fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

豊橋海軍航空基地 老津送信所

渥美湾に浮かぶ海上航空基地だった豊橋海軍航空基地の対岸に老津送信所がありました。
b 老津送信所 西から 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲耐弾送信所兼発電機室の入口

【探索日時】
平成27(2015)年4月14日





豊橋海軍航空基地 概要
豊橋海軍航空基地は第四次海軍軍備充實計畫(通称「マル四計画」)』において主に陸攻、陸爆、一部艦上機の錬成用の航空基地として計画され、昭和14(1939)年、用地買収が完了、設営を開始し、昭和18(1943)年4月1日、豊橋海軍航空隊(初代、後の第七〇一海軍航空隊)が開隊、のちに第五二一海軍航空隊第七三二海軍航空隊第五二四海軍航空隊豊橋海軍航空隊(二代)が編成されます。

※豊橋海軍航空基地、各航空隊については前記事『豊橋海軍航空基地』参照


遺構について
昭和18(1943)年4月1日、豊橋海軍航空基地竣工、豊橋海軍航空隊(初代)開隊時、田原町浦(現、田原市川向、上ノ原)に田原送信所が開設されます。
都市空襲が激化する昭和20(1945)年5月頃から、豊橋空(二代)は対岸の大崎、駒形に爆弾、魚雷用、老津に通信機用、二回新田に糧食類用の隧道格納庫を設営し分散疎開させます。
豊橋航空基地 現在 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊(愛知豊橋)
▲豊橋海軍航空基地 配置
①豊橋海軍航空基地 飛行場地区
②   〃        居住地区
③第二海軍航空廠 豊橋補給工場
④大崎宿舎(東海海軍航空隊 豊橋基地隊)
⑤第一群隧道
⑥第二群隧道
⑦第三群隧道
⑧第四群隧道
⑨糧食隧道
⑩老津送信所
※緑文字が当記事にて紹介

⑩老津送信所
私有地の竹やぶ内に送信所、発電機室が一体になった耐弾施設が遺ります。
地権者の方が定期的に整備し公開して下さっています。
停戦時、送信機4、送話機1、受話機1、鑑査機1、方位測定機1、ディーゼル交流発電機3,300V・100KVA1基がありました。

▲遺構の配置

b 老津送信所 西から (2) 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲整備された入口と各種案内

b 老津送信所 説明 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲地権者自作の説明
 残念ながら「昭和10年」は豊橋海軍航空基地の計画すらありませんでした

b 耐弾送信所
コンクリート製で全長26mあり内部は3部屋に別れ、北から発電機室兼出入口、出入口、送信所になります。
b 老津送信所 西から 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲北側の出入口
 入口上部は破壊されています

b1 発電機室
高さ4m、南側に発電機の基礎があります。
b 老津送信所 1発電機室 発電機設置台 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲北側入口から全景

b 老津送信所 1発電機室 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲南側からの全景

b 老津送信所 1発電機室 発電機設置台 (2) 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲ディーゼル交流発電機の基礎

b 老津送信所 1発電機室 北東壁面の碍子 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲壁面に遺る碍子

b2 送信室
高さ2.5m、入口上部に配線孔、上部に換気孔があります。
b 老津送信所 2送信機室 (2) 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲入口から

b 老津送信所 2送信機室 (3) 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲奥から

b 老津送信所 2送信機室 入口 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲入口上の配線孔

b 老津送信所 2送信機室 天井換気口 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲天井の換気孔
 換気塔も潰れ埋まっています

b3 出入口
送信室と発電機室の間にあり西側に出入口(埋没)があります。
b 老津送信所 3入口から1入口 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲送信室から

b 老津送信所 3入口 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)
▲埋まっている西側の出入口


b4 冷却水槽?
コンクリート壁の様に見えますが割れた痕跡があることから、ディーゼル発電機に付き物の冷却水槽の壁では無いでしょうか?
b 老津送信所 4超水槽外壁? 北西から 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)


U 燃料庫隧道
巷間では漠然と「燃料壕」と言われていますが、ディーゼル発電機に付き物のディーゼル燃料の格納庫と思われます。
なお、ディーゼル発電機には「発電機(置場)室」、「冷却水槽」、「燃料庫」の3ッが必ずまとまってあります。
U 燃料庫 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)

V 崩落跡?
溝状の窪みがありますが、地下壕跡なのか、ただの地形なのか不明です。
V 崩落跡? 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)

W 崩落跡?
こちらも溝状の窪みがありますが、地下壕跡なのか、ただの地形なのか不明です。
W 崩落跡? 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)

X 掘り込み
斜面に詳細不明の掘り込みがあります。
X 掘り込み 豊橋海軍航空基地・豊橋海軍航空隊老津送信所(愛知豊橋)


主要参考文献
『松島・豊橋海軍航空隊慰霊記念誌 鎮魂と回想』(平成6年7月 松島空慰霊世話人会)

『大崎島』(昭和52年6月 近藤正典 大崎島変遷史編さん委員会)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
97位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる