された際に随時撤去されてしまいました。


主要参考文献
『別冊1億人の昭和史 江田島』 (昭和56年5月 毎日新聞社)

『改訂 江田島町史』 (昭和57年3月 江田島町)

『江田島町史』(平成13年10月 江田島町)海軍兵学校
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる