FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠 横穴式疎開火薬庫

関ヶ原町に所在した名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠の周辺谷筋に横穴式疎開火薬庫が130箇所ほど設定されていました。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫76 地下壕(奥)と爆風除け(前)(岐阜関ヶ原)
▲爆風避けを備えた横穴式疎開火薬庫

【探索日時】
平成26(2014)年2月4・12日





名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠 横穴式疎開火薬庫 概略
明治45(1912)年初旬、陸軍省は日露戦役後の軍備増強に対応すべく用地選定、土地買収を開始、大正2(1913)年、着工、大正5(1916)年12月、名古屋陸軍兵器支廠 關ヶ原兵器庫(昭和15年4月1日、名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠に改称)が竣工します。

昭和18(1943)年、陸軍省は空襲に備え貯蔵火薬の疎開を検討、留守第三師團経理部の指揮?のもと近隣町村役場を通じ不破郡、安八郡、養老郡住民、学生の協力を得て作業を開始、近隣の谷地に130箇所の横穴壕を掘削し火薬を疎開させます。

昭和20(1945)年8月16日、大東亜戦争停戦後、關ヶ原分廠は米軍の接収を経て元地権者、開拓者、玉村に払い下げられますが、疎開火薬庫は用途も無く放置されます。

名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠は地元では地名から「玉の火薬庫」、「関ヶ原火薬庫」、「関ヶ原弾薬庫」などと呼ばれています。
※詳細は前記事『名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠(管理・試験設備)』


遺構について
名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠 横穴式疎開火薬庫
資料としては参考文献に「この辺りに」程度の情報しか掲載されておらず具体的な記述はなかったので、適当に“ありそうな場所”をローラーして探索、122ヶ所を発見しました。
疎開火薬庫は敷地内のほぼ全ての谷筋に沿って並んでいますが、残念ながら全て素掘りのため、殆どが崩落してしまっています。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫関ヶ原 疎開のみ(岐阜関ヶ原)
▲名古屋陸軍兵器補給廠 關ヶ原分廠 疎開火薬庫の位置
 赤 ・・・ 壕遺る
 緑 ・・・ 崩落
 印の下の線 ・・・ 爆風避けの土堤

流石に全て紹介できないので、抜粋して掲載します。
1~31
谷筋両側壕跡が遺りますが殆ど崩落しており、また10以北は残土捨場跡?の様で進入しにくくなっています。
19だけであれば北側の道路から降りた方が早いです。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫1 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲1 崩落し溝状になっている壕跡

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫3 壕口(岐阜関ヶ原)
▲3 壕口

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫3 内部(岐阜関ヶ原)
▲内部

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫6 地下壕(右)と爆風除け(左)(岐阜関ヶ原)
▲6 壕跡(右)と爆風避けの土手(左の盛り上がった場所)

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫19 内部(岐阜関ヶ原)
▲19 水没しています

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫22 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲22 崩落し溝状になっている壕跡

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫25 爆風除け(左前)・26 爆風除け(左奥)・6爆風除け(右)(岐阜関ヶ原)
▲谷筋両側に壕跡と爆風避けの土盛りが並びます(5・25・26)


32~44
進入路があり行きやすいです。
何故かこの谷の奥には設定されていなかった様です。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫34 壕口(岐阜関ヶ原)
▲34

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫35 内部(岐阜関ヶ原)
▲35

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫38 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲38 崩落し溝状になっている壕跡

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫43 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲43 崩落し溝状になっている壕跡


45~52
全体的にですが谷の入口附近は笹が酷く、余り見通せません。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫47 内部(岐阜関ヶ原)
▲47

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫51 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲51


53~57
道路沿いに並びますが、漏れなく不法投棄が目立ちます。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫55 内部(岐阜関ヶ原)
▲55

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫56 壕口(岐阜関ヶ原)
▲56

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫57 内部(岐阜関ヶ原)
▲57 ゴミだらけ・・・


58~61
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫58 内部(岐阜関ヶ原)
▲58 こちらも・・・


62~68
杉林にあり、比較的見やすいです。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫62 壕口(岐阜関ヶ原)
▲62

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫63 壕口(岐阜関ヶ原)
▲63

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫67 内部(岐阜関ヶ原)
▲67


69~77
探索中に巨大な足跡が・・・(゜Д゜;)
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫70 内部(岐阜関ヶ原)
▲70

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫74 内部(岐阜関ヶ原)
▲74

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫75 内部(岐阜関ヶ原)
▲75

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫76 地下壕(奥)と爆風除け(前)(岐阜関ヶ原)
▲76 横穴式火薬庫と爆風避け(手前の雪が積もっている部分)

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫76 内部(岐阜関ヶ原)
▲76 内部

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫76 爆風除け(岐阜関ヶ原)
▲爆風避け(壕側は石積で補強されています)

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫(゜Д゜;) 巨大な足跡(岐阜関ヶ原)
▲探索中に見つけたビッグフットの足跡゜ ゜( Д ;)


78~84
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫80 内部(岐阜関ヶ原)
▲80 間伐竹が投棄されています

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫83 地下壕 (2)(岐阜関ヶ原)
▲83 崩落し溝状になっている壕跡


85~87
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫86 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲86 崩落し溝状になっている壕跡


88~93
関ヶ原鍾乳洞の駐車場に沿って並びます。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫88 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲88 崩落し溝状になっている壕跡

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫91 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲91 崩落し溝状になっている壕跡


100・101
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫101 地下壕(岐阜関ヶ原)


102~113
狭い谷地にあるため両側に防爆土堤を備えた地下壕跡が並び壮観です。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫104 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲104 崩落し溝状になっている壕跡

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫105 壕口(岐阜関ヶ原)
▲105 殆ど埋まっています

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫106 内部(岐阜関ヶ原)
▲106 支保工の残骸が遺ります

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫108 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲108 後端のみ遺ります

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫110 地下壕と爆風除け(岐阜関ヶ原)
▲110 崩落した壕(左)と爆風避け(右)

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫111 地下壕(右)と爆風除け(左)(岐阜関ヶ原)
▲111 横穴式火薬庫(右)と爆風避け(左)

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫111 内部(岐阜関ヶ原)
▲111 内部

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫113 内部(岐阜関ヶ原)
▲113 支保工が遺ります


114~118
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫116 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲116 崩落し溝状になっている壕跡


119・120
道路沿いにあります。
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫119 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲119 後端のみ遺ります

名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫120 内部(岐阜関ヶ原)
▲120


121・122
荒れた杉林内にありm
名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原町分廠 疎開火薬庫121 地下壕(岐阜関ヶ原)
▲121 崩落し溝状になっている壕跡


主要参考文献
『関ヶ原の歴史 NO.60』(平成8年6月 関ヶ原歴史を語る会)

『ふるさと見て歩き』(昭和60年12月 ふるさと見て歩き編集委員会)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

Twitter @yuukyuunotaigi
リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる