FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

江田島海軍水道 奥小路水源池 ・ 奥小路浄水場

広島県江田島市に所在した海軍兵學校の北側、古鷹山に奥小路水源池及び奥小路浄水場がありました。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源エ 堰堤(広島江田島)
▲現在も稼働中の奥小路水源池の堰堤

また東側の山中に海軍兵學校 小銃射的場及び拳銃射的場がありました。

【探索日時】
平成29年4月2日





江田島海軍水道 概略
明治19(1886)年1月、海軍省は海軍兵學校の江田島移転を決定、6月1日、現地視察、地質調査、測量、建物配置の設計を開始、7月20日、用地を買収、8月15日、用地を受領、10月1日、土木工事を開始します。
明治20(1887)年4月15日、建物建設を着工、明治21(1888)年5月31日、おおよその設備が落成、8月1日、海軍兵學校が東京築地から江田島に移転して来ます。
移転当時は生徒館は無く、生徒は汽船「東京丸」を改装した将校生徒学習船で起居、学習し、水道は本浦の井戸(海軍井)から給水しました。
海軍兵学校 ⑨ 海軍井(広島江田島)
民家に遺る「海軍井」kanレポート様参照)

明治26(1893)年3月、生徒館が竣工、6月15日、生徒が将校生徒練習艦より移転します。

明治27(1894)年3月、古鷹山山麓に雨水を水源とする奥小路配水池が竣工します。

明治36(1903)年、兵學校の規模拡大に伴い築堤を築造し奥小路水源池奥小路浄水場を建設、大正15(1821)年、奥小路浄水場を改修します。

昭和16(1941)年、生徒採用数の増加に対応すべく鹿川水源池矢ノ浦浄水場を新設し、奥小路は校内官舎給水用に改修します。

昭和18(1943)年、三高水源池を築造します。

昭和20(1945)年、呉海軍水道の狩留賀圧送喞筒所より水船4隻(運搬能力合計1,050t)で水を輸送、小用揚水場より兵學校に送水を計画しますが、7月24日、28日、米艦上機が呉市街、呉港内に来襲、小用沖に停泊中の戦艦榛名が攻撃された際に揚水ポンプも被弾、運用に至る前に、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

8月28日、江田島海軍水道は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、10月10日、米軍が兵學校に進駐を開始、兵學校とともに接収されます。
昭和21(1946)年3月7日、広島県の占領業務は米軍から英連邦軍に移譲され、昭和24(1949)年2月1日、兵學校は再び米軍に移管されます。

昭和31(1956)年1月10日、兵學校は大蔵省に返還され、15日、防衛庁が供用開始、水道は調達庁(昭和37年11月1日、防衛施設庁に改編) に移管され、術科学校専用水道となり、16日、海上自衛隊 術科学校(昭和33年4月1日、第一術科学校に改称)が横須賀から移転開校します。

昭和48(1973)年、江能水道企業団(昭和37年7月、江能上水道組合として発足、昭和42年、改組、平成元年、江能広域事務組合、平成16年、江田島市企業局に改組)は江田島内の水源を有機的に活用すべく既存の江能水道(昭和40年6月16日に竣工した呉市天応から海底管で取水)を含め第一期拡張工事を開始、昭和51(1976)年11月1日、第一術科学校専用水道(旧江田島海軍水道)、沖美、三高、美能各簡易水道を統合し現在に至ります。

※海軍兵學校については前記事『海軍兵學校』を参照


遺構について
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源兵学校 現在(広島江田島)
▲遺構の配置

⑧ 奥小路水源池
   奥小路浄水場

古鷹山南麓は高松宮宣仁親王殿下が在校中の皇子御殿があった事から「御殿山」とも呼ばれ、当水道設備も御殿山水源池、御殿山浄水場とも呼ばれます。
現在は江田島市企業局 奥小路浄水場になっていますが、見学不可のため外周からの見学になります。

ア 浄水池
煉瓦造の建物の内部にあります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源ア 浄水池(広島江田島)
▲全景

江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源ア 浄水池 (2)(広島江田島)
▲入口側


イ 沈殿池
石造です。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源イ 沈殿池 (1)(広島江田島)


エ 堰堤
重力式コンクリートダムで、表面に花崗岩で化粧されています。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源エ 堰堤(広島江田島)
▲全景

江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源エ 樋門(広島江田島)
▲樋門にある「龍瓶」の扁額は、海軍兵學校第二十八代校長・千坂智次郎中将の揮毫です。

海軍兵学校 奥小路浄水場 入口門柱(関係無い)?(広島江田島)
▲正門も当時の物?


オ 境界柵江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源オ 境界柵(広島江田島)

西側にコンクリート製の柵が建てられていますが、この部分にしか無いので戦後の物かも知れません。


-境界石標-
古鷹山登山道に沿って点々と立っています。
1 境界石標
摩滅が激しく、頂部の方向表示しか見えません。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源1 境界石標(広島江田島)

2 境界石標
欠損しています。
海軍兵学校 射的場 2 境界石標(広島江田島)

3 境界石標
海軍の二重波線記号と数字(参号?)の刻字があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源3 境界石標 文字不明(広島江田島)

4 境界石標 四八
海軍の二重波線記号と四八の刻字、頂部に方向表示があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源4 境界石標 四八(広島江田島)

5 境界石標?
「水道」の刻字と頂部に方向表示があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源5 水道(広島江田島)

6 境界石標?
何も刻字されていない様です。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源6 境界石標?(広島江田島)

7 境界石標?
摩滅しているのか、何も刻字されていない様に見えます。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源7 境界石標?(広島江田島)

8 境界石標
埋まっていますが、頂部に方向表示があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源8 境界石標(広島江田島)

9 境界石標
摩滅しているのか側面は何も刻字されていない様に見えますが、頂部に方向表示があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源9 境界石標(広島江田島)

10 境界石標
摩滅しているのか側面は何も刻字されていない様に見えますが、頂部に方向表示があります。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源10 境界石標(広島江田島)

境界石標の並ぶ登山道に沿って鉄線柵のコンクリート支柱が並びます。
江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源登山道に沿ったコンクリート柵(状態から戦後?) (2)(広島江田島)

江田島海軍水道 奥小路浄水場 水源山道沿いにある水槽(広島江田島)
▲山道途中に水槽がありますが、戦後の物の様です


⑨ 海軍兵學校 小銃射的場
           拳銃射的場

海軍兵學校移転当時、射的場は校内キサキ鼻にありましたが、人家の増加、小銃の威力増加から狭隘になった事から、昭和初期、古鷹山南麓に移設されます。
現在、拳銃射的場は奥小路浄水場に包含されてしまい進入できません。
小銃射的場は平坦地では無く図示した通り稜線を跨いで設営されており、山狩りになるので射場付近しか探索できませんでした。
海軍兵学校 射的場 射場削平地(広島江田島)
▲射場(ここから的に射撃)は平坦地になっています

キ コンクリート基礎
射場付近に遺ります。
殆ど埋まっており詳細不明です。
海軍兵学校 射的場 キ コンクリート基礎(広島江田島)


ク Y型の掘り込み
陣地の様にも見えますが、詳細不明です。
海軍兵学校 射的場 ク Y型掘り込み(広島江田島)


ケ 地下壕
3m程で右側に屈曲しています。
これも陣地?
海軍兵学校 射的場 ケ 地下壕(広島江田島)


カ 掘り込み
さらに山道を登って行くと鉄線柵に沿って続いています。
これも陣地?
海軍兵学校 射的場 カ 交通壕?(広島江田島)


主要参考文献
『改訂 江田島町史』 (昭和57年3月 江田島町)

『江田島町史』(平成13年10月 江田島町)

江田島水道位置圖(略圖)

御殿山水源地及射的場、小用官舎其の他位置圖

江田島市企業局水道事業基本計画 海軍兵学校
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる